日本には日本庭園、イギリスにはイングリッシュガーデンがあるように、国ごとに異なるガーデンスタイル。フランスには、どんな特徴をもったガーデンがあるのでしょうか。今回は、ローカルな自然を取り込んだ、元祖コンテンポラリーなプロヴァンス・スタイルの「ラ・ルーヴ庭園」を、フランス在住の庭園文化研究家、遠藤浩子さんが解説します。

Print Friendly, PDF & Email

プロヴァンス・スタイルの「ラ・ルーヴ庭園」

ラ・ルーヴ庭園
庭に取り込まれた小さなラベンダー畑。つぼみが上がって来たら一株ずつ間隔をあけてつぼみを刈込み、全体をラベンダーとグリーンの市松模様にするのだそう。

太陽がいっぱいの南仏プロヴァンスのガリーグと呼ばれる灌木林には、自生のタイムやローズマリーの群生が広がり、西洋ウバメガシやカシの木、ツゲなどの自生樹種が山野を彩ります。リュベロンの小さな村ボニューにある「ラ・ルーヴ庭園」は、そうしたローカルな自然を取り込んだ、元祖コンテンポラリーなプロヴァンス・スタイルのガーデンです。

フレンチ・シックなガーデンデザイン

ラ・ルーヴ庭園
刈込みにできるのは、サツキやツゲばかりではありません。ローズマリーやカレープランツなどのハーブ類も刈込みで。

リュベロンの山を臨み、岩壁を這うようにつくられた庭園のテラスに入ると、さまざまな常緑灌木が球形または大刈り込みのように繋がり、立体的な緑の絨毯が広がるような姿に驚かされます。フレンチ・フォーマル・ガーデンというとシンメントリーで幾何学的な、整ったイメージですが、それとも違うのだけれども、大変シックに美的に整っており、同時に庭の生きた魅力に満ちているのを感じます。歩を進める度に微妙に庭の眺めが変わり、細長い庭園の園路を進んでいくと、ラベンダー畑やブドウ畑からインスパイアされたのであろうプロヴァンス風景のコーナーがあったり、と決して広くはない庭園なのに、変化に富んだ散策が楽しめます。

土地の自然を取り込む自生樹種をチョイス

ラ・ルーヴ庭園
緑の彫刻のように整った姿をみせる、さまざまな自生樹種。自然樹形で自由に育った同じ木々が、まわりの山々を彩っています。

トレードマークともいえるツゲやローズマリーなどをはじめとするすべての刈込みの灌木類は、庭を遠巻きに囲む山々にある自生樹種が選ばれています。土地の風土に適した、手入れがなくとも自生できる丈夫な木々が庭に取り込まれ、それぞれの緑のトーンやテクスチャーの違いが豊かな表情を見せます。それはまた、プロヴァンスの明るい透明な光の具合によって、さらに輝きを増すのです。刈込みの常緑樹木には変化が少ないように思われるかもしれませんが、季節によって、また朝昼晩の光の違いによって、生き生きと変化する絶妙な庭の風景を作り出してます。プロヴァンス独特の自然の産物である樹木の緑や太陽の光が最大限に生かされ、独自のスタイルとなっているのが、このガーデンの特筆すべきところです。

ラ・ルーヴとの運命の出会い

ラ・ルーヴ庭園
涼しさを呼び込む水は南の庭園に不可欠なアイテム。ということで、石造りの小さなプールも。

この庭を作ったのは元エルメスのデザイナーでもあった女性、ニコル・ド・ヴェジアン(Nicole de Vésian/1919~1999)。南仏プロヴァンスの土地の魅力に魅せられ、ラ・ルーヴ(仏語で狼のこと)と名付けられた村外れの邸宅と土地を購入したのは1989年、70歳の時でした。3,000㎡ほどの山の眺めに向かって大きく開かれた土地がたちまち彼女を魅了し、建物の中も見ずに購入を即決したのだとか。そして、70歳にして彼女の最初の庭づくりが始まったのです。

70歳にして初めての作庭

ラ・ルーヴ庭園
地中海原産のアカンサスの装飾的な葉を中心に、一見なんでもないようなさまざまな緑のテクスチャーが、白っぽい石壁とのコントラストでより映える。

当初は庭づくりの知識などなかったので、何人かの庭師を雇って作庭を始めました。植物の知識はなくとも、このような庭にしたい、という絶対的なイメージがあって、そのクリエーションを庭師たちの職人技が支えていく、そんな感じだったのでしょう。その作庭の方法はデザイナーとしては独特で、「図面も描かないし、長さも計らない’」。すべて現場で、植栽前に植物の配置を何度でも並べ替えて、徹底的に目視で確認して決定するというやり方です。庭師たちにとってはたまったものでなかったことでしょう。しかし、一緒に仕事をしていくうちにあうんの呼吸が生まれ、後に、彼女の庭を訪れたセレブたちから次々と庭園デザインの仕事が舞い込むようになった時には、必ずお気に入りの庭師たちとのチームで仕事を受け、海外からの依頼を受けた際にも自分の庭師たちを連れていったのだそうです。

