旬の花との出会いを求めて、国内外の名所・名園を訪ね続ける写真家の松本路子さんによる花旅便り。その土地で愛されるようになった背景と見どころをレポート。今回は、早咲きのサクラ「河津桜」の誕生物語と見頃案内、そしてバルコニーで身近に咲かせている鉢植えの河津桜についてもご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

早春の桜便り

河津桜
薄紅色の5弁の花が清楚で可愛い河津桜。花の後に葉が出るので、木が一面、花色に染まる。

毎年2月になると、静岡県東部にある伊豆から桜が咲き始めたという便りが届く。4月に開花する染井吉野ではなく、早咲きの河津桜だ。今では伊豆だけでなく、全国で植栽され、早春の桜として知られるようになった河津桜。その誕生物語は、奇跡とも思えるものだ。

河津桜
わが家のバルコニーで、空に向かい枝をのばす河津桜。背景は都心のビル群。

わが家のバルコニーにも2本の木が育っていて、鉢植えながらけなげに花を咲かせる。まだ寒い季節に、これから訪れる春を予感させ、気持ちをほっこりと温めてくれる貴重な存在だ。

河津桜、そのルーツ

河津桜は静岡県の河津町で、1955年頃に川沿いの雑草の中で苗木が発見され、発見者の故・飯田勝美さんの家の庭先に移植された。10年目に開花し、大木となったその原木は、今も同地で花を付ける。

河津桜
河津桜の原木。桜を発見した飯田氏の家の庭先に咲く。この1本からたくさんの苗木が生まれた。(写真/河津町観光協会)

2月上旬から、淡い紅色の花が1カ月近く咲き続けることから注目を集め、60年代から有志の手によって増殖されるようになった。その後、調査で新種の桜であることが判明し、発見された地にちなんで、1974年に河津桜(かわづざくら)と命名された。

オオシマザクラ
オオシマザクラ。日本に10種ある野生の桜の一つで、主に伊豆諸島や伊豆半島南部に分布する。緑がかった白色の花姿が凛として美しい桜で、染井吉野とほぼ同時期に開花する。

河津桜は伊豆半島に自生する野生の桜オオシマザクラと、他種の桜との自然交配の結果生まれたもので、一方の親はカンヒザクラと推測されている。オオシマザクラは伊豆大島に多く分布し、その名が付けられた。開花期は3月下旬頃だが、1月下旬に咲く「寒咲大島」もある。

カンヒザクラ
カンヒザクラ。10種の野生の桜の一つで、沖縄県久米島、石垣島などに分布する。日本が本来の自生地ではなく、中国南部や台湾から渡来したものが野生化したという説もある。1月下旬から2月にかけて開花する。

一方のカンヒザクラも野生の桜で、主に沖縄に分布するが、江戸時代後期には関東地方でも栽培されていた。沖縄では1月下旬頃から開花する。オオシマザクラは白色で、カンヒザクラは緋色の花を付けるので、河津桜はその中間の花色といえるのかもしれない。いずれにしても2種類の桜がどのように出会って、交配に至ったか、自然界の不思議を感じさせる出来事だ。

河津川沿いの桜並木

河津桜
河津川の川堤の両側に咲く河津桜と菜の花。桜並木は4kmほど続く。

1本の原木から増殖された苗木が、今や現地では8,000本を数えるほど植栽されている。中でも河津川両岸の桜並木は4kmにわたる見事なもので、河津駅近くの河口から上流に向かい約850本の桜が続き、花のトンネルを散策できる。

河津桜

染井吉野の花が10日ほどで散るのにくらべて、河津桜はたくさんのつぼみが徐々に花開き、花もちもよいので、1カ月ほど花の見ごろが続く。例年花の季節に「河津桜まつり」が開催され、2021年は中止となったが、2022年は一部のイベントを除いて開かれる。

河津桜まつり
2022年2月1日から28日まで開催の「河津桜まつり」の散策ルートとイベント情報(予定されていた夜桜ライトアップは、20日まで中止)。

わが家の河津桜

河津桜

河津桜が初めてわが家のバルコニーにやってきたのは、20年ほど前のこと。伊豆から到来した苗木だったが、数年後に、成長しすぎて友人の広い庭に地植えしてもらった。当時は鉢植えの木の扱い方がよく分かっていなかったのだ。

十数年前に河津町の生花店で苗木を求め、再び栽培にチャレンジ。バラと同じように冬の休眠期に鉢の土替えをすると、2mの高さで安定して育つようになった。考えてみれば、桜もまたバラ科の植物なのだ。4階の東側のバルコニーは日当たりがよいので、年によっては1月下旬から開花する。

鉢植えの桜

河津桜
バルコニー東側の河津桜。窓に近いところで花開く。

鉢植えのよいところは、動かせること。普段はバルコニーの隅に置いてある鉢を、つぼみがほころび始めたところで、中央のテーブル近くに移動させる。暖かい日には桜花の下でティータイム、そしてリビングルームから花見ができる。夜はライトアップして、ささやかな夜桜見物も。

河津桜とメジロ
花の蜜を吸いにメジロが毎日訪れ、その姿をリビングルームから眺めることができる。

桜が咲くと、頻繁に訪れてくるのがメジロ。花の蜜が大好物のこの鳥が、窓辺の木の枝に止まり、夢中で蜜を吸う姿が見られる。食用には適さないが、サクランボも実り、小さな果実は見ているだけで楽しい。青い実が熟し、赤くなると、小鳥たちがやってきてそれをついばんでいる。

Information

第32回「河津桜まつり」

会期:2022年2月1日~28日

アクセス:
車 東名沼津ICから河津町まで、約1時間20分。東名厚木ICから河津町まで、約2時間30分
電車 JR東京駅から特急踊り子号で、伊豆急河津駅まで約2時間40分。新幹線熱海駅から伊豆急行で、伊豆急河津駅まで約1時間30分

開花情報:電話 0558-34-1560

事務局:河津町観光協会 www.kawazu-onsen.com
info@kawazu-onsen.com

Credit

写真&文/松本路子

写真家・エッセイスト。世界各地のアーティストの肖像を中心とする写真集『Portraits 女性アーティストの肖像』などのほか、『晴れたらバラ日和』『ヨーロッパ バラの名前をめぐる旅』『日本のバラ』『東京 桜100花』などのフォト&エッセイ集を出版。バルコニーでの庭仕事のほか、各地の庭巡りを楽しんでいる。2018-22年現在、造形作家ニキ・ド・サンファルのアートフィルムを監督・制作中。
『秘密のバルコニーガーデン 12カ月の愉しみ方・育て方』(KADOKAWA刊)好評発売中。www.matsumotomichiko.com/news.html

Print Friendly, PDF & Email