SNSで全国のガーデニング仲間とつながりながら、自身も千葉の自宅でDIYと庭づくりを楽しむ橋本景子さんによる旅案内。今回も引き続き、日本を飛び出し、初訪問となるシンガポールへの旅。第2回目は、2015年に世界遺産に登録された植物園で出会った異国の珍植物やハプニングをレポートします。

Print Friendly, PDF & Email

シンガポールの日常を感じる朝

シンガポールのカヤトースト

シンガポールの私の朝は、毎日決まったこのメニューで始まりました。

「カヤトースト」は薄く切ってこんがり焼いたトーストに、ココナッツミルクを煮詰めて作ったカヤジャムと呼ばれるジャムを塗ったもので、これに半熟玉子をつけて、「コピ」というコンデンスミルク入りのコーヒーをお供にいただく、シンガポールのソウルフードです。毎朝違うお店を選び、通勤途中のサラリーマンの列に並んでみたり、英語ではない現地の言葉での対応に戸惑ったり、今でももう一度食べてみたいと思える懐かしい味になりました。

この日、カヤトーストの朝食を済ませ、地下鉄で向かったのは「シンガポール植物園」。

Singapore Botanic Garden 駅から歩いてもすぐの便利な立地です。

さあ、シンガポール植物園へGo!

シンガポール植物園
Asif Islam/Shutterstock.com

「シンガポール植物園」は1859年に開設され、2015年にシンガポール初の世界遺産に認定されています。敷地は東京ドーム13個分にもなる64ヘクタールで、なんと早朝午前5時から深夜の12時まで無休で営業されている、園内の国立洋蘭園以外は無料の施設です。

シンガポール植物園の全体Map
シンガポール植物園の全体Map。

しかし、この広さを全て見て回るのはとても無理(笑)

ブーゲンビリア

写真は、熱帯や亜熱帯地方の代表的な植物であるブーゲンビリア。斑入り葉や八重のものなど多様です。

ブーゲンビリア ブーゲンビリア ブーゲンビリア

ブーゲンビリアだけで、こんな景色を作れるガーデンはシンガポールならではかも。

9月末のことですので、最低気温が25℃、最高気温も30℃ほどで、最近の日本の夏の最高気温と数値だけを比べれば、大したことはなさそうだと思うのですが、じつは大敵なのは気温よりも湿度です。年間の平均湿度が84%、9月だと最高湿度が96%、晴れた日の日中でやっと60%程度まで下がります。

早朝からの蒸し暑さで、屋外の植物園は歩くのも嫌になるくらいでした。

背中にTシャツがへばりつくような汗をかきかき歩いて、次は農作物のコーナーへ。

タピオカの原料に遭遇

キャッサバ

今人気のタピオカ。じつはこのキャッサバ(Manihot esculenta)の木の塊根のデンプンを加工したものです。

イポメア

Ipomoea batatas」Sweet Potato とのことですが、日本では「イポメア‘テラスライム’」として流通している品種と同じかと思います。ここは食用として、栽培が簡単で早く収穫できる植物のコーナーですから、「イポメア‘テラスライム’」も食べてみれば美味しいのかもしれません。味はともかく、食用だということは確かですね。

イポメアの花

こちらも同じ場所のイポメアの違うタイプ。花が咲いていました。

シンガポール植物園

園内には所々に休憩所があり、ここで暑さをしのいだり、ストームから避難したり、風景を楽しんだりできる場所になっています。

シンガポール植物園

そこからすぐのヒーリングガーデンの中にある薬用植物ガーデンには、薬用になる植物が植えられていて、昔から、乾燥させた植物を医療に使っていた様子を示す壁画がありました。

オイスタープランツ

名札が付いていなかったので、植え替えの作業をしていた男性に聞いたら

「オイスタープランツだよ、花がオイスターみたいでしょう?」

葉の付け根の辺りが、花を包む紫の牡蠣のように見えなくもありません。西洋おもとでしょうか?

dragon's tongue

これも薬用植物の一つの「Dragon’s Tongue」。肺によい植物なのだとか。

他にもいろいろ名前が分からない植物があって、先の男性に聞いていたのですが、ここで私の足元から小さい蟻が上がってきてチクチクと攻撃されてしまいました。それが痛いのなんのって。

「いま植え替えしてるから、蟻がたくさん出て来てるんだよ。違う場所に移動したほうがいいよ!」と男性。

もしかして、私、お仕事のお邪魔だったかもですね(笑)

