宿根草やオーナメンタルグラスの生い茂る、ナチュラルな植栽。今や多くのガーデナーが取り入れている、宿根草を用いた自然主義的な植栽は、20世紀のオランダでも大きく進化しました。女性庭園建築家のミーン・ルイスはその流れに大きく貢献した一人で、モダニズム建築の発展に合わせて先進的なガーデンデザインを多々生み出した人物です。第二次世界大戦後、ダイナミックに変化する時代のニーズに合わせて、彼女がさまざまな実験を続けたという〈テイネン・ミーン・ルイス(ミーン・ルイス庭園)〉を訪ねました。

Print Friendly, PDF & Email

20世紀のオランダ庭園史を体感する庭

〈ウィルダネス・ガーデン〉
1924年、ミーン・ルイスが初めてつくった庭〈ウィルダネス・ガーデン〉。

オランダの首都、アムステルダムから東に車で2時間ほど行ったデデムスファールトの町に〈テイネン・ミーン・ルイス(ミーン・ルイス庭園)〉はあります。20世紀を生きたミーン・ルイス (Mien Ruys, 1904-1999) は、オランダを代表する庭園建築家(ガーデンアーキテクト)、また、景観建築士(ランドスケープアーキテクト)として、70年にわたりこの地で実験を続け、オランダ各地の庭園設計に携わりました。

ミーンは今から約100年前に、当時まだ珍しかった宿根草を使った花壇づくりにいち早く取り組みました。この流れはやがて、現代オランダの世界的ガーデンデザイナー、ピート・アウドルフが牽引する〈ニュー・ペレニアル・ムーブメント(新しい宿根草の動き)〉につながります。また、ミーンは、直線や斜線、円から成る、シンプルだけれど効果的な幾何学模様をデザインに取り込んだり、鉄道の古い枕木を利用してステップや間仕切りにしたりと、次々と新しい要素にチャレンジしました。そういった彼女のアイデアは、多くの人々に取り入れられて広まり、今のガーデンデザインにも残されています。

ミーン・ルイス庭園はかつて、ミーンの両親が暮らし、ナーセリーを営んだ場所でした。1976年からは非営利団体のミーン・ルイス庭園財団によって管理され、一般公開されています。ミーンが植栽やガーデン建築の実験を行い、試行錯誤を続けたこの庭園は、20世紀のオランダ庭園史を生きた形で目にし、体感できる場所。彼女がデザインした庭の多くは国や自治体の記念物として認定を受け、当時からほぼ変わらない姿で残されています。また、庭園では、ミーンの志を継ぐガーデナーたちによって、今もさまざまな実験が続けられています。

オランダ「ミーン・ルイス庭園」
左上/公道に掲示された庭を示す看板。右上/庭のエントランスに向かう道は森の中のよう。左下/奥へ進むと小川にかかる小さな橋と入り口を示す小さな看板(右下)が。

さて、朝一番で向かうミーン・ルイスの歴史的な庭。どのような景色が広がっているのか、期待に胸を躍らせながら庭園に続く小道を進みますが、辺りは木々が生い茂って、森の中を歩いているようです。入り口はどこ? と思いながら行くと、小川に小さな橋がかかっていました。手前には控えめな「入り口」の表示が。日本から同行するガーデナーから「なんて控えめで可愛い入り口! もうここからワクワクしちゃうね」の声が上がり、期待が高まります。

ミーンの父、〈モーハイム・ナーセリー〉を営むボンヌ・ルイスは、時代に先駆けてガーデン用の宿根草の交配に取り組み、カンパヌラなどの新しい優良品種を生み出して、20世紀初頭のヨーロッパ園芸界で注目を集める存在でした。一方、娘のミーンは、植物の育種より、庭の中で植物をどう使うかに興味を持ち、19歳から父の会社のデザイン部門で働き始めます。しかし、1920年代の当時、ガーデンデザインを学べる学校などはなく、彼女は英国に行って、父の友人であった歴史的ガーデンデザイナー、ガートルード・ジーキルに手ほどきを受けたり、ドイツのベルリンでガーデン建築を学んだりしました。

