スプラウトとは発芽したばかりの植物の芽のこと。カイワレダイコンが有名ですが、ほかにもキャベツやブロッコリー、マスタードなどいろいろな種類があります。季節を選ばず、水と陽の光だけで育つので、初心者にもオススメです。しかも、美味しいうえに栄養抜群! すくすく育つスプラウト栽培、今日から始めてみませんか?

Print Friendly, PDF & Email

タネに吸水させて発芽させます

サンゴかいわれ大根、レッドキャベツ、マスタードの3種類のスプラウトのタネを用意しました(各250円)。タネの袋の裏に育て方が書いてあるので、まずそれをよく読みます。タネは一袋に35㎖。スーパーで一般的に販売されているカイワレダイコンのパックが10個くらいできそうな量です。1回で全部播いてしまわずに、消費できる量を数回に分けて育てましょう。

左からサンゴかいわれ大根、レッドキャベツ、マスタードのタネ。

容器はプラスチックでもお皿でも、水が張れるものであればOK。スポンジかキッチンペーパーを敷いて水をたっぷり張ります。スポンジは厚さ1㎝未満のほうが、タネが水を吸って発芽しやすいようです。

1.タネをまんべんなくまきます。

2.タネ播き後、スプレーでたっぷり水をかけます。

3.タネを播いた後は、新聞紙などで覆って光を遮り、暗いところで発芽させます。

タネが重ならないように、まんべんなく播き、タネがしっとり濡れるまでスプレーで水をかけます。発芽させるにはタネに十分吸水させる必要があります。マスタードとレッドキャベツのタネは小さいので、スプレーの水でしっとり湿りますが、カイワレダイコンのタネは他と比べて大きいので、一晩水に浸けてから播いたほうが発芽しやすくなります。

発芽するまでは遮光します。箱の中に入れたり、新聞紙などで覆って光を遮ります。また、発芽には20〜25℃の温度が必要なので、家の中の暖かいところに置きましょう。タネが乾いてしまうと発芽しないので、暖房の風が当たらないところへ。だいたい1〜2日で発芽します。発芽までタネが乾かないように、スプレーで水やりを。

発芽後は日光によく当てて育てましょう

発芽後、日光に当てて1日目でググッと伸びたレッドキャベツ。

発芽後は日光のよく当たる窓辺に置きましょう。水は意外と早くなくなるので水切れに注意。なくなっていなくても水は毎日、替えましょう。水を濁らせないことが大切です。早ければ1週間、遅くても2週間で生え揃い、収穫できます。食べるのも楽しみですが、小さな芽がグングン目に見えて大きく育っていく様子を観察するのも、面白いものです。

タネ播きから10日。そろそろ収穫どき。
赤い葉が美しいサンゴカイワレダイコン。葉酸がたっぷり含まれています。
マスタードもよく茂りました。ピリッと香ばしくて美味しい!

小さくても栄養たっぷりのスプラウト

スプラウトを育てる時には水しか用いませんが、毎日ぐんぐん育つ様子は目を見張るものがあります。この生育のエネルギーは植物自身がもっている栄養によるもので、この状態を体内に取り入れることで健康や美容への効果が期待できます。

各スプラウトの栄養は少しずつ異なっており、カイワレには葉酸が、レッドキャベツにはβカロチン、ビタミンC、ビタミンEなど、マスタードにもβカロチンやカリウムが豊富に含まれています。

窓辺で簡単に育つので、コンスタントに食事に取り入れてヘルシーライフにお役立てください。

スプラウトをたっぷりはさんだサンドイッチ。色も綺麗で食欲が増します。
具材はチキン、ニンジン、アボカド、スプラウト、チーズ。

Credit

写真&文/3and garden

ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email