昔から日本庭園で植物の美しさを際立たせる秋。その色彩豊かで優美な姿は、私たちの心を強く揺さぶります。今回は、日本人と秋の庭の関係性や歴史、そして昔からこの季節に親しまれている草花を紹介します。秋の自然の美しさを参考にしてガーデンデザインをしましょう。​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

Print Friendly, PDF & Email

天然色の美しさ「秋」に学ぶガーデンデザイン

日本人にとっての「秋」

私たち日本人は古の時代より、四季の中でも「秋」という季節を特別のものとしてとらえてきたといえます。植物の観点からみても、国花も春の「サクラ」と秋の「キク」、また春の薬膳としての七草にくらべ、秋は景観的、情緒的にとらえた七草になります。

秋の七草は、オミナエシススキキキョウナデシコフジバカマクズハギです。それぞれの名前の頭文字をとって、「オスキナフクハ(お好きな服は?)」で覚えると簡単です。これらの植物は、午後の夕陽で観賞するとより美しく感じます。したがって庭の中でも夕陽のあたる場所に植栽します。

美しい借景を水面に映し、秋の情緒を楽しむ(京都府立植物園)
美しい借景を水面に映し、秋の情緒を楽しむ(京都府立植物園)

 

秋の庭~日本独特の美意識が集約

日本の秋庭をデザインするときには、まず、「情緒」と「借景」という言葉をキーワードに考えておくとよいでしょう。辞典をみると、「情緒」とは、事に触れて起こるさまざまの微妙な感情。また、その感情を起こさせる特殊な雰囲気とあります。英語では atmosphere 「雰囲気」、emotion、sentiment「感情」になりますが、とても繊細で精神的な意味合いが含まれているように思います。

次に、「借景」ですが、これは造園技法のひとつで、庭園外の山や樹木などの風景を、庭を形成する背景として取り入れたものとなり、英語では、surrounding landscape「囲まれた環境や景観」です。これも、英語では表現しきれない日本人独特の美意識を感じます。つまり、「情緒のある庭づくり」「借景を活かした庭づくり」ということになります。

春から夏の花と異なり、秋の花は控えめな色彩、形状をしているものが大半です。自然の紅葉に彩られた野山に出掛け、美しい森の中で、美的感覚を体感しながら季節感を育てることもガーデンデザインには必要です。

 

眺めて楽しむ、秋の七草

秋の七草は、万葉集で山上憶良が詠んだ歌

秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七草の花

萩の花 尾花葛花 なでしこの花 女郎花また藤袴 朝がほの花

が由来です。尾花はススキ、朝顔はキキョウのことです。

 

「萩の花」ハギ
「萩の花」ハギ

 

「尾花」ススキ
「尾花」ススキ

 

「葛花」クズ
「葛花」クズ

 

「なでしこの花」ナデシコ
「なでしこの花」ナデシコ

 

「女郎花」オミナエシ
「女郎花」オミナエシ

 

「藤袴」フジバカマ
「藤袴」フジバカマ

 

「朝がほの花」キキョウ
「朝がほの花」キキョウ

 

秋を彩る宿根草や花木、樹木

ワレモコウ(吾亦紅)
ワレモコウ(吾亦紅)
バラ科ワレモコウ属
秋風に揺らぐ花の雰囲気が特徴的。落葉多年草。

 

サラシナショウマ(晒菜升麻)
サラシナショウマ(晒菜升麻)
キンポウゲ科サラシナショウマ属
シェードガーデンの背景に用いるとよい。落葉多年草。

 

ツワブキ(石蕗)
ツワブキ(石蕗)
キク科ツワブキ属
日陰でもよく育ち、日本庭園の下草などに植えられる。
Print Friendly, PDF & Email