家庭菜園を始めてみたいけど、場所がない、時間がない、始め方が分からない…と二の足を踏んでいる人におすすめなのが「セルトレイ栽培」。畑もプランターも必要なし! セルトレイという薄べったいトレイ状の容器で場所を取らずにガーデンテーブルの上などで野菜が栽培でき、しかも多収穫が期待できる方法です。バジルやパクチーなど人気のハーブも秋から栽培が始められますよ。

Print Friendly, PDF & Email

テーブル家庭菜園「セルトレイ栽培」に必要なもの

セルトレイ栽培

●セルトレイ(50穴や72穴など穴のサイズが大きめのもの)
セルトレイとは、プロの生産者が野菜や花を種子から発芽させ、苗を育てるのに使う専用のトレイ。いわば野菜や花の幼稚園です。サイズはさまざまありますが、基本的に深さは3〜5cmほどと薄く、数cm四方の小部屋がたくさん並んでいるのが特徴です。セルトレイ栽培ではこの小部屋で1苗を種子から収穫まで育てるので、穴のサイズが大きめのものを選びましょう。50穴や72穴が適しています。場所をとらず軽いので、窓辺やガーデンテーブルに置いて野菜やハーブを育てることができます。

●底面吸水バット
水を張り、セルトレイをつけるための容器。セルトレイが入るサイズで、水を張れる容器であれば別のものでもOK。

種まき培養土

●培養土(必要な肥料が含まれている土)
培養土は種まき専用の培養土がおすすめです。土にも種類がさまざまあり、種まき用に作られた培養土は土の粒子が細かく、発根したばかりの根がきちんと活着できるように作られています。さらに、発芽から生育していくまでに野菜が必要としている栄養分をあらかじめ含んでおり、生育をサポートしてくれるので安心です。

●野菜の種子
セルトレイ栽培におすすめなのはカブ、ラディッシュ、バジル、パクチー、クレソン、ミズナ、ベビーリーフなど。

●ハス口付きのジョウロ
ハス口とはシャワー状に水が出てくるジョウロの先端部分。取り付け取り外し可能なものの方が便利。

●防虫ネット
マンションのベランダなどでも虫はやってきます。虫の発生を防ぐには、タネ播き後すぐに防虫ネットをかけるのがおすすめです。

これらの道具は園芸店やホームセンターで手に入ります。

テーブル家庭菜園「セルトレイ栽培」の始め方

セルトレイ栽培

①セルトレイに土をすりきりの高さまで詰め、土の内部まで湿るようにハス口のついたジョウロで水やりをします。目安は底面から水が流れ出るまで。

種子の大きさは種類によってさまざま。左は比較的大きい種子、右は小さめのもの。

②土が入った小部屋の一つずつに、指で押して土をくぼませ、そこに種子をまき、土を軽くかぶせます。表面がしめる程度にハス口のついたジョウロで水をやります。

【タネのまき方】

  • 葉菜類やハーブの比較的大きめの種子は1穴あたり2〜3粒、小さめの種子は4〜5粒。
  • カブやラディッシュは1穴に1粒。

③発芽するまでは直射日光の当たらない場所で(種類によるので種袋の裏を確認)、セルトレイの表面が乾かないように管理します。新聞紙などをかぶせておくとよい場合もあります。発芽したら日当たりと風通しのよい場所へ移動します。カブの種子はたねまきから3〜5日で発芽します。

これで種まきも失敗しない! 安心発芽ポイント

種まき
発芽したばかりの双葉。

家庭菜園初心者でよくあるのが「発芽しない」というトラブル。のっけから問題にぶち当たって、早々にくじけてしまう人もいますが、種子は基本的に発芽するようにできている偉大な生命装置です。ただし、発芽には条件が必要。発芽しない場合には以下を確認してみましょう。

★発芽適温を守っていますか?

植物の種子は種類ごとにその植物が生育するのに適した気温があります。気温が高すぎても低すぎても発芽しません。適温は種袋の裏に書いてあるので、必ず確認しましょう。

★水をやりすぎていませんか?

種子が発芽するには水も必要ですが、酸素も必要です。水を始終あげていたり、雨続きで土がずっと濡れている状態だと酸素不足で発芽できません。表面が湿った状態であれば基本的に水やりをする必要はありません。

★種子を深く埋めすぎていませんか?

種子の中には発芽に光を必要とするものと、そうでないものがあります。多くの場合は発芽に光を必要としませんが、ニンジンやレタスなどは光を必要とするので、種子を播いたらごく薄く土をかけましょう。光を必要とするか、しないか、も種袋の裏に書いてあるのでよく読みましょう。また、どの植物も種子を深く埋め過ぎると、酸素不足で発芽できません。

テーブル家庭菜園「セルトレイ栽培」発芽後の育て方

【置き場所】

日当たりがよく、風通しのよい場所。ベランダなどでは地面に置くより、ガーデンデーブルの上などトレイを少し高さのある場所におくと光が当たりやすく、風通しもよくなります。窓辺に置く際は窓を開けて風があたるようにしましょう。

セルトレイ栽培

【水やり】

発芽の最初は小さな葉っぱが2枚展開している状態です。それを「双葉」と呼びます。その次にさらに葉っぱが展開します。それを「本葉」と呼びます。本葉が展開するまではハス口のついたジョウロで土の表面が乾いたら水をやります。本葉が展開して大きくなってきたら、底面給水バットに水をはり、トレイをつけて底面から吸水させるようにします。水やりの目安は土の表面が乾いたらですが、トレイは土の量が少なく乾きやすいので、高温期には朝晩2回必要になることもあります。

【間引き】

葉菜類やハーブは間引かなくてもOKですが、1穴に1本だけで育てると大きく育ちます。大きく育てたい場合は、双葉が展開した後、しっかりした1本を残して他を間引きます。抜くと残したい1本まで一緒に抜けてしまうことがあるので、土の際で茎を切って間引きます。

【収穫】

●葉菜類やハーブは種子を播いてから1カ月程度で収穫できるようになるので、必要な分だけ切り取ります。収穫する時は根元をハサミで切ると土もこぼれず、周りも汚れません。1回目の収穫が終わった後、週に1~2回液肥を底面給水バットに注いで、生育を維持するようにします。

セルトレイ栽培
セルトレイから伸びる根。下の容器は底面給水バット。

●カブは種まきから約45日程度で収穫できます。

セルトレイ栽培

【虫よけ】

セルトレイ栽培
フレームを立てたら、ネットを被せ、虫が入らないように端をしっかり止める。

秋も害虫は発生しやすい時期。防虫ネットなどをして対策をしましょう。フレームを立てて、ネットを被せます。ネットの上からも水やりができます。

秋から始めるセルトレイ栽培におすすめの野菜

セルトレイ栽培

セルトレイは洗えば何度でも繰り返して使うことができます。栽培後、土は新たなものに入れ替えましょう。セルトレイでは以下のような野菜を栽培できます。これからの季節はバジルやパクチーなどの種まき適期です。また、カブやラディッシュ、ミズナも種まきができます。いろいろな野菜やハーブを手軽に育てられるテーブル家庭菜園「セルトレイ栽培」にぜひチャレンジしてみてください!

セルトレイ栽培
左/ミズナ・コマツナ・カラシナの3種の葉野菜栽培。中/ラディッシュ‘ニューコメット’。右/パクチー、スイートバジル、クレソンの3種のハーブを栽培。

アドバイス・写真提供/タキイ種苗 https://shop.takii.co.jp

Credit


まとめ/3 and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email