ひと口に園芸店といっても、今やさまざまなスタイルのショップがあります。それぞれの個性が色濃く反映されたこだわりの空間は、ガーデニングのセンスを磨ける最高の場所。今回は、森の中の隠れ家的な存在のCAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」を訪ねました。

Print Friendly, PDF & Email

せわしない日常から
離れられる格好の場所

田園の中を走るまっすぐな道沿いに突如現れる、小さな雑木林を背に広がる玄蕃ファーム。うっかりと通り過ぎてしまいそうな場所ですが、歩道に沿って植わる木々と花々の合間からのぞく看板が目印です。

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
ショップには広い駐車スペースが併設されていて、一般車両で20台ほど停めることができます。まわりには名所や商業施設もないような場所ですが、季節のよい日はすぐに満車になってしまうほどの人気ぶり。
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」

ショップの入り口も木々に覆われ、まるでどこかの高原にあるショップに来たような雰囲気。ふた股に分かれた園路のつくりを見るだけで、店主のセンスのよさがわかります。

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
入口の木製ゲートにつけられた、「OPEN」「Welcome」の2つの丸いプレートが目を引きます。たくさんの緑と雑貨類の絶妙な組み合わせ。
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」

ショップ入ってすぐの右側に広がる、宿根草や鉢物コーナー。葉色が美しい樹木やパーゴラなどの構造物で重層的な風景を描き、奥の庭への期待感を高めています。

イギリスの田園風景への憧れから
誕生したメルヘンな空間

スタジオジブリの映画のワンシーンのような風景が広がる玄蕃ファーム。この店は、「ここを訪れる人達に、豊かな田園生活を感じて欲しい」というオーナーである武正祐二郎さんの思いを込めて、約20年前にオープンさせた園芸店です。「玄蕃(げんばん)」とは、江戸時代にこの地(加須市大越)に居を構えたご先祖様の名前からとったものだとか。代々大切に受け継がれてきたこの土地への愛情が伺えます。

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」

売り場ももともとは雑木林でしたが、ショップをオープンさせるために、祐二郎さんは、奥様と友人の力を借りながら約2年がかりで開墾し、庭らしく整えていきました。

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」

祐二郎さんがショップを営む以前は、なんと庭や植物とは関係のない会社勤めのサラリーマン。海外出張が多く、各国の美しい風景や人々の暮らしを積極的に見てまわっていました。そのなかで最も強く心惹かれたのは、イギリス・湖水地方の田舎の風景と庭。おとぎ話に出てくるようなシーンが続く、イギリスの街並み。古い家に手を入れられながら、大切に住み続けているイギリスの暮らしはまさに、忙しい日々を過ごしている祐二郎さんの理想とするものでした。

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」

日本で同じような時間を過ごすには…と考えた結果、思い切って早期退職。自邸の前に広がる雑木林を利用して、ショップをオープンさせることに決めたのです。

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
ヤマモミジなどの木々の向こうにひっそりと佇む、手づくりの小屋やイギリスの古い公衆電話。どこかおとぎ話に出てくるような雰囲気たっぷり。公衆電話の中には園芸に関する本が並び、小さな図書館に。自由に持ち出して隣のベンチで読んでも。

一念発起してショップづくりに心血を注いだ祐二郎さん。子どものころから植物や生き物が大好きだったので、このような庭づくりは、自身にとって自然な流れでした。当時50歳代はじめとまだ若かったので、友人の力を借りながらも自身の力で、楽しみながら店・庭づくりに専念。おとぎ話が暮らしの中に溶け込んでいるイギリスのエッセンスを、日本の景色にバランスよく取り入れていきました。10年ほど前から、息子の純一さんの若い感性が加わり、多彩な楽しさにあふれ、進化し続けています。

