秋が深まると葉が色づき始め、寒さが増すごとに鮮やかさを増していくハボタン。園芸植物としては珍しく、花や実ではなく、葉の色を主に楽しむのが最大の特徴です。ハボタンを美しく色づかせ、よい状態で楽しむには「土」が重要です。ここでは、ハボタン栽培に適した土について、詳しく紹介します。NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

Print Friendly, PDF & Email

ハボタンを育てる前に知っておきたいこと

ハボタンは、ヨーロッパで野菜として食べられていた、キャベツの仲間(非結球性ケール)がルーツとされています。葉の形がボタンの花に似ていることから「ハボタン」と名づけられました。別名「ハナキャベツ」とも呼ばれ、カリフラワーやブロッコリーの仲間でもあります。

日本には江戸時代に食用として渡来しましたが、食べても苦くておいしくなく、観賞用として改良されてきました。

ハボタンの基本データ
学名:Brassica oleracea var. acephala
科名:アブラナ科
属名:アブラナ属
原産地:ヨーロッパ
和名: 葉牡丹(ハボタン)
英名:Flowering cabbage、Decorative kale
開花期:4~5月
葉の観賞期:11~3月
葉色:赤、ピンク、黄、白、紫、緑、複色
発芽適温:20℃前後
生育適温:5~20℃
切り葉の出回り時期:12~1月
葉もち:2週間以上

ハボタンは、日当たりと風通しのよい場所を選べば、初心者にも育てやすい植物です。種からでも苗からでも育てることができ、鉢植え、地植えともに適しています。種まきの適期は7月中旬~8月中旬、苗植えの適期は10~11月です。

寒さに強いのが特長で、秋の低温で発色し始め、冬の寒さに当たることで鮮やかさを増していくため、室内や温室では葉がきれいに色づかないことがあります。ただし、北風や強い霜にあたると株が弱ってしまい、葉が枯れてしまうので注意してください。特に、白緑葉系統は、赤葉系統に比べると霜害などに弱く、枯死することがあります。

品種改良が進んで種類が豊富なハボタンは、直径40~50㎝になるキャベツサイズのものから、15㎝程度のミニ系まで、大きさもさまざま。草丈の低いものは、寄せ植えの差し色やアクセントカラーになる“カラーリーフ”として人気があります。

ハボタンの観賞のメインは色づいた葉ですが、春になるとナノハナに似た黄色い花を咲かせます。その頃には草姿が大きく乱れるため、多くは1年草として花が咲く前に処分されます。多年草として育てて、分枝した様子が人が踊っているように見える「踊りハボタン」として楽しむこともできます。

よい土は、水はけ、水もちに優れています

土は“植物のベッド”とよくいわれます。フカフカと柔らかく、湿りすぎでも乾きすぎでもなく、快適に呼吸できる――それが“よいベッド”です。

具体的には、栄養分に富み、水はけ(排水性)、水もち(保水性)、通気性、保肥性に優れた土が「よい土」です。

そして、このような土は、“団粒構造”になっています。団粒構造とは、小さな土の粒子が集まり固まって、団子のような小さな固まり(団粒)を形成して重なっている状態を指します。団粒の中には小さな隙間が、団粒と団粒の間には大きな隙間があります。それらの隙間が、排水、通気、保水、保肥に役立つのです。

園芸店やホームセンターには、あらかじめブレンドされた培養土のほかに、赤玉土や黒土、腐葉土など、さまざまな用土が販売されています。初めてガーデニングに挑戦する場合は、どの用土を買えばいいのか、途方に暮れてしまうかもしれません。次の項で紹介する用土の特性を参考に、育てる植物や環境に合わせて、よい土を作ってください。

種類を知ることが、適した土作りへの近道

土の種類やその特徴を知ることは、植物栽培に必要な「よい土」作りに役立ちます。ここでは、園芸店やホームセンターでよく見かける用土について紹介します。

【基本用土】

土をブレンドするときに、ベースになるものです。

黒土
一般的に畑用の土として知られている、黒い土。柔らかく、保水性と保肥性に富みますが、排水性と通気性はやや劣るため、単体で使うことはあまりありません。

赤玉土
関東ローム層の赤土を玉状に乾燥させたもので、粒の大きさも大・中・小があります。通気性、保水性、保肥性に優れているため、ガーデニング用の基本の土として親しまれています。

