今年も、クリスマスローズが美しく花開く季節が巡ってきました。毎年、数々の新品種が登場し、私たちを驚かせてくれるクリスマスローズ。鉢植えや地植えで育てることができ、長生きするコストバフォーマンスがよい宿根草です。数々の植物を育てているなかでも、クリスマスローズとは付き合いが長いという千葉県在住の橋本景子さんに、栽培遍歴と好みの花などについて教えていただきます。

Print Friendly, PDF & Email

栽培歴13年以上のクリスマスローズ

クリスマスローズ
クリスマスローズのポットと元気な春色の寄せ植えボックス。

冬の貴婦人と呼ばれるクリスマスローズは、冬から早春にかけて花の少ない時期に咲く貴重な植物ですね。寒さに強いうえにお手入れもほとんど必要がないくらい栽培も簡単。ガーデニング初心者の方にも人気の植物です。
「私がクリスマスローズの魅力に惹かれ始めたのはいつ頃だったのだろう?」と、古い写真から推測してみたところ、2009年の写真にはクリスマスローズが花壇に植え込まれて咲いているシーンがありました。

クリスマスローズ
2009年、ガーデンの地植えのクリスマスローズ。

ダブルの花がまだ高価な頃で数万円の値段にもかかわらず、東京・池袋サンシャインシティーで開催される「クリスマスローズの世界展」には入場者が列をなし、苗の売り場はまるでバーゲン会場のよう。殺気だった人々が、カゴに高価なクリスマスローズの株をいくつも入れては買っていたという記憶があります。

  • クリスマスローズ Christmas Rose
  • クレマチス Clematis
  • バラ Rose

の頭文字を取って「CCR園芸」と呼び、オシャレなガーデナーの庭に欠かせない植物の3つとして言われ始めたこともありましたが、それもちょうど同じ時期だった気がします。

私が好きなクリスマスローズの花姿

さて、それから10年以上が経ち、私の今のガーデンに育つクリスマスローズというと、現在所有しているものは、地植えとポット植えのものを合わせて二十数株でしょうか?

クリスマスローズ

一番好きなのはセミダブルです。そのなかでもできるだけネクタリー(蜜腺)が大きく、モコモコしているのが好みのタイプ。

クリスマスローズ

原種交配系も大好きです。渋カッコいい、大人な感じが好み。

ダブルのクリスマスローズ
ダブルも数株あります。

クリスマスローズはとても丈夫な植物で、極端な話をすると水さえ切らさなければ枯れることはありません。

しかし、丈夫すぎるので地植えにしていると、どんどん株が大きくなっていきます。ガーデンの植栽に取り入れている場合、冬場に他の植物が休眠している時期はよいのですが、狭い庭だと大きな葉が目立ち過ぎて、他の植物とのバランスが気になる事があります。せめて斑入りやカラーリーフなどだと植栽のアクセントとして使いやすいのですが、花の魅力を追求するとリーフは二の次になってしまうようです。

小さな庭で育てるクリスマスローズの一年

クリスマスローズのバックヤード
バックヤードのポット置き場の様子。夏場は北向きの場所で育てています。自動灌水装置を設置してあるので、ノズルの数がある上限(14)までしか鉢が置けないことになっています。

そこで、うちではいろいろな植物が植え込まれている植栽の中にクリスマスローズを入れることは数年前からやめて、できるだけポットで育てています。

クリスマスローズは、秋からは日向に出しますが、花が終わってしまうと、この北側にあるバックヤードに引退して、夏の暑さから避難させます。

灌水装置のノズルが最大14しか使えないという縛りがあって、買いたい気持ちのリミッターに役立っているものの、どうしても新しい苗が欲しい場合は、どれかを里子に出すなどしています。

過酷な栽培環境の現場をチェック

クリスマスローズ
狭い場所に地植えされたクリスマスローズ。

今年、我が家で一番最初に咲いたクリスマスローズは、上写真のような狭い通路の端っこに作った幅10cm強の植え込みに植わっている株でした。

肥料どころか、軒下なので雨もかからないのに、水もほとんど与えてもらっていない場所。さらには、西向きで夏場は強烈な西日にさらされるという過酷な環境ですが、どの株も順調に育っています。クリスマスローズは落葉樹の下で決して西日が当たらないように遮光して、などという定説はどうなの? と思ってしまいます。

「クリスマスローズを買いたいけれど、植える場所も置き場所も無い」と悩んだ末、所有欲に負けて「小さい苗だし、枯れても仕方ないや〜」と環境的には最悪の条件下に半分ヤケで植えつけ。夏場には暑さのせいで庭にも出なくて、忘れ去っていた私の仕打ちに耐えて、こんな悪環境でも健気に生き延びてくれた5株の生命力! やはりクリスマスローズならではなのだとちょっと感動しています。

そういえば日当たりのとてもよい友人の庭などでも、元気に育っているクリスマスローズをよく見ますので、地植えなら日向でも大丈夫なのかもしれません。

クリスマスローズを飾る楽しみとその理由

クリスマスローズ クリスマスローズ

ポット植えのクリスマスローズは、相性が良いビオラや小球根と一緒に並べたり、小さなアンティークのポットに入れて飾るのも楽しいものです。

クリスマスローズアレンジ
クリスマスローズアレンジ
SNSなどでとても映える飾り方! 普段使いのお皿、アンティークのコンポート、古いガラスの金魚鉢……なんでも利用できます。

クリスマスローズは、いつまでも花をつけたままにしておくと、株の体力のためにはよくないのです。種子をつけさせるだなんてもってのほか。それだけは忠実に守ってきました。種子をつけさせないように、膨らんできた雌しべだけを取り、萼(花びらのように見える部分)を長く楽しむ方法もあるのですが、それでもうちではたくさんの花を咲かせているので、切り花として楽しんでいます。

クリスマスローズアレンジ
40℃くらいのお湯を張り、お湯が冷めるまでつけて水揚げします。
クリスマスローズアレンジ
部屋のインテリア飾りには、ミモザの黄色や桜の白と合わせて黄色っぽいダブル咲きのクリスマスローズを。
クリスマスローズアレンジ
ホーローの器にラフに投げ入れたクリスマスローズを、アンティークの窓を嵌め込んだ庭のテラスに飾って。
クリスマスローズアレンジ

今年のバードバスは、美しいフリルのビオラ(ノブコセレクション)や白のフリンジ咲きジュリアン‘ポンポンラパン’など、甘さ控えめの大人色でまとめてみました。

クリスマスローズの寄せ植え
今年の寄せ植えは、白のムスカリやスノードロップを合わせて。

たくさんの花を部屋中に飾ったり、ブーケにしたり花瓶に入れたり、お友達にプレゼントしたり。クリスマスローズの華やかさが、これからやってくる春本番を前に、花遊びの楽しさを後押ししてくれるようです。

Credit

写真・文/橋本景子
千葉県流山市在住。ガーデングユニットNoraの一人として毎年5月にオープンガーデンを開催中。趣味は、そこに庭があると聞くと北海道から沖縄まで足を運び、自分の目で素敵な庭を発見すること。アメブロ公式ブロガーであり、雑誌『Garden Diary』にて連載中。インスタグラムでのフォロワーも3.8万人に。大好きなDIYで狭い敷地を生かした庭をどうつくろうかと日々奮闘中。花より枯れたリーフの美しさに萌える。

YouTube Kay garden
Noraレポート https://ameblo.jp/kay1219/
インスタグラム kay_hashimoto

Print Friendly, PDF & Email