トップへ戻る

【春の寄せ植え】おしゃれカラー満載のオステオスペルマムの寄せ植え6実例

【春の寄せ植え】おしゃれカラー満載のオステオスペルマムの寄せ植え6実例

やさしいニュアンスカラーからビビッドなネオンカラーまで、おしゃれな花色が満載のオステオスペルマム。まるでパレットのような多彩さで、オステオスペルマムほど寄せ植えで色合わせを楽しめる花はありません。1鉢で華やかな寄せ植えの作り方を、花のスペシャリスト、エム・アンド・ビー・フローラの難波良憲さんに教わる連載「1鉢で華やか! 寄せ植えブーケ」。第5回目は、春の門出のお祝いにもぴったりのオステオスペルマムが主役の寄せ植えです。

Print Friendly, PDF & Email

おしゃれカラー満載のオステオスペルマム

オステオスペルマム
左上から時計回りに/‘3D バナナシェイク’ ‘セレニティ ロジータ’ ‘3D バイオレットアイス’ ‘3D ナヌーク’ ‘フラワーパワー ローズサイプラズ’。

オステオスペルマムは、早春から初夏まで咲き継ぐキク科の花。草丈は品種にもよりますが、多くは20〜50cmで、寄せ植えでも扱いやすいサイズです。パッと開いた上向きの花姿は、鉢の中でも存在感抜群。春から初夏まで次々に花を上げ、丈夫で育てやすいオステオスペルマムですが、一番の魅力は、なんといっても多彩でユニークな花色です。

オステオスペルマム
左/咲き進むにつれ黄色から赤色に変化する‘マスカレード’。右/パープル&オレンジの‘ピンクアイビューティー’。

おしゃれなくすみレッドや桜貝のような淡いピンク色、チョコレート&アプリコットカラーの2色咲き、咲き進むにつれ色が変化するものなど、目を奪われる花色ばかり。オステオスペルマムだけでも見応えのある1鉢になりますが、寄せ植えで花色の組み合わせを考えるのは、クリエイティブで楽しい時間です。

花言葉は「元気」! 春の門出の贈り物にもぴったり

オステオスペルマム
お星さまを散りばめたような花心がかわいい‘3D 268’。

オステオスペルマムの花言葉は「元気」「無邪気」「変わらぬ愛」。ポジティブな言葉と、笑いかけるように咲く上向きの丸い花は、春の門出のお祝いにもぴったりです。入園、入学、入社など、新生活を始める人にオステオスペルマムの寄せ植えを贈ってあげましょう。元気で愛らしい花が、大切な人のそばで新しい暮らしを応援してくれることでしょう。

オステオスペルマムの寄せ植えのコツ

アネモネとオステオスペルマム
左はアネモネ。右はオステオスペルマム。どちらも主張が強い花なので、小さな鉢の中ではどちらか一つを主役にしたほうがまとまりやすい。

オステオスペルマムは、寄せ植えの花材の中でも花径が比較的大きい花です。さらに、全ての花が上向きで一斉にこちらを向いて咲くため、主張も強く寄せ植えの中では間違いなく「主役」級。ですから、組み合わせる植物は「脇役」として活躍してくれる小花やリーフが向いています。例えば、オステオスペルマムと同じくらいの花径で色も鮮やかなアネモネを小さな鉢内で組み合わせると、どちらも主張して見所のわからない寄せ植えになってしまいます。1鉢に主役は1つが基本です。

桜貝色のオステオスペルマムの寄せ植え

桜貝色のオステオスペルマムの寄せ植え

桜貝のような淡いピンク色のオステオスペルマム‘セレニティ ロジータ’を中央に配し、同系色のアルメリア ピンクを後方両サイドへ。花と花の間にオレガノ‘ミルフィーユリーフ’を入れて、2つの花色が際立つようにしています。鉢縁に配した細かなリーフはキンギョソウ‘ムーンライトオブトリニティ’。クリーム色の斑が入り、起毛してふわふわの感触がオステオスペルマムのやさしい雰囲気にぴったりです。暖かくなってくるとミルキーホワイトのかわいい花が咲きます。手前中央には次第に枝垂れ咲いてくるスイートアリッサムを、後方中央には白色のネメシアを。鉢色もやさしい水色を選んでトータルコーディネート。

