たとえ狭い場所でも、デッドスペースであっても、地面を整え、少しの緑を植えれば、眺めて癒やされる庭に変えることができます。ここでは、どうしてよいかわからなかった狭い場所をプロの手で、和の庭にリノベーションした実例をご紹介。施工と解説は、「あざみ野ガーデンプランニング」ガーデンプロデューサー・遠藤昭さんです。

Print Friendly, PDF & Email

狭いからと庭を諦めていませんか?

小さな庭づくり

都市部に暮らしていると、広い庭の確保はなかなか難しい。そして多くの人が、狭いからといって庭をつくることを諦めていないだろうか。狭いスペースでも工夫次第で庭のある暮らしができるのに、それはとても残念に感じる。

小さな花壇づくり

以前、「狭い植栽スペースをカッコよく楽しもう!」というタイトルで、オージープランツを中心にした記事を書いたことがあるが、今回は植物選びもデザインもガラッとテイストが違う「茶庭」を紹介したい。和の庭には「箱庭」もあるが、狭い場所につくるのにも和の庭は適していると思うのだ。

じつは、これから紹介する作庭は、僕がサラリーマンを定年退職してから手掛けたもので、ガーデニングの専門学校に6カ月通って卒業した直後、プロとして初めて挑戦した処女作である。世の中は、洋風ガーデンが主流のようだが、和の庭もよいものである。

デッドスペースが庭に! Before&After

小さな庭づくり

まず、Before(写真左)の状態を見たときに、気になったのが隣接する隣地の洗濯物や収納庫だ。この場所を、茶庭に変身させるためには、“俗世間を離れた独立空間の確保”が必要である。予算も限られていることもあり、最初は、この狭い空間で理想の茶庭をつくるとは無理難題と頭を抱えた。というのは、茶庭づくりは庭づくりの中でも最も難易度の高い部類のもので、駆け出しの庭師(ガーデナー)が手を付けるものではない。しかし、知人に頼まれたことに加え、駆け出しの時代ではあるがプロになったのだから、これは「やるしかなかった!」のである。茶庭づくりの書物をいろいろ読めば読むほど、難しさが判ってきた。

施工現場で感じる庭づくりの楽しさ

小さな庭の目隠し

小さな庭の工事は、不用な植物を抜いたり移植したりして整理し、隣地が見えないように目隠しのフェンスを作ることからスタートした。敷地の角にあたる部分は、横板の木製フェンスにして、板と板の間に少し隙間を設けることで、風通しを確保している。これらフェンスなどの構造物は、専門学校で知り合った友人に手伝ってもらって作った。

やればできるものである。形になっていくのが楽しかった。思えばサラリーマン時代、主にデスクワークだったので、こうして肉体労働の仕事の成果が形になる喜びを初めて知ったのだった。

庭づくり
工事現場の私。植物を掘り出している。

フェンスや、格子戸は既製品を使用した。室外機カバーも和風の既製品が見つかるものなのである。既製品を使うほうが、安価になる。ただし、四ツ目垣(竹の垣根)は、既製品がなかったので京都から青竹を取り寄せ、自分で竹を切って棕櫚縄を使用して男結で作った。社会人になって、大学で学んだことが役立ったという記憶はないが、ガーデン専門学校で学んだことが、庭づくりの現場で本当に役立った。

和の庭づくり、横浜から千葉の現場まで片道1時間半かかったが、何度通っただろうか?

1カ月で完成した和の庭での工夫

和の庭づくり

ここで新しく植えたのは、モミジとヤブランなどの下草。元々あったサザンカやバラなどはそのまま生かした。ここは敷地の南側ではあるが、隣家との間に高い塀を設けたので日陰になるため、日陰に強い植物を植えている。

和の庭づくり

飛び石は、既存のものを使って再配置し、周囲の砂利だけ新しく明るい色を選んで敷き詰めた。以前の暗いイメージが改善されたかと思う。

和の庭の下草

経費削減のために、ヤブラン、カレックス、シルバードラゴン、ホスタなどの下草や、石材などは我が家から持ち込み、伊勢ゴロタとBBQ用の炭を新規のデザインに使用した。

和の庭づくり

和の雰囲気を出すために、植え込みを囲うように低い四ツ目垣を青竹で組んでプラスした。そして、関守石(せきもりいし)も作っておいた。

関守石

関守石とは、何であるかご存じだろうか?

お茶を嗜んでいる人はこれが何であるかお分かりかと思う。そう、茶庭の関守石である。簡単に言えば、ここより先には立ち入りを禁止するという意味を表している。

造園士1級の検定に、制作して持参する課題でもある。

作り方に興味がある方は、私のブログを参照してください。

和の庭のテイストを醸すアイテム

和の庭

格子戸や室外機カバーは、ホームセンターで既製品が売られており、自分で作るより安上がりだ。洋風ガーデンでも室外機カバーは、ぜひ取り付けたいアイテム。

和の庭

既存の植物もできるだけ使用した。ピンクの花咲くバラが意外とマッチしている。使用する植物は、和とか洋とか既成概念を捨ててみると、意外と新鮮なデザインができたりする。やはり、青竹の四ツ目垣が、和の雰囲気を支配している。四ツ目垣作りは、和式庭園の基本技術で、造園士2級検定の必須項目である。棕櫚縄の男結びは、支柱を立てるときなどガーデニング作業でも応用が効き、覚えておくと便利だ。

和の庭づくり
施工前と施工後。

苦労した部分に、水回りがある。施工前は、ホースが収納できず、煩雑な感じがする場所だった。水を受ける流し部分には、伊勢ゴロタ石を敷いて、瀬戸焼きの植木鉢を水受けとして置いた。そして、水道栓のデザインを一新するために、周囲に青竹を巻き付けた。

塵壺
塵壺も箸も制作!完璧!?

注:塵壺(ちりつぼ)の代わりに塵穴を用いる場合もある。落ち葉などの塵をいれる壺(穴)でああり、必ず青竹の塵を挟む箸も添える。この塵箸は約一尺から一尺五寸で、上から1/3の所に節がくるように作る。

今見直したい和のテイスト

茶庭づくり

この庭づくりは、かれこれ10年経過してしまった。今思うとプロとしての初仕事として、小さいながらも茶庭づくりに関われたことは、ある意味ラッキーだったと思う。ベテランの庭師から見れば、稚拙な作品かもしれない。しかし、貴重な実績となる機会を与えてくれて友人に感謝している。

和のコーナー

ところで、僕はオージーガーデニング一筋と思われがちだが、我がAlex‘s Gardenの片隅には、オージープランツに埋もれて石灯籠の和のコーナーが存在する。

日本の伝統文化を大切にしながら、オージーガーデニングを楽しむのも面白いものだと改めて感じている。

Credit


写真&文/遠藤 昭
「あざみ野ガーデンプランニング」ガーデンプロデューサー。
30代にメルボルンに駐在し、オーストラリア特有の植物に魅了される。帰国後は、神奈川県の自宅でオーストラリアの植物を中心としたガーデニングに熱中し、100種以上のオージープランツを育てた経験の持ち主。ガーデニングコンテストの受賞歴多数。川崎市緑化センター緑化相談員を8年務める。コンテナガーデン、多肉植物、バラ栽培などの講習会も実施し、園芸文化の普及啓蒙活動をライフワークとする。趣味はバイオリン・ビオラ・ピアノ。著書『庭づくり 困った解決アドバイス Q&A100』(主婦と生活社)、『はじめてのオージープランツ図鑑』(青春出版)。
ブログ「Alex’s Garden Party」http://blog.livedoor.jp/alexgarden/

Print Friendly, PDF & Email