ひと口に園芸店といっても、今やさまざまなスタイルのショップがあります。それぞれの個性が色濃く反映されたこだわりの空間は、ガーデニングのセンスを磨ける最高の場所。今回は、バラとクレマチスを専門に扱う総合園芸店「京都・洛西 まつおえんげい」(以下まつおえんげい)を訪ねました。

Print Friendly, PDF & Email

“わかりやすく”を徹底し
ガーデニングライフを応援

京都の西部・洛西ニュータウンの山側にある「まつおえんげい」。明治時代から続く老舗の園芸店で、シーズンにはたくさんのバラや草花が来訪者を出迎えます。

まつおえんげい

このショップは、バラのエキスパートの一人として知られる松尾正晃さんが営むバラとクレマチス+園芸用品全般を扱う総合園芸店。マネージャーである息子の祐樹さんとともに、販売をしながら全国の花のイベントに積極的に参加し、主にバラの魅力を発信しています。

まつおえんげい
花でにぎやかな店先。フェンスにはさまざまなバラが誘引されており、秋に一番存在感を放つのは‘ダフネ’。

店内はバラとクレマチス苗でいっぱい。ピーク時には、バラは400~500品種が7,000~8,000株、クレマチスは150品種が1,500~2,000株の苗が並んでいます。

まつおえんげい

バラはイギリスやフランス、日本、オランダ、ドイツ、イタリアなど各国のメーカーのものを網羅。自社ブランド品種や古い品種も揃えられています。バラは特にお国柄のような特色が表情に出るので、それを見比べながらショッピングするのも楽しい時間です。

まつおえんげいのバラ

品種が多く、育てるのも難しいと思われがちなバラ。そういった不安を払拭すべく、「まつおえんげい」ではコミュニケーションを大事にしいます。「皆さん恵まれた環境で育てていらっしゃるとは限らないので、まず環境をお聞きして、対話しながら問題や疑問を一緒に解決していきます。それぞれに合った育て方をご提案できるように心がけています」と祐樹さん。

まつおえんげい
松尾家自宅の素敵なログハウスを背景に広がる、雰囲気のあるバラ売り場。苗は一般的な大きさのものだけでなく、長尺仕立ての苗も多数並んでいる。

看板やポップは、「とにかく分かりやすく、より有益な情報や知識を提供」することに力を注ぐ「まつおえんげい」。「どんな些細なことでも困ったことがあれば気軽に相談して下さい。皆さまのお手元に植物を届けることだけが園芸店の仕事ではないんです。その後もしっかりと育ってくれるようにサポートすることが、なにより大切なことだと考えております」と祐樹さん。

バラ苗

ロマンチックな庭づくりに欠かせないつるバラ。店内にはつるを伸ばすシュラブやクライミングのバラが100株以上点在しており、スタッフ皆で剪定・誘引等の管理をしています。ショップの突き当たりの花壇では、つるバラとカラーリーフとの美しい競演が見られるので、ぜひチェックを。

まつおえんげいの花壇
花壇は新しい品種を積極的に取り入れながら、ローメンテナンスな植物がセレクトされている。

ショップを彩る
つるを伸ばすバラたち

フェンスやオベリスクに誘引された、丈夫で育てやすいバラを紹介します。取材時の秋バラは、特に深みのある魅力的な花色をしていました。秋は春より苗の販売数がだいぶ少ないですが、咲いている花から返り咲き性が強く丈夫な品種を確認できます。

バラ‘ダフネ’と‘リパブリック・ドゥ・モンマルトル’

左/‘ダフネ’:四季咲き、シュラブ半横張H1.5×W1.2m、花径6~7cm、中香
右/‘リパブリック・ドゥ・モンマルトル’:四季咲き性、シュラブ半横張H1.3×W1.5m、花径8~10cm、強香

バラ’パットオースチン’と‘エドゥアール・マネ’

左/‘パットオースチン’:返り咲き、シュラブ横張H1.2×W1.0m、花径10~12cm、強香
右/‘エドゥアール・マネ’:四季咲き、シュラブ半横張H1.8×W1.2m、花径8~12cm、強香

まつおえんげいのバラ

左/ルイーズ・オジェ:返り咲き、シュラブ半直立H2.0×W1.5m、花径8cm、強香
中/‘マルク・アントン・シャンポルティエ’:四季咲き、シュラブ横張H1.5×W1.2m、花径6~8cm、中香
右/‘ポール・ボギューズ’:返り咲き、シュラブ横張H1.5×W1.0m、花径8~10cm、強香

