エコロジーテーマパーク「えこりん村」は、牧場を見学できるほか、レストランでの食事、クラフト体験、ショッピングなどが楽しめるレジャースポットです。ここでは、園内にある「銀河庭園」にスポットを当て、英国のガーデンデザイナーが手がけた、素晴らしいイングリッシュガーデンをご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

バニー・ギネスさんが手がけた
北海道スタイルのイングリッシュガーデン

2006年、北海道恵庭市にオープンした「えこりん村 銀河庭園」。スタートは2000年に「花の街・恵庭市に本格的なイングリッシュガーデンをつくろう」と、イギリス人ガーデンデザイナー、バニー・ギネスさんに依頼したところから。敷地の選定から始まり、構想から6年かけてつくり上げられた庭園です。

バニー・ギネスさんのデザイン力による、敷地の高低差を利用したダイナミックなランドスケープは必見。「ローズガーデン」「トレリスガーデン」「ボートレースガーデン」「サルベージガーデン」、「ドラゴンガーデン」など、エリアごとにテーマを設け、それぞれに見応えのあるガーデンをつくり上げています。独特の美しい構造物と植物とのハーモニーはいずれも素晴らしく、どこを切り取っても写真映えがするので、ぜひ記念写真を!

えこりん村 銀河庭園

2016年からは、ガーデンデザイナーの吉谷桂子さんがスーパーバイザーとなり、より花数を増やし、親しみやすいガーデンを目指して、進化を続けています。広いエリアに多くのテーマガーデンがあるため、それぞれのガーデンで主役となる植物が重ならないように植栽。花色のテーマカラーも定めているため、場面が変わるごとに感動のため息がこぼれることでしょう。

始まりはウェルカムガーデンや銀河フラワーボーダーなど、華やかな花を中心として歓迎の心を表現。続いてフォーマルなパルテールや、ブラック&ホワイトガーデンなどが登場し、入り口から遠くになるにつれて、よりワイルドな自然美が広がります。

えこりん村 銀河庭園

10ヘクタールの敷地を持つ「銀河庭園」は、一巡りするのにゆっくり歩いて1時間30分〜2時間くらいかかります。春の芽吹きから秋の紅葉まで、四季それぞれに美しいガーデンを観賞でき、年間約8万人が訪れる人気のスポットです。2019年は、吉谷桂子さんをはじめバラの専門家を招いて、セミナーやガーデンガイドツアー、アフタヌーンティー、クラフト教室などのイベントを開催。公式ホームページをチェックして、日程を合わせて出かけるのもいいですね。北海道スタイルのイングリッシュガーデンを満喫しましょう!

川の流れのようなダイナミズムを感じる
スイセンが咲き誇る丘を散策

えこりん村 銀河庭園

「銀河庭園」の春の見頃は4月下旬〜5月初旬。「銀河スイセンの丘」では、約3万球のスイセンを植栽しています。なだらかな丘の斜面を利用し、パノラマで眼前に広がる景色にうっとり。丘を下から見上げても、上から見下ろしても見応えがあります。早咲きのスイセン‘ラインベルト・アーリーセンセーション’を中心に、約10品種を植栽。園内全体では、約5万球のスイセンが見られます。

青い花が冴え冴えと発色する
北海道ならではのブルーガーデン

えこりん村 銀河庭園

初夏、6月中旬〜下旬の銀河庭園では、宿根草を中心に青い花でコーディネートされたガーデンが見頃に。北海道は光線の加減で、特にブルーの花の発色が美しいことで知られています。そこで、シベリアアヤメ、ゲラニウム、デルフィニウム、セントーレアなど青い花々を厳選した、ブルーガーデンを展開。カラーリーフプランツとのシックな組み合わせも見どころです。

えこりん村 銀河庭園 ブルーガーデン

ブルーガーデンは、「ボートレースガーデン」や「トレリスガーデン」「銀河フラワーボーダー」で見られます。写真は、「トレリスガーデン」の一角。冴え冴えとした青いデルフィニウムを引き立てるように、構造物がパステルブルーでペイントされています。デザインの美しいトレリスやアーチなどの立体資材の取り入れ方は、自庭の参考にもなりそうです。

北海道では6月下旬からがバラの季節
9月から秋まではダリアが主役に

えこりん村 銀河庭園

6月下旬頃からは、バラの季節。イングリッシュローズやオールドローズを中心に、約700品種5,000株のバラが出迎えてくれます。この時期は、園内がバラの馥郁とした香りに包まれ、優雅な気分になれそうです。じつは5,000株のうち、約4,500株は食べるためのバラ。農薬や化学肥料を使わずに育てたバラは、コンフィチュールやシロップ、ローズティーに加工され、村内で販売されています。また「ローズウィーク バラ祭」の時期には、レストランの期間限定メニューとしてオリジナルのローズスイーツを楽しむこともできます。

えこりん村 銀河庭園 ローズガーデン

バラの季節は、「ロズビイのバラ畑」にある“幸福の扉”や、「ローズガーデン」内のつるバラが咲くアーバーなど、絵になる風景があちこちに。ガーデンに表情を添えるバラのあしらい術には、時間を忘れて見惚れてしまいそう。絵になるフォトスポットがたくさん仕掛けられているので、ぜひ記念写真を撮りましょう!

えこりん村 銀河庭園

秋のオススメスポットは、2018年に完成したばかりの「銀河ダリアボーダー」です。オレンジ〜赤のオータムカラーで彩られたダリアの群生は、一見の価値あり。園内全体では、約100品種2,000株が植栽され、見応えのある景色をつくり出します。また、「ドラゴンガーデン」「銀河フラワーガーデン」も、足を運んでほしいエリア。パンパスグラスやオーナメンタルグラスなどを組み合わせた植栽はダイナミックで、「銀河庭園ならではの景色」と、評判を呼んでいます。

Information

えこりん村 銀河庭園

所在地:北海道恵庭市牧場277-4
TEL:0123-34-7800
http://www.ecorinvillage.com/

アクセス:公共機関/JR恵庭下車、無料送迎バス有。恵庭駅西口→えこりん村「ウェルカムセンター、花のまきば」→えこりん村「銀河庭園」の順で停車。所要時間は約15分。
車/道央自動車道恵庭ICを降り、一般道に出たら右折。道央自動車道の陸橋をこえると、右側に「えこりん村」のゲートが見える。(恵庭ICから約600m)
一般道の場合は、国道36号線から恵庭市内(46号線)に入り、恵庭インターチェンジの表示に沿って進む。

オープン期間:4月下旬~10月31日

休園日:なし

営業時間:9:30~17:00(4〜9月)、9:30〜16:00(10月)

料金:大人1,200円、中学生以下600円、障がい者・介助者600円、大人1名につき中学生以下5名まで無料

駐車場:300台(無料)

Credit


取材&文/長田節子
ガーデニング、インテリア、ハウジングを中心に、ライフスタイル分野を得意とするライター、エディター。1994年より約10年の編集プロダクション勤務を経て、独立しフリーランスで活動。特にガーデニング分野が好きで、自身でも小さなベランダでバラ6姉妹と季節の草花を育てています。草花や木の名前を覚えると、道端で咲いている姿を見て、お友達にばったり会って親しく挨拶するような気分になれるのが醍醐味ですね。
https://twitter.com/passion_oranges/
Print Friendly, PDF & Email