シンガポール植物園 シンガポール植物園

このまま植栽の参考にしたいほど素敵だけど、名前の分からない植物をカメラに収めながら、次の場所に向かっているうちに、風が吹き、雨が降り始めました。

突然の雨と落とし物(?)発見

スコール

用意していた傘をさしたけれど、どんどん強まる雨脚に、傘は全く役に立たず、靴どころかパンツまでずぶ濡れに。

これがスコールというものだったのかと、スコール対策の読みの甘さを反省しました。シンガポールの人たちがサンダルで歩いてる理由もうなずけます。長靴でも履かない限り、通常の靴だと間違いなく中まで濡れてしまうからです。

さっきの薬草園の男性が、私が歩き始めようとした時に、室内に入って来た理由も分かりました、変な風が吹いていたのは、スコールの前兆だったのですね。何か私に言いたそうな様子でしたもの。

ずぶ濡れになりながら、オーキッドガーデンまで歩き、そこで雨をしのぎました。かなり長い時間だった気がしますが、ほんの30分ほどだったようです。

ジャボチカバ

雨が上がり、付近を歩いていると、地面に落ちていたのはイチジクのような小さな実でした。

どこかにイチジクの木があるのかしら? と見上げると……

ジャボチカバ

「ジャボチカバ?」と思えるくらい、幹にみっしり小さな果実がついているじゃないですか! 私の知っているイチジクとは全く違うけれど、これは「Common Red-Stem Fig」と呼ばれる、イチジクの仲間だそうです。

イチジクは漢字では「無花果」と書きますが、この小さい実の中にびっしりと花を咲かせていると説明に書かれていました。美味しくはないけれど食べられるとも書いてあったので、中を割って、味見してみればよかったなぁと後悔。

レポーターとしては、もっと突っ込んだ行動が必要でしたね(笑)

ここでオーキッドガーデンに入場したのですが、過去にレポートされているのでそこは省略して、ジンジャーガーデン方面へ進みます。

滝のエリアからスワンレイクに育つ植物をチェック

シンガポール植物園

ジンジャー系の植物を集めたガーデンを過ぎ、滝のそばにはこんな素敵な植栽が。滝の飛沫の湿り気と大きな木の陰のちょうどよい環境にピッタリな、ベゴニア類やシダのハーモニー。何枚も写真を撮ってしまいました。

シンガポール植物園

どなたかが寄贈されたという、18mにもなる石の彫刻は、熱帯雨林に育つ200種類の植物を刻んだ素晴らしいものでした。

ウソのように雨が上がり、日差しも出て暑いけれど、どんどん歩きます。

しゃれたレストランもあるのですが、なにしろお高い。そこで、売店のアイスとポテチとジュースで空腹をごまかしつつ、白鳥がいるスワンレイクに着きました。

シンガポール植物園 シンガポール植物園

水面に白鳥が泳ぎ、涼しげに見えますが、やはりここも暑く、そろそろかなりの疲労感が(笑)

朝からずっと暑い中を歩き続けていますから、しばし木陰にあるベンチで休憩し、再び足を進めます。

キャノンボール・ツリー

これは、大砲の木(キャノンボールツリー)です。

遠くからでも目に飛び込んでくる独特の樹形と、赤い花びらにまるでつけまつげをしたかのような雄しべ。これは虫を呼び寄せるためのダミーの雄しべで、本物の雄しべはその奥にあるのだとか。

キャノンボール・ツリー

このモジャモジャしている枝のようなものは、幹から直接出ている花芽で、右下に茶色のものがぶら下がっていますが、これが果実です。キャノンボールとは大砲のことで、ここまで大きくなるのには1~2年かかるそうです。

そして、この実も食べられるそうですが……熟すとたいへん臭いを放つそうです。

さすがにそれを試すのは勇気が必要です。

ヘリテージツリー

ここには「ヘリテージツリー」という天然記念物が11本植わっていて、それらをたどるのも面白いのですが、その中の一つが「カポック」の木です。

1933年にここに植えられたもので、高さ43m、幹周り6.2mというサイズ感。パンヤといわれる綿毛が、布団や枕などの詰め物に利用されることから、コットンツリーとも呼ばれます。

シンガポール植物園

ほぼ一日を過ごしたガーデンですが、まだまだ見残したところがたくさん!

次回はまず、完璧なスコール対策をして、もっと効率よく回りたいと思っています。

Credit

写真・文/橋本景子
千葉県流山市在住。ガーデングユニットNoraの一人として毎年5月にオープンガーデンを開催中。趣味は、そこに庭があると聞くと北海道から沖縄まで足を運び、自分の目で素敵な庭を発見すること。アメブロ公式ブロガーであり、雑誌『Garden Diary』にて連載中。インスタグラムでのフォロワーも23,000人に。大好きなDIYで狭い敷地を生かした庭をどう作ろうかと日々奮闘中。花より枯れたリーフの美しさに萌える。
Noraレポート https://ameblo.jp/kay1219/
インスタグラム kay_hashimoto

Print Friendly, PDF & Email