まつおえんげいのバラ苗

左/‘ナエマ’:返り咲き、シュラブ半直立H2.0×W1.5m、花径8~10cm、強香
中/‘エリアーヌ・ジレ’:四季咲き、シュラブ横張H1.0×W0.8m、花径8cm、微香
右/‘パレード’:返り咲き、つる横張H2.5m~、花径10cm、花径6~7cm、中香

コンパクトなクレマチスは
奥の専用ハウスで販売

バラと併せて育てたい植物ナンバーワンのクレマチス。互いの花の少ない時期を補い合うように花を咲かせる、バラとベストコンビの植物で、広い敷地の奥に専用ハウスにずらりと並んでいます。国内のさまざまな生産者から仕入れているので品種は多種多様。たくさんありすぎて分からないときは、ぜひスタッフに声をかけてみて。

まつおえんげいのクレマチス

バラと一緒にクレマチスもサンプルで植わっています。さすが専門店、仕立ての美しさは見事です。

バラとクレマチス
左/3種のクレマチス‘ピール’‘キリ・テ・カナワ’‘白万重’が植わる、ログハウススタイルのトイレの壁面。
右/バラ‘ラ・レーヌ・ヴィクトリア’とクレマチス‘篭口’とのコンビネーション。

先代からの精神を受け継ぎ
上質な植物を販売

ショップがオープンしたのは今から約40年前ですが、店の前身として、戦後に先代のお祖父さまがキクやシクラメン、クレマチスの原種を焼き物の鉢に植え、魚屋からもらった木のトロ箱に入れてリアカーに載せて街に売りに行っていたそう。そんな時代を経て、息子の正晃さんは今のような園芸店をスタート。その後、バラの魅力にいち早く気づいた正晃さんは、約20年前に、バラとクレマチスに力を入れたショップへと進化をさせました。

まつおえんげい

広い店舗ではバラやクレマチスのほか草花の品種にもこだわり、徹底した管理の下で販売しています。お店でピークを迎えるのではなく、お客さまのお手元に届いてからピークを迎えるように苗を扱っています。「仕入れ先の農家さんの思いのバトンをきちんと渡したいですね」と祐樹さん。

まつおえんげい

また、思い切ったサービスとして苗に1カ月枯れ保障をつけているというから驚き。「私には園芸は向いていない…で終わるのではなく、チャレンジして育てることの楽しさを感じてもらいたいんです」。とことんお客様に寄り添う、真摯な姿勢が伺えます。

まつおえんげいの苗
バラやクレマチス、草花以外に、それらと合わせたいカラーリーフ、果樹類苗も充実。

ハウス内の資材売り場にも
こだわりが凝縮

ハウス内には寒さに弱い植物や資材売り場。バラやクレマチス栽培におすすめのアイアンフェンスやコンテナも多数揃っています。

まつおえんげいのハウス
花苗以外にも、ギフトにもぴったりな鉢花や観葉植物も充実。
ウィッチフォードのコンテナ
人気の英国・ウィッチフォード社のコンテナを始め、肥料や薬剤、ガーデンツールなどの資材がゆったり見やすく並ぶ。

松尾祐樹さんのイチオシ
「まつおえんげい」オリジナル培養土&肥料「プロスタイルシリーズ」+α

プロスタイルシリーズは、「まつおえんげい」が長年の生産経験から自信を持っておすすめするガーデニンググッズや用土。とくに培養土はこだわりがぎっしり詰まった最高品質です。

まつおえんげいの資材売り場

◆「プロスタイルシリーズ バラの専用培養土」:排水性・保水性・通気性・保肥性・pHなどすべてにおいてバラ栽培に最適な配合になっている。過剰になった肥料分を吸収する働きを持つゼオライトも配合され、根の傷みを防いでくれる。

材料にこだわった「まつおえんげい」の肥料。販売されている苗や地植えしている植物にもふんだんに使われています。

まつおえんげいの肥料

◆「プロスタイルシリーズ 花の元肥」:花だけでなく野菜や観葉植物にも使える元肥。植物の成長をスムーズに促す高品質の肥料で、効果は120日。
◆「ALA配合肥料」:根の張りをよくする特殊なアミノ酸配合の肥料。株が弱ったときや根が弱りやすい夏などにおすすめ。
◆「プロスタイルシリーズ バラ専用肥料」:一年を通して使える追肥。1回の使用で30~40日持続する。バラを始め、クレマチスや樹木にも使用できる。

