ホームセンターや街の花屋さんはもちろん、インテリアショップや雑貨店などでも見かけることのあるアイビー。小さなミニ観葉であれば100円ショップなどでも苗を購入でき、そういったものでも上手に管理すれば大きく育てることができます。アイビーの正しい剪定方法を知って、美しいインテリア・グリーンとして楽しみましょう。NHK『趣味の園芸』などの講師としても活躍する、園芸研究家の矢澤秀成さんにお聞きしました。

Print Friendly, PDF & Email

アイビーを育てる前に知っておきたいこと

鉢から垂れ下がるように伸びたつるが、ナチュラルでさわやかな雰囲気のあるアイビー。常緑の観葉植物で、花よりも葉を観賞する植物です。実際、開花するアイビーの品種は限られており、開花品種であっても花がつくまでには数年かかり開花時期も短いため、アイビーを長く育てている人でも花を見ることができるのはめずらしいようです。

アイビーの基本データ
学名:Hedera
科名:ウコギ科
属名:キヅタ属
原産地: 北アフリカ、ヨーロッパ、アジア
和名: キヅタ
英名:Ivy
開花期:9〜12月
花色:黄緑、黄、ピンク
生育適温:0〜30℃

アイビーは丈夫な性質のため初心者でも育てやすく、トピアリーなどに這わせた立体的な楽しみ方も気軽にできます。鉢植えのインテリア・グリーンとして育てる人が多い植物ですが、寒さや暑さに強く日陰でも比較的よく育つため、フェンスに這わせたりグランドカバーにしたり、庭で活用するのもおすすめです。ただし生育が旺盛すぎるため、庭の樹木や建物の壁にまでつるが伸びてしまうと取り除くのが困難です。スペースの限られた庭では注意しましょう。

土いじりが苦手という人には、ハイドロカルチャーという手も。ハイドロカルチャーとは水耕栽培のことで、ふつうの用土の代わりに水耕栽培用の素焼きの土を使用します。アイビーはハイドロカルチャーでも育てられる植物なので、室内を土で汚すことなく楽しめます。

アイビーにも剪定は必要です

剪定とは、植物の枝や茎を切ることです。見た目を整えたり、生育を促したりする目的があります。剪定をせずにそのまま放っておくと、枝が伸びすぎて全体のバランスが悪くなったり、枝や葉が増えすぎて内側まで光が届かず病気や枯れ込みの原因になったりします。

アイビーは生育が旺盛な植物なので、すぐに繁りすぎた状態になったり、枝が必要以上に伸びすぎてしまったりします。定期的な剪定でバランスを整えましょう。アイビーの剪定には次のようなものがあります。

切り戻し剪定
伸びた枝や茎を途中で切って、株を一定の大きさに保ったり、バランスを整えたりする剪定です。植物は剪定した位置の下から新しい枝を伸ばします。ですから切り戻し剪定では、剪定した後に伸びる枝や茎の方向を想定しながら、芽の位置を確認して切る必要があります。

間引き剪定
不要な枝や茎をつけ根から切り落とす剪定で、「すかし剪定」と呼ばれることもあります。枝葉が混み合っている株の場合、間引き剪定を行うことで、風通しがよくなり内側まで光が届くようになります。隙間ができることで、枝や茎も伸びやすくなります。

知りたい! 剪定する目的とメリット

アイビーに必要となる剪定は、切り戻し剪定と間引き剪定です。それぞれの剪定の目的やメリットを理解しておきましょう。

切り戻し剪定の目的とメリット

伸びた枝をカットする切り戻し剪定は、アイビーの剪定でいちばん必要な剪定といえます。伸びすぎた枝を切ることで見た目を美しく整えるのが目的です。生育期に元気よく伸びた枝を切るほか、元気がなく葉が落ちて枝だけがヒョロヒョロと伸びてしまったものを切ることもあります。これは枝が伸びすぎて栄養が届いていない状態ですので、思い切り短く切り戻して株をリフレッシュさせる目的があります。

切り戻し剪定を行うと、見た目のバランスがよくなるメリットがあります。また植物は剪定することで新しい枝を伸ばしていきますので、新しい新鮮な枝葉がつくことで元気に育てることができるのもメリットのひとつです。

間引き剪定の目的とメリット

間引き剪定は不要な枝や見苦しい枝を取り除くのが目的です。アイビーはこんもりとした姿が魅力的ですが、あまりに繁りすぎてしまうと株の内側まで光が届かず、弱った枝や枯れこんだ枝が出てきます。そういった枝は根元からばっさり切ってしまいましょう。見苦しい枝を取り除くことで美しい見た目を保ち、枝葉が混みすぎた状態を解消することで風通しがよくなり、病気予防のメリットがあります。

