色彩に欠ける冬の時期を、鮮やかな葉で彩ってくれるハボタン。全体の姿からも分かるようにキャベツの仲間ですが、葉の形がボタンの花に似ていることから「ハボタン」と名づけられました。丈夫で育てやすく、寄せ植えに大活躍してくれるので、ガーデニング初心者にもおすすめです。でも、肥料など専門的なことがちょっと不安…というかたも多いのでは? ここではハボタンの肥料の与え方やちょっとしたコツ、気をつけたい点などを、NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

Print Friendly, PDF & Email

ハボタンを育てる前に知っておきたいこと

ハボタンは、ヨーロッパで野菜として食べられていた、キャベツの仲間(非結球性ケール)がルーツとされています。葉の形がボタンの花に似ていることから「ハボタン」と名づけられました。別名「ハナキャベツ」とも呼ばれ、カリフラワーやブロッコリーの仲間でもあります。

日本には江戸時代に食用として渡来しましたが、食べても苦くておいしくなく、観賞用として改良されてきました。

ハボタンの基本データ
学名:Brassica oleracea var. acephala
科名:アブラナ科
属名:アブラナ属
原産地:ヨーロッパ
和名: 葉牡丹(ハボタン)
英名:Flowering cabbage、Decorative kale
開花期:4~5月
葉の観賞期:11~3月
葉色:赤、ピンク、黄、白、紫、緑、複色
発芽適温:20℃前後
生育適温:5~20℃
切り葉の出回り時期:12~1月
葉もち:2週間以上

ハボタンは、日当たりと風通しのよい場所を選べば、初心者にも育てやすい植物です。種からでも苗からでも育てることができ、鉢植え、地植えともに適しています。種まきの適期は7月中旬~8月中旬、苗植えの適期は10~11月です。

寒さに強いのが特長で、秋の低温で発色し始め、冬の寒さに当たることで鮮やかさを増していくため、室内や温室では葉がきれいに色づかないことがあります。ただし、北風や強い霜にあたると株が弱ってしまい、葉が枯れてしまうので注意してください。特に、白緑葉系統は、赤葉系統に比べると霜害などに弱く、枯死することがあります。

品種改良が進んで種類が豊富なハボタンは、直径40~50㎝になるキャベツサイズのものから、15㎝程度のミニ系まで、大きさもさまざま。草丈の低いものは、寄せ植えの差し色やアクセントカラーになる“カラーリーフ”として人気があります。

ハボタンの観賞のメインは色づいた葉ですが、春になるとナノハナに似た黄色い花を咲かせます。その頃には草姿が大きく乱れるため、多くは1年草として花が咲く前に処分されます。多年草として育てて、分枝した様子が、人が踊っているように見える「踊りハボタン」として楽しむこともできます。

ハボタンには栄養を補うための肥料が必要です

ハボタンは花を咲かせるわけでも、食べるわけでもないのだから、そんなに手をかけなくても大丈夫では?と思う人は多いかもしれません。しかし、どの植物も生きていくためには、光、水、栄養は欠かせません。

土耕栽培の植物は、土に含まれるさまざまな栄養素を根から吸収します。そして、土にもいろいろな種類があるため、その質も含まれている栄養素も異なります。園芸店やホームセンターに並んでいる市販の培養土も同じです。

土に植えたハボタンは、私たちが食事をするのと同じように、根から必要な栄養素を吸収し続けます。土はそれらの栄養素を生産できるわけではないので、次第に栄養素に偏りが生じたり、栄養不足になったりして、ハボタンの生育に影響を及ぼすことがあります。その足りない栄養素を補うのに欠かせないのが、肥料なのです。

種類を知ることが、適した肥料選びの近道

肥料とひと口にいっても、さまざまな種類があります。植物の種類によって必要とする養分の種類や成分の割合が異なるため、それに合わせて多様な肥料が作られています。ハボタンに必要な肥料を入手する前に、まずは肥料について知っておきましょう。

