緑色の玉が枝垂れる姿が愛らしく、蔓性の観葉植物として人気があるグリーンネックレス。じつは多肉植物のひとつでもあります。多肉植物はあまり肥料を必要としないものが多いのですが、グリーンネックレスの場合はどうなのでしょうか。肥料の与え方とその注意点を、NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

Print Friendly, PDF & Email

グリーンネックレスを育てる前に知っておきたいこと

「緑の鈴」とも呼ばれるグリーンネックレスの緑色の球は、水分を蓄えて多肉化した葉です。秋から冬には、この葉のつけ根から花茎を伸ばし、先端に花をつけます。花は、白い筒状の小花(筒状花)が密集してひとつの花を形成。それぞれの小花の中心から飛び出るしべには、甘い香りが漂います。

グリーンネックレスの基本データ
学名:Senecio rowleyanus
科名:キク科
属名:セネキオ属
原産地:アフリカ南西部
和名:緑の鈴(ミドリノスズ)
英名 String-of-beads senecio
開花期:9〜12月
花色:白
葉色:緑
生育適温:15~25℃

グリーンネックレスは、季節を問わず、比較的に手に入りやすい植物ですが、生育期は気候が穏やかになる春と秋です。育てるときは、ホームセンターや街のフラワーショップで、ポット苗を購入するのがよいでしょう。インテリアショップや雑貨店などには鉢とセットで販売されているものがあり、そのまますぐに飾って楽しむことができます。小さい苗は100円ショップなどで見かけることも。

グリーンネックレスの原産地はアフリカの砂漠地帯。乾燥した環境で自生している植物です。上手に育てるためには、風通しがよく、日の当たる環境を整えておきましょう。ただし、強すぎる日差しには弱いので、日差しの柔らかい秋〜春は日当たりのよい場所で、夏は直射日光の当たる場所を避けて明るい日陰で管理します。室内ならレースのカーテン越しで日を当てるのがベストです。

ハンギングで吊るしたり、鉢を高い位置に置いたりすると、ビーズのような葉が流れ落ちる美しい姿を観賞できます。この垂れる姿は、よい“気”を運んでくれる風水の要素のひとつ。グリーンネックレスの特徴である緑色、玉も風水では縁起のよいものとされ、運気を上げるインテリアグリーンとしても人気があります。

グリーンネックレスには栄養を補うための肥料が必要です

植物の葉(葉緑素)に太陽などの光が当たると、植物の体内にある水が分解されて養分やエネルギーが作り出されます。この仕組みが光合成で、植物は光合成を繰り返して大きくなります。ですから植物が育つためには、光と水が必要ということです。

しかし、家庭で育てられている植物は、光と水だけでは栄養が不足することがあります。家庭園芸では、植物が自力で生きていける原生地の生育環境と同じにすることはできません。そのため、栄養補給にも人間の力が必要なのです。水と光が植物にとって必要最小限の食事とするならば、肥料はより元気にするため栄養補助食品といえます。特に鉢植えの場合は、水やりのたびに土の中の栄養成分が流れ出てしまうため、長期間肥料を与えないでいると生育にも影響が出てきます。

グリーンネックレスは一般的な草花と比べると肥料が少なめでも育ちますが、生育期に肥料を与えることで茎や葉の生育を促され、こんもりとかわいらしい姿を楽しむことができます。

種類を知ることが、適した肥料選びの近道

では、グリーンネックレスにはどんな肥料を与えれば、よいのでしょうか? まずは肥料の種類について知っておきましょう。

植物に与える肥料には液体と固形があるほか、肥料の成分、効き方でもいくつかの種類があります。

成分の違いでは、有機質肥料と無機質肥料があります。有機質肥料が動物や植物など自然のものから生まれる肥料であるのに対し、無機質肥料は化学的に作られたものです。効き方の違いでは、効き目がゆっくりと現われ、持続効果の長い緩効性肥料や遅効性肥料と、効き目は早いけれど持続時間の短い速効性肥料とがあります。

有機質肥料
動植物由来のもので、動物のふんや骨粉、油かす、落ち葉や生ごみの堆肥などがあります。土の中の微生物が肥料を分解し、それが植物の根に吸収されていくため、肥料の効果が出るまでに時間がかかります。においを伴うものが多いため、地植えで使うのがよいでしょう。

無機質肥料
鉱物などを原料として化学的に合成した肥料で、化成肥料ともいいます。化成肥料はにおいなどがほとんどなく、初心者でも扱いやすい肥料です。一方で、多く与えすぎると植物にダメージが出ることがあります。容量や使用方法に注意が必要です。

緩効性肥料
遅効性肥料とも呼ばれます。肥料成分がゆっくりと溶け出し、数か月から1年以上にわたって効果が持続します。固形肥料が一般的で、地植えでの元肥(もとひ・もとごえ)や、鉢植えでの置き肥(おきひ・おきごえ)などに使われます。有機質肥料の多くは緩効性・遅効性の肥料です。

速効性肥料
肥料成分がすぐに溶け出し、持続期間が短いのが特徴です。植物の開花期や最盛期など特定の時期に追肥(ついひ)として使われるのが一般的です。速効性肥料は液体肥料が多く、原液のまま使うものと薄めて使うものがあります。使用方法に沿って使うことが重要です。

グリーンネックレスの場合は、植え替えの際に元肥として緩効性肥料を施し、生育期に液体の速効性肥料を与えるといいでしょう。どちらのときも、規定の分量より少なめにするのがポイントです。与える量や与え方については、次の章で詳しく紹介します。その前に、肥料に含まれる成分に触れておきましょう。