【雑木のエリアでのあしらいにZoom Up】

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
緑の重なりと陰影が情緒を誘う雑木のエリアには、心憎い演出がいっぱい。
左/小鳥のオーナメントと一緒に飾ったバードバス。陽光が水にキラキラと反射している。
中/自然石の園路の中央に石臼を加え、おもしろみを出して。苔むした水鉢が情趣を添えている。
右/下草の茂みの中で、ウサギやリスのオーナメントがちらり。おとぎ話のようなストーリー性が感じられる空間に。
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
雑木林の時代から植わっていたケヤキやヤマモミジの枝や構造物を活用して、小さな鉢や古い道具類をハンギング。あちこちに目を楽しませてくれるアイテムが点在している。
左/トキワシノブとフウランを植え付けたボール状のヘゴ材から、トキワシノブの小株を植えた小さな壺を下げて、2段仕立てに。
右/枝から錆びた蹄鉄を2連で吊るして、フクシアを植えたバスケットのブラケットに。
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
鉢やトレイなどは必ず石や枕木などの上に置いて、空間に立体感を出している。

半日楽しめる
回遊式のガーデン

玄蕃ファームは、時計のついた建物とガラスハウスと2棟の建物を軸に、回遊できるようにデザインされています。雑木のゾーン以外は、陽がたっぷり注ぐ明るいガーデン。エリアによって、趣ががらりと異なります。

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
雑木の奥に、ガラスのハウスや鉢売り場が見え隠れしている。
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」

雑木のゾーンには日陰の植物の苗が並んでいますが、隣のエリアは緑陰を利用して、半日陰を好む、楚々とした季節の山野草類が売り場です。苗の横には鉢植えの見本鉢が配されています。「自分の手で見本鉢を育てることは、お客様にどのように育つのかを見ていただく、というだけでなく、自分にとっても勉強になるんです」と純一さん。「お客様に分かりやすい」が第一のモットーだそう。

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
ガラスハウスの横は、素焼き鉢などのコンテナ類売り場。おもに自然な空間になじみやすい素焼きや焼き締めの鉢を扱っている。
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
ガラスハウスでは、多肉植物売り場や販売する苗の養生コーナー。外まわりでは軒を使って、吊り鉢や雑貨類が販売されている。

遊び心満載の売り場には
心が喜ぶシーンがたくさん

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」

回遊できるショップ内には、楽しい見どころが満載です。しっとりとした雰囲気のなかにユニークな仕掛けが設けられている雑木のエリア同様、素朴でほっこりとするシーンが随所に散りばめられています。

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
田舎のバス停のような佇まいの小屋。裏庭のフォーカルポイントとなっている。
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
上/ガラスハウスの脇には、こんなコーナーも。お気に入りの雑貨を飾る場所として、自分の庭の片隅に作ってもよさそう。
下左/雑草なども絵になる素材として生かしている。
下右/古い瓦を小さな排水溝として活用し、ナチュラルな雰囲気をキープ。
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」

自然な庭づくりに欠かせない樹木類も充実しています。依頼すれば、庭木1株から配達・植え込みサービスも行っています(エリア限定あり)。

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」

店の奥の方では、のどかな風景づくりにひと役かっているマスコットアニマルたちに出合えます。大人気のヤギは3頭いて、みんな女の子。以前は雄もいましたが、「どんなに高い柵を作っても飛び越えてしまうなどあまりにも暴れん坊なので、譲ってくれた人にお返しして雌3頭を飼うことにしました」と純一さん。名前は ‘ラン’、‘ラッテ’、‘ハナ’。いつもは小屋の中でのんびりしていますが、ときどき店の裏の敷地の草を食んでいます。

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」

多肉植物を載せた飼育小屋の中には、つがいのチャボと5羽の子どもたちが、にぎやかに暮らしています。大人も子どもも心なごむ場所です。

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」

フロントエリアは、構造物で仕切られた変化に富んだゾーン。木製パーゴラの先に腰高の大谷石の飾り壁を設けて視線をストップし、奥への期待感を高めています。石を積んだ空間まわりにも、楽しい仕掛けがたくさん施されています。