鹿沼土
その名のとおり、栃木県鹿沼地方でとれる、火山性の玉土。通気性、保水性、保肥性に富んでいます。酸性なので、山野草やブルーベリー、サツキ、ツツジなどと相性がよいとされています。

【改良用土】

基本用土をよりよい性質にするために、加えるものです。

腐葉土
広葉樹の落ち葉を腐熟させたもの。有機質に富んでいるため土中の微生物の働きを高め、土を肥えさせてくれます。また、排水性、保水性、保肥性も高めてくれるので、土質改良に有効です。

ピートモス
水ゴケなどが泥炭化したもので、腐葉土とよく似た性質。軽くて、排水性、保水性、保肥性に富むため、室内園芸によく使われます。酸度が強いので、酸性の土を好む植物には「酸度未調整」のもの、一般的な草花には「酸度調整済み」と袋などに表記されたものを使い分けるようにしましょう。

堆肥
わらや落ち葉、枯れ草などを腐熟させたもので、通気性、排水性をよくする働きがあります。腐葉土よりも有機質の肥料分が含まれているので、花壇や畑によく用いられます。

【調整用土】

バーミキュライト
蛭石(ひるいし)を焼いて発泡させたもので、軽いのが特徴。通気性、保肥性に優れ、保水性もよいとされています。

パーライト
真珠岩(しんじゅがん)を高温高圧で焼成したもので、軽くて無菌。通気性と排水性に富むため、水はけの悪い用土に混ぜて使います。


排水性や通気性を高めるために使います。桐生砂(きりゅうすな)、矢作砂(やはぎすな)、富士川砂など種類はいろいろありますが、川砂が一般的。

【特殊用土】

水ゴケ
湿地に自生する水ゴケを乾燥させたもので、保水性と通気性に優れています。水をたっぷり含ませてから使います。

※「○○用」として市販されている培養土は、これらの用土の特性を生かして、配合割合を各社で研究してブレンドしたものです。

元気に育てるための、ハボタンの土作り

ハボタンは、水はけと水もちのバランスがよい土を好み、その土が有機質に富んでいると発色がより美しくなります。丈夫で育てやすい植物なので、それほど神経質になる必要はありません。

鉢で育てる場合は、市販の草花用培養土を選べば大丈夫です。自分で土をブレンドして作る場合は、赤玉土(小)、腐葉土、ピートモスを6:3:1の割合で混ぜるか、赤玉土(小)、腐葉土、酸度を調整してあるピートモスを6:3:1の割合で混ぜるとよいでしょう。

地植えの場合は、川砂、パーライトなどを混ぜるなどして、水はけをよくして植えてください。

ハボタンは、ほかの多くの草花と同じく弱酸性の土を好むので、中和のために苦土石灰か消石灰を混ぜたりするのも有効です。ただし、市販の草花用培養土はあらかじめ酸性度の調整がされているので不要です。

草花用培養土を使う場合は、あらかじめ元肥が入っているものがあります。よく確認して、入っていない場合だけ、元肥として緩効性肥料(N-P-K=10-10-10)を施しておきましょう。栽培用の土を自分でブレンドした場合は、リン酸が不足しがちなので、元肥にはリン酸分の多い緩効性肥料(N-P-K=6-40-15など)がおすすめです。

ハボタンの植え替えの時期と頻度

種を鉢で育てる場合や、市販の苗から育て始めるときは、植え替え作業(定植)が必要になります。

ハボタンの場合、葉を観賞する1年草として楽しむのであれば、苗から育てた場合は植えつけ後の植え替えは必要ありません。ただし、種から育てた場合は、発芽後にポリポットに移植(鉢上げ)するとき、育てた苗を最終的に育てる鉢や庭に植えつけ(定植)する、の2回の植え替えが必要になります。

発芽後のポリポットへの移植は、本葉が3枚ほどになった頃が目安です。その後1か月ほどして、ポリポットの上から見て、表土が見えないほどに育ったら、最終的に育てる鉢や庭などに植え替えます(定植)。

土のほか、植えつけ時に準備したいもの

前述したように、ハボタンは育てていく過程で植え替えは必要ありません。ここでは、種から育てたハボタンを移植するとき、苗を鉢や庭に植えつける(定植する)とき、土以外に必要なものをまとめました。事前に以下のものを用意しておきましょう。

