花屋さんで花を買うとき、どんなふうに花を選びますか? 青空の下で、花かごを手に庭を歩きながら、梢を渡る風や小鳥のさえずりに耳を傾け、今そこに咲く花を自分で摘み取る。花を買うという行為を癒しに変え、心身を健やかに整えることをテーマとした花屋があります。神奈川県座間市にある花屋「ガーデンバウム」を訪ねました。

Print Friendly, PDF & Email

癒やしがテーマの体感型の新しい花屋

100種以上のオーガニックハーブ&フラワーが咲く庭

ガーデンバウム
植物の生命力が感じられる初夏の「ガーデンバウム」。

神奈川県座間市の住宅街のはずれにある花屋「ガーデンバウム」。川沿いに連なる林を望む小さな丘の上、100種類以上のハーブや花の咲く庭が「ガーデンバウム」の花の供給源です。この庭は店主の山口裕子さんが仲間とともにオーガニックで育てており、ワークショップでは庭を巡りながら花かごを持って季節の花を摘み取ることができます。あるときはさまざまなミントの香りを楽しみながら、またある時はラベンダーの香りに癒やされながら、またある時は庭に実るベリーを口に入れながら、お客さんは季節の花を摘み、カゴを満たしていきます。

ガーデンバウムのワークショップ
庭の花を摘んでブーケ作りのワークショップ。

ガーデンブーケやガーデンリース作りなどのワークショップでは、自然に育った草花のユニークな姿を生かしたブーケ作りのレッスンが受けられます。レッスンの前には、山口さんが庭を案内。「ハーブだったらその植物の効能をお話ししたり、『赤毛のアン』や『ピーターラビットのお話』に登場する植物を話題に、物語に浸ってもらえるようにしたり。ただ花を摘む、買うのではなくて、ここで豊かな時間を過ごしてもらえるように庭をご案内しています」(山口さん)。

バラの花摘み
オーガニックで育てたバラの花摘み。

ハーブの絨毯に寝転んでお昼寝とアーシング

ガーデンバウム
ガーデンテーブルには山口さんの愛読書が並ぶ。

ガーデンの木陰にはテーブルと椅子が用意され、山口さんセレクトの本を読んで過ごすこともできます。また、ガーデンにはローマンカモミールとタイムの二つの香りの丘があり、ワークショップには「ハーブの丘でお昼寝とアーシング(無料)」というメニューも。「アーシングというのは素足や素肌で大地とつながるということで、身体に帯びた電気を解放する健康法の一つとされています。ぜひ、ハーブの丘の香りの絨毯で寝転んでみてください。香りはもちろん、地面のひんやりした感触や光、風の音など、身体中で自然を体感できますよ」。

ガーデンバウム
カモミールが咲くハーブの丘。

自身の経験を生かして

そんな体感や体験こそが、山口さんが大切にしている「ガーデンバウム」のコンセプト。「私自身が体験してきて、今もなお感じている自然から得られる心地よさや安心感を共有したいと思って、ガーデンバウムを作り続けています」。山口さんが「ガーデンバウム」を作り始めたきっかけは、自身の心身の不調です。30代の頃、シングルマザーとして子育てや仕事へ邁進するうちに、心身を崩してしまいました。

ガーデンバウム
自身の経験を生かしたいと話す山口さん。

オーガニックハーブ&フラワーの栽培を通して癒やしを体験

ラベンダー
ラベンダーで一杯になった花かご。ラベンダーの香りには安眠効果がある。

さまざまな自然療法を試すうちにたどり着いたのがハーブ。一つひとつのハーブの持つ薬効を知り、アロマやハーブティーとして取り入れるとともに、植物そのものに触れることや、自然のなかに身を置くことが、健やかな心身を取り戻すことにつながっていると気がつきました。

「自分が健康でいるためにどうすればいいのか、対処法が分かったというのは大きな安心でした」。

しかし、山口さんがハーブと出会った当初は、ハーブブームに乗じた産地偽装や成分知識の未熟さなどからくる健康被害も起きていました。そこで、安全なハーブを自分の手でつくろうと思ったことが、ガーデンバウムへとつながっていきます。2013年、風の吹き抜ける牧場の跡地に、1本の木を植え、ごろんと寝転ぶ香りの絨毯ハーブの丘をつくることから庭づくりが始まりました。無農薬無化学肥料で花やハーブを栽培し、その庭を「風の谷のハーブ畑」と名付けました。なるべく自然にまかせ、鳥や虫たちとも共存しながら季節の花を育て、収穫するというガーデンバウムの仕事は、山口さん自身に限りない癒やしをもたらしてきました。その経験を多くの人とシェアしようと、2020年にガーデンを一般に開放し、庭のあるオーガニックフラワーショップ「ガーデンバウム」がオープンしました。

