旬の花との出会いを求めて、国内外の名所・名園を訪ね続ける写真家の松本路子さんによる花旅便り。その土地で愛されるようになった背景と見どころをレポートしています。桜を訪ねる旅の第5弾となる今回は、桜を愛した歌人、西行法師の足跡を辿る旅をご案内します。

Print Friendly, PDF & Email

桜を愛した歌人・西行

奈良・吉野山の桜
奈良・吉野山の桜。古来より「一目千本」と称される中千本の風景。吉野山では約8kmにわたり、尾根や谷を3万本の桜が埋め尽くす。

奈良・吉野山の桜を訪ねてから、桜を多く詠んだ平安末期の歌人・西行のことが気になっていた。

「吉野山 こずえの花を 見し日より 心は身にも 添わずなりにき」

桜の花が咲き始めると、心が浮き立ち、花とともに宙に舞う、そんな心情だろうか。

またよく知られた歌に次のようなものがある。

「ねがはくは 花のしたにて 春死なん そのきさらぎの 望月の頃」

その歌の通りに満開の桜の下で往生を遂げている。狂おしいほどの桜への想いを、三十一文字に託した西行の生涯。その一端に触れたくて、足跡をたどる旅に出た。

武士から漂泊の歌人に

勝持寺・瑠璃光殿の西行法師像。
西行が出家した、京都郊外の勝持寺(しょうじじ)・瑠璃光殿に収められた西行法師像。高さ55cmの寄木造り、朱塗りで、室町時代に作られたもの。

西行の出家前の名前は佐藤義清(さとうのりきよ 1118-1140年)。鳥羽上皇の御所の北面を詰所として警護に当たる北面武士だった。23歳の若さで出家したが、その動機には諸説ある。「保元の乱などの政治の混乱に嫌気がさした」「高貴な女性に憧れ、失恋した」「親友の死に世の無常を悟った」などだ。

女性への恋慕の情が溢れる歌を読むと、失恋説をとりたい気持ちにもなるが、若くして妻子を捨て仏門に入るのには、これらの出来事が重なったからではないだろうか。また、歌の道に生涯をかけるという覚悟があったのかも知れない。

勝持寺の‘西行桜’

勝持寺の南門
「花の寺」として知られる勝持寺の南門。同寺で出家し、庵を結んだ西行が植えたと伝えられる‘西行桜’をはじめとして、約100本の桜を見ることができる。

京都の西南郊外、大原野に西行が出家した天台宗の寺・勝持寺がある。西行が植えた桜が残っていると知り、ぜひ花を見たいと訪ねた。境内の鐘楼堂脇の枝垂桜が満開の枝を広げている。桜は西行が手植えの木から3代目にあたり、代々‘西行桜’として親しまれてきた。西行はこの桜の近くに庵を結んでいたという。

勝持寺の鐘楼堂の脇に立つ‘西行桜
勝持寺の鐘楼堂の脇に立つ‘西行桜’。西行が植えた桜の3代目の枝垂桜が大きく枝を広げている。
勝持寺の‘西行桜’
勝持寺の‘西行桜’。薄紅色の一重の枝垂桜は、優しく、どこか儚げな風情を見せる。

‘西行桜’のほかに境内には約100本の桜が植えられ、「花の寺」と称される。勝持寺は、京の西山連峰のひとつ小汐山(小塩山)の山麓に位置しているので、‘小汐山’と名づけられた桜も、西行ゆかりの桜といえるかもしれない、

‘小汐山’
‘小汐山’。小汐山(小塩山)は平安時代より桜の名所として知られる。その山の名前を冠する桜は、一重の楚々とした姿だ。

勝持寺の庭には西行が剃髪した際に、鏡代わりに使った鏡石が残され、姿を映したとされる瀬和井の泉がある。宝物館の瑠璃光殿には、室町時代に作られた、寄木造りで朱塗りの西行法師像が収められている。

勝持寺
西行が鏡の代わりに使ったとされる鏡石と、姿を映した瀬和井の泉。

西行がこの地で詠んだ歌から、世阿弥の作とされる能の演目「西行桜」が生まれた。

「花見にと 群れつつ人の 来るのみぞ あたら桜の 科(とが)には有りける」

隠遁生活を送るつもりの寺に花見客が押し寄せ、それを桜のせいだと嘆いている。能では西行の夢の中に老木の桜の精が現れ、「それは桜の罪ではない」と告げる。やがて西行と桜の精の魂は同化し、花の精は洛中の桜の名所を謡いながら、行く春を惜しみ舞う、という優美な物語だ。

庵を結んだ二尊院(にそんいん)

二尊院総門
二尊院総門。1613年に伏見城から移築された、室町時代の建築物。

出家後しばらくして、西行は京都・嵯峨にある二尊院に庵を結んだ。二尊院は和歌の歌枕として知られる小倉山の麓に位置する。紅葉の名所でもあり、参道にはもみじと桜が交互に植えられ、四季それぞれ趣のある情景が広がる。

「牡鹿鳴く 小倉の山の すそ近み ただひとりすむ 我心かな」

境内には西行庵跡を示す石碑が立ち、寺の近くにある西行井戸の傍らには、この歌の石碑がある。出家後に、孤高の歌人として生きる覚悟のようなものが感じられる歌だ。

二尊院 西行庵跡
二尊院の総門近くに立つ、西行庵跡を示す石碑。
西行井戸脇の歌碑
二尊院近くにある西行井戸脇の歌碑。

吉野山の桜に焦がれて

吉野山の桜
吉野山中腹、中千本の尾根に咲く‘ヤマザクラ’群。

京都周辺の山寺に住んだ後、西行は高野山に庵を構え、およそ30年にわたりそこを拠点として、諸国行脚の旅に出かけた。高野山は吉野山に近く、たびたび吉野を訪れ多くの歌を残している。