【フロントエリアでのあしらいをZoom Up】

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
左/リズミカルで楽しい雰囲気づくりに、錆びた蹄鉄が活躍。
右/大谷石で囲まれた6帖ほどの空間には、華奢なベンチが静かに置かれている。どこかアートな雰囲気が漂う。
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
左/小さなポットを下げるハンギングと小鳥のオーナメントを茂みに忍ばせ、巣のように見せて。
中/古い刈払機の刃を花台にして、セダム‘ライムジンジャー’の鉢植えをディスプレイ。
右/木の柱に紐をジグザグに引っ掛けただけの、簡単シンプルフェンス。視線の邪魔をしない優れもの。
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
グルっとガーデン内を一周して入り口付近に設けられた木のシェッド。このエリアのフォーカルポイント的な存在。
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
小屋の上部にはアメリカヅタを伝わせた、時の経過を感じさせる味わい深い演出。
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
木々の合間からちらりと中をのぞけるのがポイント。

廃材で建てたカフェで
手づくりのピザを味わって

時計がついた建屋は、玄蕃ファームのシンボル的な存在。これも祐二郎さんが知人の手を借りて建てたものです。まるで廃校になった小学校のように古びて見えますが、じつは建ててからまだ20年ほどしか経っていません。この味わいは、使う材料を廃材にこだわったから出せた、祐二郎さんの感性によるたまもの。イギリスでみた風景が、日本の風景に合うようにアレンジしながら再現しています。

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
入口にあるレジ台。あちこちに動物や小鳥のオーナメントがあしらわれた、おとぎ話のようなワンシーン。
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
建物の裏側の2階に飾られた古道具。

時計のついた建物の中はカフェとなっており、素朴で愛らしい内装は、森の中のペンションに来たようなしつらいです。ここでは、純一さん手づくりのピザやスイーツが楽しめます。

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
数種類ある大人気のピザのなかでも特に人気なのが、この絶品マルゲリータ。

ピザ窯は、2011年の東日本震災直前に親子で作ったもので、「5強あった揺れでも壊れなかったんですよ」と話す純一さんですが、以前はまったく違う世界の仕事についていて、植物にはほとんど興味がなかったそう。けれど、ほんの軽い気持ちで10年ほど前に入社し、園芸の勉強を開始。植物・庭づくりの世界の想像以上の奥深さに驚いたといいます。そして、日々の努力と雑木林と共に育った心の中にある原風景のおかげで、今では「玄蕃ファームのような庭をつくってほしい」と、お客様から引っ張りだこの人気ガーデナーに。祐二郎さんの右腕であり、店長として活躍しています。

CAFE & GARDEN「玄蕃ファーム」
薪を燃やすと窯の中は500℃近くまで温度が上がり、数分でおいしいピザが焼きあがる。焼き加減を調整する純一さん。これも研究を重ねてたどり着いた、オリジナルの味だという。

どこかイギリスの田園の雰囲気を感じさせるのどかな店「玄蕃ファーム」。遠くから訪れる人も多い、心なごむ空間です。ぜひ訪れてみてください。アクセスは、東北自動車道・羽生ICから車で約5分。

【GARDEN DATA】

玄蕃ファーム

埼玉県加須市大越865
TEL 0480-69-1231

営業時間:10:00~17:00
カフェは、10:30~17:00(ランチタイム 11:00~13:00)

定休日:2021年春より当面の間は、
「GARDEN:月曜のみ定休  CAFE:月~木曜 定休(祝日はどちらも営業)」
夏季・年末年始に休業あり(詳細は更新情報に掲載)

http://www.genbanfarm.co.jp/

Facebook:玄番ファーム
Instagram:junichitakemasa

Credit

写真&文/井上園子
ガーデニングを専門としたライター、エディター。一級造園施工管理技士。恵泉女学園短期大学園芸生活学科卒。造園会社、園芸店を経て園芸雑誌・書籍の編集者に。おもな担当書に『リーフハンドブック(監修:荻原範雄)』『刺激的ガーデンプランツブック(著:太田敦雄)』『GARDEN SOILの庭づくり&植物図鑑(著:田口勇・片岡邦子)』など。自身もガーデニングを楽しみながら、美術鑑賞や旅行を趣味にする。植物を知っていると、美術も旅も楽しみの幅が広がりますね。

Print Friendly, PDF & Email