一口に園芸店といっても、今やさまざまなスタイルのショップがあります。それぞれの個性が色濃く反映されたこだわりの空間は、ガーデニングのセンスを磨ける最高の場所。今回は、福岡県のアートを感じるナチュラルなショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」を訪ねました。

Print Friendly, PDF & Email

庭づくりのヒント満載!
多彩な樹木が揃うショップ

ショッピングモールのリラックススポット「GARDEN DESIGN MOMONOKI」。多彩なグリーンのグラデーションがエントランスを彩り、モール内の買い物客に楽しみと癒やしを提供しています。

園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」

エントランスで一番目を引くのが、巨大なアガベ・アメリカーナ。シャープで隆々とした大きな葉は抜群の存在感を放ち、テーマパークのワンコーナーのような印象です。

園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」

ガラス張りの建物の前には、針葉樹やオージープランツなどの個性的な鉢植えが並び、アガベとともに異国情緒を漂わせています。

園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」

見慣れない植物が並ぶ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」は、世界の個性的な樹木の生産・卸を行う人気ナーセリーのアンテナショップ。このナーセリーは、第一線で活躍する造園家や園芸店のバイヤーが日本中から買いつけに来る農園です。その評判が伝わり、たくさんの一般の人々から購入希望が多く寄せられたため、8年ほど前に小売りのショップをオープン。数多くの植物の中から一般家庭におすすめのものをセレクトし、草花や雑貨とともに素敵なシーンを提案しながら販売しています。

園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」
エントランスから右手に広がる売り場は、バークチップを敷いたワイルドなコーナー。シダやコニファーが茂るジェラシックな雰囲気。

ショップ内にはさまざまなシーンが設けられ、まるで洋書のページをめくっているかのよう。このデザイン・コーディネートは、ナーセリーのスタッフでもある春香さんがメインとなって手掛けました。ショップのコンセプトは「庭づくりに役立つこと」と春香さん。魅力的なシーンをたくさんつくることで、樹木の使い方を分かりやすく提案できるよう心掛けています。また、個人邸や店舗の庭など、それぞれのスタイルに合わせた設計・施工の相談にも応じ、好評です。

園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」
空間の奥、突き当たりのコーナーでは、アカシアやユッカなどの樹木類とサボテンなどの鉢が、まるで植栽されているようにディスプレイ。組み合わせの参考に。

植物を美しく見せるコツは
すっきりと

植物のラインナップにもこだわりやアイデアがたくさん。什器や構造物は、植物の葉の美しさを損なわないよう、シックな色合いで統一。個人邸を訪れたような、すっきりとしたコーナーづくりが、店舗内を魅力的にまとめ上げています。

園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」
植物の引き立て役となっているグレーのガーデンシェッドは、春香さんがデザインしたもの。モノトーンのコンテナやドラム缶とともに、クールでナチュラルなシーンを演出しています。
園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」
シェッドまわりでは、アンティークや使い古したような雑貨類をアクセントに。北欧のガーデンのような色づかいで、植物を飾る楽しさを提案しています。

ナチュラルでデザイン性のある空間を生み出している春香さん。そこには、大学で造園を学んだあとに研修でステイしたアメリカ・オレゴン州のナーセリーでの経験が大きく影響しています。「あちらのナーセリーは日本とは異なり、樹木を入れるポット、作業服、年季の入った道具など、どれもデザイン性があるものを使っていたんです。植物を生産してそれをただ見せるだけでなく、トータルで魅力を伝えることが大切だと感じました」。帰国してしばらくしたのち、ご両親が営むナーセリーのアンテナショップを立ち上げた春香さんは、アメリカで見聞きしたことを店づくりに盛り込みました。

園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」
モールの通路に面したシェッド背後の板塀は、格好のディスプレイの見せ場。異国情緒漂うエントランス周辺とは趣を変え、誰もが親しみやすい野菜やハーブで軽やかに演出。
園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」

店舗内の園路は、さまざまなレンガを枕木や自然石と合わせてラフに敷設。遊び心がさりげなく盛り込まれ、変化に富んだしつらいは、ガーデンデザイナーならではの飽きのこないデザインです。

カフェのような建物内の売り場は
アート感覚あふれる空間

建物内の細長い空間では、観葉植物や多肉植物、食虫植物のほか、寒さに弱いデリケートなタイプの植物を販売しています。ここは、以前入居していた店舗が使っていた売り場を春香さんが大きくリノベーションしたもの。外の売り場とは趣ががらりと変わり、春香さんのアート感覚が感じられる場所です。

