ラズベリーは、ヨーロッパや北アメリカが原産のキイチゴ(バラ科キイチゴ属)の仲間で、古くから果樹として栽培され、改良されてきました。どちらかというと冷涼な気候を好み、耐寒性が高く、また比較的暑さにも耐え、日本の気候風土にもよく適応し、育てやすい果樹です。魅力はなんといっても果実。酸味と甘みのバランスがとれ、優れた風味をもち、ジャムや洋菓子、リキュールなどに利用されています。ラズベリーを家庭果樹として育ててみませんか。コツを、千葉大学環境健康フィールド科学センター助教授の三輪正幸さんにお聞きしました。

Print Friendly, PDF & Email

ラズベリーを育てる前に知っておきたいこと

ラズベリーは、初心者でも比較的簡単に育てることができる果樹です。栽培を始める前に、丈夫に育て、おいしい果実をたくさん収穫するために、知っておきたい基本をまとめました。

ラズベリーの基本データ
学名:Rubus spp.
科名:バラ科
属名:キイチゴ属
原産地:ヨーロッパ、北アメリカ
和名:ラズベリー(ヨーロッパキイチゴ)
英名:Raspberry
開花期:4月中旬〜5月中旬(一季なり性の品種、二季なり性の品種)、8月下旬〜9月中旬(二季なり性の品種のみ)
花色:白
植えつけ時期:2月下旬〜3月下旬
収穫期:6〜7月(一季なり性の品種、二季なり性の品種)、10〜11月(二季なり性の品種のみ)
耐寒気温:−35℃

ラズベリーは、バラ科キイチゴ属に分類される落葉低木です。一般に栽培されているものは、ヨーロッパや北アメリカ原産のものを改良したもので、品種によって果実の色には赤、黄、黒、紫があります。

また一季なり性の品種と二季なり性の品種があって、二季なり性の品種は夏の初めと秋の2回、収穫を楽しめるため人気があります。栽培にあまり手間がかからず、1本でも果実がつくため受粉樹を植える必要がなく、初心者向きの果樹といえるでしょう。

ラズベリーにはどんな種類があるの? 選び方は?

ラズベリーには、多くの品種があり、それぞれの品種によって果実の色は赤、黄、黒、紫とさまざまです。また品種によって、一季なりのものと二季なりのものがあって、二季なりのものでは夏だけでなく秋にも収穫が楽しめます。

一方、品種によって性質や育て方に大きな違いはありません。耐寒性が高く、果実の色、一季なり性か二季なり性かを判断基準に、好みの品種を選ぶとよいでしょう。なお、ラズベリーは自家結実性で、1本でも果実をつけます。

ラズベリーの代表的な品種

サマーフェスティバル
二季なり性。果実は赤色で大きさは3〜4g。枝は開帳性で、横に広がるように伸びます。

ファンタジーレッド
一季なり性。果実は赤色で、大きさ6〜10gにもなる極大実種。株が大きく育つので収量も期待できます。

インディアンサマー
二季なり性。果実は赤色。枝は開帳性で、横に広がるように伸びます。

ファールゴールド
一季なり性。果実は黄色で大きさは4〜5g。枝は直立性です。

ブラックキャップ
一季なり性。ブラックラズベリーと呼ばれる品種で、赤い果実が黒く熟し、甘くコクがあります。

ラズベリーを育てるために必要な準備

鉢で育てる場合

植物を鉢で育てる場合、根の広がる範囲が制限されるため、枝の広がる範囲も制限されます。株をコンパクトにしたい場合は小さめの鉢を、ある程度の大きさの株にしたい場合は大きな鉢を選ぶようにしましょう。

基本としては、植えつけるラズベリーの苗木の根鉢の大きさより、ひと回り程度大きな鉢を用意します。具体的には、市販される苗木の大きさを考えると、7〜10号(21〜30㎝)程度のものがおすすめです。必要以上に大きな鉢に植えてしまうと、移動や、植え替えなどの作業を行うときの負担が大きくなるので注意が必要です。

鉢には形だけでなく、材質にもさまざまなものがあります。価格が安く、軽くて扱い安いのはプラスチック製の鉢です。軽い鉢は移動時にはとても重宝します。ただし、夏場に内部の温度が上がりやすかったり、通気性がないため内部が蒸れやすかったりするなどの欠点があります。その点、素焼きのものであれば、プラスチック製のものに比べて通気性があり、また断熱性もあるため、植物の根にとっては適した材質ということができます。ただし重さはプラスチック製のものよりかなり重くなってしまいます。材質の長所・短所を踏まえ、デザイン性も加味しながら選ぶとよいでしょう。

庭植えで育てる場合

日光を好むので、なるべく日当たりのよい場所を選んで植えつけることが、実つきをよくして甘い果実を収穫するポイントです。収穫前の果実に強い風が当たると落ちやすいので、なるべく避けるようにします。水はけも水もちもよい、有機質に富んだ土壌が適しています。

