栽培可能な植物の種類が多く、ガーデニングには嬉しい条件に恵まれたノルマンディー地方には、画家モネの庭以外にも素敵な庭があります。オーストラリアやニュージーランド、南アフリカ、南アメリカといった南半球各地から導入され、南半球の千種以上の植物が生きる、まさに非日常のオアシス空間が魅力の「ヴォーヴィル植物園」を、フランス在住の庭園文化研究家、遠藤浩子さんに案内していただきます。

Print Friendly, PDF & Email

ガーデニングに嬉しい条件に恵まれた地域、ノルマンディー地方

ノルマンディー
ノルマンディー地方のはずれに位置するコトンタン半島。kateafter/Shutterstock.com

フランス北西のノルマンディー地方といえば、有名なのがジヴェルニーにある画家モネの庭ですが、じつは他にもよい庭がたくさんある地方です。というのも、特に沿岸域は降雨量があり、冷涼な気候ではありつつも、メキシコ湾流の影響で冬も内陸部ほど厳しい寒さにならないので、栽培可能な植物の種類がグッと広がる、ガーデニングには嬉しい条件に恵まれた地域でもあるからです。

ヴォーヴィル植物園
海岸線近くにある「ヴォーヴィル植物園」。kateafterr/Shutterstock.com

そのノルマンディー地方のはずれのコトンタン半島は、ノルマンディー上陸作戦が行われた海岸線があることで知られます。「ヴォーヴィル植物園」は、今も海と畑と放牧地の広がる丘陵や森の自然豊かな風景を堪能できるコトンタンの、ランドと呼ばれる荒地が広がる海岸線近くにあります。

旅人の庭、ヴォーヴィル植物園

ヤシ林
ささやかながら、北ヨーロッパ最大のヤシ林コーナー。

ヴォーヴィルの村の小さな城館の周りにつくられたこの庭園、入ってまず驚くのが、突然現れる大きなヤシの木々の林。フランスではなかなかお目にかからないこの風景に、一瞬にしてどこか見知らぬ土地に来てしまったかのような、心地よい非日常の中に解き放たれます。ささやかながら、じつは北ヨーロッパでは最大のヤシの林だそうですが、温暖なメキシコ湾流が通る沿岸近くという立地による、年間を通して凍結しない微気候が可能にするものです。

ヴォーヴィル植物園
亜熱帯に来たかのような雰囲気が楽しい。

この微気候を利用して、4.5haほどの広さの庭園には、南半球の千種以上の植物が順化・栽培されており、庭園は、さまざまな植栽で異なる雰囲気が醸し出されたエリアを回遊する構成になっています。厳しい寒さにはならないとはいえ、オーストラリアやニュージーランド、南アフリカ、南アメリカといった南半球各地から来たネイティヴ・プランツたちにとってはやはり過酷な環境であることを踏まえ、また、海風の塩害なども避けるためにも、庭づくりの際に、比較的丈夫な樹木類を密に植えて防風林とした緑の壁で囲った空間を作り、緑の部屋を重ねていくような形で庭を構成するなどの工夫がなされています。そうした努力の結果、フランスでは通常見られない亜熱帯の植物たちがのびのびと生い茂る、まさに非日常のオアシス空間が生まれたのです。

ヴォーヴィル植物園

特に常緑種のコレクションが豊富な本格的な植物園でありながらも、整理整頓が行き届いたオーソドックスな植物園とは異なり、ノルマンディーから遠く離れた異郷からやってきた植物たちが、地元の樹木や草花とも混じり合って作り出すダイナミックな景観の中を、旅するように散策できるのがこの庭の最大の魅力です。

旅人の庭のはじまり

ヴォーヴィル植物園
ダイナミックに枝が伸びるユーカリ。

この庭の始まりは、1948年に現オーナーの祖父、調香師で植物学者でもあったエリック・ペラン氏が、オーストラリアから持ち帰ったユーカリの木を植えたところから始まります。前出のヤシの木林もヤシの木が大好きだった祖父がつくったもの。その後、南半球の植物のエキゾチックな魅力の庭園は、息子からさらに孫へと引き継がれて発展し続け、現在に至ります。

ヘメロカリスの群生
ヘメロカリスの群生。

ユーカリやカリステモン、マオランやさまざまなシダ類などに加え、アジサイやスギの木など、中国・日本などアジア原産の植物も。異なる風土に生まれた植物たちが共存する姿には、あらゆる国の人間も混じり合って平和に生きられる世界への願いも込められているといいます。

