鉢から溢れる緑色の玉が愛らしいグリーンネックレスは、普通の草花と比べると、それほど手をかけなくても育ってくれる植物です。ただ過湿が苦手なため、成長したものをそのままにしておくと、株全体が蒸れて葉が腐ってしまうことも。生育にあわせた、グリーンネックレスの適切な剪定を、NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

Print Friendly, PDF & Email

グリーンネックレスを育てる前に知っておきたいこと

観葉植物として扱われることが多いグリーンネックレスは、セネキオ属という多肉植物のひとつです。ころころとした緑色の球は多肉化した葉です。秋から冬には、この葉のつけ根から花茎を伸ばし、先端に花をつけます。花は、白い筒状の小花(筒状花)が密集してひとつの花を形成。それぞれの小花の中心から飛び出るしべには、甘い香りが漂います。

グリーンネックレスの基本データ
学名:Senecio rowleyanus
科名:キク科
属名:セネキオ属
原産地:アフリカ南西部
和名:緑の鈴(ミドリノスズ)
英名 String-of-beads senecio
開花期:9〜12月
花色:白
葉色:緑
生育適温:15~25℃

グリーンネックレスは、季節を問わず、比較的に手に入りやすい植物ですが、生育期は気候が穏やかになる春と秋です。育てるときは、ホームセンターや街のフラワーショップで、ポット苗を購入するのがよいでしょう。インテリアショップや雑貨店などには鉢とセットで販売されているものがあり、そのまますぐに飾って楽しむことができます。小さい苗は100円ショップなどで見かけることも。

グリーンネックレスの原産地はアフリカの砂漠地帯。乾燥した環境で自生している植物です。上手に育てるためには、風通しがよく、日の当たる環境を整えておきましょう。ただし、強すぎる日差しには弱いので、日差しの柔らかい秋〜春は日当たりのよい場所で、夏は直射日光の当たる場所を避けて明るい日陰で管理します。室内ならレースのカーテン越しで日を当てるのがベストです。

ハンギングで吊るしたり、鉢を高い位置に置いたりすると、ビーズのような葉が流れ落ちる美しい姿を観賞できます。この垂れる姿は、よい“気”を運んでくれる風水の要素のひとつ。グリーンネックレスの特徴である緑色、玉も風水では縁起のよいものとされ、運気を上げるインテリアグリーンとしても人気があります。

知りたい! グリーンネックレスに必要な剪定

剪定は、成長して見た目のバランスが悪くなった植物を整えたり、生育を促したりするために、茎や枝を切ることです。剪定せずにそのまま放っておくと、株の内側まで光が届かず弱ってきたり、葉や茎が多すぎて蒸れてしまい枯れ込んだりする原因になります。また、栄養がうまく行き渡らずに花が小さくなったり、花つきそのものが悪くなったりもします。

葉や茎が増え、こんもりと成長したグリーンネックレスは、風通しが悪くなると蒸れやすくなります。株にダメージを与えないためにも剪定を行いましょう。グリーンネックレスに必要な剪定には、次のようなものがあります。

間引き剪定
不要な茎や枝をつけ根から切り落とす剪定で、「すかし剪定」と呼ばれることもあります。枝葉が混み合っている株の場合、間引き剪定を行うことで、風通しがよくなり、内側まで光が届くようになります。隙間ができることで、茎や枝が伸びやすくなるのです。旺盛に育っている株の場合は、蒸れを防ぐために、元気な枝でも間引きすることがあります。

切り戻し剪定
伸びた茎を途中で切って、株を一定の大きさに保ったり、バランスを整えたりする剪定です。グリーンネックレスの場合は、夏の時期の蒸れを防ぐために切り戻し剪定を行います。

剪定のポイントは、茎や枝の選び方です

園芸を楽しむ人でも剪定は苦手だと考える人は多いようですが、グリーンネックレスの剪定はそれほど難しくありません。基本的には不要な茎を切り、成長に合わせて切り戻しを行えばいいだけです。不要な茎には、次のようなものがあります。

・徒長枝…その年に伸びた茎(枝)で、節の間隔が間延びしていて、ヒョロヒョロと細長く伸びてしまったもの。葉があまりついていないものが多い。

・枯れた茎…変色して枯れている茎。葉が変色したり、落ちたりしている茎。

剪定に適した時期を、見極めましょう

基本的には、株の生育がゆるやかになる真夏や真冬は、作業を行わないほうがよいでしょう。剪定をするなら、生育期である寒さがひと段落する3月中下旬~6月中旬と、暑さがひと段落する9月中下旬~11月中旬頃が適期です。

間引き剪定の適期と方法

間引き剪定は、枝葉が混み合ってきたなと思ったら適宜行います。剪定するときは最初に、変色して枯れ込んだ茎をつけ根から切り落とします。葉が落ちてしまった茎も切ってしまいましょう。

