寄せ植えの花の入れ替え時期です。ビオラなど春の花はまだ咲いていたとしても、徒長し始めて、寄せ植えの形が崩れてきていませんか。そろそろ夏の花に入れ替えましょう。鳥取県米子市でクリニックの庭を丹精する面谷ひとみさんと、ガーデナーの安酸友昭さんが、植え替えを丁寧に実践してくれました。土の入れ替えや植物の置き方、水やりにもコツがいっぱいですよ!

Print Friendly, PDF & Email

花が徒長し始めたら、次のシーズン用に植え替えを

ビオラとアネモネの春の寄せ植え

早春に植え込んだ、ビオラとアネモネの寄せ植えです。花はまだ咲いていますが、徒長して寄せ植えの形が崩れかけています。夏に向けて寄せ植えの植え替え時期です。

土の入れ替えのコツ

寄せ植えの入れ替え

ガーデンフォークを使って、根が張っている植物を起こしていきます。根に土がたくさん付いているので、フォークで根をたたいて土を落とします。その際、土の中に残った根も取り除きます。この根を取り除く作業で土もほぐれ、空気が入ってふわっとします。

ここで大事なのは、引き抜いた植物をすぐに捨てずに、様子を確認してみることです。葉っぱがこんもり繁っているにもかかわらず、根がない、または極端に少ない場合は、土の中にコガネムシの幼虫がいる可能性があります。もし幼虫を発見した場合は取り除き、土を全量、またはできる限り入れ替えます。そして、土の中に殺虫剤のオルトランDXを適量すき込みます。土を入れ替えできない場合は、ていねいに幼虫を取り除き、オルトランDXをすき込みます。

寄せ植えの入れ替え 寄せ植えの入れ替え

全て抜き終わったら、少し土を入れ替え、元肥と有機肥料を適量まき、その後よくすき込みます。

寄せ植えの入れ替え

さらに、新しい土を全体の1/5程度入れます。新しい土を加えると、失われた肥料分が補給されるのでしょう、よく育ちます。

植物はジグザグに置くとナチュラルに

夏の寄せ植え

メインになる苗を仮置きします。同じ植物が直線上に並ばないように、調整しながらジグザグに置いていきます。写真はロベリアとベロニカ。今回、植え込む植物は、以下の通りです。夏に向けて涼しげな雰囲気になるよう、ブルー系の花を揃えました。植え込んだ直後から植物が馴染んで見えるように、結構たくさんの苗を使います。

<使った苗>

  • ロベリア×4
  • ベロニカ×4
  • オンファロデス×3
  • ラベンダー×4
  • タマシャジン×2
  • サルビア×4
  • オダマキ×6
  • バコパ×5
寄せ植え時の植物の仮置き

ロベリアとベロニカの隙間に、1つ目のつなぎの植物となるラベンダー、タマシャジンを置いていきます。ここでも直線上に並ばないように注意します。「つなぎの植物」というのは、ちょうどバラのブーケにカスミソウが入って、なんとなくブーケがふんわりとまとまるようなイメージです。メインとなるクッキリ・ハッキリとした色形の植物の間に、チラチラとした小花を入れることによって、間が自然につながって、全体に調和が生まれるのです。さらに、2つ目のつなぎとなる植物、オンファロデス(草丈の高い白い花)を隙間に入れていきます。この段階では仮置きなので、狭くて苦しそうな場所は、隣同士の苗を動かして調整し、並べていきます。

寄せ植えの作り方

位置が決まったら、植えていきます。苗の株元を持って、優しくポットから抜きます。よほど根が回っていない限り、根はほぐさなくてOK。苗を隙間に入れる時は、周りの植物を傷つけないように、手の甲で隣の苗をそっと押さえながら植え付けます。

寄せ植えの作り方

さらに、隙間にオダマキを植え込むと、もっと自然な感じになります。

寄せ植えの作り方

手前にも隙間があるので、やさしいピンク色のバコパを植えます。花がら(しぼんだ花)がたくさんあると見苦しいので、花がらがある場合は取り除いてから植え付けます。最後に隙間に土を入れていきます。私は自作のペットボトルの土入れを使っています。細くて土がたっぷり入るので便利です。作り方は、以下の記事でご紹介しています。