肥料の三大要素について

植物を育てるためにはさまざまな養分が必要ですが、なかでも欠かすことのできない三大要素は、「窒素(N)」「リン酸(P)」「カリ(K)」です。肥料のラベルには、略号で三大栄養の配合割合が表示されています。たとえば、N-P-K=6-10-5と書かれていれば、窒素6%、リン酸10%、カリ5%がその肥料に含まれていることを表しています。

N:窒素(nitrogenous) 一般的に「チッ素」と呼ばれています。細胞の元となるタンパク質を作り、葉や茎を育て、光合成をするのに欠かせない葉緑素を作る助けをします。チッ素が足りなくなると、葉の色が薄くなったり元気がなくなったり。半面、与えすぎると葉だけが茂りすぎたり、茎が細くひょろりと伸びる徒長がおきたりします。

P:リン酸(phosphate) 一般的に「リン」あるいは「リン酸」と呼ばれています。リンは植物に元気を与え、苗や根の成長を促し、花や実、種がよくできるように働きます。リンが不足すると、根が十分育たず生育が鈍くなり、下葉や茎の色が暗くなります。また、落ちる葉が多くなります。

K:カリウム(kalium) 一般的に「カリ」と呼ばれています。カリはカリウムのことで、葉緑素の生育、特に根の発育を促し、葉や茎を元気にします。また植物の体内で水分がうまく行き渡るのを助け、浸透圧や酸性度を調整します。カリが足りなくなると、茎が弱くなり、下葉が痛みやすくなります。逆に与えすぎると、カルシウムなどが不足しがちに。

三大栄要素以外にも植物に必要な栄養

前述した三大栄要素は、植物にとってなくてはならない必須の養分です。ほかに、多量必須要素があり、炭素、水素、酸素、マグネシウム、ニッケル、硫黄が挙げられます。ごく微量でも必要となる、微量必須元素と呼ばれるものには、モリブデン、銅、亜鉛、マンガン、鉄、ホウ素、塩素などがあります。

たとえば、マンガンは、光合成を促進するのに重要で、これが欠乏すると葉脈間が黄化します。ホウ素は、細胞の分裂や花粉の受精やほかの成分の吸収を助け、これが足りなくなると、葉や茎が硬くなってしまいます。鉄は葉緑素を作るのを助け、欠乏すると新芽が小ぶりになったり、葉が弱々しくなったりします。

有機物を多く含む土には、微量必須元素が入っていますが、酸度が高い土や何度か植物を植えて疲弊した土は、微量必須元素が足りなくなっていることがあります。

グリーンネックレスへの肥料の与え方が知りたい

植物への肥料の与え方には、鉢の植え替え時に与える「元肥」と、栽培中に与える「追肥」があります。

元肥の肥料には、効き目がゆっくりで効果が長続きする穏効性肥料や遅効性肥料を用います。追肥に使うのは、効き目の速く出る速効性肥料が求められます。なかでも、水やりのときに一緒に施せる液体肥料が便利です。

グリーンネックレスは植え替えの際に、規定量の半分程度の緩効性肥料を元肥とします。あらかじめ植え替えに使う用土の中に混ぜ込んでおきましょう。ただし、市販の培養土には最初から肥料分が含まれているものがあります。そういったものを使う場合は、元肥は必要ありません。購入するときに、培養土のパッケージを確認してください。

追肥は、4〜6月と9月中旬〜11月中旬の生育期に、速効性の液体肥料を与えます。規定量の半分の薄さに希釈したもので構いません。2週間に1回ほど与えると、葉の色艶がよくなります。それ以外の時期は、肥料は与えません。

グリーンネックレスに肥料を与えるときの注意点は?

グリーンネックレスは肥料が控えめでも育つので、規定の量よりも肥料は少なめにするのがポイントです。肥料のやりすぎはNG。肥料をやりすぎてしまうと、過剰な肥料のせいで根の機能が弱まり、栄養を吸収できない「肥料やけ」の原因になります。

肥料やけで栄養が吸収できなければ、その植物は枯れてしまいます。葉の色が黒っぽくなってきたり、全体がしおれたようになってきたりしたら、肥料やけの可能性があります。心配なら1年くらいは肥料なしでも育ちます。与えすぎるよりは、控えめのほうが安心です。

また、真夏や真冬など、生育が緩やかになっている時期に肥料を与えるのもやめましょう。特に、過湿に弱いグリーンネックレスは、夏の蒸し暑さが大の苦手です。蒸し暑い時期に肥料を与えると、グリーンネックレスには大きなストレスになります。適量の肥料で上手に育てましょう。

Credit

記事協力

監修/矢澤秀成
園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長
種苗会社にて、野菜と花の研究をしたのち独立。育種家として活躍するほか、いくとぴあ食花(新潟)、秩父宮記念植物園(御殿場)、茶臼山自然植物園(長野)など多くの植物園のヘッドガーデナーや監修を行っている。全国の小学生を対象にした授業「育種寺子屋」を行う一方、「人は花を育てる 花は人を育てる」を掲げ、「花のマイスター養成制度」を立ち上げる。NHK総合TV「あさイチ」、NHK-ETV「趣味の園芸」をはじめとした園芸番組の講師としても活躍中。

構成と文・ブライズヘッド

Print Friendly, PDF & Email