1924年、ミーンは両親の家の裏手にあった果樹園に初めての庭をつくり、それから70年間にわたって、この地でデザインのアイデアを形にしたり、新しい宿根草を試したり、新しい建材を使ってみたりと、実験を続けます。この庭園には、彼女の飽くなき探求心が刻まれています。

オランダ「ミーン・ルイス庭園」
右/ミルストーン・ガーデン。木漏れ日に水面が輝いています。奥の生け垣にはカシワバアジサイの紅葉が見られました。

右手奥の方向に庭が広がっていることを感じながら、小道をさらに進むと、ガラス温室の建物が見えてきました。その手前に、人々を出迎える庭があります。〈ミルストーン・ガーデン〉(1976年製作、2008年改修)です。

丈高く茂る竹が背景となるスペースに、大小の石材が正方形に敷かれ、その中央に、水を湛えた丸い石臼が置かれています。和の庭の手水鉢のような佇まい。この石臼は、中心から静かに水が湧く水盤に細工されていて、縁から溢れた水は小石の間に吸い込まれていきます。そして、その向かいには、黒いフェンスを背にギボウシの植わるスリムなコンテナが5つ並んでいます。この庭のオリジナルのデザインは、ミーンが設立した設計事務所に属していたデザイナー、アレンド・ヤン・ファン・デル・ホルストによるものだそうですが、和モダンの雰囲気が感じられるデザインです。

オランダ「ミーン・ルイス庭園」
左/ワイン瓶がツリーのように配置されたアート作品のようなフラワースタンドには、先が尖った楕円形のルナリアのタネがたっぷりと。ローズヒップも彩りになっています。

建物に入ると、ガーデンツールなどの販売コーナーやストーブを備えたカフェがあり、あちこちに、庭からの恵みかしらと思う、草花や種子がディスプレイされています。この建物を出ると、いよいよ庭めぐりが始まります。敷地のマップには、全部で30もの番号が! 約2.5ヘクタールの広い敷地には30の庭があるそうで、迷子にならないよう庭を巡っていきましょう。

オランダ「ミーン・ルイス庭園」
ガーデン敷地図の左下から右へ行き、上へと進みます。

〈オールド・イクスペリメンタル・ガーデン(旧実験庭園)〉(1927年製作、国定記念物)

オランダ「ミーン・ルイス庭園」
右側が日向に咲く宿根草の花壇。

カフェのテラスから木柵の向こうへと回ると、ミーン・ルイスがごく初期に手掛けた、この庭園で2番目に古い庭となる〈オールド・イクスペリメンタル・ガーデン(旧実験庭園)〉があります。この場所はもともと、ミーンの暮らした実家のキッチンガーデンでした。ミーンはイギリスの伝統的なボーダーガーデンに倣い、この庭の片側に奥行4m、長さ30mの細長い花壇(ボーダー)をつくり、父の会社で交配された、日向に咲く宿根草を試す場としました。

オランダ「ミーン・ルイス庭園」

花壇の後ろには敷地を区切る縦格子の木製フェンスがあり、花壇の手前には、2列に並べられた敷石で小道が作られています。フェンス・植物・敷石の対比がくっきりと浮き立つデザインです。

敷石に使われているのは使い古されたコンクリート平板で、表面が削れて中の砂利が見え、よい風合いとなっています。おそらくナーセリーで使われていたものを流用したといわれており、ミーンはのちに、これをまねて〈グリオンタイル〉と呼ばれる洗い出し平板の敷石を作ることになります。

