野菜やハーブ、果樹などを育て、美しい庭づくりと収穫の両方が楽しめるキッチンガーデン。今回はコンパニオンプランツについてご紹介します。防虫や植物の成長を促す効果が期待できるコンパニオン・プランツは、狭いスペースでの栽培にも重宝します。​​​​​​​​​​

Print Friendly, PDF & Email

キッチンガーデンにはコンパニオン・プランツを合わせましょう!

キッチンガーデンのある暮らしはこれから注目のライフスタイル?

最近の園芸業界の植物動向をみると、急激に野菜苗、ハーブ苗、フルーツ苗の需要が伸びています。

美しい花やガーデンの景観を楽しむだけでなく、暮らしの食文化でもあるキッチンガーデンは、私たちに収穫の喜びを与えてくれます。自分で育てたものを食したり、ポプリやお茶にするといった楽しみは女性だけでなく、男性にも人気があります。夫婦でキッチンガーデンを楽しむ姿は、とても素晴らしい生活スタイルです。

欧米のガーデンセンターでは、専用の縁取り(エッジ)や小さな収納倉庫、育苗用の小さなハウス(温室のようなもの)など、キッチンガーデンに必要なグッズが充実しています。

日本でも、戸建の住宅だけでなく、ベランダやテラスなどの狭いスペースをうまく活用した演出が、今後も増えていくことでしょう。通常の花壇にハーブやフルーツを積極的に選択していくのもよいでしょう。

キッチンガーデンの演出(ニュージーランド オークランド住宅)
キッチンガーデンの演出(ニュージーランド オークランドの住宅)

 

コンパニオン・プランツとは?

欧米のガーデニングには、『コンパニオン・プランツ』という概念があります。コンパニオンとは「仲良し」という意味です。

コンパニオン・プランツは、野菜や果樹と一緒に植えることで、害虫を防いだり、生育をよくしたり、さまざまな効果が期待できる植物のことです。ハーブ類などがコンパニオン・プランツとして多く用いられています。

例えば、キッチンガーデンの花壇の縁取りに、線虫の発生を抑制するマリーゴールドを一緒に植えることにより、病害虫の対策になります。また、ラベンダーの芳香は、蚊を寄せ付けにくく、私たちの暮らしにも役立ちます。

このように、植物とコンパニオン・プランツをうまく組み合わせて植えましょう。ただし、組み合わせによっては、互いに生育が悪くなることもありますので、注意が必要です。

ベランダでもできそうなハーブの演出
ベランダでもできそうなハーブの演出

 

食の安全を考慮して…

異常気象や生態系のバランスが崩れたことから、都市部を中心に住宅エリアに至るまで、病害虫が蔓延しています。薬で対応することもできますが、安全な食への意識から、化学薬品は避けようとする考えが広がっています。すでにオーガニック農法や有機農法が注目されていますが、これからは造園分野でも意識が高まっていくでしょう。

Print Friendly, PDF & Email