鳥取県米子市で、クリニックの庭を丹精する面谷ひとみさん。春先の庭では、長年のコレクションのクリスマスローズがあちこちで花開き、ビオラや原種シクラメンとの可憐な競演をみせています。クリスマスローズと似合う草花の選び方や寄せ植えのコツ、ブーケ作りまで、クリスマスローズの楽しみ方を教えていただきました。

Print Friendly, PDF & Email

丈夫でこぼれ種でも増える宿根草、クリスマスローズ

クリスマスローズ

クリスマスローズは早春の庭に欠かせない花です。山陰ではクリスマスローズはチューリップが咲く1カ月ほど前に開花期を迎え、およそ1カ月庭を彩ってくれる丈夫な宿根草です。この頃はクロッカスやムスカリ、原種シクラメンなどの小球根が地面をポツポツと彩り、ビオラもまだ草丈が低い時期なので、それらより草丈がやや高く、1株から何輪も咲くクリスマスローズは、春まだ浅い庭を華やかに彩ってくれる貴重な存在です。

クリスマスローズ‘ヨシノ’
横山園芸作出の‘ヨシノ’。

数年前からかわいいと思う花を集め出し、一重からセミダブル、ダブル、花弁の縁に糸のように色が入るピコティー、プチプチ模様のスポットまで、いつの間にか庭中にクリスマスローズが増えました。最近のお気に入りは‘プチドール’や‘ピンクアイス’、‘氷の微笑’、英国アシュウッドナーセリーの品種などいろいろありますが、一番はなんといっても‘ヨシノ’です。淡いピンク色に染まるふっくらとした一重の花は、可憐で素朴。希少品種で、鉢で大事に育てられることが多いようですが、私はこのあどけない少女のような雰囲気の花を庭に咲かせたくて、地植えにしています。以前、クリスマスローズ愛好家の方が庭にいらした際に、「こんな貴重な花を地植えにするなんて…」と呆れられたことがありましたが、地植えにしたところ株が太って花数が増えたので、私としては嬉しい限りです。

クリスマスローズ
こぼれ種で敷石の間から咲いたクリスマスローズ。

クリスマスローズの中にはそのような希少品種がいくつもありますが、希少だからといって必ずしも特別難しい管理が必要なわけではなく、適所で育てれば丈夫に育ち、年々株が太って花数が増えるのも魅力です。また、品種によってはこぼれ種でも増え、敷石の隙間や樹木の間など、少し日陰になるようなところにいつの間にか花が咲いていることがしばしばあります。

クリスマスローズとビオラ、ゲラニウム
ゲブラナガトヨのビオラ、ゲラニウム‘ビルウォーリス’とともに咲くクリスマスローズ。クリスマスローズはオオゼキナーセリーのオーレア系レッドシングル。

苗は地元米子の園芸店「ラブリーガーデン」に厳選されたクリスマスローズがあるので、多くはそこで入手しています。また、毎年東京・池袋で開催されている「クリスマスローズの世界展」にも飛行機に乗って花を見に行くのが恒例になりつつあります。魅力的な新品種が次々に登場するので興味は尽きませんが、私はクリスマスローズのコレクターというわけではなく、ほかの草花との競演を何よりも楽しみにしています。

クリスマスローズと似合う春の花々

クリスマスローズの小道

春先のこの時期は、クリスマスローズより草丈が高くなるような花は少なく、原種シクラメンもビオラもクリスマスローズの株元で咲きます。この2つの花は、クリスマスローズの花の雰囲気にぴったりです。

素朴でかわいらしい原種シクラメン

原種シクラメン

原種シクラメンは地際7〜8cmの高さで咲き、花も小さく素朴で可愛らしい雰囲気です。ガーデンシクラメンも小型のシクラメンで庭植えされますが、原種シクラメンはもっと花が小さく控えめに咲くので、クリスマスローズをよく引き立ててくれます。夏は涼しい木陰など、場所さえ合っていれば球根が分球してどんどん増えていってくれるのもお気に入りの点です。

原種シクラメン、ビオラとクリスマスローズ
原種シクラメン、ビオラと咲くダブルのピコティーのクリスマスローズ。

ビオラはコンパクトな株姿をセレクト

スキミア、ビオラ、クリスマスローズ
スキミア(後ろのエンジ色の花)、ビオラと咲くクリスマスローズ。

また、ビオラも地植えにするものは、ボリュームが出すぎず、キュッとコンパクトな株姿で咲く品種を選んでいます。ビオラは本当にたくさんの品種があり、色も咲き姿も魅力的なものが豊富ですが、私が庭植えにする際に重視しているのは株姿です。草丈が高くなり、株全体が花で覆われるような育ち方をするものは、庭では目立ち過ぎてしまうので、寄せ植えなどに用いています。この庭では、草丈があまり高くならず、横に広がって育ち、葉の存在感があるようなビオラが似合うのですが、こればっかりは育ててみないことには分かりません。ですから私は、前年の経験を生かして同じ系統のビオラを選ぶようにしています。

赤いビオラとクリスマスローズ
赤い個性的なビオラ、植田園芸のレインボーウェーブ・アプリコットローズとともに。

楚々とした姿が魅力的な雪割草

クリスマスローズと雪割草

雪割草のような山野草もクリスマスローズとの相性抜群です。ただし、雪割草は新潟県が原産地で涼しいところを好むため、夏越しが難しく消えていってしまうものもあります。それでも、樹木の下や日陰になる場所などではいくつか残って、毎年可愛らしい花を見せてくれるので、大事に育てています。

