キンモクセイ、クチナシとともに三大香木(さんだいこうぼく)と呼ばれるジンチョウゲ。まだ寒さの残る早春に、ぷっくりと開いた小さな花々から甘い香りを漂わせて、もうすぐ暖かい季節になることを教えてくれます。丈夫で育てやすく、難しい剪定が必要ないため、ガーデニング初心者におすすめ。とはいえ、やはり健康でいい状態で育てるには、土が重要です。ここでは、ジンチョウゲの栽培に適した土について、NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

Print Friendly, PDF & Email

ジンチョウゲを育てる前に知っておきたいこと

ジンチョウゲは、1年じゅう緑色の葉をつけている常緑の低木で、樹高は1~1.5mほど。ゆっくり生長し、まめに剪定してなくても丸くこんもりした樹形を保つことから、生垣にも向いています。丈夫で育てやすいため、ガーデニング初心者にもおすすめです。ただし、花木のなかでは寿命はそれほど長くなく、20~30年ほどといわれています。

ジンチョウゲの基本データ
学名:Daphne odora
科名:ジンチョウゲ科
属名:ジンチョウゲ属
原産地:中国中部から雲南省、ヒマラヤ地域
和名: 沈丁花(ジンチョウゲ)、輪丁花(リンチョウゲ)
英名:Daphne,Winter Daphne
開花期:2月下旬~4月中旬
花色:ピンク、白
生育適温:15~25℃

ジンチョウゲは苗から育てるのが一般的で、鉢植えでも地植えでも栽培できます。植えつけは、新芽が伸び始める前の3月下旬~4月下旬、または9月下旬~10月下旬が適期です。ただし、耐寒性は-5℃程度。植え替えを嫌うため、寒冷地では鉢植えにして管理したほうがよいでしょう。

ジンチョウゲは、室町時代以前に中国から日本に渡来したといわれています。花の香りが“沈香(ちんこう)”に似ていること、十字形の花が“丁子(ちょうじ/クローブ)”に似ていることに、その名は由来します。雌雄異株で、雄株と雌株がありますが、日本で流通しているものの多くは雄株なので、実を見る機会はめったにありません。

花びらのように見える部分は、ガクが筒状に変化したもので、本来の花弁ではありません。よく見かける内側が白色、外側がピンクのものは「ウスイロジンチョウゲ」と呼ばれ、ほかにも外側まで白い品種「シロバナジンチョウゲ」、葉の外側に黄白色の斑が入る「フクリンジンチョウゲ」などがあります。

よい土は、水はけ、水もちに優れています

土は“植物のベッド”とよくいわれます。フカフカと柔らかく、湿りすぎでも乾きすぎでもなく、快適に呼吸できる――それが“よいベッド”です。

具体的には、栄養分に富み、水はけ(排水性)、水もち(保水性)、通気性、保肥性に優れた土が「よい土」です。

そして、このような土は、“団粒構造”になっています。団粒構造とは、小さな土の粒子が集まり固まって、団子のような小さな固まり(団粒)を形成して重なっている状態を指します。団粒の中には小さな隙間が、団粒と団粒の間には大きな隙間があります。それらの隙間が、排水、通気、保水、保肥に役立つのです。

園芸店やホームセンターには、あらかじめブレンドされた培養土のほかに、赤玉土や黒土、腐葉土など、さまざまな用土が販売されています。初めてガーデニングに挑戦する場合は、どの用土を買えばいいのか途方に暮れてしまうかもしれません。次の項で紹介する用土の特性を参考に、育てる植物や環境に合わせて、よい土を作ってください。

種類を知ることが、適した土作りへの近道

土の種類やその特徴を知ることは、植物栽培に必要な「よい土」作りに役立ちます。ここでは、園芸店やホームセンターでよく見かける用土について紹介します。

【基本用土】

土をブレンドするときに、ベースになるものです。

黒土
一般的に畑用の土として知られている、黒い土。柔らかく、保水性と保肥性に富みますが、排水性と通気性はやや劣るため、単体で使うことはあまりありません。

赤玉土
関東ローム層の赤土を玉状に乾燥させたもので、粒の大きさも大・中・小があります。通気性、保水性、保肥性に優れているため、ガーデニング用の基本の土として親しまれています。