フランスのみならず、特に英米からの来訪者が多かったそうですが、ある美術評論家は彼女の庭を美術作品のごとき「傑作」だ、とたたえ、ニコルには音楽での絶対音感のような、絶対的な空間造形の感覚があるのだろうと評しています。

ローカルな素材への愛着

ラ・ルーヴ庭園
庭のテラスからプロヴァンスの山々を眺めながらのアペリティフは最高。

見事な刈込みの緑の造形の他にも、庭の主たる構成に見えるのは、ローカルな石への愛着。ルネサンス庭園にあるような非常にシンプルな球形の石造彫刻や、地元の廃墟となった庭園や建物からリサイクルした石がふんだんに使われています。

日本庭園への憧憬

ラ・ルーヴ庭園
石材と常緑樹が主体のアシンメトリーな構成は、どこか和風の庭園を彷彿とさせるところも。

ところで、石と刈込みの緑といえば、日本庭園にも共通する庭のアイテム。プロヴァンスの自然と彼女の感性から生まれたであろうデザインでありながらも、日本人から見たら、どこか日本庭園に通じる雰囲気も感じられるのも、この庭の不思議な魅力です。その背景にある哲学や美学は異なるものであろうとも、アシンメトリーな構成や、シンプリシティや自然へのリスペクトを追求する庭づくりには、伝統的な日本庭園をも彷彿とさせる完成された美観と静けさが佇んでいます。ニコルはデザイナーの仕事で何度も日本を訪れており、日本庭園も訪れていたはず。何らかの形でインスパイアされた部分があるのかもしれません。

80歳の時、ニコルは次の庭をつくるべく別の土地を購入し、そのためラ・ルーヴ庭園を売却しています。残念ながら新たな庭を完成する前に世を去ってしまうのですが、その次作には、なんと日本風の庭園を作る構想を立ていたのだそう。つくられなかった庭がどんなものになったのか、興味深いところです。

生き続けるラ・ルーヴ庭園

ラ・ルーヴ庭園
屋敷の中からの眺め。灌木の植栽は、さながら緑の絨毯のよう。

その後のラ・ルーヴ庭園の所有者は何代か替わり、現在はやはりこの庭園に魅了された元ギャラリストの夫妻が所有者となっています。庭は生き物なので、継続的な手入れが欠かせません。長い時間の間には、庭の木が成長しすぎてバランスが崩れたり、あるいは枯死したりといった事態も起こります。また、作庭当時に比べて夏の暑さが一層厳しくなるなどの気候の変動に対応し、一部植物のチョイスを変えるなど、常に調整が必要です。所有者はニコルがつくり上げた庭園のエスプリを尊重しつつ、今も大切に庭を育て続けており、見学も可能です。

何歳からでも庭づくりを

ラ・ルーヴ庭園

70歳からの作庭で、いくつもの名園をつくり上げたニコル・ド・ヴェジアン。デザイナーとしての素養と慧眼とのうえに、晩年の彼女に目覚めた自然への愛、庭づくりへの情熱が生んだ、彼女独自のプロヴァンス・スタイル・ガーデン。そうして生まれたガーデンのスタイルは、彼女が亡くなってからも、多くの人々を魅了し、世界中に影響を与え続けています。

「ラ・ルーヴ庭園」(仏語・英語)

要予約で見学もできます。

https://www.lalouve.eu

Credit

遠藤浩子

写真・文/遠藤浩子

フランス在住、庭園文化研究家。
東京出身。慶應義塾大学卒業後、エコール・デュ・ルーヴルで美術史を学ぶ。長年の美術展プロデュース業の後、庭園の世界に魅せられてヴェルサイユ国立高等造園学校及びパリ第一大学歴史文化財庭園修士コースを修了。美と歴史、そして自然豊かなビオ大国フランスから、ガーデン案内&ガーデニング事情をお届けします。田舎で計画中のナチュラリスティック・ガーデン便りもそのうちに。

blog|http://www.hirokoendo.com
instagram|moutonner2018

Print Friendly, PDF & Email