自宅で庭づくりをしている人にとって、「住み替え」は、庭の移転という大仕事も同時進行になります。このたび転居を機に、新しい庭づくりに一から着手することになった神奈川県在住で「日本ローズライフコーディネーター協会」の代表を務める元木はるみさんによる庭づくり奮闘記第6話。バラの最盛期がひと段落し、二番花、三番花のために株を健全に維持する梅雨時期のお手入れについて、気を付けたいポイントを教えていただきます。

Print Friendly, PDF & Email

梅雨時期の庭の様子

バラ ‘雅’
Rose Farm keiji 作出 ‘雅’。

6~7月は、梅雨の時期でもありますが、バラの二番花や三番花を楽しみながら、今後のバラに関わる大切なお手入れの時期でもあるのです。

イングリッシュローズ‘エヴリン’の二番花
一番花よりもだいぶ小さく咲いたイングリッシュローズ‘エヴリン’の二番花。

二番花とは、5月に待ちに待った一番花が花咲き、その花がらを取り除くために、5枚葉(本葉)の上でカットしておくと、その5枚葉の付け根から、新しい芽が伸びてきます。順調に伸びれば5月下旬~6月に再び開花が見られますが、それらの花のことを「二番花」といいます。その後、春と同じように花がらをカットしていくと、四季咲き性のバラなら、品種毎の違いはありますが、約40~50日毎に花を咲かせてくれます。

同時に、この梅雨の時期には急に伸長したシュート(新梢)の出現などが見られるので、バラが最も育つ時期であることを実感します。今回は、この時期に、具体的にどのようなお手入れをしたらよいのかをご紹介します。

【お手入れ1】
6~7月に発生しやすい主な病害虫とその防除

雨量の多いこの時期は、植物の生育が旺盛になりますが、同時に湿度も高く、せっかくバラの新しいシュートが出て、新しい葉が茂っても、病気に罹ってしまったり、害虫に食害されたりと、バラにとって被害が最も多い時期でもあるのです。

では、具体的な病気について解説していきましょう。

黒点病(黒星病)

黒点病
黒点病。

症状

カビ(糸状菌)による斑点性の病気。梅雨や秋雨の多湿時期に発生しやすく、真夏の高温時期には、発生が一時少なくなります。放置すると黄茶色になり落葉します。その結果、光合成が抑えられ、根の成長や株の成長に支障をきたし、次期の花にも影響が出てしまいます。雨の多いこの時期は、病斑の胞子が雨の跳ね返りなどで周囲に広がりやすくなります。

ただし、他の果樹類などに発生する黒点病とは病原菌が違うため、果樹類などとの相互感染は心配ありません。チッ素肥料の過多でも発生しやすくなります。

対処方法

黒点病に罹った葉は、見つけ次第すぐに取り除きます。

ご自身のバラを育てる目的に合わせた薬剤を使用しましょう。薬剤を使う場合、一つの薬剤を使用し続けると、その薬剤に抵抗がついてしまい、散布しても効果が出なくなってしまいますので、系統の違う薬剤をローテーションで散布します。

また、チッ素肥料を過剰に与えないようにしてください。病気に悩まされないようにするには、近年多く作出されるようになった病気に強い品種を選ぶことも大切です。

うどん粉病

うどん粉病
うどん粉病。

症状

カビ(糸状菌)による伝染性の病気です。初夏や初秋の曇天で冷涼、乾燥した日が続くと発生しやすく、真夏の高温時に一時発生が少なくなります。白い粉をまぶしたような白いカビが、特に新しい葉や茎、つぼみに発生します。放置すると株全体に広がり、光合成が抑えられるため、根の成長や株の成長に支障をきたし、次期の花にも影響してしまいます。発病した葉の上に胞子ができ、風に乗り周囲に広がるため、密植や不整枝により、蔓延する可能性が高くなります。チッ素肥料過多でも発生しやすくなります。 

