フランス・パリ近郊の3大バラ園といえば、バガテル公園のバラ園、マルメゾンの皇妃ジョゼフィーヌのバラ園、そしてもう一つが、「ライレローズ」。19世紀末につくられたこのバラ園は、創立時には世界初のバラのみで構成された庭でした。この「ライレローズ」を、フランス在住の庭園文化研究家、遠藤浩子さんがご案内します。誕生の物語を追いながら、現代のバラ園を散策してみましょう。

Print Friendly, PDF & Email

フレンチ・フォーマル・スタイルのバラ園の元祖「ライレローズ」

ライレローズ
バラ園の中心にあるトレリス仕立ての大きなドームを覆うのは、1907年フランスで作出された‘アレキサンダー・ジロー(Alexandre Girault)’。

「ライレローズ」はパリから日帰りで訪れることができる近郊の街、ヴァル・ドゥ・マルヌ県のバラ園です。緑に囲まれた14ヘクタールの大きな公園の中に位置し、バラ園のある村の名にちなんだ「ライレローズ」の愛称で広く親しまれています。

1.5ヘクタールほどの広い敷地に、3,000種11,000株を超えるバラが植えられたフレンチ・フォーマル・スタイルの庭園は、ベルエポックのロマンチックな雰囲気を湛えるガーデンであり、また生きたバラのコレクションを網羅するミュージアムでもあります。開園は5月から9月までと、潔くバラの開花の季節のみ。特に開花の最盛期となる6月のライレローズのバラの風景は見事です。

ライレローズ
シュラブ、ランブラー、クライミングさまざまな形状のバラが組み合わさって、立体的な色彩溢れる空間をつくる。

現在はヴァル・ドゥ・マルヌ県が維持管理するこのバラ園の歴史は長く、もともとは19世紀末に事業家ジュール・グラヴロー(Jules Gravereaux 1844-1916))のバラへの情熱と博愛精神から、バラに捧げる庭園として誕生しました。

「ライレローズ」の創設者 ジュール・グラヴロー

ライレローズ
彫像は創設者のジュール・グラヴロー。

創設者のグラヴロー氏は、パリの高級百貨店ボンマルシェの創設者の元で見習いとして働きはじめ、最終的には株主にまで登り詰めて財を成した事業家として知られます。19世紀のサクセスストーリーを体現したグラヴロー氏は、その後48歳で早くもリタイアし、パリ近郊のライ村に地所を購入して引退生活に入りました。彼のバラ園によって名が知られるようになったこのライ村は、現在ではライレローズと呼ばれるようになっています。

ライレローズ

当時、写真が趣味だったグラヴロー氏は、日々暗室に引きこもりっぱなしでした。夫の健康を心配したグラヴロー夫人は、夫を戸外に引き出そうと、自宅に飾るために庭で栽培していたバラの世話を手伝うように頼みます。それが契機となってバラの魅力の虜となったグラヴロー氏は、バラの収集と研究に没頭し、たちまちのうちに当時知られていたあらゆるバラ(Rosa)の品種約8,000種を集めた世界最大級のコレクションが誕生したのです。コレクションだけでなく、グラヴロー自身もバラ研究の第一人者として国際的に知られる世界有数のロザリアンになり、パリのバガテル公園のバラ園の創設や、マルメゾンのジョゼフィーヌのバラ園の復元、またエリゼ宮のバラ園設計にも協力しています。

世界初のバラ園の誕生

ライレローズ
バラの風景によく似合うクラッシックな壺型彫刻をポイントにした、グラブロー氏彫像の裏側のエリア。

膨大なバラのコレクションを蒐集したグラヴロー氏は、そうして集めたバラのための庭園をつくるべく、著名な造園家エドゥアール・アンドレ(Édouard François André、1840 – 1911)にその設計を依頼します。そして1899年に誕生したのが、世界初のバラのみで構成されたフレンチ・フォーマル・スタイルのバラ園でした。庭園づくりにあたっては、バラをより美しく見せる庭園空間を構成すべく、クラシカルな彫刻類に加え、トレリスやパーゴラなどの構造物のさまざまな利用の方法が考案されました。近代のフォーマルなローズ・ガーデンのイメージの発祥はここのデザインだと言っても過言ではありません。こうして生まれた構造物とバラの植栽の組み合わせは、「ライレローズ」の大きな見どころです。

