フランス語で「好きな物を寄せ集めて、新しいものを作る」を意味する「ブリコラージュ」の寄せ植えは、いくつかの苗をブーケのように束ねて植え付けるという独特の方法で、花々の可愛いをバスケットやリースのなかに表現します。写真家でエッセイストの松本路子さんが、「アトリエ華もみじ」の小森妙華さんが作るブリコラージュフラワーの魅力と作り方などをレポートします。

Print Friendly, PDF & Email

寄せ植えリースとの出合い

葉牡丹とビオラのブリコラージュフラワーリース
葉牡丹とビオラのブリコラージュフラワーリース。*

昨年末に、花苗を寄せ植えしたクリスマス・リースを見かけた。バラの花のような葉牡丹を中心に、紫色のビオラや白色のアリッサムを配したパステルカラーのリースは、楚々として、また華やかなものだった。

「アトリエ華もみじ」の小森妙華さん

リースの作り手は、福岡県で鉢花の販売や寄せ植え教室を主宰している「アトリエ華もみじ」の小森妙華さん。東京の多摩地区、東久留米市にある「秋田緑花農園」でも寄せ植えのワークショップを開いている。さっそくお話を伺いに農園を訪れた。

パンジーとクレマチスのバスケット
パンジーとクレマチスを黄色のグラデーションでまとめたバスケット。*

ブリコラージュフラワーの作り方

  1. まずは自分がアレンジしたい全体のイメージを描き、花苗を選ぶ。

    ブリコラージュフラワーの作り方
    ワークショップを開催している東久留米の秋田緑花農園にて、花苗を選ぶ小森妙華さん。
  2. 同時に陶器鉢、リース、バスケットなど、どんな器に植え込むかを考える。
    リースは市販のリース台を、またバスケットは水に強い素材のアラログラタンの使用がおすすめ。

    リース台
    園芸店で手に入れることができる直径35cmのリース台。リース台、ベラボン、水苔は「花とカゴと暮らしの道具 ハナモミジ」のネットショップからも注文できる。
  3. ②の底にヤシの実チップの植え込み材「ベラボン」を敷き詰める。
    ブリコラージュフラワーの作り方
    左はベラボン、右は水に浸した水苔。

    ブリコラージュフラワーの作り方
    リースの器の底にベラボンを敷き詰めているところ。
  4. ポット苗の植物を抜き出し、土と根をほぐす。根の周りに直径3〜4cmほどの土を残した苗のいくつかを、手に持てる大きさに束ねる。その時、花や枝の向きや色彩のバランスなどを整える。
    ブリコラージュフラワーの作り方

    ブリコラージュフラワーの作り方
    ムスカリやイベリスのポット苗を抜きだし、土と根をほぐして、プリムラと一緒にブーケのようにまとめる。
  5. 手の中で苗をブーケのように束ねたら、長めの水苔を使い、根株の回りが崩れないようにギュッと巻き付ける。
    ブリコラージュフラワーの作り方
  6. 直径35cmのリース台には小さめのブーケを9個、バスケットには大きさに合わせて数個を目安に、ブーケができた順に植え付けていく。
    ブリコラージュフラワーの作り方
    できあがった1つ目のブーケをバスケットに植え付ける。

    ブリコラージュフラワーの作り方
    2つ目のブーケができあがったら、こちらも植え付ける。
  7. 全体を植え付け終わったら、軽く土を押さえて器に馴染ませる。余分な茎や、葉を取り除き、姿を整える。
    ブリコラージュフラワーの作り方
  8. 最後にたっぷりと水を与える。

ブリコラージュフラワーの育て方

ブリコラージュフラワーのリース
植え付けて1カ月半経ったリース。日々成長していく様子が楽しめる。

ブーケやバスケットの中の植物は、日が経つとともに成長し、表情を変えてゆく。冬に植え付けた苗は、春の訪れとともに大きくのびをするように、花茎や葉を広げ、4月頃まで楽しむことができる。

【育て方ポイント①】

水やりは2、3日に1回を目安に行う。リースはバケツに水を入れ、底の部分を5分ほど浸すとよい。気候や置き場所などの条件にもよるので、乾燥や水のやりすぎに注意する。

【育て方ポイント②】

ゆっくりと成長させたいので、肥料はあまり与えない。ビオラやペチュニアなど成育が旺盛な植物のために、月に1回ほど液体肥料を与える。

【育て方ポイント③】

花を長く咲かせるために、咲き終わった花がらを摘み取り、傷んだ葉などは取り除く。

「可愛い!」を連発

ブリコラージュフラワーのバスケット
できあがったブリコラージュフラワーのバスケットを手にする小森妙華さん。

今回、作り方を見せてもらったバスケットの寄せ植えは、黄色のプリムラ・ジュリアン、ニオイスミレ、ムスカリ、イベリス、ビオラ、スカビオサ、ジャスミンの葉を束ねた、大きめのブーケ2個で成形されている。

「アトリエ華もみじ」の小森妙華さん

想像以上に大胆に株を分け、土を落とすが、根の先端を残すことがポイントだろう。作業は慣れないと案外難しいかも知れない。小森さんは手際よく花苗のアレンジを作りながら、「ああ可愛い、可愛い」と草花に声を掛けている。花を励ましているようにも、また自分の気持ちを花に向かって集中させているようにも思える。

バスケットブリコラージュ
ラナンキュラス、パンジー、ラックス、アネモネのバスケットブリコラージュ。*

「自分が愛しいと思った花を集め、弾む気持ちで作った作品でないと、人の心に響くものはできない」と語る。まずは「好き」という気持ちを大切にして、自分の心に素直に向き合うことが第一歩。そうすることで、選んだ花の色や形のアレンジが、折々の自分を表現することにつながっていくのだろう。

デイジーのバスケットブリコラージュ
春の息吹を感じさせるバスケットの作品。デイジーの優しい表情に気持ちがのびやかに。*

小森さんの寄せ植えからは、柔らかな春の日差しや、野原を吹き渡る風が感じられる。植物の声を聴き、絵を描くようにブーケを束ねる。それが新たな世界を作り出しているのだ。こんな寄せ植えリースやバスケットを部屋の窓辺に置くことができたら、風景が変わって見えるかもしれない。

ブリコラージュフラワーのリース
お祝いなどの贈りものに最適な、花苗のリース作品を販売している。こんなリースが届いたら幸せ! 形が崩れないようにオリジナルのボックスに入れて配送される。*

Information

アトリエ華もみじ

福岡県大野城市下大利3-2-22

電話:092-558-6288
Email:support@hana-momiji.net
HP:https://www.hana-momiji.net

福岡、大阪、東京でのワークショップのお問い合わせ
Email :lesson@hana-momiji.net

Credit

写真&文/松本路子
写真家・エッセイスト。世界各地のアーティストの肖像を中心とする写真集『Portraits 女性アーティストの肖像』などのほか、『晴れたらバラ日和』『ヨーロッパ バラの名前をめぐる旅』『日本のバラ』『東京 桜100花』などのフォト&エッセイ集を出版。バルコニーでの庭仕事のほか、各地の庭巡りを楽しんでいる。2018-21年現在は、造形作家ニキ・ド・サンファルのアートフィルムを監督・制作中。
noteでWebマガジン始めました。https://note.com/mmatsumoto0128

写真協力/アトリエ華もみじ(*)

Print Friendly, PDF & Email