桜貝色のオステオスペルマムの寄せ植え
それぞれの花が咲き進むにつれ全体的にボリュームがアップし、華やかさが増してきます。
桜貝色のオステオスペルマムの寄せ植え
花心がブルーグレーのオステオスペルマムに合わせて、やや青みがかったアルメリアをセレクト。

プーさんカラーのかわいい寄せ植え

オステオスペルマムの寄せ植え

花心がチョコレート色で花弁が黄色というコントラストがおしゃれなオステオスペルマム‘3D バナナシェイク’を主役にした寄せ植えです。オステオスペルマムは、このように花色に2色入っているものが多くあります。この場合の色合わせはとても簡単。脇役の植物に、チョコレート色か黄色を選べば失敗はありません。くまのプーさんのような愛らしい雰囲気の1鉢が出来上がりました。

オステオスペルマムの寄せ植え

ここでは、葉色がチョコレートカラーのプリンセスクローバー‘エステル’とヒューケラ、クリームイエローの斑入り葉のシレネ・ユニフローラ、黄色の花のプリムラ・ジュリアン‘キャンディマジック’を組み合わせました。全体的に丸くこんもりとしたフォルムに、ハゴロモジャスミンのつるで動きを与えて軽やかさをプラスします。

サンセットカラーのおしゃれな寄せ植え

オステオスペルマムの寄せ植え

水平線に沈む夕日のようなサンセットカラーのオステオスペルマム‘ピンクアイビューティー’。自然の発色の美しさに見惚れるバイカラー(2色咲き)の花を際立たせるために、小花のブラキカム・ブラスコバイオレットとライムイエローのリーフ、リシマキア‘リッシー’、オレガノ‘ミルフィーユリーフ’を合わせました。

寄せ植え植栽図

円形の鉢に、上の図のように植物をそれぞれ3株ずつ三角形を組み合わせるように配置します。花と花の間に入れたリーフ類は、緩衝材のような役目を果たし、花をより際立たせて美しく見せる効果があります。

オステオスペルマムの寄せ植え
発色の鮮やかなオステオスペルマムとブラキカムには、発光するようなライムグリーンのリーフ類が似合います。

オステオスペルマムの花色を生かす鉢を選んで

オステオスペルマムの寄せ植え
黒のブック形プランターに白花を集めたシックな寄せ植え。

オステオスペルマムの最大の魅力である花色を生かすには、鉢の色もトータルで考えると寄せ植えの完成度が格段に上がります。植木鉢は赤茶色のテラコッタカラーが一般的ですが、近年はブリキや樹脂製で、カラフルでユニークなデザインのものも増えています。ブリキや樹脂製の鉢は比較的安価で軽量なので、扱いやすいのも魅力です。ただし真夏は、ブリキだと高温になり植物の根を傷めるため、別の素材を使ったほうがよいでしょう。オステオスペルマムの咲く3~5月は、ブリキの鉢でも安心です。暑い日が続くときは、少し日陰に移動してあげるといいでしょう。

ブリキ製のアンブレラプランターに寄せ植え
ブリキ製のアンブレラプランターに寄せ植え。鉢色に合わせてブルーとイエローで組み合わせ、メルヘンチックな雰囲気に。持ち手があり移動も楽。
オステオスペルマムの寄せ植え
オステオスペルマムの赤い花色に合わせて、同色のブリキの鉢でコーディネート。

多彩な花色が魅力のオステオスペルマムで春の寄せ植えを楽しんでくださいね。次回はオステオスペルマムをより可愛く見せる植え方のコツをご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

連載・特集

GardenStoryを
フォローする

ビギナーさん向け!基本のHOW TO