移植(鉢上げ)時に準備するもの
・適した土(前述のとおり)
・発芽したハボタン
・育苗ポット、または3号(直径9㎝)のポリポット
・ピンセット、またはスプーン
・土入れ、またはスコップ
・ジョウロ

植えつけ時に準備するもの
・適した土(前述のとおり)
・ハボタンの苗
・土入れ、またはスコップ
・ジョウロ
・ラベル

*鉢植えの場合は、下記のものも用意
・鉢、またはプランター
・鉢底ネット
・鉢底石

種類によっては100㎝近く伸びるものがあるので、その場合は支柱とビニールタイ、紐なども用意しましょう。

ハボタンの移植と植えつけの方法が知りたい

ここでは実際に、植えつけの手順を見ていきましょう。種から育てる場合は、植えつけの前に、ポリポットへの移植が必要です。

移植(鉢上げ)の手順

①3号(直径9㎝)ポリポットに鉢底ネットを敷き、培養土を6分目ほど入れておきます。
②本葉が3枚ほどになった幼苗をピンセットやスプーンなどを使って、根を傷つけないよう周りの土ごと掘り上げます。
③掘り上げた幼苗を土ごとポリポットに入れ、片手で株を支えながら培養土を入れます。
④新しい培養土を双葉の下に入れてから全体をならします。ポリポットの底を地面などに当てるように、軽くとんとんと落とすと土がなじみます。
⑤たっぷり水をあげれば、移植完了です。

植えつけの手順

上記の方法で移植したハボタンの幼苗を1か月ほど育て、ポリポットの上から見て、表土が見えないほどに育ったら、植えつけ(定植)のタイミングです。または、購入した苗を植えつける際も、次の手順を参考にしてください。

①株を傷めないように、ポリポットから根鉢(根と土がひとかたまりになったもの)ごと苗を抜き出します。その際、葉や茎を引っ張るのはもってのほか! 一方の手を土部分に当て、もう一方の手でポリポットの底を持って逆さまにし、底の土を軽く数回もんでからポットをはずすようにするのがポイントです。
②最終的に育てる鉢や庭などに、根鉢ごと苗を置きます。鉢で育てる場合は、あらかじめ新しい鉢に鉢底ネットを入れ、鉢底石を敷き、培養土を入れておきましょう。
③苗の周りに土を足して、株を安定させます。
④たっぷりと水やりをします。

開花後の株を「踊りハボタン」(※)に仕立てるなら、鉢植えの場合は、春から初夏に根鉢を少し崩して、ひと回り大きな鉢に植え替えるといいでしょう。地植えの場合は、植え替えなくて構いません。

※踊りハボタンとは、葉の観賞期が終わったあとも育てて、新しい枝を育てたものです。分枝した様子が、人が踊っているように見えるハボタンになります。

植えつけをするときの注意点はこちらです

移し替えたハボタンの株の周囲に土を寄せるときは、株が安定する程度に土をやさしく押さえるくらいで大丈夫です。ギュッと力を入れて土を押しつけると、土中の空気が抜けてしまうので、ハボタンにとってよくありません。発芽後の幼苗を移植するときは、そのかわいらしい姿に「そっと、やさしく」と細心の注意を払っても、苗を定植する際はそんな気持ちも忘れがちなので注意しましょう。

大きく育てるための定植時こそ、根がしっかり張って元気に生長できるかどうかの分かれ目。株や根を傷つけないようにやさしく扱うことが大切です。そして、土もやさしく扱って、ハボタンにとって快適な環境を作ってあげましょう。

Credit

記事協力

監修/矢澤秀成
園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長
種苗会社にて、野菜と花の研究をしたのち独立。育種家として活躍するほか、いくとぴあ食花(新潟)、秩父宮記念植物園(御殿場)、茶臼山自然植物園(長野)など多くの植物園のヘッドガーデナーや監修を行っている。全国の小学生を対象にした授業「育種寺子屋」を行う一方、「人は花を育てる 花は人を育てる」を掲げ、「花のマイスター養成制度」を立ち上げる。NHK総合TV「あさイチ」、NHK-ETV「趣味の園芸」をはじめとした園芸番組の講師としても活躍中。

構成と文・岸田直子

Print Friendly, PDF & Email