オランダ「ミーン・ルイス庭園」
ベンチはいつまでも座って景色を眺めていたくなる特等席。庭が美しく見える場所に置かれています。

ミーンにとって、庭のデザインは植栽同様に大切なもので、コントラストを意識していました。この庭では、片側に明るい花色の直線的な花壇を置き、中央には広い芝生のオープンスペースを設けて、反対側には波打つような生け垣を形作る灌木の植え込みを配しています。光と影、直線と曲線の、2つの対比が存在するデザインで、光の中にある花壇は明るく色鮮やかですが、日陰に植わる灌木は深い緑の陰を作ります。太陽の動きとともに、光と影は刻々と変わり、庭の景色が変化します。また、敷石の小道を歩くか、真ん中の芝生を歩くかによっても、目に映る景色に変化が生まれます。

オランダ「ミーン・ルイス庭園」
左/花壇越しに、芝生エリアとその奥の灌木を望みます。灌木の茂みは春になれば花色の彩りが。右/芝生エリアの中に、小島のように植えられたグラスの茂みは2つ。

庭の片側に伸びる花壇はかなり大きく、大邸宅でガーデナーを雇って管理するようなサイズのものです。ミーンが英国で教えを受けたガートルード・ジーキルは、色彩を重視した花壇の植栽を発展させた人物ですが、ミーン自身も何年にもわたって、色彩の実験を繰り返したと言います。アスチルベ、ユーフォルビア、カンパニュラ、ヘメロカリス、アスター、サルビア、ソリダゴ、デルフィニウム……。約80種の宿根草が植わるこのボーダーの植栽デザインは、制作当初からほとんど変わらないそうで、色鮮やかな、黄、オレンジ、赤、青、紫の花々が、5月半ばから9月まで咲き継ぎます。ピークは6月から8月の夏の時期で、訪れた10月上旬は色が少ない印象でした。植物は姿にもコントラストを持たせて面白みを出していますが、花がたくさん咲くピーク時の花壇もぜひ見てみたいものです。

オランダ「ミーン・ルイス庭園」
庭の外から〈オールド・イクスペリメンタル・ガーデン〉の花壇奥側を見たところ。光と影が感じられる景色。

〈ウィルダネス・ガーデン(原生自然の庭)〉(1924年製作、国定記念物)

オランダ「ミーン・ルイス庭園」

この庭は、1924年、ミーン・ルイスが初めて手掛けた記念すべき庭で、ミーンの暮らした実家の裏手にあった果樹園の中に設計されました。目に飛び込んでくるのは、自然のままに生い茂る豊かな植栽です。この庭を訪れた10月上旬は、ルナリアの、半透明の小判形をしたタネが宙に浮かんで、濃い緑と美しい対比を見せていました。

オランダ「ミーン・ルイス庭園」

ミーンは果樹園に生えていた数本のリンゴと洋ナシ以外のすべてを取り除くと、初めての「ガーデン建築」に取り組みました。まず思い描いたのは、思うままに植物が茂る豊かな植栽。そこにコントラストを付けるため、真四角の池と直線の小道というシンプルな構造物を加えました。小道はかつて、家とナーセリーをつなぐもので、そこにもう1本の、ベンチへと続く行き止まりの小道がT字に配されています。そして、2本が交差する地点にセンターポイントとなる真四角の池があります。

緑の生い茂る植栽と、池や小道の直線は美しいコントラストを見せています。豊かな植栽と、構造物の描く幾何学模様。この対比はミーンのデザインにおける出発点であり、やがて、彼女のトレードマークとなっていきます。

オランダ「ミーン・ルイス庭園」

ミーンは当初、この庭に、日陰を好むプリムラやオダマキ、カンパヌラ、ケマンソウなどを植えました。しかし、周囲の高い木々に日が遮られたこの場所は、これらの植物にとって光の量が足りず、また、このデデムスファールトの酸性土壌にも合いませんでした。これらはアルカリ性の白亜質土壌でよく育つものだったのです。植えた草花はすべて1年もたたないうちに消えてしまい、その現象は、ミーンに一つの教えをもたらします。「これからどうしたらよいのか? 選んだ植物に適した用土に土を変えるのか、それとも、その土地の土壌に合わせて植物を選ぶのか。当然、後者だ!」

