トップへ戻る

吉谷桂子さんのガーデン「the cloud」から学ぶ“ナチュラリスティックな庭づくり”②〜植栽デザイン〜

吉谷桂子さんのガーデン「the cloud」から学ぶ“ナチュラリスティックな庭づくり”②〜植栽デザイン〜

2022年から東京都公園協会が実施しているガーデンコンテスト「東京パークガーデンアワード」とともに話題となっている吉谷桂子さんによるモデルガーデン「the cloud」。都立代々木公園を舞台に2022年冬に着手されたこの庭は、吉谷さんのこれまでの経験と実践、そしてセンスのすべてが注ぎ込まれたモデルガーデンです。持続可能な社会に相応しく『ロングライフ・ローメンテナンス』を目標に掲げながら、実験的要素が含まれた「the cloud」の庭づくりを、連載でご紹介。現代のガーデニングのヒントがたくさん! 第2回は『植栽デザイン』を解説します。

Print Friendly, PDF & Email

役割が決まっていれば配置しやすい! 吉谷式デザインメソッド

雲形の花壇の中に、四季を通して見応えのある『マルチプランティング』がなされている。

■吉谷式メソッド1 自然な植栽に見せる■

ここの花壇は直線的ではありませんが、縁どりから60~90cmの幅、手前のボーダー(帯状)植栽エリア、それより花壇中央寄りの内側はマス(集合)植栽に分けられており、基本的にボーダーエリアには確実に元気に育つ植物、内側にトライアルな植物を植えています。

実際の植栽前に描いていた卓上のプランから、実際の植物の様子次第で変更も出て、描き足している。

それは、もしトライアルで植えた植物が倒れたり調子が悪くなったりしても、外側の植物が確実に茂ることでカバーしてくれるから。外側で強健タイプがガードしてくれています。また、花がら摘みが必要なものは手前、不要なものは奥にするとお手入れも楽なのもポイントです。苗は3ポットを基本のトライアングル(三角)で連続的に植え、それに連鎖性(つながり)を持たせていくことで、自然に見えながら散らかって見えないように整然とした秩序を保つことが植栽デザインのポイントになります。

花壇の外側は、強健で常緑性の高い植物がボーダー状に植えられている/2月

■吉谷式メソッド2 安定感を生み出す■

「ガーデンデザインは、劇場の舞台デザインがヒント」と、かつて広告美術等を手掛けていた吉谷さん。舞台では場面場面の展開があり、「床をダークで重い色・天井は明るく軽い色にすることで軽重のバランスを取る。手前のものを大きく・奥を小さくすることで遠近感を出す」などを意識することで、景色に安定感が生まれます。ところがこれらが逆になると、景色が不自然で不安定なバランスとなってしまいます。ガーデンデザインもこれらと同様で、この基本を押さえて環境にあった植物を組み立てれば、景色が作りやすくなります。

植栽の下側はアガパンサスでがっしり、上側はカラマグロスティスやバーベナ・ボナリエンシスで軽くふんわりとさせて、安定感のある景色を作り出している。

【Keyword】

下(花壇手前):Bold・がっつり・重め 
風景の下方となる花壇の手前:しっかりとした形・質感で重い印象かつ丈夫な植物を植える。

上(花壇奥):Transparency・ライト・軽め
風景の上方となる花壇の奥:丈のある軽やかな植物を植える。

これは軽重のバランスと遠近感を具体的に表したもので、風景の下となる花壇の手前には、しっかりとした形・質感で重い印象かつ丈夫な植物を植えます。西日や乾燥に強い『がっつり重い印象』の肉厚な葉っぱの常緑植物がおすすめ。それに対し、風景の上側となる花壇の奥には、丈があっても軽やかな植物を植えます。『ふわふわとした印象』のグラス類などがおすすめです。

こうすることで、がっつりプランツがふんわりプランツの株元を西日から守ったり、支えたりするほか、手前がはっきり・後ろがふわふわとすることで視覚的な遠近感や豊かな表情を生み出し、絵画的といえるランドスケープが作りやすくなります。

【がっつり・重め代表】アガパンサス、ベルゲニア、オランダセダム(オオベンケイソウ)など比較的、多肉質な葉の宿根草

【ライト・軽め代表】グラス類、シュウメイギク、バーベナ・ボナリエンシスなど比較的、背が高くて風に揺れる細長い宿根草

■吉谷式メソッド3 植物を建築的、彫刻的に使いこなす■

植栽は、植物の異なる色形・質感の組み合わせの連続です。隣り合う植物の色。形・質感は似た者にならないように注意し、互いに引き立て合うようにします。同じようなものを並べてしまうと、ガチャガチャ散らかったように見えてしまいます。

