旬の花との出会いを求めて、国内外の名所・名園を訪ね続ける写真家の松本路子さんによる花旅便り。その土地で愛されるようになった背景と見どころをレポートしています。日本各所にゆかりの桜を訪ねる旅の第8弾は、日本で一番最後に開花し、桜の季節を締めくくる北海道をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

北の桜、‘オオヤマザクラ’

遠くに霞む山脈に向かい、まっすぐに伸びる道。その両端の桜並木の見事なこと。北の大地、北海道ならではの雄大な景観だ。この桜に出会いたいと、数年前、北海道新ひだか町の静内二十間道路(しずないにじゅっけんどうろ)を訪れた。

静内二十間道路
静内二十間道路。約7キロにわたる直線道路の両側に‘オオヤマザクラ’を中心とする桜並木が続く。

静内二十間道路の桜並木は、主に‘オオヤマザクラ’で成り立っている。5月初旬に咲く‘オオヤマザクラ’が終わるころ、一週間ほど遅れて‘カスミザクラ’、‘ミヤマザクラ’が開花する。いずれも日本に分布する野生の桜10種に含まれ、主に寒冷地や山岳部に生育する種類だ。街路樹など、低地で見られるのは北海道ならではで、まさに北の桜といえる。

オオヤマザクラ
‘オオヤマザクラ’。桜並木で撮影した桜は大輪で、華やか。‘ヤマザクラ’と同様に、花と若葉が同時に見られる。

‘オオヤマザクラ’は‘ヤマザクラ’より花弁が大きく、花径が3~4cmあるので、この名前がつけられた。雪や寒さに強いので、‘染井吉野’が育ちにくい北の地域では、桜といえば‘オオヤマザクラ’を意味する。北海道に多く見られることから、「蝦夷桜(えぞざくら)」とも呼ばれる。まれに白色の花が見られるが、ほとんどが紅色なので、「紅山桜(べにやまざくら)」とも称され、満開の季節には山が薄紅色に染まるという。

静内二十間道路の‘オオヤマザクラ’
静内二十間道路、満開の‘オオヤマザクラ’。樹齢100年に近い木も多く見られる。

樹高は20~25mほどで、花の終わりころに紅褐色の葉が伸び始める。幹や枝の樹皮は紫褐色で光沢があることから、東北地方では昔から樺細工として、工芸品に用いられてきた。

静内二十間道路の桜並木

静内二十間道路の‘オオヤマザクラ’
静内二十間道路。遊歩道を散策しながらの花見が楽しめる。

7kmにわたる直線道路の両端には、約2,200本の桜が連なっている。道路はかつてあった宮内省所管の新冠御料牧場を視察する皇族のために、明治36年(1903年)につくられた。当初は中央道路と称されたが、幅が二十間 (約36m)あることから、いつしか二十間道路と呼ばれるようになった。

オオヤマザクラ
冬の厳しい自然を経て訪れる花の景観は雄大で、心洗われるものだ。

桜が植栽されたのは大正5年(1916年)で、当時の御料牧場の職員が近隣の山々から木を移植し、3年の歳月をかけて完成させた。現在ほとんどが樹齢50年から100年の古木で、威風堂々とした姿を見せている。

明治初期、日高地方では野生馬が群れをなしていた。そうした野生馬を集めて放牧したのが産馬改良のための牧場の始まりで、町内には現在も牧場が点在し、優駿・競走馬を多く輩出している。桜並木を馬に乗った人が通り過ぎるのも、この地方ならではの光景だ。

花のトンネル

桜のトンネル
約300mにわたる「花のトンネル」と呼ばれる桜回廊。

二十間道路のほぼ中間地点に牧場に続く脇道がある。そこでは‘オオヤマザクラ’の大木が枝を伸ばし、花の回廊を形作っている。私が訪れたのは、花の盛りをやや過ぎた頃だったが、薄紅色の花と若葉の紅褐色が重なり、夕日に照らされた様子は、何とも言えず幻想的だった。

北海道の桜

‘カスミザクラ’
‘カスミザクラ’。日本に分布する野生の桜の一つで、白色の小さな花を枝一面に咲かせる。

‘カスミザクラ’は、本州、四国、九州の低山地に広く分布する野生の桜だが、北海道では公園や街路に植栽されている。2~3cmのやや小さめの花を枝一面に咲かせ、遠目には霞みがかったように見えるので、この名前がつけられた。葉や花柄に毛が見られるので、「毛山桜」とも呼ばれる。