肥料は大きく分けて、有機質肥料と無機質肥料の2種類があります。

有機質肥料
油かす、骨粉、魚かす、鶏ふん、牛ふんなど動植物由来の有機質を原料とした肥料です。そのため、独特のにおいがします。土壌中の微生物によって分解されてから植物に吸収されるので、効果はゆっくりと現れます。

無機質肥料(化学肥料)
鉱物などの無機質を原料として、化学的に合成した肥料です。化学肥料、化成肥料ともいいます。におわず、初心者にも扱いやすく、効果が早く現れるのが特徴です。

肥料は、その効き方から、緩効性(かんこうせい)肥料、遅効性肥料、速効性肥料の3種類があります。

緩効性肥料
成分の溶け出すスピードが“緩やか”で、一定期間“効きめ”が持続する肥料です。

遅効性肥料
施してからしばらく時間が経って、“ゆっくり”と“効きめ”が出始める肥料です。土中の微生物が分解することで成分が溶け出すため、それまでに時間がかかるからです。有機質肥料のほとんどが、この遅効性です。

速効性肥料
与えると“速やか”に成分が吸収され、すぐに“効きめ”が現れる肥料です。そのぶん、効果がなくなるまでの時間も早く、持続性はありません。

また、肥料は形状も粒状、粉状などさまざまですが、大きく分けると固形と液体の2タイプがあります。

固形肥料
粒状や粉状、小石ほどの大きさのものなどで、有機質肥料と無機質肥料のどちらにもあります。土に混ぜ込んだり、上からまいたり、置いたりして使います。

液体肥料
無機質肥料の一種で、水で希釈して使う液体タイプの肥料です。液体肥料と混同しやすいものに活力剤がありますが、これはいってみれば人間にとってのサプリメントのようなもの。栄養のベースになる“食事”=肥料の代わりにはならないので、間違えないようにしましょう。

植物に必要な、肥料の三大要素

人間の成長に欠かせない栄養素と同じく、植物にも育つためにはさまざまな栄養素が必要です。なかでも特に大切なのが、「チッ素(N)」「リン酸(P)」「カリ(K)」の3つで、肥料の“三大要素”といわれています。

N:窒素(nitrogenous) 一般的に「チッ素」と呼ばれています。枝や葉の生育に欠かせない養分で、“葉肥(はごえ)”ともいわれます。

P:リン酸(phosphate) 一般的に「リン」あるいは「リン酸」と呼ばれています。花や実のつきをよくするのに欠かせない養分で、“花肥(はなごえ)、実肥(みごえ)”ともいわれます。

K:カリウム(kalium) 一般的に「カリ」と呼ばれています。根の生長を促し、茎や葉を丈夫にする働きがあり、“根肥(ねごえ)”ともいわれます。

この3つは上記の順で「N-P-K」と示され、市販されている肥料の袋には、その配合比率だけを数字で大きく「6-6-6」などと書かれたものがあります。これはチッ素(N)、リン酸(P)、カリ(K)が6%ずつ含まれた肥料であることを表しています。

N-P-K以外に必要な要素は?

三大要素が植物に欠かせない“多量必須要素”であるのに対し、必要量は少ないものの極端に不足すると生育に影響する養分として“中量必須要素”と“微量必須要素”があります。中量必須要素の代表的なものは、カルシウム(Ca)やマグネシウム(Mg・苦土)、イオウ(S)など。微量必須要素の代表的なものは、亜鉛(Zn)、塩素(Cl)、鉄(Fe)、銅(Cu)、ホウ素(B)、マンガン(Mn)、モリブデン(Mo)などです。三大要素にこれらを加えた肥料が、いろいろ市販されています。