オランダ「ミーン・ルイス庭園」
古いセメント石板を用いてつくられた池と小道。

こうしてミーンは、この地の酸性土壌に合うような、ホスタやキレンゲショウマ、ヤグルマソウなどを選び直して植え、あとは茂るに任せました。これらはうまく育って、ミーンが思い描いた通りに自然に生い茂り、庭を埋め尽くします。そこに雑草が生える余地はなく、結果、雑草取りの必要がないローメンテナンスな庭となりました。また、樹木の落ち葉によって腐葉土ができるため、肥料をやる必要もありませんでした。ミーンはこれを「抑制された原生自然」と呼びました。

オランダ「ミーン・ルイス庭園」
この庭の長い歴史に感動しながら、緑を写す水面を眺めました。

このガーデンデザインは一度も変えられたことはありません。1960年代に嵐でリンゴの数木とオークの木が倒れて新しいものに植え替えられた時は、光の量や湿度条件が変化してバランスが崩れてしまい、雑草が生えることもありましたが、しばらくするうちに戻ったそうです。

最初につくった庭がこんなに完成度の高いものだなんて、ミーンはきっと、生まれ持ってのガーデナーであり、ガーデンデザイナーだったのですね。

同行のガーデナーの一人、新谷みどりさんが、この庭を訪れた瞬間の感動をこう教えてくれました。
「ウィルダネス・ガーデンは、20代の頃に白黒の恐ろしくピンボケの写真を初めて見て、何か強く心惹かれた庭だったので、あの場を訪れることができた時は、なんとも言えない気持ちで胸がいっぱいになり、涙が出そうでした。初めて来たのに、ずっと昔から知っている庭のように感じて不思議でした」。

20世紀、モダニズム建築の流れ

リートフェルトの「赤と青の椅子」
右/家具デザイナーとしてのリートフェルトの代表作「赤と青の椅子」。左/PGMart 右/Picture Partners/shutterstock.com

ミーンが仕事を始めた1920年代は、建築の世界に大きな転換期が訪れている時代でした。19世紀以前の伝統的な様式建築から離れ、機能的、合理的な造形理念に基づいたモダニズム建築(近代建築)の考えが成立していったのです。ル・コルビジェやミース・ファン・デル・ローエ、フランク・ロイド・ライトといった建築家や、ドイツの芸術学校バウハウスが推進役となり、世界各地で、鉄やガラス、コンクリートなどの工業製品を使った、合理的でシンプルなデザインの建築が生まれました。

ートフェルトが設計した世界遺産の〈シュレーダー邸〉
1924年にリートフェルトが設計した世界遺産の〈シュレーダー邸〉。オランダ、ユトレヒト市内。
左/Wirestock Creators/右/Rini Kools/shutterstock.com

1930年代の数年間、ミーンはデルフトで建築を学びますが、その後、アムステルダムの〈8(アフト)〉とロッテルダムの〈Opbouw(オップバウ)〉という建築家グループの作品に共鳴し、協力するようになります。彼らの設計する、光と風通しのよい、大きな空間のあるシンプルな建物を、美しいと感じたのです。この時ミーンは、20世紀オランダを代表する建築家で家具デザイナーのヘリット・トーマス・リートフェルト(Gerrit Thomas Rietveld, 1888-1964)にも出会います。彼は画家のピート・モンドリアン(Piet Mondrian, 1872-1944)らと芸術運動〈デ・ステイル〉(オランダ語でスタイルの意味。新造形主義)に参加した人物です。デ・ステイルの「垂直線と水平線、白、黒、グレーと3原色で構成される」という特徴は、のちに多くの芸術分野に影響を与えています。

こうして、モダニズムの流れを組む、シンプルで明快な建築を設計するオランダの建築家たちと組んで、ミーンはその後、個人邸だけでなく、共同住宅の共有ガーデンなども設計することになります。

〈ウォーター・ガーデン〉(1954年製作、2002年改修、国定記念物)

オランダ「ミーン・ルイス庭園」
庭の中央に流れる小川を跨ぐ石の橋は、高さがなくフラットな造り。小川の水は、レイズドベッド(高さのある花壇)の途中に設けられた水場に注がれます。