ハーブバス
摘み立てのラベンダーやローズマリーなどを使ったハーブバス。

「コロナ禍などで不安の多い昨今、誰にとっても安全で安心して過ごせる場所がより必要になっていると思います。ですから、庭をより充実させて、ガーデンバウムを癒やしのスペースとしてより有効に利用するために、ガーデンカフェなどさまざまな計画を温めています」。

ガーデンバウム
セラピーガーデンとして設計されている庭。車椅子でも通りやすい。

その計画の一つとして、所属している企業において今年新たに開始したのが障害福祉サービスの一つ「就労継続支援B型(*)『庭と森』」です。障害や心身に不調を抱えた人々が安心して働き、社会とつながって活躍できる場所になるよう、ガーデンの維持管理や苗の生産を利用者とともに行っています。

「これまでさまざまな人生の出来事の度に、園芸療法やメディカルハーブ、コミュニティガーデン学など知識を得る機会に恵まれました。より具体的に療法的観点からのガーデンの有用性を知り、ハーブガーデンをいつか福祉に活かすことも私の夢だったので、それが実現してとてもうれしいです」。

*一般企業に雇用されることが困難であって、雇用契約に基づく就労が困難である者に対して、就労の機会の提供及び生産活動の機会の提供を行う(厚生労働省HPより)

心に寄り添う安心できる居場所

ガーデンバウム
カモミールの咲くハーブの丘でヨガやアーシング体験をするお客さん。

「以前ハーブの丘の手入れをしていた利用者のお一人は、最初誰とも会話をせず、言葉を発することがなかったんです。でも、いつもとっても丁寧に水やりをしてくれて、おかげで春を迎えた時に花がすごくきれいに咲いたんです。それを眺めながら見事だなあって感動していたら、その方がトントンと私の肩を叩いて『これを家族に見せたい』って一言。初めてその方の声を聞いた瞬間でした。そして実際、ご家族もいらして、とても喜んでくださったんです。ああ、この場所を作ってよかったなぁと思いました」。

ガーデンバウム

山口さんはこれまで障害や疾患を抱えた人々と接するなかで、自身を否定してしまうケースも多くみてきました。「自分なんか、と思ってしまっている人が少なくないんですね。そう思っている人が、自分の仕事によって人を喜ばすことができると知ることは、どれほど大きな力になるかしれません。でも、誰だって仕事で失敗したり、家族とケンカしちゃったり、つまずいたり自信を喪失することはあります。そんな時に、大丈夫だよ、と寄り添って、また元気な自分に戻れるように背中をそっと押してあげられるような場所でありたいと思っています」。

花と心の共鳴「ブーケセラピー」

ブーケ

コロナ禍の中、ガーデンバウムの庭を一般にオープンして2年あまり、こうした場所の必要性を改めて強く感じていると話します。

「花を摘むって他愛もない作業のようにも思えますが、いろいろな花が咲いている中でその一輪に目がとまって、その花を摘もうと手が動くって、美しいなって心が動いている瞬間なんですよね。それって今咲いている花と今の心が共鳴していることのように思えるんです。私はそれを花摘みのマジック、ブーケセラピーと呼んでいます。疲れていたり、悲しみを抱えていたとしても、人には美しいと思える力があり、思わせてくれる力が花にはあるんですよね。

これからも、子供からお年寄り、障害のある方ない方に関わらず、老若男女みんなが楽しく過ごせて元気になれる居場所と体験を提案していきたいと思っています。」

ガーデンバウム

「ガーデンバウム」は、自身にとってもなくてはならない場所だと山口さんは話します。バウムとは年輪。多くの人に癒やしの場所を提供し、その輪を広げながら、「ガーデンバウム」は、はじまりからもうすぐ10年目の年輪を刻みます。

Information

ガーデンバウム

gardenbaum 風の谷のハーブ畑

住所:神奈川県座間市栗原1750

TEL:046-204-7841

Mail:garden.baum.shop@gmail.com

営業日・営業時間の最新情報はインスタグラムよりご確認ください。

https://www.instagram.com/gardenbaum/

Credit

写真提供/ガーデンバウム


文/3 and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email