地植えの庭の多くの植物が休眠し、寂しくなりがちな冬。でも、花がある暮らしを長年続けてきたベテランガーデナーは、冬でも花を絶やさない育てて嬉しい植物を知っています。ここでは、千葉県在住の橋本景子さんが近年育てている冬から春をつなぐおすすめの植物と栽培の工夫をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

橋本さんが丹精する庭の冬

階段の庭
半日陰の階段庭。初夏の様子。

私の庭の代名詞ともいえる階段庭は、午後の陽がほんの少ししか当たらない半日陰の庭です。アーチやパーゴラに誘引した日陰にも強いバラ以外、地面で育っているものは、山紫陽花を中心にギボウシ、シダ、フウロソウなどの宿根する山野草が多く、晩秋以降はひっそりと静かな地上部は枯れた庭になります。

昔から大好きだったクリスマスローズに加えて、ここ数年、ビオラやパンジーの魅力にどっぷりと浸り、さらには小球根の栽培も楽しくて、ポットの数は年々増える一方です。階段庭がもし日当たりのよい場所だったら、地植えができてどんなによかっただろうといつも思うのですが、それはあくまでも無いものねだり。地植えを諦めて毎年小さなポットや寄せ植えで楽しんでいる私の庭の、冬から早春のポッティングガーデンをご紹介します。

おすすめ植物1 ビオラ

ビオラの鉢植え
鉢は、小さめなものをペイントしたり、アンティーク風のものを使ったり。

ビオラはポットでの栽培がほとんどです。たくさんの種類を育てたいので、ちょっとかわいそうなのですが、まずは小さいサイズのポットに植え込みます。

ビオラの鉢植え
ずらりと並べて日光浴。

そして、午前中は朝日が当たる玄関周りに、午後になると今度は西日が当たる裏庭のほうへと移動させたり。なるべく日に当ててあげようと移動することも多いので、コンパクトなポットのほうが取り扱いに都合がよく、大きく育ってきたら鉢増しをします。

鉢植えのビオラ
鉢の形は、丸だったり角だったり、形もさまざまなポットを利用しています。
ビオラの寄せ植え

寄せ植えにする場合もビオラだけ植えたり、複数のポットを並べて寄せ植え風にしたり、色合わせも楽しんでいます。

ビオラの寄せ植え

賑やかな寄せ植えの横には、すっきりとしたフォルムと色を楽しむシンプルな植物を置くのもテクニックの一つです。

階段庭に置いた紫のヌーヴェルヴァーグの寄せ植え(写真右)はヘーベとケールを合わせたひと鉢。

鉢植えのビオラ

アンティークのスーピエールは穴が開いていない器ですが、雨の当たらない場所に置いて、水が切れて株がしんなりしてきたら灌水するくらいのタイミングでも十分育ちます。

リース型の冬の寄せ植え

リング型のバスケットにあまり大きくならない草花たちをぎゅーっと詰め込んでバランスよく植え込みました。5株のビオラを使っています。

ビオラとハボタン
ビオラとハボタンのコラボ。

●併せて『今人気急増中のパンジー「ドラキュラ」を作るサトウ園芸さんをレポート』もチェック!

おすすめ植物2 クリスマスローズ

クリスマスローズの寄せ植え
クリスマスローズを寄せ植えにする場合は、大きく根を崩さなければ咲いている株でも使えます。見頃が終わったら、また植わっていた元のポットに戻します。

クリスマスローズは日陰の場所でも強く、我が家の庭の環境でも地植えでの栽培で何の問題もありません。ですが、極小の庭で育てるには葉っぱが大きくて他の植物とのバランスが難しく、花が終わった後に葉っぱを持て余してしまい、ついつい邪魔者扱いしがち。ですので、クリスマスローズは、ポット植えで育てています。

クリスマスローズ
うまく水揚げさえすれば、切花でも長く楽しめるので、アンティークのコンポートに水を張り、リース風にアレンジしたり、ガラスの器に入れたりと使い方はさまざま。暖房の効いた室内よりも、外に置いておくほうが数倍長持ちします。

順番に咲いてくれて、咲いている期間もそんなに長くはないので、咲きそうなものから表舞台に移動し、終わったらまたバックヤードに引っ込めます。

夏場は自動灌水装置をつけて北側のバックヤードで暑さをしのぐという、自転車操業のような極小スペースでのやりくりなので、灌水装置の最大数以上には絶対に増やせないというのが我が家の鉄則。ここ最近は新しいクリスマスローズの購買欲もだんだん薄れてきました。