園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」
オレンジ色に塗装した壁に、グリーンがつややかに映える屋内。反対色を効果的に使い、都会的なエッセンスをプラス。
園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」
カフェのようなおしゃれなカウンター。植物の育て方や、庭づくりの相談にも乗ってもらえます。お気軽にのぞいてみて。
園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」
個性的でありながら植物と馴染みやすいコンテナ類。随所にこだわりが感じられます。
園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」
知人のフローリストの作品も販売。ドライフラワーと生きている植物とのマッチングはギフトに人気。
園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」
上/以前の店舗が使っていた4つのライトをスプレーペンキでリメイク。独創的な感性が凝縮されています。 下/春香さんが描いたイラストの缶バッジ。学名も記載されているので、植物好きにはたまらないアイテム。

多彩な品揃えが魅力!
農場のような樹木売り場

樹木を中心とした植物売り場は、ナーセリーのアンテナショップならではの充実の品揃えです。トウヒなどのコニファーやオージープランツをはじめ、斑入り・銅葉・黄葉などの葉色が楽しめる樹木や、観賞価値の高い植物が、ずらりと3列に並んでいます。

園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」

オレゴンのナーセリーで見たような、おしゃれで楽しい風景づくりを心がけた樹木売り場。植物の並べ方には、選びやすい工夫も施されています。

園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」
葉の色や形などを巧みに組み合わせ、絵になる陳列を意識しています。
園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」
園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」
手前側には、おすすめの樹木に合わせやすい草花の苗が並んでいます。

小さな農場のような売り場で見つけた
素敵な樹木をご紹介!

庭木

左/リューコスペルマム:エキゾチックな花が魅力。鉢植えで育てるとよい。
中/クラブアップル‘ロイヤリティー’:ピンクの花後に実がなる。銅葉の葉もシック。
右/斑入りトキワヤマボウシ:花後も模様の入った葉が楽しめる。

庭木

左/姫タイサンボク‘マッティ・メイ・スミス’:ほのかに香るクリーム色の花が愛らしい。
中/ツバキ‘エリナ’:ツバキの小花。枝葉の佇まいも素敵。和洋どちらの庭でもOK。
右/サカキ‘ゴールデンスプレッダー’:葉模様が美しいサカキ。半日陰におすすめ。

庭木

左/ハイネズ‘エメラルドシー’:矮性の針葉樹。実はクリスマスリースの飾りにも活躍。
中/モンタナマツ:洋風な庭におすすめのマツ。シンプルに鉢植えでも。
右/カナダトウヒ‘ペンデュラ’:枝垂れるユニークな枝のフォルムが特徴的。

園芸ショップ「GARDEN DESIGN MOMONOKI」
大小さまざまなコンテナも充実。植え替えの相談にも乗ってもらえます。

春香さんのイチオシプランツ「ブルビネラ」

鉢植えで販売されることが多いブルビネラ。細長い葉は密生し、こんもりとした株に育ちます。黄色い花を長い花茎に咲かせるので、スタイリッシュな鉢に入れてシンプルな場所に飾れば、オーナメンタルなフォルムが際立ち、おしゃれなシーンを演出してくれます。丈夫で育てやすく、寒い地方でなければ地植えにしても大丈夫。庭にデザイン的なアクセントを加えてくれます。

ブルビネラ

ナーセリーのアンテナショップとしてスタートして2020年で9年目の「GARDEN DESIGN MOMONOKI」。樹木を通して庭づくりの楽しさや大切さを伝えることに力を注ぐ、提案型のショップです。「いろいろなことが起きるこんな時期だからこそ、身近な癒しの場として庭があることの大切さに気づいてほしいですね」と、店長の山田久美子さんと春香さん。庭づくりの素敵なヒントを見つけに、ぜひ訪れてください。アクセスは、JR鹿児島本線「原田駅」から徒歩で約15分。

【GARDEN DATA】

GARDEN DESIGN MOMONOKI

福岡県筑紫野市原田836−20

TEL:092-926-0045

10:30~18:00

祝日 水・木曜日

http://momonoki-gs.com/

Credit

写真&文/井上園子
ガーデニングを専門としたライター、エディター。一級造園施工管理技士。恵泉女学園短期大学園芸生活学科卒。造園会社、園芸店を経て園芸雑誌・書籍の編集者に。おもな担当書に『リーフハンドブック(監修:荻原範雄)』『刺激的ガーデンプランツブック(著:太田敦雄)』『GARDEN SOILの庭づくり&植物図鑑(著:田口勇・片岡邦子)』など。自身もガーデニングを楽しみながら、美術鑑賞や旅行を趣味にする。植物を知っていると、美術も旅も楽しみの幅が広がりますね。

Print Friendly, PDF & Email