不思議な形が魅力のロマネスコは、カリッコリー、カリブロとも呼ばれる、ブロッコリーとカリフラワーの仲間です。ひとつの小さなまとまりを作っている花蕾(からい)が、またもうひとつの同じ形をしたまとまりを作り、大きな螺旋状を描くフラクタル形態を形成しています。なかなか手に入りにくいことから、自分で栽培する人も多いようです。ここでは、ロマネスコの水やりのコツや注意点を、NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

Print Friendly, PDF & Email

ロマネスコを育てる前に知っておきたいこと

ロマネスコはカリフラワーの一種で、「ロマネスコ」という名前から連想できるように、イタリアを原産とした植物です。イタリアをはじめ地中海沿岸は、冬は湿度が高く、夏は高温で乾燥しています。

ブロッコリーやカリフラワーと同様、小さな花の蕾が集合している部分を食し、甘みがあり、クセのない味が特徴で、サラダなどにして食べるのが人気です。では、ロマネスコを育てるために知っておきたいことを見ていきましょう。

ロマネスコの基本データ
学名:Brassica oleracea var. botrytis
科名:アブラナ科
属名:アブラナ属
原産地:ヨーロッパ
英名:Romanesco broccoli、Cauliflower romanesco
収穫期:11月下旬~12月
花色:白、黄緑色
発芽適温:20〜25℃
生育適温:15℃〜20℃

近年、ロマネスコを栽培する人が増えており、種子や苗がネットなどで簡単に手に入りますが、美しいフラクタル構造を形成させるためには丁寧な手入れと、肥料やりが必要です。水やりも多少コツがいるので、中級者向けといえるでしょう。

植え付けは、低温になると花芽ができやすい性質を持っているので、晩夏がベストのタイミングです。涼しくなりすぎる前に植えないと、まだ株が小さい状態で気温が低い日に出合ってしまい、花芽が小さくなってしまうので気をつけましょう。

水やりの方法とそのタイミング

植物への水やりは、育てる上で何よりも重要な作業です。ロマネスコの場合、水やりのタイミングは土の表面が乾燥したときで、株全体に水が行き渡るよう、たっぷりと水を与えてください。土の中に適度な湿度を保たせるのがコツで、土の中が乾いているとロマネスコが美味しく育ちません。ロマネスコは鉢植え、地植えのどちらでも栽培できますが、それぞれ水やりの頻度は異なります。次の項からは、植えつけ別の水やりを紹介しましょう。

鉢で育てる場合の、ロマネスコの水やり

水やりの頻度

ロマネスコは、ほどよく湿った環境を好みます。水切れを防ぐため、植え付けの土が乾いたら適宜水やりしましょう。頻度は季節によって変化しますが、1週間に1〜2回ほどを目安に、朝に水をあげるようにしてください。市販の元肥が入った、pH調整済みの野菜用腐葉土を使用すれば水持ちも良く、失敗しにくくなるでしょう。乾燥を防ぐために、土の上に藁や腐葉土などを敷くのも良い土壌を保つのに役立ちます。

水やりのコツ

ロマネスコへの水やりのコツは、とにかく土を乾かさないことです。土は単純に水を与えるだけではなく、酸素を与える役割もあります。さらに、水は土の中にある栄養分を吸収させるためにも大事なものです。酸素が根全体に行き渡ることをイメージしながら株元に与えてください。しかし、水をあげすぎると根腐れを起こしたり、病気になったりする可能性があるので注意しましょう。

水やりの確認方法

ロマネスコは適度な湿度が必要ですが、多湿は嫌います。土が乾く前に頻繁に水やりしてしまうと、根腐れの原因になるので気をつけてください。水やりの確認方法は慣れれば目視でも問題ないですが、指で土を触り、土の湿り気を調べてみると確実です。さらに、もし葉がだらんと垂れてしまっている場合は、完全に水が足りていません。その時だけは、鉢の受け皿に水が溢れるほど与えてあげましょう。ただし、受け皿に水が溢れたまま長時間放置しないようにしましょう。鉢への吸水が落ち着いたら受け皿の水は捨てます。

地植えの場合の、ロマネスコの水やり

水やりの頻度

地植えで育てる人が多いロマネスコですが、雨が降らなかったり、日照りが続いたりして地面が乾いていたら水やりを行い、水を切らさないように気をつけましょう。頻度は1週間に1度を目処に、天候などを見ながら調節するようにしてください。

水やりのコツ

ロマネスコに水やりをするときの水量は、雨降りの日を想像して土全体が湿るまで、たっぷり与えるくらいです。根腐れを心配して水の量を遠慮気味にあげると、根全体に水分が行き渡らない可能性があります。与える際は、株元だけでなく株全体に水やりするのがコツです。