この庭は、第二次世界大戦後につくられた庭です。戦後、オランダではさまざまな変化が起きましたが、庭はというと小さくなって、ガーデナーが雇われることもなくなり、手入れの必要な大きな花壇は時代に合わなくなりました。重要なのは手間がかからないこと。求められるガーデンデザインが変わったのです。

オランダ「ミーン・ルイス庭園」
写真左側が一直線に作られた2段式のレイズドベッド。中央付近の窪んだ場所に水場があります。

ミーンはこの比較的小さなエリアに「手間のかかる芝生を使わない庭」を実験的につくりました。敷石のテラスに花の咲く花壇の小島が浮かぶようなデザインで、敷石の隙間はコケが生えるようにわざと広く取られています。時間の経過とともに緑が育って、石の硬さが和らげられ、緑と石がバランスよく共存しています。また、生け垣や2段式のレイズドベッド(高さのある花壇)で高さに変化が付けられ、日向と日陰のコントラストも考えられたデザインとなっています。

オランダ「ミーン・ルイス庭園」
天然石を積んだレイズドベッド。その角を隠すように葉を茂らせるのはベルゲニアやゲラニウム。右奥は赤花のフクシア。ヨーロッパイチイの生け垣が濃い緑の背景に。

この庭がつくられた頃は戦後の物資不足で、敷石として使えるレンガや自然石がほぼ流通していませんでした。代わりにコンクリートが建築では多く使われるようになりましたが、庭づくりでは魅力的な建材と考えられていませんでした。しかしミーンは、以前の庭で敷石として使った、使い古されて表面が削れ、中の砂利が見えるようになったコンクリート平板は、なかなかいい風合いだと考えます。そこで、セメント工場に頼んで、表面に砂利を散らしたコンクリート平板(日本で言うところの「洗い出し平板」)を作ってもらい、敷石としてこの庭に使いました。1970年代以降、〈グリオンタイル〉と名付けられたこの平板に似た商品が、世の中に多く出回るようになりました。

オランダ「ミーン・ルイス庭園」

この庭の実験的要素は建材だけでなく、植栽にもあります。2段式のレイズドベッドには、乾いた場所に適した植物を植える一方で、水場周辺の湿った場所には、水辺や沼地に育つ、ミズバショウに似たオロンティウム・アクアティクムのような植物を植えてあり、対照的な植栽が隣り合っています。また、管理の楽な、支柱のいらない背丈の低い植物を選んだり、冬場の景色が寂しくならないように常緑の灌木を庭の骨格として植えたりと、よく考えられた植栽となっています。晩秋のレイズドベッドでは、シュウメイギクやセダムのくすんだピンクの花が優しい彩りを添えていました。

 

中編に続きます。

参考資料:https://www.tuinenmienruys.nl/en/

Garden Information

Tuinen Mien Ruys (テイネン・ミーン・ルイス、Mien Ruys Gardens)

https://www.tuinenmienruys.nl/en/

住所:
Moerheimstraat 84
7701CG Dedemsvaart
The Netherlands

電話: +31 (0)523 – 61 47 74

開園期間:4/1~10/31

開園時間:火~土 10:00~17:00、日 12:00~17:00、月曜閉園(イースターマンデーとペンタコストマンデーのみ開館 12:00~17:00)

入園料:大人9ユーロ、子供(4~16歳)4ユーロ、3歳まで無料。

Credit

写真&取材/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

執筆協力/新谷みどり


執筆協力/萩尾昌美(Masami Hagio)
ガーデン及びガーデニングを専門分野に、英日翻訳と執筆に携わる。世界の庭情報をお届けすべく、日々勉強中。20代の頃、ロンドンで働き、暮らすうちに、英国の田舎と庭めぐり、お茶の時間をこよなく愛するように。早稲田大学第一文学部卒。神奈川生まれ、2児の母。

Print Friendly, PDF & Email