対処方法

うどん粉病に罹った葉は、見つけ次第すぐに取り除きます。

密植を避け、整枝を行い、ふところ枝(株の内側に向かって伸びている枝)や枯れた枝などを整理するとよいでしょう。黒点病と同様に、ご自身のバラを育てる目的に合わせた薬剤を使用し、株の様子を見ながら、系統の違う薬剤をローテーションさせて散布します。

また、チッ素肥料を過剰に与えないようにしてください。病気に悩まされないようにするには、近年多く作出されるようになった病気に強い品種を選ぶことも大切です。

灰色かび病(ポトリチス病)

症状

カビ(糸状菌)による伝染性の病気です。雨天などで湿度の高い日が続く梅雨や秋雨の時期に発生しやすい病気です。密植や、日当り、風通しが悪くて蒸れやすい場所にある株や、肥料や水やり不足による弱った株、また、咲き殻をそのまま放置しておくなどの管理不十分な株に多く見られます。花弁やつぼみに小さな斑点が現れ、症状が進むと灰色のカビで花やつぼみ全体が覆われ、茎や葉にも広がります。胞子が風で飛散し、周囲の株に広がり、チッ素肥料過多でも発生しやすくなります。

対処方法

日頃のバラの管理を適切に行い、密植をせず、日当りと風通しがよい場所に植えることが大切です。花がらは放置せず、こまめに切り取り、病気に罹ってしまった部分は見つけ次第取り除きます。冬の元肥や追肥などは、適量やバランスを守って適期に施し、バラが健康に育つよう心がけましょう。病原菌は、バラ以外の植物(果樹、庭木、野菜、草花)などにも幅広く相互感染するため、バラ以外の植物にも気を配る必要があります。

薬剤については、黒点病、うどん粉病と同様。

ハダニ

ハダニ
TPhoto/unaturaShutterstock.com

症状

高温で乾燥時に、ハダニが発生しやすくるので、梅雨明け直後は要注意です。クモの仲間であるハダニが、葉などに寄生すると、そこから汁を吸い、バラは上手く光合成が出来なくなって弱ってしまいます。最初は、葉に微小な白い斑点が見えますが、放置しているとクモの巣状になり、やがて株全体がクモの巣で覆われた状態となります。 

対処方法

密植を避け、風通しをよくし、高温、乾燥時の水やりには、株全体にシャワーで水をかけます。特に葉裏にハダニが付いていないか注意し、ハダニが付いていたら水で洗い落します。

ゴマダラカミキリムシ

ゴマダラカミキリムシ
ゴマダラカミキリムシ。

6~7月は、ゴマダラカミキリムシが飛来し、晴れた日の朝などに、よくバラの枝先に止まっていることがあります。そして、7月になるとバラの幹の地際付近に卵を産み付けます。ゴマダラカミキリムシは成虫で、その幼虫は「テッポウムシ」と呼ばれ、発生すると、幹の内部を食べ荒らし、地際にオガクズに似た糞を見ることになります。そのまま放置すると株が枯死する場合もあるので、成虫は見つけ次第捕殺し、幼虫は地際の糞の近くにある株元の穴を探して、専用の薬剤のノズルを差し込み、薬剤を注入して退治します。

【お手入れ2】
樹勢回復とシュート発生を促す追肥

バラの肥料
「バラの肥料」(発売/花ごころ)

花が咲き終わり、花がらを取り除いた株元には、「お礼肥(おれいごえ)」と呼ばれる追肥を施します。

この時期の追肥の目的は、それまでの開花でエネルギーを消耗した樹勢の回復と、新しくシュートを発生させ、株を若返らせることです。

追肥用の肥料はいろいろ販売されていますが、私は、バラにとって大切な三大栄養素であるチッ素、リン酸、カリがバランスよく含まれている有機質の固形肥料を選んでいます。

施す際には、バラの株元周囲の草を取り除き、枝先を剪定、不要な枝を取り除いて整枝した後に、株の株元に適量を撒いています。

【お手入れ3】
充実した株に成長させる為のシュートの処理方法

バラのシュート
シュート。

バラの株自体がシュートを出すことは、自然の摂理で3〜4月頃から見られます。

私の新しい庭でも、2月に移植した株から、土や肥料、植え場所の条件がそのバラに合ったのか、とても元気のよいシュート(株元からのベーサルシュート)が出て、生きる力強さを見せつけてくれました。