紫陽花のコレクション
夏に華やかな、各種アジサイのコレクションの小道。

花の風景、水の風景

ヴォーヴィル植物園
「悟りの庭」のコージーな水景。

さて、ヤシ林でびっくりした後には、竹林あり、シャクナゲやカメリアの林があり、そして各種アジサイの咲く小径、と変化に富んだ植栽が連なり、オーストラリアの植物コーナーからグンネラに囲まれた草地に向かう空間では、ちょうど満開を迎えていたオレンジのヘメロカリス(ワスレグサ属)が印象的。

ヴォーヴィル植物園
グンネラの群生が圧巻な池、手前はアガパンサス。

また、近くを流れる小川を水源とした池もあり、「悟りの庭」と名付けられた、近くで静かに瞑想するのによさそうな小さな池や、葉が2mほどになる巨大な多年草のグネラの群生に囲まれたダイナミックな池などが、変化に富んだ水の風景を作ります。

小さなお城とガーデン・ミュージアム

ヴォーヴィル城

さらに園内の散策を続けていくと、ヴォーヴィル城が現れます。庭に詩情を添えるロマンチックな姿の城館は、小さいながらも12世紀の主塔が残る、17~19世紀までに建築・改修が重ねられた古城です。城内への立ち入りはできませんが、その手前の建物では、さながらガーデン・ミュージアムのような庭園・園芸の歴史についての展示コーナーもありました。

ヴォーヴィル城のガーデニング道具
年代もののガーデニング道具が興味深い。

しっかり解説を読みながら園芸の歴史について学ぶこともでき、そうでなくとも、ビンテージもののジョウロなどのガーデニング・グッズのコレクションや昔の種のパッケージなど、見ているだけでちょっと楽しい気分になってきます。

ヴォーヴィル城のガーデニング展示
昔の種のパッケージや、リンゴ収穫の道具など。

可愛いサロン・ド・テで休憩

ヴォーヴィル植物園
思わず足を止めたくなる、可愛いサロン・ド・テのテラス。

ところで、ガーデンになくてはならない、またはあると嬉しいサロン・ド・テ。イギリスの庭では必ずと言っていいほど、軽食も取れるティールームや、苗木やグッズを揃えたガーデンショップが併設されていますが、フランスでは必ず、というところまではいってない印象です。とはいえヴォーヴィルの庭では、小さいながらも素朴に可愛いサロン・ド・テを発見。疲れていなくても休憩したくなるようなその雰囲気に誘われて、しばしテラスでティー・タイム(笑)。

ヴォーヴィル植物園

ガーデニングの醍醐味とは

ヴォーヴィル植物園

最後に、日本でも近年人気で身近に取り入れて楽しむことができるオーストラリア原産のネイティブ・プランツや、また日本原産の植物が、所変わってノルマンディーでは憧れの植物としてさらに脚光を浴びているのを見ると、置かれた場所の風土や気候をよく知って、かつ自由な発想を持って生かしていくのは、ガーデニングの醍醐味だなあと、改めて思います。

ヴォーヴィル植物園
オーストラリア原産のグレヴィレアも赤い花を咲かせて。

ヴォーヴィル植物園の、大きく育ったユーカリの葉っぱの下に、出身地の異なる植物が入り混じって元気に育つ姿には、人の手で運ばれた先の異郷で、根を張って空間を自分のものにしていく植物たちから溢れる生命力が、なんとも素晴らしく輝いて感じられます。

Information

ヴォーヴィル植物園 

JARDIN BOTANIQUE DE VAUVILLE

Château de Vauville

VAUVILLE

2 le Moitier

50440 LA HAGUE

https://www.jardin-vauville.fr

Credit

遠藤浩子

写真・文/遠藤浩子

フランス在住、庭園文化研究家。
東京出身。慶應義塾大学卒業後、エコール・デュ・ルーヴルで美術史を学ぶ。長年の美術展プロデュース業の後、庭園の世界に魅せられてヴェルサイユ国立高等造園学校及びパリ第一大学歴史文化財庭園修士コースを修了。美と歴史、そして自然豊かなビオ大国フランスから、ガーデン案内&ガーデニング事情をお届けします。田舎で計画中のナチュラリスティック・ガーデン便りもそのうちに。

blog|http://www.hirokoendo.com
instagram|moutonner2018

Print Friendly, PDF & Email