「なんとなく 春になりぬと 聞く日より 心にかかる み吉野の山」

「吉野山 こぞの枝折(しをり)の 道かへて まだ見ぬかたの 花を尋ねん」

桜の季節が近づくと心は吉野山に飛び、年ごとに訪れては、まだ見ぬ桜を求めて山の奥に足を踏み入れる。桜への想いが溢れる歌だ。

「あくがるる 心はさても 山桜 散りなんのちや 身に帰るべき」

吉野の桜を見ているうちに心が身体から抜け出し桜のもとにある。花が散ってから心は身体に戻ってくるだろうかと、詠う。こうした歌は、単に花を愛でているだけでなく、桜が象徴する何か、また何者かへの哀惜の念が籠められているのではないだろうか。それが読む人の心にさまざまに響き、西行の桜は後の世まで語り継がれている。

奥千本の庵

西行庵への道
西行庵へ至る道は険しく、うっそうとした木々に囲まれている。吉野山の奥千本からさらに深い山を行った、寂しい地に庵がある。

花の季節に訪れるだけでなく、西行は吉野山の奥深い地に庵を結び、3年ほど暮らしている。

「花を見し 昔の心 あらためて 吉野の里に 住まんとぞ思う」

「吉野山 桜が枝に 雪ちりて 花おそげなる 年にも有るかな」

私が訪れた時も、山の麓では桜が咲いていたが、庵に向かう山道には冷気が漂っていた。3畳ほどの広さの庵の、訪れる人もない暮らしの中で春を待つ気分はいかばかりか、と思う。

「とふ人も 思い絶えたる 山里の さびしさなくば すみ憂からまし」

寂しさが山里でひとり住む身の慰めである、という境地は驚きだ。その寂寥感と無常観が、奥千本の庵の前に立つとより迫ってくる。

西行庵
吉野山の奥深くに建つ、3畳ほどの広さの西行庵。

庵の近くには西行が水を汲んだといわれる苔清水が今も湧き出ている。傍らには江戸時代の俳諧師・松尾芭蕉がここで詠んだ「春雨の こしたにつたふ 清水哉」の句碑があった。芭蕉は西行に憧れて、奥州や諸国を旅し、『奥の細道』などの句集を生み出した。吉野にも2度ほど訪れた記録が残っている。

松尾芭蕉の句碑
松尾芭蕉の句碑。西行の苔清水の歌の地を訪れた芭蕉は、ここを題材にいくつかの句を詠んでいる。

終焉の地、弘川寺(ひろかわでら)

弘川寺、本堂
弘川寺、本堂。枝垂桜は戦に敗れた弘川城主隅屋正高がこの木の下で自刃したことから「すやざくら」と呼ばれている。本堂の右手を登った小高い丘に西行墳がある。

西行は奥州、四国、伊勢などの地を経て、文治5年(1189年)に、河内国(現大阪府河内郡)の弘川寺に居を構えた。その翌年、病のため73年の生涯を終えている。

「ねがわくば 花のしたにて 春死なん そのきさらぎの 望月の頃」

彼がかつて詠んだ歌の通り、亡くなったのは、旧暦2月16日(西暦3月23日)の桜の季節、満月の頃だった。

西行の墓と歌碑
弘川寺の本堂奥、‘ヤマザクラ’の木の下の西行の墓と歌碑。桜の花びらがはらはらと舞い降りていた。

西行没後から550年を経て、江戸時代の歌僧・似雲(じうん)が西行墳を発見。似雲は境内に西行堂を建立し、西行座像を祀った。さらに西行墳の傍らに「花の庵」を建て、生涯そこで暮らしたという。

西行堂
西行座像を祀る西行堂と、西行記念館にある西行像。
西行墳の近くに立つ「ねがわくば…」の歌碑
西行墳の近くに立つ「ねがわくば…」の歌碑。歌の通り、桜が満開の季節に没し、今も桜花の下に眠る。

私が訪ねた日、西行墳にはなぜか一輪の赤いバラが手向けられていた。墓近くには、「ねがわくば…」の歌碑が立つ。頭上の大木の‘ヤマザクラ’が、あたり一面に花びらを散らしていた、

弘川寺

*植物学の慣例に従い、野生の桜をカタカナ、栽培品種の桜を漢字で表記しています。

Information

勝持寺

住所:京都市西京区大原野南春日町1223-1

電話:075-331-0601

HP:http://www.shoujiji.jp

二尊院

住所:京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27

電話:075-861-0687

HP:http://nisonin.jp

吉野山観光協会

住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山2430

電話:0746-32-1007

HP:http://www.yoshinoyama-sakura.jp

弘川寺

住所:大阪府南河内郡河南町弘川43

電話:0721-93-2814

HP:http://www.town.kanan.osaka.jp(河南町HP)

Credit

写真&文/松本路子

写真家・エッセイスト。世界各地のアーティストの肖像を中心とする写真集『Portraits 女性アーティストの肖像』などのほか、『晴れたらバラ日和』『ヨーロッパ バラの名前をめぐる旅』『日本のバラ』『東京 桜100花』などのフォト&エッセイ集を出版。バルコニーでの庭仕事のほか、各地の庭巡りを楽しんでいる。2018-22年現在、造形作家ニキ・ド・サンファルのアートフィルムを監督・制作中。
『秘密のバルコニーガーデン 12カ月の愉しみ方・育て方』(KADOKAWA刊)好評発売中。www.matsumotomichiko.com/news.html

Print Friendly, PDF & Email