庭づくりを楽しむ人にとって秋は、来年に向けた植物選びや庭作業に忙しく楽しい季節ですよね。それは日本に限らず、フランスでも同じこと。フランスの園芸好きが心待ちにしている秋の年中行事の一つに「プランツデー植物の日」と呼ばれるガーデニングショーがあります。2021年の秋にパリ北部にあるシャンティイ市で開催されたばかりのガーデニングショーについて、フランス在住の庭園文化研究家、遠藤浩子さんがレポートします。

Print Friendly, PDF & Email

シャンティイ城のガーデニングショー

シャンティイ城

秋は暖かな季節の名残を惜しみつつも、来春の植栽などを考え始める、ガーデナーにとってある意味心踊る季節ではないでしょうか。そんな時期、フランスの園芸好きの人々が心待ちにしている年中行事の一つに、ジュルネ・デ・プラント(プランツデー:植物の日)と呼ばれる毎年春秋開催のシャンティィー城のガーデニングショーがあります。

なぜお城でガーデニングショー開催?

シャンティイ城

シャンティイ城といえば、ルーヴル美術館に次ぐほどのレベルの高い絵画作品などの美術コレクションや、ル・ノートル設計のフォーマル・ガーデンもある有名なお城です。パリから車で1時間ほど。電車でもアクセスできるので、観光スポットとしても人気です。

シャンティイ城のガーデニングショー

そんな場所でなぜガーデニングショー? と思われるかもしれませんね。ここのガーデニングショーの発端は、30年以上前に遡ります。最初はクルソン城という別のお城で、全仏植物園協会の会合が開かれた際に、その余興として植物の交換会をやろうという計画が立ち上がります。会員の中にはナーサリーを営む人もいて、最終的には植物の販売会が開催されることになりました。すると、隣国イギリスでしか売っていないと思われていた植物をフランスのナーサリーでも扱っていたなど、さまざまな嬉しいサプライズがあって大成功! これが大好評となって恒例開催されることになったのが発端だったのだそう。その後、庭好き・植物好きのクルソン城の城主夫妻が主導して32年続いたガーデニングショーは、後続に引き継がれてシャンティイ城に移って2021年で6年目の開催となります。

会場そのものが魅力的

シャンティイ城
会場後方からお城を眺める。午後の光もとても綺麗。

ちなみにフランスのお城は、仏文化省に文化遺産として登録されているものだけでも11,000件。登録されていないものも含めれば45,000件ほどと推測されています(その8割以上は個人所有)。膨大な面積の森と広い庭園に囲まれたフランスのお城は、じつは豪華な結婚式や企業イベントの開催などに最適な場所として利用されることが多くあります。シャンティイ城の会場でも、お城の建物や庭園、森の木々を背景に、販売スタンドやショーガーデンが立ち並ぶ風景には、自然を感じられることはもちろん、そればかりではない非日常感があって、ウキウキ度も倍増です。

遠方のナーサリーの植物を一度に見られる

シャンティイ城
近年は、ふわふわと揺れる小花たちが人気です。

毎年、春秋の週末3日間に行われるこのガーデニングショーには、毎回2~3万人の来場者があるそうです。まずその魅力の一つは、普段一度に見て回ることができない遠方のナーサリーが一堂に集まる機会であること。フランス国内だけでなく、ベルギーやドイツなど近隣からも国境を越えて全部合わせると180ほどの出店者が集まります。

シャンティイ城
今が植えどきのビオラやパンジーは寄せ植えに便利。ディスプレイも素敵です。

また、ナーサリーの出店資格は専門家コミッティーによって厳正に審査されるので、その質の高さも折り紙付き。普段街中ではあまりお目にかかれないバラ専門、アジサイ専門、多年草専門、カエデ専門などさまざまな専門ナーサリーが集まるうえ、おしゃれかつ実用的なガーデニング道具やウェアなどのショップも並びます。

シャンティイ城のガーデンショー
左上/アイルランドの老舗アウトドアウエアのブース。右上/おしゃれなスレートのラベルも定番です。左下/フランスでは自邸の庭で養蜂に取り組んでいる人も多数。右下/この時期、気になるのは春の球根!