ミヤマザクラ
ミヤマザクラ
‘ミヤマザクラ’。花は4、5個まとまって房状につき、雄しべが長く花から突き出て見える。

‘ミヤマザクラ’は、おもに山岳地帯の高所に分布する野生の桜だが、北海道では5月から6月にかけて低地でも開花する。2cmほどの小さな花が房状に見られ、葉が完全に開き切ってから花がつく特異性がある。

‘タカネザクラ’
‘タカネザクラ’。高地でしか見られない桜だが、二十間道路の桜並木入口付近にある桜舞馬公園で、開花する姿に出会うことができた。

‘タカネザクラ’は、標高1,500~2,800mの高山に分布し、「峰桜」の別名がある。2~3mの低木で、枝が地表近くを水平に伸びることもある。標高の高いところでは夏に開花し、登山者は季節外れの花見を楽しむことができる。私にとっては出会うことができない、まさに「高嶺の花」だったが、静内の桜馬場公園で開花している姿に、奇跡的に遭遇することができた。

‘千島桜’
‘千島桜’。山岳地帯に自生している‘タカネザクラ’の変種とされる桜で、静内の桜馬場公園で見ることができた。

‘千島桜’は、根室市が開花予想の標本木に採用している桜で、‘タカネザクラ’の変種とされる。明治時代に国後島から苗が運ばれ、当初は「国後桜」と呼ばれていたが、根室市の清隆寺に移植されたことをきっかけに‘千島桜’と名前が変えられた。今では広く植栽されるようになり、5月下旬に開花することから、日本で最も遅く低地で見られる桜とされている。

札幌で出会った桜

‘カスミザクラ’
札幌、大通公園の満開の‘カスミザクラ’。

静内を訪れた帰路、札幌に立ち寄った。市の中心部に位置する大通公園に‘カスミザクラ’と‘ミヤマザクラ’が開花していると聞きつけたからだ。‘ミヤマザクラ’はまだつぼみだったが、満開の‘カスミザクラ’に出会うことができた。

北海道大学植物園のサクラ林
北海道大学植物園のサクラ林。札幌市の中心部に位置しながら豊かな自然と出会える場所だ。

大通公園から徒歩で、北海道大学植物園に向かった。ここは明治10年(1877年)に、当時札幌農学校の教頭だったウィリアム・クラーク博士の進言でつくられた農園を前身とする歴史ある植物園。13.3haの園内には、北海道の自生植物を中心に、約4,000種類の植物が育成されている。ビルが立ち並ぶ都市の中にあって、巨木や札幌の原始の姿に出会える貴重な場所だ。また、北方民族が育てる植物を、その文化とともに紹介するユニークな試みも行っている。

‘タカネザクラ’
北海道大学植物園の‘タカネザクラ’。高山の風の強い場所ではこうした姿で開花している。

サクラ林では‘オオヤマザクラ’の古木が開花し、‘タカネザクラ’が高山での姿に近く、地表を這った姿で咲いている様を見ることができた。

*植物学の慣例に従い、野生の桜をカタカナ、栽培品種の桜を漢字で表記しています。

Information

二十間道路桜並木(新ひだか町HP)

住所:北海道日高郡新ひだか町静内本町5-1-21

電話:0146-43-1000

HP: https://www.shinhidaka-hokkaido.jp/

北海道大学植物園

住所:北海道札幌市中央区北3条西8丁目

電話:011-221-0066

HP: https://www.hokudai.ac.jp/fsc/bd

Credit

写真&文/松本路子

写真家・エッセイスト。世界各地のアーティストの肖像を中心とする写真集『Portraits 女性アーティストの肖像』などのほか、『晴れたらバラ日和』『ヨーロッパ バラの名前をめぐる旅』『日本のバラ』『東京 桜100花』などのフォト&エッセイ集を出版。バルコニーでの庭仕事のほか、各地の庭巡りを楽しんでいる。2018-22年現在、造形作家ニキ・ド・サンファルのアートフィルムを監督・制作中。
『秘密のバルコニーガーデン 12カ月の愉しみ方・育て方』(KADOKAWA刊)好評発売中。www.matsumotomichiko.com/news.html

Print Friendly, PDF & Email