庭好き、花好きが憧れる、海外ガーデンの旅先をご案内する現地取材シリーズ。今回は、英国オックスフォードシャー州にある古城「ブロートン・カースル」をご紹介します。中世の石造りの屋敷を背景に、バラや宿根草が茂る美しい庭からは、イングリッシュガーデンのエッセンスが感じられます。

Print Friendly, PDF & Email

長い歴史を持つブロートン城

ブロートン・カースル
屋敷を背にウォールドガーデン外側の花壇。

ブロートン・カースルは、コッツウォルズ特別自然美観地域の北東側に位置しています。濠に囲まれた美しい石造りの屋敷と、その南側に作られた「貴婦人の庭(レイディーズガーデン)」で有名な、人気の高い観光スポットです。

ブロートン・カースル

ブロートン・カースルは、1300年頃、イングランド王のエドワード一世に仕えたジョン・ドゥ・ブロートン卿が石造りのマナーハウス(領主の館)を建てたことに始まります。屋敷は1377年に、ウィンチェスター主教のウィリアム・オブ・ウィッカムによって買い取られ、以来、その子孫となるファインズ家に受け継がれてきました。日本で言えば、鎌倉時代の終わりから室町時代の話です。

ブロートン・カースル

ウィリアム・オブ・ウィッカムは国政で重要な位置を占めた人物で、オックスフォード大学のニュー・カレッジや、英国最古の男子寄宿学校であるウィンチェスター・カレッジの設立、ウィンザー城の建設にも携わりました。ブロートン・カースルには、17世紀にイングランド王が宿泊したという歴史もあります。

現在も続くファインズ家には、探検家や作家、画家など、才能のある人物が多く、映画『ハリー・ポッター』シリーズでヴォルデモートを演じた俳優のレイフ・ファインズと、その弟のジョセフ・ファインズも親族だそう。

ブロートン城の貴婦人の庭(レイディーズガーデン)
貴婦人の庭(レイディーズガーデン)。

濠に囲まれた屋敷

ブロートン城

まずは濠にかかる石橋を渡って、かつての守衛所(ゲートハウス)を抜けていきます。1406年、このゲートハウスに銃眼付きの胸壁が建てられたことで、マナーハウスは「カースル(城)」と呼ばれるようになりました。

ブロートン城

屋敷は3つの小川が交わる地点に建てられ、それから、屋敷を囲む大きな濠がつくられました。濠と屋敷の大部分は、昔から変わらない姿を保っているそうです。

ブロートン城のゲートハウス

銃眼のあるゲートハウス。ブロートンの建物や塀は、コッツウォルドストーンと呼ばれる石灰岩で建てられています。ブロートン・カースルの建つコッツウォルズの東側は、鉄分を多く含んだ赤茶色の石が採れるそう。大きさが不揃いな石に古さを感じますね。

ブロートン・カースル

前庭の端にひっそりとバラが咲いています。

ブロートン・カースル

600年近く経っていると思われる石塀に、優しいピンクのバラがよく合います。ここでしか出会えない趣のあるガーデンシーンに感動。

ブロートン城のマナーハウス

マナーハウスが見えてきました。1階右端が1300年頃に建てられた最も古い部分で、1554年に3階建てへと改築されました。17世紀にはすっかり荒れてしまったこともあったそうですが、長い年月の間に改修が繰り返されながら、維持されてきました。

左側に銃眼付きの胸壁が見えますが、城というよりマナーハウスの印象が強い屋敷ですね。内部はのちほど拝見することにして、まずは右手から庭のほうに回ります。

ブロートン・パークの草地

屋敷の西側、濠の外には、ブロートン・パークの草地が広がっています。

石塀とバラ

低い石塀に伝うバラ。風化した石とバラが作り出す、野趣のある景色です。

ブロートン・カースルの植栽

屋敷脇の植え込みは、銅葉の茂みがアクセントになっています。

ブロートン城とバラ

赤紫のバラと銅葉の美しい組み合わせ。

ブロートン城のウォールドガーデン

石塀に囲まれたウォールドガーデン、頭上にクレマチスが絡んだ貴婦人の庭への入り口が見えました。

貴婦人の庭(レイディーズガーデン)

ブロートン城の貴婦人の庭(レイディーズガーデン)

屋敷の南側にある貴婦人の庭に入りました。先ほどのアーチから入って、振り返ったところ。砂利敷きの小道には落ち葉一つなく、銀葉のグラウンドカバー、銅葉の茂み、壁面を覆う緑と、このエリアだけでも数多くの植物が景色を作っています。

ブロートン城の貴婦人の庭(レイディーズガーデン)

紫のアリウムと黄色いシシリンチウム・ストリアツム。優しい色合いの花々が出迎えてくれます。

ブロートン城の貴婦人の庭(レイディーズガーデン)

西側の石塀には小窓があって、紫のフジが伝います。訪れたのは7月上旬。バラがちょうど満開で、緑もみずみずしくて、花と緑の香り漂う中で何度も深呼吸。

ブロートン城の貴婦人の庭(レイディーズガーデン)