最近はパリ市内でもおしゃれなガーデニングショップが増えてきましたが、季節の植木苗などを購入するのには一般的なチェーンのガーデニングショップやホームセンターが一番近い、ということも多いのが実情です。そうした一般的なショップでは見つかりにくい珍しい品種の植物がその場で選べるのは本当に魅力的。そんな訳で財布の紐もゆるゆるになりがちな、大変危険な場所でもあります。

樹木苗
秋のガーデンショーに華やぎを加えるのは、紅葉・黄葉したオーナメンタルな樹木たち。

生産者や専門家たちと直接コミュニケーション

シャンティイ城のガーデニングショー
立ち止まってナーサリーの人々と気軽に植物談が楽しめる会場内。

遠方のナーサリーが集まっているガーデニングショーは、植物好きの間での交流の機会であることも大きな魅力です。業界人の間でのコミュニケーションもあれば、顧客側にとっても、その場で植物を買い求めなくとも、直接生産者に質問をしたり、育て方のアドバイスを聞いたり、のコミュニケーションの中で、彼らの仕事への姿勢が分かり、その後通信販売を利用するにしても安心して利用することができます。また、会場では「果樹の剪定の仕方」など、さまざまなワークショップや講演、親子向けのアクティビティなどもプログラムされていますので、ずっと気になっていた植物を入手、または新しい品種を発見したり、興味のある項目を学んだり、と飽きることなく丸一日楽しむことができます。

シャンティイ城の隠れ名物デザート「クレーム・シャンティイ」

クレーム・シャンティイを求めて、ショー会場を少し離れ、アングロ=シノワ風と呼ばれる自然風の庭園を歩きます。

会期中はお城の敷地内、英国式庭園部分の広い芝生のエリアがショー会場となり、出店スタンドのテントなどの他にも、軽食を販売するトラックがいたり、休憩所などが設けられ、青空の下でのランチやおやつも完備されています。なかでも注目の、シャンティイ城の隠れ名物デザート、元祖クレーム・シャンティイを味わうこともできます。

シャンティイ城
クレーム・シャンティイが味わえる田舎家風の園亭。

クレーム・シャンティイとは、生クリームを泡立てた、つまりホイップクリームのことなのですが、この城で17世紀コンデ公に仕えた有名な料理人ヴァテールが考案したのが始まりと言われています。すでに18世紀には、シャンティイ城を訪れた海外の王族などの多数のゲストが庭園内の田舎家風の園亭で軽食の際にサーヴされるクレーム・シャンティイの美味しさに感動の言葉を残していて、その噂は国境を越えて広がっていたとか。

シャンティイ城
園亭レストランののどかなテラス席には、ハクチョウやカモも登場。

毎回、このガーデンショーに訪れるたび植物探しに熱中するあまり、その味を知らずに終わってしまいます。今回はぜひこの元祖クレーム・シャンティイを味わってみなければと心に決め、ショー会場を少し離れて、アングロ=シノワ風と呼ばれる自然風の庭園の中を歩いて行くと、マリーアントワネットの王妃の村里にあるような田舎家風の園亭が見えてきます。内部は現在レストランになっており、天気のよい日には庭で、食事やお茶を楽しめます。

クレーム・シャンティイ
期待のクレーム・シャンティイと初対面。

期待のクレーム・シャンティイは………ボリューム満点、通常のホイップクリームよりさらにしっかりどっしりとした感じで、味が濃くて美味しかったです! 甘みをつけるにはバニラ風味の砂糖を混ぜる。ポイントは極限までホイップすること。それ以上ホイップするとクリームの分解が始まってバターになってしまうから、その直前までホイップするというのがポイントなのだそう。定番は、イチゴやフワンボワーズなどの赤い果実や、シャーベットやアイスクリームに添えて出されるのですが、冷静になってカロリーを考えるとちょっと恐ろしくもあり。でも、今日はたくさん歩いたからまぁよしとしよう! と心の中でかなり言い訳をしてしまいました(笑)。

シャンティイ城のガーデンショー

ちなみに私の今回の主な戦利品は、これからが植え時のスイセンなどの春の球根類と巨大なアガパンサス。それに大好きなワイルドチューリップの球根も見つけて大満足です。

Credit

遠藤浩子

写真・文/遠藤浩子

フランス在住、庭園文化研究家。
東京出身。慶應義塾大学卒業後、エコール・デュ・ルーヴルで美術史を学ぶ。長年の美術展プロデュース業の後、庭園の世界に魅せられてヴェルサイユ国立高等造園学校及びパリ第一大学歴史文化財庭園修士コースを修了。美と歴史、そして自然豊かなビオ大国フランスから、ガーデン案内&ガーデニング事情をお届けします。田舎で計画中のナチュラリスティック・ガーデン便りもそのうちに。

blog|http://www.hirokoendo.com
instagram|moutonner2018

Print Friendly, PDF & Email