ふわふわとカチッとしたものを組み合わせたり、点、線、面とさまざまなフォルムの植物を組み合わせたりすることで、「絵画的」な風景が描けます。「Using plants as an architecture(植物を建築のように扱う)」と言ったイギリスのガーデンデザイナーの言葉が大きなヒントです。

青紫~ライトグリーンのグラデーションが幻想的なワンシーン。エリンジウム‘ブルーグリッター’などのトゲトゲとした花やルドベキア・マキシマの浮遊感のある細い花茎がシーンの印象を深めて/6月

まずは、フォルム・役割を考える

アクセントプランツ……目を引いてアクセントになる植物(エキナセア、大型花のルドベキアやアリウムなど)

フィリングプランツ……細かい花穂や葉群、間をつなぐ植物(アスター、グラスの穂など)ディスカンプシアなどのグラス類、ニゲラなど)

*フィリングプランツは、アクセントプランツの間をつなぐだけでなくバックスクリーンにもなりますが、背の高いグラス類は、その背景でスクリーンプランツとなる。

スパイクプランツ……尖った花穂などが縦の線を描き、シャープな印象を与える植物(リアトリス、アスチルベなど) 

線を描くプランツ……ラインを描き、動きや伸びやかさを与える植物(グラス類など)

点を描くプランツ……ドットを作りリズムを生む植物(アリウムの花穂、ストケシアなど)

面を描くプランツ……葉が広く、落ち着きをもたらす植物(ベルゲニアなど)

ふわふわと広がるニゲラの奥にアリウム‘パープルレイン’の丸い花穂がプカプカと浮かぶ、愛らしい風景/5月
直線的なヒオウギの葉と曲線を描くディスカンプシア ‘ゴールドタウ’の絵画的競演/9月

■吉谷式メソッド4 レイヤーで魅せる■

園路は風通しを確保するため、最低1.2~1.4m取られています。園路は広すぎないほうが感覚的な親密さを感じられ、さらに目の高さに花があると五感に迫ってきます。植物が出しているエネルギーや香りなどが、見る人の感覚に訴えてくるのです。また、「the cloud」の花壇は雲形で入り組んでいるので、囲まれ感・包まれ感もたっぷり。没入感を楽しみながら落ち着きも感じられます。

ペンステモン‘ハスカーレッド’のシードヘッドの造形が、透明感のあるミューレンベルギア・カピラリスに浮かび上がっている/10月

そこで必要なのが「植栽をレイヤーで魅せる技」。手前とその後ろに来るものをどのように重ねるのか、植物が成長する前からデザインの計算をします。例えば、傘状に咲くアンジェリカや尖塔状のアスチルベの花穂に透けるエアリーなグラスなど、横から見た風景に気を配っています。

植物越し背後に吉谷さんを撮影したスナップ。アリウム‘パープルレイン’やセントランサス・コキネウスなどの植物の中に、吉谷さんが浮かび上がっているように撮れている。

「記念写真を撮るときに植物を背景にするのもいいけれども、植物越しに人物が写るようにアングルを選ぶと草花と一体感のある写真が撮れます。あちこちに撮影映えスポットを設けているんですよ」と吉谷さん。

人と植物が重なる風景までも考えられています。

“美しい庭をデザインする”ために

紫がかるアンジェリカ ‘ビカースミード’のシックな花房、手前下はアスチルベ、その背景にグラスのエアリーな穂、紫の反対色となるヒオウギの黄色い花などが、重層的な風景を織り成している/7月

美しいガーデンをつくるには、植物の生態や個性を識った上で、色・形・質感の違いや醸す印象を見極め、それをどう組み合わせて活かせるかを考えることが大切です。吉谷さんは、「the cloud」で使うプランツリストに、それぞれの特徴や役割も書き込み、偏りがないかなどを確認しながらデザインをしています。

「移ろう季節と気候が景色を変えていく。『庭をデザインするということは植物を絵の具にして絵画を描くこと』と、英国の作庭家、ガードルート・ジーキル氏は言っています。100年前のジーキルの時代に想像のできなかった気候変動があっても、この考えは普遍です」。

ぜひ、吉谷さんのメソッドを庭づくりの参考にして下さい。次回のテーマは、丈夫で活躍してくれる『おすすめプランツ』です。

Print Friendly, PDF & Email

人気の記事

連載・特集

GardenStoryを
フォローする

ビギナーさん向け!基本のHOW TO