冬でも部屋のインテリアとして植物を飾りたい人は多いのではないでしょうか。グリーンインテリアとして人気の高い観葉植物ですが、冬に枯らしてしまった経験はありませんか。ここでは、寒さに強い観葉植物とその管理方法を紹介いたします。適切な管理をして冬でも部屋で植物を楽しみましょう!

Print Friendly, PDF & Email

冬の観葉植物の管理方法

観葉植物
CLICKMANIS/Shutterstock.com

冬でも青々とした葉を茂らせている観葉植物は室内インテリアとして人気が高いですが、一方で、冬になると枯れてしまったという経験をした方も多いのではないでしょうか。ここでは、観葉植物の冬の管理方法のコツをご紹介します。

水のやりすぎに注意

観葉植物
Pixel-Shot/Shutterstock.com

植物にとって水は必要不可欠ですが、やり過ぎは根腐れの原因となり、時には深刻なダメージを与えます。冬の間、多くの植物は生き抜くためにエネルギーを蓄え、生育などの活動を控え休止状態になります。そのため、あたたかい季節と同じ感覚で水やりをしていると、根が水を吸収しきれずに根腐れを起こしてしまうのです。

室内で観葉植物として育てられる植物の多くは熱帯地方出身。森林の中に自生しているためにあまり強い光は必要ありませんが、通年温暖な気候の中で育つ植物です。気温が下がる時期は活動が鈍くなるため、あまり根から水を吸わず、一度水やりをしてしまうと鉢の中が過湿な状態のままになってしまい根腐れを起こしてしまうことがあります。

水は土の表面が乾いてから2~3日後くらいに、鉢土の上半分が湿る程度のイメージで水を与えましょう。与えた水が受け皿にたまった場合は、そのままにしておくと根腐れの原因になるため、すみやかに捨てるようにしましょう。

置く場所に注意

観葉植物
rattiya lamrod/Shutterstock.com

観葉植物は熱帯地方などの暖かい地域の植物が多く寒さが苦手です。室温が10℃を下回るようだと、多くの観葉植物は元気がなくなってしまいます。玄関のような冷え込む場所に置くことは避けたほうがよいでしょう。また、リビングなどは、就寝時など人がいなくなったときの温度差に注意が必要です。暖房を切った後、窓から入ってくる冷気で傷んでしまいます。カーテンを閉めて冷気から遠ざける、夜間はダンボールやビニールシートで覆い保温するといった対処がおすすめです。暖かい空気は上のほうにあるので、普段から高い位置に置いておくのもよいでしょう。

一方、暖房など空調がきいた部屋に置く場合は、乾燥に注意が必要です。暖房の温風は葉の水分を奪って植物を弱らせてしまいます。温風が直接当たらない場所に置くと同時に、加湿器を利用したり葉水をして過度な乾燥を防ぐように心がけます。

日光浴も大事

観葉植物
JulieK2/Shutterstock.com

植物は光を浴びて光合成をして生きています。光は必要不可欠ですが、植物によって日光が大好きな種類から強い直射日光が苦手な種類までさまざまです。日光が好きな植物でも直射日光に長く当たると葉焼けを起こしてしまうため注意が必要。一方で日陰に強い植物は、室内の人工照明の光しかなくても元気に育ちます。観葉植物はカーテン越しの柔らかい光を好むものが多いので、天気のよい日はカーテン越しの日光に数時間当ててやると元気を取り戻すことができます。

寒さに強い観葉植物をご紹介

観葉植物
L. Feddes/Shutterstock.com

観葉植物は亜熱帯から熱帯地方が原産の植物が多く、日本は寒すぎる場合がほとんどですが、比較的寒さに強く、耐えられる植物もあります。ここではいくつか寒さに強い植物をご紹介します。

イングリッシュアイビー

イングリッシュアイビー
ArtBackground/Shutterstock.com

イングリッシュアイビーは暑さ寒さに強いツル性の観葉植物で、温暖な地域であれば屋外で越冬が可能です。耐陰性もあるので、室内で育てることも可能ですが、日光に当たっているほうが葉の模様がはっきりするので、できるだけ昼間は日光浴をするほうがよいでしょう。置く場所を選ばず、どんどん蔓を伸ばすので、高い場所に置いてツルを垂らして飾ることも可能です。葉模様、サイズ、形のバライティに富んでいるのも魅力の一つです。