剪定に適した時期を見極めましょう

アイビーの剪定は生育期間の間に行いましょう。4月上旬〜10月上旬が剪定可能な時期です。

切り戻し剪定の適期

元気なアイビーであれば、新芽がたくさん出て繁りはじめる5月中下旬と、生育期間が終わりに近づき全体的にこんもりしてしまった9月中下旬にそれぞれ1回ずつ剪定すると、見た目も美しく保てます。葉の数が少なく枝だけがヒョロヒョロと伸びてしまっているアイビーの場合は、生育期間であればいつ剪定してもかまいません。

基本的な方法

切り戻し剪定は伸びすぎた枝を切る剪定です。基本的には好みの位置で切ってかまいませんが、切るときは節の5〜10mmほど上の位置でカットしましょう。カットした位置から新しい芽が出てきます。全体のバランスを見ながら、伸びている枝をすべてカットしていきましょう。少し短く切りすぎても心配ありません。

このとき注意したいのが木質化した枝です。アイビーの新しい枝は比較的やわらかめで緑色をしていますが、枝が古くなってくると、かたく茶色になり木の枝のようになります。これを木質化といいます。木質化した枝は剪定しても新しい芽が出ません。そのため、木質化した部分で剪定してしまうと、茶色の枝だけが残る状態になります。見た目が悪くなってきますので、必ず緑色の新しい枝を切るようにしましょう。

剪定した枝は挿し木ができます。水挿しなら食卓に置いてグリーンを楽しみながら増やすことができます。
水挿しの手順は以下のとおりです。

①剪定した枝で元気のあるものを選び、下のほうの葉を取り除きます。

②そのまま水の入ったグラスや空き瓶、一輪挿しなどに挿します。水の中に葉が浸からないようにしましょう。

③太陽が直接当たらない場所に置き、毎日水を取り替えます。

④10日〜2週間ほどで根が出ます。新しい葉が出てきたら3号ポットに植えつけます。水挿しした根は柔らかく折れやすいので、優しく植え替えます。

間引き剪定の適期

間引き剪定も生育期間である4〜9月に行います。剪定は、繁りすぎてきたかなと思った時に行えばよいですが、枯れ枝を見つけた時はそのつど切り除きます。

基本的な方法

変色した枝など枯れ込んだ枝を根元から切り落としましょう。あまりにも繁りすぎて、株元がいっぱいいっぱいになっている場合は、普通の枝でも根元から切ってしまってかまいません。その際は、全体のバランスを見ながら間引きするように切っていきます。枝を間引きして風通しをよくすることで、病気の予防になります。

剪定のポイントは枝や茎の選び方です

剪定は難しいと思っている人も多いかもしれませんが、アイビーの場合は基本的には、伸びすぎた枝を切ると思っておけば大丈夫です。丈夫な植物ですので、短めに切ってしまっても枯れたりすることはほとんどありません。アイビーの剪定で必ず切るべき枝は次のような枝です。

徒長枝
その年に伸びた枝で、勢いよく伸び過ぎている枝。または葉があまりつかずヒョロヒョロと細長く伸びてしまった枝。

枯れ枝
変色して枯れている枝。

アイビーの剪定にはコツがあります

アイビーは丈夫で初心者でも育てやすい植物です。ある程度放っておいてもぐんぐん成長します。元気のあるアイビーであれば5月中下旬頃、3分の1くらいの大きさに切ってしまっても、夏の間にこんもりと愛らしい姿になってきます。ですから、失敗を怖がらずに思い切って剪定しても心配ありません。逆に弱っているアイビーは、短かく剪定することで元気を取り戻すことがあります。

剪定するときの注意点はこちらです

アイビーの剪定は神経質になる必要はありませんが、ひとつ注意したいのは、木質化した枝です。木質化した枝とは、かたく茶色になった木のような枝です。通常アイビーの枝は緑色をしていますが、枝が古くなってくると木質化してきます。木質化した枝は剪定しても新しい芽が出ません。木質化した部分で剪定すると、新しい葉がつかず茶色の枝だけがむき出しになります。見た目も良くないので、必ず緑色の新しい枝を切るようにしましょう。

また、アイビーに限らずどの植物にも共通していえることですが、剪定に使用するハサミは、よく切れるもので清潔なものを用意しましょう。特に病気になった植物を剪定したハサミなどは、病原菌がアイビーに感染してしまう可能性もあるので、剪定バサミの刃を消毒薬に浸すか、バーナー等で焼いて消毒します。

Credit

記事協力

監修/矢澤秀成
園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長
種苗会社にて、野菜と花の研究をしたのち独立。育種家として活躍するほか、いくとぴあ食花(新潟)、秩父宮記念植物園(御殿場)、茶臼山自然植物園(長野)など多くの植物園のヘッドガーデナーや監修を行っている。全国の小学生を対象にした授業「育種寺子屋」を行う一方、「人は花を育てる 花は人を育てる」を掲げ、「花のマイスター養成制度」を立ち上げる。NHK総合TV「あさイチ」、NHK-ETV「趣味の園芸」をはじめとした園芸番組の講師としても活躍中。

構成と文・ブライズヘッド

Print Friendly, PDF & Email