おうち時間が増えてチャレンジする人も増えている家庭菜園。でも、うちには庭がないからできない、と諦めている方も多いのではないでしょうか? そんな方におすすめなのが、水耕栽培で作る室内家庭菜園です。この記事では、水耕栽培とはどんなものなのか、そして、栽培におすすめの野菜まで詳しくご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

水耕栽培とは

水耕栽培
Harshit Srivastava S3/Shutterstock.com

水耕栽培とは、土を使わずに、水と液体肥料を混ぜた養液で植物を育てる方法です。植物の根を肥料が入った養液に浸し、植物の生長に必要な水分、養分と酸素を根から吸収させます。

水耕栽培は養液栽培、ハイドロカルチャー、ハイドロポニクスなどとも呼ばれています。太陽光でも、LED照明でも栽培することができるので、室内の狭いスペースでも栽培することができます。近年さまざまな地域で建設されている植物工場は、水耕栽培方式が主流。家庭でも、その手軽さから一人暮らしの方にも人気で、キッチンなど限られたスペースでも水耕栽培を楽しむことができます。

水耕栽培の歴史

水耕栽培
SukjaiStock/Shutterstock.com

じつは水耕栽培の歴史は古く、始まりはなんと古代エジプトの頃までさかのぼるといわれています。土壌の代わりに水を使った育て方は当時から行われていましたが、なぜ植物が水だけで育つのかまでは判明していませんでした。

その後、1842年にザックスというドイツの植物学者が、栽培に関するさまざまな研究から、ようやく植物は必要な栄養素を与えることで育つことを突き止めました。ザックスとその後継者は水耕栽培による実験から、窒素、リン、カリウムなどの無機栄養分がイオン化して植物の根から吸収されることも発見しました。

1930年代にはさらに研究が加速し、現在の水耕栽培の元となる技術が確立しました。日本では第二次世界大戦の真っ只中に水耕栽培が始まったとされています。

水耕栽培のメリット

メリット
Monster Ztudio/Shutterstock.com

水耕栽培にはたくさんのメリットがあります。ここからは、どのようなメリットがあるのかについて、詳しくご紹介します。

小さなスペースで栽培可能

水耕栽培
Maridav/Shutterstock.com

用土を使う土耕栽培でベランダや庭で野菜を育てる場合は、大きなプランターや畑が必要になり、広いスペースが無くてはできません。一方、水耕栽培は育てたい野菜に合った容器を使えば、簡単に省スペースで栽培ができます。そのため、キッチンや出窓などの小さなスペースを有効活用していろいろな作物を栽培でき、庭のないマンションやアパートなどでも気軽に栽培を始めることができます。

無農薬栽培が可能

散布
Valentin Valkov/Shutterstock.com

水耕栽培は無農薬栽培がしやすい栽培方法です。

小さな子どもがいるご家庭や、健康に気を遣いたいという方の中には、野菜の農薬が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。水耕栽培では土を使わないため、土壌からくる病気にはならず、農薬を使わなくても元気に成長します。さらに、室内で水耕栽培をすると虫が付きにくいため、害虫対策の農薬を使う必要がなくなります。このため無農薬でも自宅で手軽に野菜を育てられます。

土づくりがいらない

土
kryzhov/Shutterstock.com

畑で野菜を育てる場合は、野菜の種類に合わせて堆肥や肥料を組み合わせ、土づくりをする必要があります。しかし、水耕栽培では水に液体肥料を混ぜるだけで栽培のための養液ができるので、難しい作業はありません。土の代わりに水と、コットンやスポンジ、ココピートなどを使えば、土耕栽培のように野菜や植物を育てることが可能です。わざわざ重たい土をたくさん運ぶ必要がない点も、水耕栽培のメリットです。