ラズベリーの育て方のポイントやコツ

樹のなかには受粉樹といって、異なる品種の苗木を近くに植えないと実つきが悪くなるものもありますが、ラズベリーは苗木1本でも結実します。そのため、受粉樹は不要です。

ラズベリーに適した土作りが栽培の第一歩

ラズベリーは比較的土に対する適応性が高く、痩せ地でも育つほどで、用土にそれほど気を使う必要はありません。

あえていえば、ラズベリーは水はけと水もちがよい、有機質が多く含まれた弱酸性の土壌を好みます。そのような条件の用土が用意できれば、よりいっそう生育がよくなり、おいしい果実が収穫できるようになります。

鉢の土作り

市販されている「果樹・花木用の土」が入手できる場合は、購入して利用するのがおすすめです。

入手できなれば、「野菜用の土」と鹿沼土(小粒)を7:3程度の割合で混ぜたものを使うとよいでしょう。

庭植えの土作り

植えつけ穴(直径40〜50㎝、深さ40〜50㎝)から掘り起こした土に、腐葉土を18〜20ℓほど混ぜます。

植えつけ・植え替えの時期とその方法

植えつけは落葉期に

植えつけは、落葉期の11月中旬~3月中旬が適期となります。厳冬期は避け、春の萌芽前には植えつけを完了します。

鉢植えの場合は、根詰まりを防ぎ、鉢内の通気をよくするために、2〜3年に1回の植え替えが必要となります。植え替えの適期は植えつけと同じ、厳冬期を避けた11月中旬〜3月中旬です。

鉢への植えつけ

①苗木の準備
入手した苗木はポリポットから抜き出し、根を傷めない程度に軽くほぐしておきます。

②用土の準備
鉢の底に鉢底ネットを敷き(鉢にあらかじめ付属しているものがある場合はそれを利用する)、さらに鉢底石を3㎝ほどの厚さに敷いてから用意した用土を入れ、苗木の株元が用土の表面と揃うように植えつけます。

③用土の量の調整
植えつけ終わったとき、用土の表面の高さが鉢の縁より3㎝ほど下がるように、用土の量と苗木の植えつけ深さを調整します。この用土の表面と鉢の縁との間の空間はウォータースペースといい、水やりの際、この部分に水がたまるようにするものです。

④水やり
植えつけ後、必要に応じて支柱を立てて苗木を固定し、たっぷりと水やりをします。

⑤マルチング
基本的には不要ですが、鉢土が乾燥しやすいようなら、株元にわらや落ち葉などを敷くとよいでしょう。

庭への植えつけ

①植え穴を掘る
ラズベリーの苗木を用意したら、植えつけ場所に、深さ・直径ともに40〜50㎝の穴を掘ります。

②土の準備
掘り起こした土に、腐葉土を18〜20ℓ加えてよく混ぜ、半分ほどを植え穴に戻します。

③植えつけ
ポリポットから取り出した苗木は軽く根鉢をほぐし、植え穴に入れて残りの土を使って植えつけます。このとき、苗木の株元が地面の高さと揃うように植えつけの深さを調整します。

④水やり
植えつけ後、支柱を立てて苗木を固定し、たっぷりと水やりをします。

⑤マルチング
乾燥を防ぐために、株元にわらや落ち葉などを敷きます。

植え替えの時期と方法

鉢植えでは、植えつけた植物の成長に合わせて、鉢の大きさを大きくする必要があります。根詰まりを防ぎ、鉢内の通気をはかるためです。この植え替えを鉢増しといいます。鉢の大きさや生育具合にもよりますが、通常、ラズベリーでも2〜3年に1回程度の植え替えが必要になります。

①鉢から取り出す
ラズベリーを鉢から抜き取り、ノコギリを使って硬くなった根の側面を、根鉢がひと回り小さくなる程度切り取ります。黒く傷んだ根がある場合は取り除きましょう。次に、根鉢の肩と側面を軽くほぐします。

②用土の準備
鉢の底に鉢底ネットを敷き、鉢底石を3㎝ほどの厚さに敷いてから用土を少し入れて株を据えます。根鉢の周囲から用土を入れるようにしながら、深植えにならないように植えつけます。最初に入れる土の量は、最終的に、植え替えたラズベリーの株元が鉢の縁から3㎝ほど下がる位置になるように、その量を調整します。

③用土の量を調整する
鉢を持ち上げて、床に何度か軽く落とすようにすると用土が沈みます。沈んだ分の用土を足して株を落ち着かせます。このとき床に強く落とすようにすると、用土が締まりすぎて水はけが悪くなってしまうので、軽く振動を与える程度にしてください。

④水やりをする
植え替え後には、たっぷりと水やりをします。

ラズベリーに肥料は必要なの?