シュガーバイン

シュガーバイン
JenJ_Payless/Shutterstock.com

シュガーバインは寒さに強く明るい日陰や室内でも育てることができます。小さな手のひらのように5枚の葉っぱを広げたとても愛らしい姿で、育てやすいので人気があります。蒸れ、過湿には弱いため、じめじめしたところには置かず、窓辺のカーテン越しの明るいところや風通しのよいところで管理するのがよいでしょう。直射日光に当てると葉焼けするため注意が必要です。大株になるとしだれ動きがでるので大変華やかな雰囲気になります。シュガーバインはシッサスに似ていますが、分類上はパルテノシッサス属になるので、異なるグループの植物です。

ゴムの木(フィカス)

ゴムノキ
Ann Bulashenko/Shutterstock.com

ゴムの木の葉は大きくて光沢があり、皮のように厚みがあるのが特徴的です。乾燥や寒さに強く、日陰にも耐えられるため、冬場の日当たりのよくない部屋でも育てられます。晴れた日にはカーテン越しの日に当てると徒長を防ぐことができます。斑入りのものや大型なものなどバリエーションがあるので、部屋の雰囲気に合ったものを選びましょう。フィカスという名前がついた観葉樹木は、どれもゴムの木の仲間です。

ストレリチア

ストレリチア
Whistling Swan/Shutterstock.com

ストレリチアは極楽鳥花(ゴクラクチョウカ)とも呼ばれ、その名の通り極楽鳥のような鮮やかなオレンジの萼が目を引く花を咲かせます。楕円形の葉がエキゾチックで熱帯の植物というイメージが強いですが、意外と耐寒性があります。5℃以上で冬越し可能で、夜間のみ5℃以下を下回る場合でも問題なく育てられます。冬は土の表面がカラカラに乾いてから2~3日後くらいに水を与えましょう。代表種のストレリチア・レギネ(Strelitzia reginae)は1mほどの高さになるので、部屋で育てる場合は場所を考慮する必要があります。

オリーブ

オリーブ
deckorator/Shutterstock.com

オリーブは食材として親しみある人が多いですが、葉の表は光沢のある深緑色、裏が銀白色でコントラストが美しくシンボルツリーとしても人気の高い観葉植物です。一年を通して日光を好む木ですが耐寒性は高いです。日陰には耐えられないため、日光の良く当たるベランダや日当たりのよい窓際に置いて育てましょう。また、定期的に切り戻し樹形を整えると美しく保てます。一般的には戸外で育てます。

パキラ

パキラ
Lifesummerlin/Shutterstock.com

パキラは風水では金運が向上するといわれ、昔からインテリアとして根強い人気があります。どっしりとした幹のものや編み込み状に仕立てているものなど、幹に特徴がある観葉植物です。半日陰で風通しのよい場所を好み、乾燥にも強いため育てやすい観葉植物です。暖かい季節は直射日光を避けた屋外でよく育ちますが、休眠期に入る晩秋頃から室内に移動させるのがよいでしょう。

フェニックス・ロベリニー

フェニックス・ロベリニー
New Africa/Shutterstock.com

フェニックス・ロベリニーはヤシの木で最もメジャーで、常夏のイメージが浮かぶ観葉植物です。

日当たりさえよければ寒さには意外と強く、0℃ぐらいまで耐えられ、霜が当たらなければ屋外での冬越し可能です。乾燥には弱いためエアコンの風が直接当たる場所には置かないようにして、水やりをしっかりと行います。室内で育てる場合、晴れた日はカーテン越しの日光に当てましょう。根詰まりしやすいので定期的に植え替える必要があります。

ユッカ

ユッカ
Grumpy Cow Studios/Shutterstock.com

ユッカは太くまっすぐ伸びた幹から細長い葉っぱを生やし、縦長に生育する個性的な姿からインテリアグリーンとしてとても人気です。耐寒温度は5℃前後で、ある程度の耐陰性もあるので冬でも室内で安心して育てられます。日当たりのよいベランダでも、窓から離れた室内でも丈夫に育ち、場所を選ばないため初心者にもおすすめです。本来は日光が好きな植物なので、暖かい日は戸外に出したり、日当たりのよい場所に移動しましょう。

管理方法に注意しよう!

観葉植物
maruco/Shutterstock.com

この記事では寒さに強く室内でも育てやすい観葉植物と冬の管理方法をご紹介いたしました。耐寒性のある植物の中からインテリアに合う植物を選んで育ててみてはいかがでしょうか? その際は冬特有の水やり、置き場、日当たりに注意し、生き生きとした植物で部屋に彩りを添えましょう!

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email