「モルタルデコ」をご存じですか? モルタルに着色を施して、オブジェや壁、鉢、花台などを作るガーデンクラフトです。モルタルというと難しそうに思われるかもしれませんが、中身にはスタイロフォームという素材を使い、女性でも楽に加工ができ軽量で持ち運びも簡単! ヨーロッパにある石積みの古い街並みのような雰囲気を、モルタルデコなら自分で庭に再現できますよ。

Print Friendly, PDF & Email
モルタルデコのガーデン

英国コッツウォルズにあるような蜂蜜色の不揃いの石を積みあげたような壁に、つるバラが枝を伸ばしてたわわに花を咲かせる「Sanae Garden」。この庭は長年、造園・植栽の仕事とともにガーデンクラフトを手掛けてきた原嶋早苗さんの庭です。

「レンガの石積みに見えて、じつは実際に石を積んだわけではなく、土台は、発泡スチロールなんです。庭のフォーカルポイントになっている花台もモルタルデコです」(原嶋さん)。

モルタルデコの庭

モルタルデコとは、スタイロフォームという建築用の断熱材を削って形を作り、そこに薄くモルタルを塗り、色づけしてレンガや擬木のように見せるガーデンクラフトです。

「スタイロフォームは押し出し発泡ポリスチレン板という材質で、通常の発泡スチロールと違って粒子が密なんです。防水性が高くほとんど水を吸収せず、軽くて丈夫な一方、カッターなどで簡単に切ったり削ったり加工性もよいので、屋外使用が前提のガーデンクラフトには最適な素材なんです」(原嶋さん)。

モルタルだけを使って作ると、重量がありすぎて扱うのも飾るのにも困難になりますが、原嶋さんのモルタル造形はスタイロフォームがベースになっているため、見た目の重厚感とは裏腹に軽量で女性にも扱いやすいのが特徴です。

モルタルデコのガーデンデコレーション

「石積みやテラコッタなどの風合いは、モルタルの上から塗る水性アクリル絵の具による着色で出していきます。皆さんがよくご存知のテーマパークのお城やレンガの小屋もモルタルを加工して作られているのを知っていますか? 塗料などを駆使してエイジング加工し、時代感や風合いを演出しているのですが、モルタルデコも同様に、“らしさ”を追求していきます」(原嶋さん)。

モルタルデコのガーデン

つまり、着色次第でどんな素材らしさも演出できてしまうのがモルタルデコの楽しさです。また、本物の石積みを行おうとすれば費用もかかりますが、モルタルデコに使うスタイロフォームもモルタルも千円ほどで購入でき、保ちは半永久的というコストパフォーマンスの高さも見逃せません。

「それとガーデンのオブジェって、テラコッタやアイアンや石でできているものが多くて、素敵なんですけど、ちょっと位置を移動しようにも重くて女性1人じゃ難しいものもあるんですよね。だけど、モルタルデコで大鉢や花台を作ればガーデンでの取り扱いも楽に済みます。モルタルデコのよさは、自分のイメージ通りのものが簡単に作れて、作った後のガーデニングも楽ですし、リメイクにも向いているんです。以前、古いブロック塀をモルタルデコでプロヴァンス風にリメイクしたことがありますが、全然雰囲気が変わって素敵でしたよ」(原嶋さん)。

モルタルデコの壁と扉

庭の見え方は植物の組み合わせだけでなく、壁などの背景も大事。特につるバラを仕立てるときには、背景や絡ませる構造物次第で見栄えがかなり左右されますが、モルタルデコのテクニックを使えば、自分のイメージ通りの背景を自分で作り出すことができます。例えば「Sanae Garden」の壁はモルタルデコで石積み風に作り、そこにいくつかの扉をつけています。バラの花の下、扉を開けるのを想像するとワクワクしませんか? 実際には隣家との境の目隠しでその向こうに何かがあるわけではないのですが、大切なのはこの先に何があるのかしらと思わせること。それだけで実際の庭より奥行きを生むことができます。

モルタルデコのガーデンライト

「モルタルデコによるミニチュアハウスは想像力の賜物です。モルタルデコのクラフト教室では最初はボードのような簡単なものから作るのですが、皆さんはこのミニチュアハウスが作りたいんですよね。これはガーデン版のドールハウス作りのようなもので、中にソーラーライトを入れておくんです。これを庭に置いておくと、夕方帰った時に小さな家々に灯りがともっていて、本当に妖精が住んでいるみたいで楽しいんですよ。庭に物語が生まれるワクワク感をぜひ皆さんにも体感してほしいですね」。

モルタルデコのガーデンライト

ガーデンストーリークラブではオンラインサロンで原嶋さんによる教室も行っていきます。簡単なものからスタートしますので、初心者でも作れます。ぜひ、皆さんのご参加をお待ちしています!

●特典いっぱい! 花&庭ファンが集う「ガーデンストーリークラブ」会員募集中!

Credit

文/3and garden
ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。

Print Friendly, PDF & Email