●『美しい庭をつくる人が愛用する便利な庭道具

寄せ植えの作り方

こんな感じで植え付けは終了です。この後は、水まきです。植え付け直後の水まきには、ちょっとしたコツがあります。

寄せ植えの植え付け直後の水やりのコツ

植え付け後の水やり

まず、ホースで水やりをする場合、はす口をつけますが、いきなり植物にホースの水をかけてはいけません。というのも、ホース内に残っていた水が日光で温められて、意外なほど熱いお湯に変わっていることがあるからです。ですから、しばらく水を出しっ放しにして、手で触って冷たくなっているのを確かめます。次に水がやわらかく当たるよう調整します。あまり水の勢いが強いと、表面の土に穴があいてしまい、植物の根が露出してしまいます。苗と土が密着するように株元に水をまいていきます。

植え付け後の水やり

さらに少し高いところから、苗についた土を洗い流していきます。植え込み作業中は注意していても、植物の葉っぱなどに土がついてしまっています。特にペチュニアなど、葉が毛羽立っている植物は土がつきやすいので、優しい雨のように上からシャワーをかけて、洗い流します。植物に近づけすぎないことが大事です。

活力剤をあげて完成!

活力剤

最後に、メネデールやリキダスなどの活力剤をジョウロでまき、完了です。活力剤は植え込んだばかりの根の生育を助ける働きがあります。

夏の寄せ植え

生育するとお互いの植物が絡み合い、さらに馴染んでナチュラルな雰囲気になります。

この横長の鉢は待合室の窓のすぐ側に置いてあり、室内からも花がよく見えます。ですから、手前から見ても、後ろから見ても綺麗な眺めになるよう植え込んでいます。植え込み後の管理は、基本的に水やりと花がら摘み。水やりの際、ときどき液肥を混ぜてやると花のもちがよくなります。

華麗なる寄せ植えの四季

冬の寄せ植え

同じ鉢を使った過去の季節違いの花の様子です。冬/ビオラ、ストック、アリッサム、ネメシア、カルーナなど。

早春の寄せ植え

早春/ビオラ、フォックスリータイム、オレガノ、チューリップなど。

初夏の寄せ植え

初夏/ミニバラ、クレマチス、スーパーチュニア、ユーフォルビア‘ダイヤモンドフロスト’、クレオメ、ゼラニウムなど。

真夏の寄せ植え

真夏/スーパーチュニア、ビンカ、セダム。

秋の寄せ植え

秋/コスモス、スカビオサ、サルビア、タイムなど。

寄せ植えは、庭がなくても一鉢の中で、こんなふうに季節の彩りを豊かに楽しむことができます。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

Credit

寄せ植えアドバイス&写真/安酸友昭(Yasukata Tomoaki)
ガーデンデザイナー、ガーデナー。園芸専門学校を卒業後、地元造園会社にて日本庭園作庭を学んだ後、イギリス(ブライトンカレッジ・オブ・テクノロジー)で、ガーデニングを学び、NVQ(イギリスのガーデニング技術者国家資格)1・2を取得。その後、地元米子に戻り、ラブリーガーデンを設立、庭づくりを始める。2007年、ラブリーガーデンのショップをオープンする。2010年に、英国ドライストーンウォーリング協会認定の石積み技術の資格をイギリスで取得。NHK出版『趣味の園芸』テキストで面谷さんとの庭づくりの日々の連載が2020年4月よりスタート。
ラブリーガーデン http://www.lovely-garden.jp

面谷ひとみ
ガーデニスト。鳥取県・米子市で夫が院長を務める面谷内科・循環器内科クリニックの庭づくりを行う。クリニック開院にあたり、自らも看護師として大学病院などで勤務してきた経験を生かし、患者にも医療従事者にも癒しとなる空間を作るために、バラと草花が調和する庭づくりを開始。一年中美しい風景を楽しんでもらうために、日々庭を丹精する。NHK出版『趣味の園芸』テキストで安酸さんとの庭づくりの日々の連載が2020年4月よりスタート。

Print Friendly, PDF & Email