鹿沼土
その名のとおり、栃木県鹿沼地方でとれる、火山性の玉土。通気性、保水性、保肥性に富んでいます。酸性なので、山野草やブルーベリー、サツキ、ツツジなどと相性がよいとされています。

【改良用土】

基本用土をよりよい性質にするために、加えるものです。

腐葉土
広葉樹の落ち葉を腐熟させたもの。有機質に富んでいるため土中の微生物の働きを高め、土を肥えさせてくれます。また、排水性、保水性、保肥性も高めてくれるので土質改良に有効です。

ピートモス
水ゴケなどが泥炭化したもので、腐葉土とよく似た性質。軽くて、排水性、保水性、保肥性に富むため、室内園芸によく使われます。酸度が強いので、酸性の土を好む植物には「酸度未調整」のもの、一般的な草花には「酸度調整済み」と袋などに表記されたものを使い分けるようにしましょう。

堆肥
わらや落ち葉、枯れ草などを腐熟させたもので、通気性、排水性をよくする働きがあります。腐葉土よりも有機質の肥料分が含まれているので、花壇や畑によく用いられます。

【調整用土】

バーミキュライト
蛭石(ひるいし)を焼いて発泡させたもので、軽いのが特徴。通気性、保肥性に優れ、保水性もよいとされています。

パーライト
真珠岩(しんじゅがん)を高温・高圧で焼成したもので、軽くて無菌。通気性と排水性に富むため、水はけの悪い用土に混ぜて使います。


排水性や通気性を高めるために使います。桐生砂(きりゅうすな)、矢作砂(やはぎすな)、富士川砂など種類はいろいろありますが、川砂が一般的。

【特殊用土】

ゴケ
湿地に自生する水ゴケを乾燥させたもので、保水性と通気性に優れています。水をたっぷり含ませてから使います。

※「○○用」として市販されている培養土は、これらの用土の特性を生かして、配合割合を各社で研究してブレンドしたものです。

元気に育てるための、ジンチョウゲの土作り

ジンチョウゲは、水はけと水もちのよい、有機質に富んだ土壌を好みます。弱酸性を好みますが、水はけさえよければ、特に神経質になる必要はありません。

鉢植えで育てる場合は、市販の花木用培養土を選べば大丈夫です。自分で土をブレンドして作る場合は、赤玉土の小粒と中粒を同量で混ぜたもの7:腐葉土3の割合で配合した土が適しています。

地植えの場合は、水はけの悪い場所だと根腐れしやすかったり、育ちにくかったりするので避けます。水はけが悪い場合は川砂、パーライトなどを混ぜるなどして、水はけをよくしてください。そして、植えつける2週間ほど前に、土に腐葉土か堆肥を混ぜて、肥沃にしておきましょう。

いずれの場合も、連作障害を起こす恐れがあるので、必ず新しい土を使いましょう。地植えの場合は、それまでほかの植物を育てていた場所と同じ所には植えないようにしてください。

ジンチョウゲの、植え替えの時期と頻度

種を鉢で育てる場合や、市販の苗から育て始めるときは、植え替え作業(定植)が必要になります。

鉢植えでも地植えでも栽培できるジンチョウゲは、苗木から育てるのが一般的で、植えつけの適期は新芽が伸び始める前の3月下旬~4月下旬、または9月下旬~10月下旬です。

ジンチョウゲの根は、とてもデリケートです。水を吸収する細根が出にくいことに加え、柔らかくて傷つきやすいうえ、傷がついてしまうとなかなか回復しません。そのため、植え替えや移植は原則として行いません。特に、株幅が80㎝以上や3年以上育てた大株は、根が傷つくと枯死しやすいので、植え替えや移植は避けてください。地植えで育てる場合は、植え替える必要がないように、あらかじめ十分なスペースを確保しておきましょう。