地元に愛される店を目指して設けられた
手づくりの喫茶店

「まつおえんげい」では喫茶店‘ログハウス’も併設。「奥さんだけがお花を楽しむような場所ではなく,ご主人も一緒に来てゆっくり過ごしてもらえる、地域に愛されるお店になりたい」という思いで、今から36年前に正晃さんの奥様が始めました。ぬくもりを感じる建物は、北山杉の間伐材を使用。椅子やオブジェは倒木が用いられ、一刀彫で造られています。

まつおえんげいのカフェ
コーヒーなどのドリンクのほか、ケーキ、パスタ、ドリアなどおいしい軽食が頂ける。

松尾祐樹さんのイチオシ
丈夫で育てやすいバラ

【四季咲き・木立ち性】

‘夜来香’

バラ ‘夜来香’

パープル系の中でも育てやすく頼もしい強健種。ブルーローズ独特のさわやかな香りも楽しめる。※1

‘縁(ゆかり)’

バラ‘縁(ゆかり)’

中輪多花性で、春以外のシーズンにもよく咲く良花。枝は太くなりすぎず、比較的コンパクトに維持しやすい。※2

‘ピンク・アバンダンス’

バラ‘ピンク・アバンダンス’

「アバンダンス(=たくさんの)」という名の通り、見応えのある中~大輪花をたくさん咲かせる。大まかな剪定でも花つきがよいので、剪定が苦手な方にもおすすめ。※2

【返り咲き・つる性】

‘アミ・ロマンティカ’

バラ‘アミ・ロマンティカ’

花弁のグラデーションが美しい半つる性品種で、秋によく咲く。花弁がしっかりとしているので雨でも傷みにくく、長く美しい状態を楽しめる。※3

‘ベル・ロマンティカ’

バラ‘ベル・ロマンティカ’

爽やかなクリアイエローと明るいグリーンの葉色のコントラストが美しい。直立気味のスリムな姿に育ってくれるので、スペースを取りすぎず行儀よく楽しみやすい。※3

‘マリー・ヘンリエッテ’

バラ‘マリー・ヘンリエッテ’

これぞバラといった豪華な大輪花で、香り・花持ちともに優秀なバラ。病気にも強く、強健で見ごたえのある姿に育ってくれる。※3

‘パブロワ’

バラ‘パブロワ’

バラの中でも意外と少なかった白花大輪のつる性品種の新品種。耐病性に優れた育てやすい性質と、グレイッシュな落ち着きのあるホワイトの花が大変魅力的。※4

‘リパブリック・ドゥ・モンマルトル’

バラ‘リパブリック・ドゥ・モンマルトル’

赤バラの中でも特筆すべき育てやすさを持つ、半つる品種。年に3~4回繰り返しよく咲き、深紅の美しい花を何度も楽しませてくれる。※5

 

明治から続く園芸店の老舗「まつおえんげい」。優雅なバラとクレマチスに加えて、四季折々の草花が豊富に並びます。また、知識豊富のスタッフが丁寧にガーデニングライフを支えてくれます。ぜひ訪れてください。アクセスは、京都縦貫自動車道「大原野IC」「沓掛IC」より車で約5分。JR桂川駅・阪急洛西口駅よりバスで約20分「新林センター前」下車から徒歩約5分。

【GARDEN DATA】

京都・洛西まつおえんげい

京都府京都市西京区大枝西長町3-70
TEL :075-331-0358

営業時間:平日10:00~17:00/9:00~17:00(土日祝)

定休日:木曜日(祝日は営業)/正月・盆休み(※詳細はブログ等で掲載)

https://matsuoengei.co.jp/

Credit

写真&文/井上園子
ガーデニングを専門としたライター、エディター。一級造園施工管理技士。恵泉女学園短期大学園芸生活学科卒。造園会社、園芸店を経て園芸雑誌・書籍の編集者に。おもな担当書に『リーフハンドブック(監修:荻原範雄)』『刺激的ガーデンプランツブック(著:太田敦雄)』『GARDEN SOILの庭づくり&植物図鑑(著:田口勇・片岡邦子)』、近著に『簡単で素敵な寄せ植えづくり』など。自身もガーデニングを楽しみながら、美術鑑賞や旅行を趣味にする。植物を知っていると、美術も旅も楽しみの幅が広がりますね。

【写真協力】 ※1:河本バラ園、※2:タキイ種苗株式会社、※3京成バラ園芸株式会社、※4:株式会社花ごころ、※5:まつおえんげい

Print Friendly, PDF & Email