元気のよいシュートには、これからの未来が詰まっています。特に、一季咲きのバラのシュートは、来年の花数や花の状態にまで関わります。つまり、もう来年の春の花の準備に入ったともいえます。

シュートピンチ
シュートピンチの後。

しかしながら、勢いよく伸長したシュートをそのままにしておくと、栄養がシュートに取られ、他の枝が弱ってしまったり、バランスの悪い株になってしまいます。

つるバラ系以外のバラのシュートは、できれば、ほうき状に花が咲いてしまう前にピンチを行い、株の充実を図ります。ピンチや施肥、そして梅雨の雨は、ベーサルシュートなどのシュートの発生を促し、株の若返りと共に、枝数や葉を増やし、光合成が充分行えるようにします。充分な光合成ができれば根と株が充実していき、今秋や来春に、よい花が咲くことにつながります。

【お手入れ4】
5月のバラの季節を振り返ること

失敗から学ぶ

今年1月に行った以前の庭からの移植作業を乗り越えて、無事に咲いてくれたバラたちですが、中には咲く時期がだいぶ遅くなってしまった品種がいくつかありました。

それらの株は、移植の際、枝をあまり短くカットせずに長いまま植えてしまったという共通点に気がつきました。

移植で根がだいぶ短くなってしまっているのに、大きな株のままでいて欲しいという願望からか、枝を短くすることに抵抗を感じていたのです。結果、それはバラに負担をかけることになったのか、なかなか新芽が出ずに、とても心配しました。しかし、なんとか新芽を出してくれて、5月遅くに、花を咲かせてくれました。

やはり、根の量に見合った枝の長さにしないといけないと、改めてバラから学びました。

‘コーネリア’
枝をあまり短くせずに植えてしまった‘コーネリア’(HMsK)。コンサバトリーの東側のフェンスで、他のバラにだいぶ遅れて咲きました。
’コーネリア‘
今年1月に誘引したての’コーネリア‘。
‘ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンド’(R)
同じく枝を短くせずに植えた‘ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンド’(R)。門の石の色に合わせて、門の西側のフェンスに誘引しました。
’ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンド'
誘引したての’ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンド’。

新しく庭に迎えたバラ

この春、新しく庭に迎えたバラは、現在5品種ほどです。その中から今回は、‘エウリディーチェ’をご紹介致します。

 ‘エウリディーチェ’
‘エウリディーチェ’(F)2016年木村卓功氏作出。

優美で繊細なフリルのように波打つ花弁と淡い花色、整った花形に、ダマスクとブルーの心地よく爽やかな香りが印象的です。

 ‘エウリディーチェ’

鬱陶しい梅雨の時期ではありますが、庭のバラや植物たちにたくさんの‘ときめき’をもらい、癒やされています。今後も、大切なバラたちが元気でいてくれるように、この時期、バラのお手入れをがんばっていきましょう。

梅雨のガーデン

Credit


写真&文/元木はるみ
神奈川の庭でバラを育てながら、バラ文化と育成方法の研究を続ける。「日本ローズライフコーディネーター協会」代表。近著に『アフターガーデニングを楽しむバラ庭づくり』(家の光協会刊)、『ときめく薔薇図鑑』(山と渓谷社)著、『ちいさな手のひら事典 バラ』(グラフィック社)監修など。TBSテレビ「マツコの知らない世界」で「美しく優雅~バラの世界」を紹介。
http://roseherb.exblog.jp

参考文献:「庭木・花木・果樹の病害虫ハンドブック」草間祐輔著(家の光協会)

Print Friendly, PDF & Email