繁りすぎて株元がいっぱいになっているグリーンネックレスの場合は、元気のある茎でもつけ根から切って構いません。その際は、全体の様子を見ながら、バランスよく間引きするように切っていきます。茎を間引きして風通しをよくすることで、病気の予防になります。

元気な茎を切り落とした場合は、その茎を挿し穂にして挿し木ができます。グリーンネックレスは挿し木でも失敗が少ない植物ですので、剪定のついでに増やしてみるのもよいでしょう。挿し木は次のような手順で行います。

間引き剪定後の挿し木の手順
①切り戻した茎から葉がついている元気な茎を選び、10〜15㎝の長さに切って挿し穂にします。
②小さい鉢に鉢底ネット、鉢底石、新しい土(多肉植物用の培養土など)を入れ、その上に挿し穂を寝かせます。葉が土に触れるように寝かせましょう。
③明るい日陰に置き、4〜5日後から霧吹きなどで土が湿る程度に水を与えます。
④土が乾いたら霧吹きで水やりをし、1か月ほどで完全に根づいてきたら通常の管理にします。

土を使わない水挿しも可能です。水挿しの場合は、挿し穂を清潔な水に挿します。葉は水に浸からないようにします。毎日、水を変え、発根したら根の部分が土に触れるように植えつけます。植えつけは、土の挿し木と同じように、土の上に寝かせるよう置いて構いません。根が土に触れるように置き、上から土をかけて根を土内に隠してください。植えつけ後は明るい日陰に置き、4〜5日してから通常の管理にします。

切り戻し剪定の適期と方法

グリーンネックレスは蒸れに弱いため、高温多湿の夏になる前に切り戻しをしておくとよいでしょう。3月中下旬〜6月中旬、根元から10〜15㎝程度残して切り戻します。

切り戻しで切り落とした茎も、挿し木が可能です。挿し木をする場合は、葉がしっかりついている元気な茎を選び、挿し穂にしましょう。

また、全体的に葉が変色して元気がなくなっていたり、葉が落ちて見た目がすかすかになっていたりする株も、切り戻すことで復活することがあります。根元から5㎝ほど残して、全体をカットしましょう。切り戻しと一緒に植え替えをすると、株全体がリフレッシュします。

切り戻し剪定後の植え替えの手順
①新しい鉢の鉢穴をふさぐように鉢底ネットを入れ、鉢底石を敷きます。
②鉢に水はけのよい新しい土(多肉植物用の培養土など)を、1/3ほど入れます。
③根元から5㎝ほど残して、全体をカットしたグリーンネックレスを鉢から抜きます。
④手で古い土を崩します。傷んで変色しているような根、黒くなった古い根をハサミでカットして取り除きます。白く元気で新しい根は切らずに残します。全体的に半分ほど根を切り落として整理します。
⑤土を入れた新しい鉢に、グリーンネックレスを置きます。
⑥鉢に土を加え、土を手で軽く押さえながら、鉢の上部2〜3㎝のところまで土を入れます。
⑦明るい日陰に置き、4〜5日経ってから水やりを開始します。

切り戻しの際の植え替えは、地上部の葉や茎をたくさん切り落としているので、根の分量も同じくらい減らすのがポイントです。根が多すぎると、水分や養分を吸収してもそれを届ける葉や茎が少ないため、結果的に根が水分過多の状態になり根腐れしやすくなります。

水やりも通常より少し控えめにして、生育の様子を見ながら管理しましょう。

剪定をするときの注意点はこちらです

グリーンネックレスに限らず、どの植物にも共通していえることですが、剪定に使用するハサミは、よく切れるもので清潔なものを用意しましょう。ほかの植物を剪定したハサミは、水洗いをし、消毒しておくと安心です。消毒は、薬局などで購入できる70%以上アルコールをスプレーしたり、バーナーやライターで刃先を焼いたりして殺菌します。熱湯をかける熱湯消毒でもよいでしょう。

Credit

記事協力

監修/矢澤秀成
園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長
種苗会社にて、野菜と花の研究をしたのち独立。育種家として活躍するほか、いくとぴあ食花(新潟)、秩父宮記念植物園(御殿場)、茶臼山自然植物園(長野)など多くの植物園のヘッドガーデナーや監修を行っている。全国の小学生を対象にした授業「育種寺子屋」を行う一方、「人は花を育てる 花は人を育てる」を掲げ、「花のマイスター養成制度」を立ち上げる。NHK総合TV「あさイチ」、NHK-ETV「趣味の園芸」をはじめとした園芸番組の講師としても活躍中。

構成と文・ブライズヘッド

Print Friendly, PDF & Email