この庭は、1890年代に屋敷に暮らしていたゴードン=レノックス公爵夫人によってつくられました。この方は、当時一番のおしゃれさんとして、社交界で有名な方だったよう。きっと庭づくりのセンスもあったのですね。

ブロートン城の庭

現在の植栽は、オーナーである第21代セイ・アンド・セール男爵と男爵夫人が考えられたものとのこと。

ブロートン・カースル

コッツウォルドストーンで組まれた石塀や屋敷の壁に合うように、柔らかな色調の花が選ばれていますが、これは、1970年に、有名なガーデンデザイナーのランニング・ローパーから受けた助言に基づいているそうです。

フルール・ド・リスを描いたパーテア

ブロートン城のパーテア

この庭は、低い生け垣で模様を描く「パーテア」と呼ばれるスタイルの、整形式庭園です。屋敷の屋上からは、アヤメの花を様式化した意匠(フルール・ド・リス)と、円が組み合わさった、デザインの全体が見られるとのこと。楽しみです。

ブロートン城のパーテア

庭がつくられた当時の写真資料を見ると、生け垣の高さは足元程度で、生け垣の厚みもなく、素っ気ないくらいシンプルな庭が写っていました。しかし、長い年月の中で生け垣は腰高にしっかりと育ち、花壇の茂みも大きな、緑豊かな庭となっています。

ブロートン城の庭

庭を囲む石塀と生け垣、つまり、庭の骨格は、130年の間変わらずにあるようです。イングリッシュガーデンの歴史が感じられる庭ですね。

ブロートン城のハニーサックル

庭がつくられた当初、中心には日時計のような、シンプルな石造りのオブジェが置かれていましたが、現在はハニーサックルが植えられてこんもり整えされています。円形に区切られた地際では、パッチワークのように配置されたタイムが花を咲かせていました。

ブロートン城の石塀

時間の流れが生み出す、格別の雰囲気を醸す石塀です。よく見ると、石材の色や仕上げに違いがあります。修復された形跡でしょうか。

ブロートン城の庭

その古びた石塀を背に、バラやジギタリス、ゲラニウムといった草花が茂ります。ロマンチックな、これぞイングリッシュガーデンという花景色。

ブロートン城の庭 ブロートン城のバラ

庭に植えられているバラは約60種とのこと。草花とナチュラルに調和しあっていました。

ブロートン城の庭

家壁の窪みの奥に、木製ベンチが置かれているスペースを見つけました。

ブロートン城のベンチ

いろいろな種類の花に囲まれるベンチです。小花がふわふわと咲いて、素朴ながら心落ち着く景色。

ブロートン城

屋敷に沿って進むと、貴婦人の庭の外に出るアーチがありました。

石塀の外には芝生が

ブロートン城の扉とバラ

アーチを抜けると、木の扉の上に白いつるバラが伝う花景色が。

ブロートン城のバラ
ブロートン城のボーダーガーデン

貴婦人の庭の外側、石塀に沿ってある東向きのボーダーです。

ブロートン城のバラ

貴婦人の庭からアーチを抜けると、小さな石段があって、小さなテラスへと繋がります。

ブロートン城のテラスと植栽

テラスの先は屋敷の壁に沿って、植え込みが続きます。

ブロートン城のセアノサス

大木のセアノサスがブルーの茂みをつくり、傍にはテーブルとイスのセット。遠くの景色を眺める憩いの場所です。

ブロートン城の芝生

貴婦人の庭は、屋敷南側の、西側半分に位置しているのですが、東側には緑の芝生が広がっていて、大きな立方体のようなトピアリーが6つ点在しています。

ブロートン城の芝生
ブロートン城の男爵夫人

さて、石塀の中の庭に戻ってみると……、あそこでお客さんとお話されているのは、オーナーの男爵夫人!

ブロートン城の男爵夫人
同行した上野ファームのガーデナー上野砂由紀さんと、男爵夫人。

庭に出て手入れをされていた男爵夫人とお話しすることができました。いつもご自身で花を摘んで、部屋に活けられるそうです。

ブロートン・カースルの庭

後編では、ウォールドガーデン外側の美しい花壇や、屋敷の素晴らしい内装、貴婦人の庭の全体像をご紹介します。

Information

ブロートン・カースル〈Broughton Castle〉

Banbury, Oxon OX15 5EB

https://broughtoncastle.com

車では、ロンドンから北西へ約1時間40分。電車では、ロンドン・メリルボーン駅から最寄りのバンベリー駅(Banbury)まで約1時間、駅からタクシーで約10分。
現在は新型コロナ感染症予防のため閉館中。2021年シーズンは6月1日に開園予定だが、ホームページ等で要確認(2021年3月19日時点の情報)。例年の開園日時は、4月~9月の水曜、日曜、祝日。14:00~17:00(最終入場16:30)

会員募集

Credit

写真&文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email