水やりの確認方法

ロマネスコに水やりが必要かどうかの確認方法は、指で確かめるのが確実です。土中の湿度を知りたい場合は、土に割り箸を挿して湿り気を調べる方法もあります。土に藁や腐葉土などをかぶせている人も、藁の下にある土の状態を触るなどして、土の湿度を確認しましょう。

水やりは、季節によっても多少変わります

水やりの具合は、天候のほか、植物の生育状態や季節で多少変わります。そこで、この項では季節ごとの違いを見ていきましょう。

晩夏(鉢植え、地植え)

暦の上では秋ですが、まだ残暑の厳しい日があります。朝に水を与えても、夕方には土がカラカラに乾いてしまう日もあります。暑さが続いたり、気温が高かったりした日は特に、土が乾かないように注意をしてください。高温が続く日は、1日に2回、水をあげる必要が出てくる可能性もあります。昼間与えてしまうと水が高温になり、根を傷めてしまうことがあるので朝と夕方に与えましょう。もう少し手入れをラクに行いたい方は、水切れを起こさないように藁や腐葉土などを施しておくと安心です。

秋(鉢植え、地植え)

ロマネスコはとにかく水切れを起こさせないことがコツなので、暑さが遠のいたからと気を緩めず、いざ暑い日がやってきたときに水をしっかりあげるようにしてください。涼しくなってきた頃が、ロマネスコの生育期です。水をたっぷり必要とする時期で、いつもより多めの水を与えても問題ありません。栄養がたっぷり行き届くように水を与え、豊かな株を育てましょう。

冬(鉢植え、地植え)

ロマネスコを育てる上で、冬は終盤の季節。管理も比較的ラクに感じる人が多いでしょう。大切に育てた株が大きくなり、いよいよ食べられるようになります。表面の土が乾燥したら水を与えるという作業は続け、花蕾が硬くなり、12cm〜15cmほどになったら刈り取るタイミングです。下葉を1〜3枚つけて収穫しましょう。

ロマネスコの水やり、注意点が知りたい

鉢植えの場合の注意点

鉢植えのロマネスコに水やりをする上での注意点を紹介します。基本的には、植え込みの土が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。

ただ、「たっぷり」と言ってもピンとこない人もいるでしょう。「多すぎ」の目安は、水やりをした際、鉢の受け皿に水が溢れるほど流れ出てきたときです。逆に「少なすぎ」は、土が濡れる程度のときで、根に水が届いていない可能性があります。理想は、水やりをして、鉢の受け皿から少し水が流れてくる程度です。受け皿にいつまでも水が残っていると根腐れが起きたり、虫がついたりする原因になるので、速やかに捨ててください。

しかし、時に水やりを忘れてしまって、葉が力をなくしてしまっている場合は、水切れを起こしている可能性があります。そういうときは、受け皿に水が溢れるほど水を与えて植物の様子を観察しましょう。水やりは、植物を育てる際に最も大事な作業で、季節や気候に応じて変化してくるものです。教科書通りに水を与えていると思わぬところで失敗してしまうこともあるので、植物の様子をこまめに観察すると上手に育つでしょう。

地植えの場合の注意点

地植えでロマネスコを育てる上での、水やりの注意点を見てみましょう。ロマネスコは、乾燥を嫌いますが、過湿の状態だと締まりのない株になってしまうので、水は与えすぎない方が美味しく育ちます。土の湿度を適度な状態に保つためには、植物の状態をこまめにチェックし、水をどれくらい与えたらどういう反応をするか観察するのが一番の方法です。

水やりは、植物に水分を与えるだけではなく、酸素や栄養分を供給し、温度を調節する働きもしています。天候や環境に合わせながら、そのことをイメージしながら水やりを行いましょう。

Credit

記事協力

監修/矢澤秀成
園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長
種苗会社にて、野菜と花の研究をしたのち独立。育種家として活躍するほか、いくとぴあ食花(新潟)、秩父宮記念植物園(御殿場)、茶臼山自然植物園(長野)など多くの植物園のヘッドガーデナーや監修を行っている。全国の小学生を対象にした授業「育種寺子屋」を行う一方、「人は花を育てる 花は人を育てる」を掲げ、「花のマイスター養成制度」を立ち上げる。NHK総合TV「あさイチ」、NHK-ETV「趣味の園芸」をはじめとした園芸番組の講師としても活躍中。

文・サグーワークス

Print Friendly, PDF & Email