比較的育てやすいキンモクセイは、庭木として人気がある樹木です。かわいらしいオレンジ色の花が咲く頃になると、甘く強い香りを放ち、その香りは秋の訪れを感じさせてくれます。キンモクセイは、水はけのよい土壌を好み、過度の湿気が苦手な植物です。ここではキンモクセイの鉢植えと庭植えの適切な水やりの方法を紹介します。監修・宮内泰之(恵泉女学園大学准教授)

Print Friendly, PDF & Email

キンモクセイを育てる前に知っておきたいこと

キンモクセイは庭植えの場合、あまり水やりを気にしなくてもよい植物です。鉢植えの場合は、水やりのタイミングと方法が成育に大きく影響します。大切な水やりについて学ぶ前に、まずはキンモクセイを育てるための基本情報を知っておきましょう。

キンモクセイの基本データ
学名:Osmanthus fragrans var.aurantiacus
科名:モクセイ科
属名:モクセイ属
原産地:中国(詳細は不明)
和名:キンモクセイ(金木犀)
英名:fragrant orange-colored olive
開花期:9〜10月
花色:オレンジ
植え付け時期:3〜4月
耐寒気温:−10℃

キンモクセイは樹高5〜8mになる常緑小高木です。9月下旬から10月中旬に、オレンジ色で強い芳香のある5mm程度の小花を枝に密につけて咲かせます。近年では開花が年々早まっている傾向があります。

その香りは、低温、多湿になると特に強く香ります。日本では芳香剤としてよく知られる香りですが、中国では花(日本と同一かは不明)を使い、桂花陳酒や桂花茶などで香りが楽しまれています。

桂花茶は乾燥させた花を利用する

葉は、オレンジ色の花が映える濃い緑で、光沢があります。庭木や生垣によく利用されています。日本では雄株しか知られておらず、そのため実をつけることはありません。

キンモクセイは、花が白色のギンモクセイ(O.fragrans)の変種とされています。属名のOsmanthusは、ギリシャ語でにおいを意味する「osme」と、花を意味する「anthos」が由来です。

水やりの方法とそのタイミング

植物にはたっぷりの水分が必要なものと、さほど必要でないものがあります。キンモクセイはどちらかというとあまり水を必要としない植物です。しかし、水切れすると、生育や花つきを悪くするので注意が必要です。

水やりの意味

水やりは簡単な作業に思えるかもしれませんが、植物にとって重要な役割があります。水やりは、水を補給する、用土中の肥料・養分を溶かして根が吸収できる状態にする、プランターなどの内にたまった二酸化炭素を押し出し、新たな空気を供給するという役割があります。その点を意識して適切な水やりを心がけましょう。

水やりをする場所と水圧

水やりをするときは、花や葉に直接水がかかってしまうと、病気になる可能性があります。ですので、基本的には花や葉に水をかけないようにします。水やりをする場所は、根を広げた先端から株元にかけてたっぷりと水やりをします。

また、水圧にも気をつけてください。そっと水をかけたい場合や広い範囲の水やりは、水圧を下げたほうがよいのでジョウロのハス口を上に向けるとよいでしょう。葉や幹の汚れを落としたい場合は、ハス口を下に向け、水圧を強くします。植物によっては、ジョウロではなく、霧吹きの方がよい場合もあるので、適した道具で水を与えるようにしましょう。

庭植えは高温乾燥期のみ

庭植えは土の量が多く、土壌中に水分がたくわえられているため、基本的に水やりの必要はありません。ただし、空梅雨で日照が多い時期や雨の降らない日が続いた場合は水やりをしましょう。

鉢植えは土の乾燥状態が目安

鉢植えは用土の量が限られているため、水やりのタイミングの目安となるのは、鉢の用土の乾燥状態です。鉢の用土は表面から乾いてくるのがふつうです。水やりは、土の表面が乾いてきたら行うようにしましょう。基本的に1日1回か2日に1回程度行いますが、土の乾燥は天候や気温、植物の生育状況などによって大きく変わってきます。

水やりは午前中に

一日のなかでは、水やりはできるだけ午前中の早い時間に行うようにしましょう。とくに夏の気温の高い時期には、水やりによって鉢のなかに貯まった水の温度が高くなり、根を傷めることがあります。