おすすめ植物3 ハボタン

ハボタンの寄せ植え

ハボタンはお正月に欠かせない植物というイメージがありますが、最近では色や形もさまざまあります。丸葉系やちりめん系、切れ葉、メタリックなものや、フレアのものと、年々新品種も登場しています。なかでも私がよく使うのはコンパクトなサイズのハボタンで、お正月の寄せ植え用に毎年必ずたくさん購入しています。

ハボタンのリース

毎年挑戦しているのはハボタンのリース仕立てです。その年に買えるハボタンで作るので、毎年表情が違って面白いものです。

ハボタンは意外と丈夫なので、根の周りの土をかなり取ってしまっても大丈夫。初心者にも扱いやすい植物だと思います。

この時期のリースは水切れの心配も少なく、根付いてしまってからはむしろ水やりは控えめに。でも、霜や寒風の吹きさらしにならない置き場所を選んであげることは重要です。

鉢植えのハボタン

リース用に買って余ったハボタンは、小さな器に入れて楽しむのも新しい楽しみ方です。小さなポットには土付きのままで植え込み、透明なグラスに植え込む際には、ポットから出して根っこを水洗いし、盆栽用の苔で周りを巻けば美しい仕上がりに。

水抜き穴の無い食器などを利用する際にもこの方法で、水を控えめにコントロールすればいいだけです。

寄せ植えにしてしまうとお正月のイメージが先行しますが、こういう使い方をすれば、応用が効きますね。

おすすめ植物4 シクラメン

シクラメンの鉢植え
室内用のシクラメンは、あまり寒くない年の昼間ならば、日の当たる屋外で楽しむこともできますが、夜間は必ず暖房が効きすぎない室内へ取り込みましょう。

意外と難しくて、すぐにダメにしてしまうのがシクラメン。

ギフト用などで屋内栽培向けに販売されているシクラメンは、「すぐに枯らしちゃった」という方が多いのではないでしょうか?

シクラメンは、レースのカーテン越しの薄日が当たるような窓辺が好きなのですが、夜間の寒さには弱く、暖房の風も嫌いという、環境にわがままな植物です。今の住宅事情にはとても対応しにくい植物といえますね。

ガーデンシクラメン
クリスマス感を演出するのに適しているのは、ガーデンシクラメン。

ガーデンシクラメンとして売られている屋外栽培向けのシクラメンも、室内用のシクラメンよりは耐寒性は高いものの、私が住む千葉県では、ガーデンに植えてもたいてい霜でダメになってしまうものが多いです。

寒さに強く地植えでも大丈夫な種類は、コウムやヘデリフォリウムなど原種系のシクラメンで、夏の暑さも平気です。

シクラメン「シルバービューティー」

シクラメン「シルバービューティー」

ガーデンシクラメンの中でも、私が一番信頼しているのはシルバーの葉が美しい「シルバービューティー」。

ここ数年必ず買う定番で、屋外で一冬過ごしますが、花は少なくなっても寒さで葉が茶色くなったり、溶けたりすることもなくとても丈夫です。

シクラメン「天使のはね」

シクラメン「天使のはね」

原種のシクラメンとの交配で、2019年デビューしたシクラメン「天使のはね」も屋外でも比較的強い品種です。軒下などに置いておけば越冬します。でも強い寒風などには弱いようですので、注意は必要です。

シクラメン「かがり火」

シクラメン「かがり火」

「かがり火」という、尖った切れ弁の花びらや暴れる葉のナチュラルさが魅力で大好きなシクラメンも寒さには強いです。

シクラメンの和名でもある『篝火草(かがりびばな)』そのものの、まさに火を感じさせるフォルムの花は、毎年あまりにも流通が少なくて、あちこち探し歩いています。私のような根強いファンがいる植物だということを知ってほしいと思います。

シクラメンなどの冬の花
シクラメン「かがり火」をはじめ、ハボタンやビオラなどをシェルフに並べて。冬とは思えない華やかさ。

ご紹介した鉢植えや寄せ植えにおすすめの植物は、庭がなくても育てられます。この時期にしか出会えない冬見頃の植物で、花咲く暮らしを楽しんでみませんか?

Credit

写真・文/橋本景子
千葉県流山市在住。ガーデングユニットNoraの一人として毎年5月にオープンガーデンを開催中。趣味は、そこに庭があると聞くと北海道から沖縄まで足を運び、自分の目で素敵な庭を発見すること。アメブロ公式ブロガーであり、雑誌『Garden Diary』にて連載中。インスタグラムでのフォロワーも29,000人に。大好きなDIYで狭い敷地を生かした庭をどうつくろうかと日々奮闘中。花より枯れたリーフの美しさに萌える。
Noraレポート https://ameblo.jp/kay1219/
インスタグラム kay_hashimoto

Print Friendly, PDF & Email