こんなタイプの肥料が、ハボタンにおすすめ

ハボタンは葉の鮮やかな発色を楽しむ植物なので、開花に向けてせっせと肥料を与える必要はありません。むしろ肥料をやり過ぎると、葉がきれいに色づかなくなります。かといって肥料が足りない「肥料切れ」になると、発色自体が進みません。ハボタン最大の魅力である、葉の鮮やかな発色を楽しむためにも、適切な肥料について覚えておきましょう。

ハボタンは、土中のチッ素分が多過ぎると葉色の緑が強くなり、白やピンクの発色が悪くなります。そのため、肥料の“三大要素”である「チッ素(N)」「リン酸(P)」「カリ(K)」がバランスよく含まれる肥料(N-P-K=10-10-10)を選ぶことが大切です。

ただし、栽培用の土を自分でブレンドした場合は、赤玉土はリン酸が不足しがちなので、リン酸分の多い肥料(N-P-K=6-40-15など)を施しましょう。

肥料を与えはじめる、時期とタイミング

肥料の与え方には、大きく分けて「元肥(もとごえ)」と「追肥(ついひ)」の2種類があります。

元肥
種まきや植えつけ時の土に混ぜ込んで与える、最初の肥料です。元肥には、緩やかで長く持続する緩効性肥料を使います。

追肥
元肥は、植物の生育とともに効果が薄れてきます。そのため、生育途中で補う肥料のことを、追肥といいます。

ハボタンへの肥料の与え方が知りたい

実際に、ハボタンを育てる過程での肥料の与え方を見てみましょう。

ハボタンは種からでも苗からでも栽培できますが、いずれの場合も、肥料は植えつけ(定植)時に元肥を土に混ぜ込みます。鉢植えも地植えも同じです。草花用培養土を使う場合は、あらかじめ元肥が入っているものがあるので、よく確認して、入っていない場合だけ、元肥として緩効性肥料(N-P-K=10-10-10)を施しましょう。

赤玉土を使って自分でブレンドした場合は、リン酸が不足しがちなので、リン酸分の多い緩効性肥料(N-P-K=6-40-15など)を加えるとよいでしょう。

その後の追肥は、基本的に必要ありません。そのほうが葉色の出方が美しくなります。特に葉が色づき始める10月以降に土の中に多くの肥料分があると、葉色がきれいに出ないので禁物です。

ただし、ミニサイズのハボタンなどで生長具合が思わしくない場合は、本格的に生長する前の9~10月に、液体肥料を追肥してもよいでしょう。

ハボタンに肥料を与えるときの注意点は?

ハボタンは花を美しくたくさん咲かせる必要がない分、ほかの植物に比べて肥料に神経質になることはありません。施肥も基本的には植えつけ時の元肥のみ。その元肥は、チッ素過多やリン酸不足にならなければ大丈夫です。その点でもハボタンはガーデニング初心者に嬉しい植物です。

肥料をあげすぎると「肥料やけ」が起きます

ハボタンに限らず、どの植物も肥料を多く与えすぎると、土中の肥料成分の濃度が高くなって、根が傷む「肥料やけ」が起こる可能性があります。肥料やけになってしまうと、場合によっては枯れてしまうことも。そんなトラブルが起こらないように、肥料を与えるときは、袋に記載されている説明書を確認し、使用量の目安と使い方(土に混ぜる、水で希釈するなど)を守りましょう。

Credit

記事協力

監修/矢澤秀成
園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長
種苗会社にて、野菜と花の研究をしたのち独立。育種家として活躍するほか、いくとぴあ食花(新潟)、秩父宮記念植物園(御殿場)、茶臼山自然植物園(長野)など多くの植物園のヘッドガーデナーや監修を行っている。全国の小学生を対象にした授業「育種寺子屋」を行う一方、「人は花を育てる 花は人を育てる」を掲げ、「花のマイスター養成制度」を立ち上げる。NHK総合TV「あさイチ」、NHK-ETV「趣味の園芸」をはじめとした園芸番組の講師としても活躍中。

構成と文・岸田直子

Print Friendly, PDF & Email