幼苗を鉢植えで育てたなどの小株であれば、植え替えの適期は、花後で新芽が伸び始める前の3月下旬~4月下旬、または9月下旬~10月下旬です。

また、鉢植えの場合は、根が生長して鉢が根でいっぱいになると根詰まりを起こしてしまいます。水が土へしみこみにくい、根が鉢の底から出ているなど根詰まりのサインがあれば、5月下旬~6月下旬に、ひと回り大きな鉢へ植え替えましょう。根を傷めないよう鉢からやさしく取り出し、根鉢は土を軽く落とす程度にして、あまり根を触らないように植え替えるのがポイントです。また、その際は、枯れた枝や下葉を剪定バサミで整理するとベターです。

いずれにしても、ジンチョウゲを元気に育てたい場合は、なるべく植え替えを避けたほうが無難です。植えつける際に、そのことを念頭に置いて栽培場所を選んでください。

土のほか、植えつけ時に準備したいもの

前述したように、ジンチョウゲは植え替えには向いていません。ここでは、ジンチョウゲの苗を鉢や庭に植えつける(定植する)とき、土以外に必要なものをまとめました。事前に以下のものを用意しておきましょう。

準備するもの(鉢植え、地植え共通)
・適した土(前述のとおり)
・ジンチョウゲの苗
・土入れ、またはスコップ
・剪定バサミ
・ジョウロ
・ラベル

*鉢植えの場合は、下記のものも用意
・大きめの鉢、またはプランター
・鉢底ネット
・鉢底石

ジンチョウゲの植えつけ方法が知りたい

実際に、植えつけの手順を見ていきましょう。以下に出てくる「根鉢」とは、鉢の中で根と土がひとまとまりになったものを指します。園芸用語ではよく使われる言葉なので、ぜひ覚えておいてください。

鉢植えの場合の手順

①大きめの鉢、もしくはプランターと、新しい土を用意します。
②苗を、根が傷つかないようにやさしく、ポットなどから抜き出します。
③細い棒で、苗の下のほうから土を落としていきます。根鉢の上部も周囲から丁寧に土を落とします。
④新しい鉢に鉢底ネットを入れ、鉢底石を敷き、培養土を鉢の高さ1/3ほどまで入れます。
⑤苗を鉢に入れ、手で支えながら土を入れていきます。途中、土の中に棒を入れて軽く振動させながら、根の間にも土がしっかり入るようにしましょう。
⑥最後に水をたっぷりあげれば完了です。

地植えの場合の手順

①植えつける場所が決まったら、根鉢の2倍以上の大きさの植え穴を掘ります。
②ポットから、ジンチョウゲの苗をやさしく抜きます。
③細い棒で、苗の下のほうから土を落としながら根をほぐしていきます。根鉢の上部も周囲から丁寧に土を落とします。
④根が土に深く埋まらないよう気をつけながら、苗を置きます。
⑤苗の周りに土を足して、株を安定させます。
⑥どちらも植え替え後は、根がしっかり張るようにたっぷりと水をあげ、1週間ほど風が当たらない日陰に置きます。

植えつけや植え替え時の注意点はこちらです

ジンチョウゲの根はとてもデリケート。基本的に植え替えを好まないことを前提に、どうしても植え替えが必要な場合のみ、根の扱いに細心の注意を払って行いましょう。移し替えた株の周囲に土を寄せるときは、株が安定する程度に土をやさしく押さえるくらいで大丈夫です。ギュッと力を入れて土を押しつけると、土中の空気が抜けてしまうと同時に、根を傷つけかねません。

大きく育てるための定植時こそ、根がしっかり張って元気に生長できるかどうかの分かれ目なので、根を傷つけないようにやさしく扱うことが大切です。そして、土もやさしく扱ってジンチョウゲにとって快適な環境を作ってあげましょう。

Credit

記事協力

監修/矢澤秀成
園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長
種苗会社にて、野菜と花の研究をしたのち独立。育種家として活躍するほか、いくとぴあ食花(新潟)、秩父宮記念植物園(御殿場)、茶臼山自然植物園(長野)など多くの植物園のヘッドガーデナーや監修を行っている。全国の小学生を対象にした授業「育種寺子屋」を行う一方、「人は花を育てる 花は人を育てる」を掲げ、「花のマイスター養成制度」を立ち上げる。NHK総合TV「あさイチ」、NHK-ETV「趣味の園芸」をはじめとした園芸番組の講師としても活躍中。

構成と文・岸田直子

Print Friendly, PDF & Email