野菜が安定して作れる

野菜
Bannafarsai_Stock/Shutterstock.com

露地栽培など屋外で野菜を育てると、どうしても天候や気温に左右されて生育不良になったり、枯らしてしまったりすることがあります。屋内の水耕栽培では室温を管理すれば、天候や気温を問わずに栽培が可能。さらに、土を使わないので害虫や細菌も付きにくく、ある程度の味や大きさなどが揃った、質の安定した野菜を収穫できます。

このように、水耕栽培は食べたい野菜を一年中育てることが可能で、急な天候不良にも慌てることなく、安定した栽培環境を作ることができます。

衛生的

植物工場
MR. KHATAWUT/Shutterstock.com

土を使って野菜を育てる場合はどうしても害虫が発生してしまいやすく、衛生面に注意が必要となります。ベランダや畑で野菜を育てる場合は害虫の発生は避けられないもので、野菜を育てたいけれど虫が苦手、という方も多いのではないでしょうか。

その点、水で栽培する水耕栽培では、土を使わず衛生的で虫が発生することもほとんどありません。土を使う場合、土を触る前後には必ず手を洗う必要がありますが、水耕栽培ではその必要もありません。

水耕栽培におすすめの野菜

菜園
NT_Studio/Shutterstock.com

たくさんのメリットがある水耕栽培ですが、どのような野菜を育てるのに向いているのでしょうか。ここからは、水耕栽培におすすめの野菜についてご紹介します。

レタス

レタス
1981 Rustic Studio kan/Shutterstock.com

リーフレタス、サニーレタス、ベビーレタスなどのレタス類は、どれも水耕栽培に適した野菜です。種子から育て始めれば、収穫までには1カ月半から2カ月ほどかかりますが、収穫できる期間は長いのでじっくり収穫を楽しめます。種から育てる以外にも、水耕栽培で育てられたリーフレタスを購入し、育てることもできます。

バジル

バジル
zawafoto/Shutterstock.com

バジルなどのハーブも水耕栽培で育てやすく、失敗も少ないのでおすすめです。特にバジルは水耕栽培でも8割は発芽するといわれていて、発芽率の高さから水耕栽培の初心者でも育てやすいハーブです。栽培容器も小さいもので育てられ、ペットボトルでも栽培可能なので、非常に手軽に育て始めることができます。

ミニトマト

ミニトマト
Nickolastock/Shutterstock.com

葉物野菜だけでなく、ミニトマトも水耕栽培で育てることができます。上手に育てるためには容器選びが重要です。ミニトマトはつるが長く伸びるため、支柱を立てて株を支えられるものがよいでしょう。さらにこまめに水を取り替えてしっかりと光を当てて育てることがポイントです。また、結実促進剤を使うことで実がなりやすくなります。

ネギ

ネギ
anne zzang/Shutterstock.com

ネギはスポンジなどを使わずに、水を張った容器に浸けておくだけでもグングン伸びて簡単に育てることができます。種子から育てるよりも、お店で根付きのものを買ってきて再生栽培をすると早く育ちます。太陽の当たる場所に置いておくと、驚くほどグングン伸びていきますよ。

カイワレ大根

カイワレ大根
Fedorova Ekaterina-84/Shutterstock.com

カイワレ大根などのスプラウト野菜は、水耕栽培の中でも一番シンプルで、初心者でも育てやすくおすすめの種類です。適当な容器とコットンなどを用意して種子を播けば、液体肥料なども必要なく、水だけであっという間に収穫できます。

畑がなくても家庭菜園は楽しめる!

水耕栽培
Fedorova Ekaterina-84/Shutterstock.com

室内でできる家庭菜園の一つとして、水耕栽培についてご紹介してきました。水耕栽培なら室内の少ないスペースで野菜を手軽に育てることができます。畑がなくても自家製の野菜を楽しめるだけでなく、無農薬で手間がかからないなどさまざまなメリットもありますよ。皆さんもぜひ、手軽にできる水耕栽培に挑戦してみてはいかがでしょうか?

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email