ライレローズ
ライレローズ
満開のつるバラが絡んだアーチが連なる。
ライレローズ
ライレローズ
トレリスやパーゴラにも見どころがたくさん。

一度バラ園が完成した後にもコレクションは増え続け、1910年には息子アンリがバラ園の拡張を行い、1.5ヘクタールほどの現在の大きさとなりました。

ライレローズ
毎年の国際バラコンクールの受賞作品が植栽されるエリアも。

ジョゼフィーヌの愛したバラや種々のバラが織りなす
「ライレローズ」のバラ・コレクション

ライレローズ

「ライレローズ」の膨大なバラのコレクションは、よりよくバラという植物やその歴史を理解できるようにという教育的な配慮から、13のテーマ別コレクションに分類されています。
野生のバラから中世、近世へと年代順に植物学的なバラの進化を追う「バラの歴史の小道」に、さまざまな栽培種の親となる「原種のバラ」「ガリカ・ローズ」「ピンピネリフォリア・ローズ」「極東アジアのバラ」などのほか、「ティー・ローズ」「オールドローズ」などのセクションに分かれ、スタンダード仕立てや、トンネルになったパーゴラ仕立てなどの変化に富んだ姿で観賞することができます。

ライレローズ
オールドローズが彩るマルメゾンのジョゼフィーヌのバラ・コレクションの小道。

その中でもアジア系の観光客に特に人気なのが、「バラの歴史セクション」と「マルメゾンのジョゼフィーヌのバラ・コレクション」なのだそう。ですが、その部分だけではもったいない! 「ライレローズ」は特にオールドローズの充実したコレクションで知られるバラ園でもあります

ライレローズ
ライレローズ
オールドローズからモダンローズまで、数々のバラを見ることができる。

また、矢を引くキューピッドがいる東屋がある「外国の栽培種バラ」のエリアは、エドゥアール・アンドレ設計の当初のバラ園の面影が色濃く残る、古き良きベルエポックのロマンチックな雰囲気が素敵です。いつまでもそのまま佇んで居たいほど。

ライレローズ ライレローズ
ライレローズ
キューピッドの東屋のあるモダンローズ・セクション。スタンダード仕立てのバラの花々も咲き溢れる。

ちなみに庭園にはサロン・ド・テも併設されており、テラスではモダンローズを眺めながらクレープやスイーツなどがいただけます。

開かれたバラのコレクションと庭園

ライレローズ

グラヴロー氏のバラのコレクションは、完全にプライベートな、個人の趣味から生まれたものでしたが、同時に博愛主義的・公共福祉的な思想に開かれたものでもありました。コレクションは研究者や愛好家に公開されており、グラヴロー氏は、接木苗や種子を惜しみなく分け与えています。

ライレローズ

また、当時は「バラの劇場」がつくられ、一流の音楽家やダンサーによるスペクタクルが行われていたのだとか。昔日に思いを馳せて、バラに彩られたベルエポックの芸術と社交の野外空間を優雅に行き交う紳士淑女になった気分で園内のバラの小道の数々を散策してみたら、さらに気分も上がりそうです。

おおらかにバラの風景を守り育てる無農薬栽培

ライレローズ

最後に、フランスでは数年前から公共緑地での農薬散布が法律で禁止されており、この庭園も例外ではありません。湿度などの気候の違いもあるので、日本よりはバラの無農薬栽培の難易度は低くなるようです。花がら摘みなどもそれほど頻繁にはされてないようですが、それはそれでナチュラルな雰囲気になるのもまたよし、ということなのかなと思います。おおらかにバラを楽しむ、そんな姿も参考にしたいところになるかもしれません。

●「ライレローズ」にちなむバラの記事はこちら

Information

ライレローズ Roseraie du Val-de-Marne

Roseraie du Val-de-Marne Rue Albert Watel 94240 L’HAŸ-LES-ROSES

https://roseraie.valdemarne.fr/

併せて読みたい

「エンプレス・ジョゼフィーヌ」【松本路子のバラの名前、出会いの物語】

Credit

遠藤浩子

写真・文/遠藤浩子

フランス在住、庭園文化研究家。
東京出身。慶應義塾大学卒業後、エコール・デュ・ルーヴルで美術史を学ぶ。長年の美術展プロデュース業の後、庭園の世界に魅せられてヴェルサイユ国立高等造園学校及びパリ第一大学歴史文化財庭園修士コースを修了。美と歴史、そして自然豊かなビオ大国フランスから、ガーデン案内&ガーデニング事情をお届けします。田舎で計画中のナチュラリスティック・ガーデン便りもそのうちに。

blog|http://www.hirokoendo.com
instagram|moutonner2018

Print Friendly, PDF & Email