生育や開花、結実のために、土の中の養分が使われてしまいます。それを補う目的で肥料を施すことが必要です。

特に鉢植えの場合は、土の量が限られ、根の広がりが制限されるので、施肥は欠かすことができない大切な作業のひとつです。庭植えの場合は、元肥(寒肥)として、2月中旬〜3月中旬に油かすを、追肥や礼肥として5月と9月に化成肥料を与えます。

ラズベリーの水やりのタイミングと方法

日本では比較的降水量が多いため、庭植えではそれほど水やりに神経質になる必要はありません。高温で乾燥が続いた場合には、たっぷりと水やりをしましょう。

鉢植えの場合、水切れを起こしやすいので、土の表面が乾いてきたら、鉢の底から水が流れ出るまで、たっぷりと水やりをします。冬は水やりをやや控えめにします。

収穫するまでの手入れの時期や方法は?

摘心

5〜6月に株元から伸びた新梢(シュート)のうち、果実がついていない枝の先端を3分の1ほど切り返す(摘心する)と、その後に枝分かれして枝の数が増加します。翌年にはこれらの枝の先端に果実がつくので、摘心を行うことで収量増加の効果が期待できます。

ただし、摘心の時期が遅れると、逆効果になることもあるので注意が必要です。また、二季なり性の品種では、摘心すると9月頃の収穫ができなくなるので、摘心は行いません。

人工授粉

主に昆虫によって受粉が行われるため、基本的に人工授粉の必要はありません。花は咲くのに毎年のようにあまり果実がならない場合には、結実をよくするために、筆先で花をなでるようにして人工授粉するとよいでしょう。

剪定

ラズベリーは混合花芽(萌芽して伸びた枝に花と葉の両方がつく)のタイプで、春に花芽から伸び出た新梢に花と葉がつきます。受粉した花が果実になるわけですが、ラズベリーでは、その年に果実がついた枝の多くは、冬までに地際近くまで枯れてしまいます。枯れた枝に代わり、春になると地際の株元から新しいシュートが伸び出てきます。成長したシュートには夏、花芽(混合花芽)が分化し、翌年の春にその花芽から伸びた新梢に花がつき果実がなるのです。

前述したように、開花結実した枝は冬までに枯れてしまいます。ただし二季なり性の品種では、春に株元から伸び出た枝に秋になって果実が実り、その枝の多くは冬に枯れることなく、翌年の初夏にも開花結実して枯れます。こういったラズベリーの開花、結実の習性を理解したうえで、適切な枝の管理をすることが、果実をたくさん収穫するために必要となります。

冬の剪定
12月上旬〜2月下旬に行います。その年の初夏に果実をつけた枝は、冬までに地際付近まで枯れてしまいます。そのため、冬、枯れた枝は株元から切ります。春に株元から伸び出たシュートは、冬になって落葉しますが、枯れずに残ります。そのシュートの先端を切り詰め、シュートから出ている側枝は2、3芽残して先を切り詰めます。

二季なり性の品種では、春に株元から発生し秋に果実をつけたシュートは枯れずに残るので、そのシュートは株元から切り取らずに残します。

夏の摘心
夏には側枝の生育を促すために、伸びた新梢の先を3分の1ほど切り返します。

知りたい! ラズベリーの増やし方

ラズベリーは、株分けで簡単に増やすことができます。ラズベリーは春から初夏になると、たくさんのサッカー(地下茎から伸び出た新梢)が出てきます。根がついた地下茎をサッカーごと新たな株として採取し、新しい鉢に植えつければ、簡単に増やすことができます。

このとき新たな株は直ちに植えつけるか、時間がかかるようなら根をすぐに水に浸けて乾かさないようにすることが大切です。

ラズベリーを育てるときに気をつけたい病気と害虫

ラズベリーは比較的病気や害虫の被害が少ない果樹で、無農薬でも十分栽培、収穫ができます。

ただし、新梢や花を食害するモモチョッキリ、葉や茎に付着して吸汁するカイガラムシ、果実について吸汁するカメムシなどの発生が見られることがあります。見つけたら手作業で採りましょう。病気では、梅雨の時期などに灰色カビ病の発生が見られることがあります。風通しよく管理し、発生を予防しましょう。

Credit

記事協力

監修/三輪正幸
1981 年岐阜県生まれ。千葉大学環境健康フィールド科学センター助教。専門は果樹園芸学。NHK「趣味の園芸」の講師をつとめ、家庭でも果樹を気軽に楽しむ方法を提案している。著書に『かんきつ類―レモン、ミカン、キンカンなど (NHK 趣味の園芸12 か月栽培ナビ(6))』(NHK 出版)、『果樹&フルーツ 鉢で楽しむ育て方』(主婦の友社)、『おいしく実る! 果樹の育て方』(新星出版社)、『果樹&フルーツ 鉢で楽しむ育て方』(主婦の友社)などがあり、監修書に『からだにおいしい フルーツ便利帳』(高橋書店)、『小学館の図鑑 NEO野菜と果物』(小学館)などがある。

構成と文・童夢

Print Friendly, PDF & Email