キンモクセイは鉢植え、庭植えのどちらでも栽培できますが、それぞれ水やりの頻度は異なります。次の項からは、植えつけ別の水やりを紹介しましょう。

鉢植えのキンモクセイの水やり

水やりのタイミング

鉢植えのキンモクセイの水やりは、鉢土の表面が乾いてきたら水やりをしましょう。水切れを起こしてしまうと、生育や花付きが悪くなってしまうので注意が必要です。また、受け皿に溜まった水を放置すると根が腐ってきます。水やり後は受け皿に溜まった水を流すようにしてください。

水やりの方法とコツ

まんべんなく水が行き渡るように、また鉢の土がえぐられてしまうことを防ぐためにも、ジョウロやホースの先にハス口をつけるようにします。ハス口は上に向けてつけると、水圧が弱くなるのでそっと水を与えることができます。

鉢の底から水が流れ出るまでたっぷりと水やりをします。鉢の縁から水があふれる場合には一旦水やりを止め、水が引いてから再び水やりをします。鉢の土の表面が濡れた程度ではなかの用土に十分水が行き渡りません。たっぷりと水を与えることで、鉢のなかに水がたまり、十分に用土が湿ります。それと同時に、底から水が流れ出るときに用土の表面から新鮮な空気が取り込まれ、用土のすき間に行き渡るのです。

庭植えで育てている場合の、キンモクセイの水やり

降雨量の比較的多い日本では、一度根付いてしまえば、ほとんど行う必要はありません。ただし、空梅雨で日照が多い時期や雨の降らない日が続いた場合は注意が必要です。庭土の表面が乾ききっているようなら水やりが必要になります。枝の広がりから株元までの範囲に、たっぷりと水やりをします。土の表面だけでなく、土中に十分水が染みこむまで、たっぷりと水を与えるようにしましょう。

季節によって水やりの方法に違いはあるの?

水やりの具合は、天候のほか、植物の生育状態や季節で多少変わります。そこで、この項では季節による違いを見ていきましょう。

夏は水切れに注意して

夏は高温で乾燥しやすい時期です。土壌が乾燥してしまうと、キンモクセイの生育や花付きを悪くしてしまいます。水切れを起こさないように土の乾燥を感じたら、たっぷりと水やりをしましょう。

冬は控えめに

冬は控えめに水やりをするとよいでしょう。頻繁に水やりをしてしまうと、根腐れを起こしてしまいます。冬の時期でも、土の表面が乾燥したら水やりをするのが基本です。

キンモクセイに水やりをするときの注意点

泥はねを起こさないように注意!

水やりの際、用土に勢いよく水をあてないように気をつけてください。泥はねをして茎や葉に飛び散り、カビなどの病原菌やウイルスなどが原因となって、病気が発生しやすくなってしまいます。水やりはジョウロやホースの先にハス口を上向きにつけて水の勢いを弱め、泥はねをしないように注意しましょう。

頻繁な水やりは根腐れを起こす

植物は水を切らすと枯れてしまいますが、用土の乾燥状態を確かめずに過剰な頻度で水やりを行うと、根を傷め、生育に悪影響をおよぼします。鉢のなかの用土が常に水で湿っている状態だと、根が腐ってしまうこともあるのです。根は水を求めて活発に生育するため、根に水が常に供給されて根が水を吸収しやすい状態では、根の発育が促進されず、生育に影響が出たり、一時的な乾燥にも弱くなったりしまいます。

水やりは簡単な作業のように思えますが、キンモクセイなどの植物に欠かせない作業です。ポイントを押さえて行うようにしてください。

Credit

記事協力

監修/宮内泰之
1969年生まれ。恵泉女学園大学人間社会学部社会園芸学科准教授。専門は造園学。とくに庭園等の植栽デザイン、緑化樹の維持管理、植生や植物相調査を専門とする。最近は休耕田の再生活動に取り組み、公開講座では自然観察の講師を担当。著書に『里山さんぽ植物図鑑』(成美堂出版)がある。

構成と文・さいとうりょうこ

Print Friendly, PDF & Email