グラウンドカバープランツのベロニカ

ベロニカとクリスマスローズ

地面を覆うように咲く植物のことをグラウンドカバープランツと呼びますが、ベロニカも春先に咲くそんな花の一つです。エンジ色の葉っぱに冴え渡るブルーの小花を咲かせながら横に広がって咲きます。上の写真のクリスマスローズは庭づくりの最初に買って植えたクリスマスローズですが、ベロニカと一緒に何年も咲いてくれています。日当たりのよい花壇ですが、夏はバラの木陰になり、ベロニカも土の温度上昇や乾きを防いでくれて、元気に咲いてくれます。

クリスマスローズ

クリスマスローズの花はうつむいて咲き、株元に咲くそうした小さな花を見守っているようにも、話しかけているようにも見え、想像がふくらんでとても楽しいです。花が咲くと、私は一輪ずつそっと手のひらに載せるようにして花の顔をのぞきます。立って上から眺めているだけでは、ダブルやピコティーといった花の内側に隠された豊かな表情が楽しめないからです。

クリスマスローズ

プロが教えるクリスマスローズの寄せ植えのコツ

クリスマスローズの寄せ植え
クリスマスローズ‘パラデニア’を主役にした白花の寄せ植え。

コレクターの方が鉢植えにする理由の一つには、可愛い花の顔がよく見えるという利点があるのでしょうね。私もいくつかは鉢植えにして少し高い場所に置き、花の顔が楽しめるように鉢を並べています。また、クリスマスローズはこの時期の花のなかでは花径が大きめなので、寄せ植えの主役としても活躍してくれます。クリスマスローズの寄せ植えはガーデナーの安酸友昭さんにお願いしていますが、植え方にはちょっとしたコツがあるようです。

クリスマスローズの寄せ植え

クリスマスローズは葉があまりない状態で、ほかの花苗より大きい鉢サイズで流通しています。ですから鉢から抜き出した際の根鉢が大きいのと、草丈の違いから、普通に寄せ植えするとクリスマスローズの株元にぽっかり空間が空いてしまいます。そうならないように、クリスマスローズの株元部分では、苗を横に並べるのではなく、クリスマスローズの上に他の草花の花苗を置くようにして、株元に隙間ができないようにします。その際、邪魔になる葉っぱがあればちぎってしまいますが、その後の生育には問題ありません。クリスマスローズは宿根草なので、花が終わった後も鉢で養生するか、地植えにしておけば来年もまた咲いてくれます。

庭のクリスマスローズで作る華麗なるブーケ

クリスマスローズのブーケ

クリスマスローズを植えて数年した今年、株が充実して花数も増えたので、思い切って庭のクリスマスローズを切ってブーケを作ってみました。25本ほどの花茎で両手にこぼれるほどのクリスマスローズのブーケができ、我ながら感動です。内心、今が盛りの花を切るのはとても勇気のいることでしたが、花瓶に生けるとさまざまなクリスマスローズの花の顔をじっくり眺めることができ、これは育てる人の特権だなぁと、なんとも贅沢な気分になりました。じつは庭の花を素敵に飾れるように、フラワーアレンジメントのレッスンでスパイラルという花束の基本スタイルを学んだのですが、その甲斐あって手早くきれいにまとめることができました。

クリスマスローズのブーケ

庭の花のブーケを作ってみて思ったのは、あまり花を吟味して選ばなくても、適当にササッと切って束ねても、美しくまとまるということです。でも、よく考えてみれば、庭に植えるときにすでに花々が調和するように花を選んで植えているので、当然なのかもしれません。それに、新鮮さにかけてはピカイチ。アレンジメントという新しいテクニックを覚え、ますます庭の楽しみは広がる一方です。

Credit

話/面谷ひとみ
ガーデニスト。鳥取県・米子市で夫が院長を務める面谷内科・循環器内科クリニックの庭づくりを行う。クリニック開院にあたり、自らも看護師として大学病院などで勤務してきた経験を生かし、患者にも医療従事者にも癒しとなる空間を作るために、バラと草花が調和する庭づくりを開始。一年中美しい風景を楽しんでもらうために、日々庭を丹精する。NHK出版『趣味の園芸』テキストで安酸さんとの庭づくりの日々の連載が2020年4月よりスタート。

寄せ植えアドバイス/安酸友昭(Yasukata Tomoaki)
ガーデンデザイナー、ガーデナー。園芸専門学校を卒業後、地元造園会社にて日本庭園作庭を学んだ後、イギリス(ブライトンカレッジ・オブ・テクノロジー)で、ガーデニングを学び、NVQ(イギリスのガーデニング技術者国家資格)1・2を取得。その後、地元米子に戻り、ラブリーガーデンを設立、庭づくりを始める。2007年、ラブリーガーデンのショップをオープンする。2010年に、英国ドライストーンウォーリング協会認定の石積み技術の資格をイギリスで取得。NHK出版『趣味の園芸』テキストで面谷さんとの庭づくりの日々の連載が2020年4月よりスタート。
ラブリーガーデン http://www.lovely-garden.jp

撮影・取材・まとめ/3and garden

Print Friendly, PDF & Email