たくさんの蔓を伸ばして、高みを目指す夏の代表花、アサガオ。大切に育てて長く楽しみたいですよね。そんなアサガオには、日々の水やりのほかにも、大切なお手入れがあります。そのひとつが「剪定」。ここでは植物の剪定についての基本とともに、アサガオの剪定の仕方をみてみましょう。All Aboutガイドで、ガーデンライフアドバイザーの畠山潤子さんにお聞きしました。

Print Friendly, PDF & Email

アサガオを育てる前に知っておきたいこと

アサガオは比較的育てやすい植物です。一方で、新品種を作り出すのがブームになったほど、奥の深い植物でもあります。

アサガオの基本データ
学名:Ipomoea nil
科名:ヒルガオ科
属名:サツマイモ属
原産地:熱帯から亜熱帯地域
和名:朝顔(アサガオ)
英名:Morning glory
開花期:7~9月
花色:赤、ピンク、白、青、紫、複色
発芽適温:20~25℃
生育適温:20~25℃

アサガオを種から育てるなら、5月の連休明けから6月いっぱいくらいまでが適期です。5月以降はポット苗も出回り始めるので、夏の遮光に緑のカーテンを作りたい場合は、早めに植えつけましょう。

夏至を過ぎた7月頃には、次々と花が咲き始めます。この頃に開催される朝顔市などで開花鉢を買い求めた場合も、種や苗から育てたのと同様に10月くらいまで楽しむことができます。

剪定には、いろいろな種類があります

剪定とは、植物の姿形を整えたり、生育や結実の調整をするために茎の一部を切り取ったりする作業のこと。脚立を立てて行なうような大掛かりなものから、草花の切り戻しのような細かい作業までを含みます。剪定というと、庭木の枝切りばかりを想像しがちですが、それだけではありません。

多くの植物は、日光を求めて片側だけ伸びがよかったり、生育が旺盛で姿が乱れたりします。時には、繁りすぎることで、風通しが悪くなり病気が発生することも。

人の手が届かない山の中では致し方ないかもしれませんが、家の庭で伸びるに任せてジャングルになってしまっては困りもの。そうしないためにも、また、庭で植物がすくすくと生育でき、美しい姿でいられるようにするためにも、剪定という作業が必要になるのです。

剪定は主に、植物の姿形を整える、花つきや結実をよくする、通風や採光をよくし、生育を助ける、株や枝の若返りを図ることなどを目的として行います。

従って、剪定には、以下の作業が含まれます。

枝下ろし
樹木の大きい枝の芽を残さずに、枝分かれした元から切り落とすこと。

枝透かし(枝抜き)
通風や採光を妨げているような込みすぎた枝を、枝分かれした元から切り取ること。

刈り込み
全体の形を刈り整える作業。

切り戻し(※)
伸びた茎(枝)を短く切り詰める作業。

摘心(摘芯、ピンチ、芯止め)
枝茎の先端の芽(頂芽)を摘むこと。これにより、脇芽(腋芽、側芽)を出させたり、開花を促したりします。

※切り花で、花材の水あげをよくするために茎の根元を新しく切り直すことも「切り戻し」といいます

アサガオに剪定って、じつは必要です

アサガオのような草花でも、すくすくとした株の状態で長く楽しむためには、必要に応じて随時、剪定が必要になります。

アサガオに行なう剪定は、大きく分けて、2の項で説明した「摘心」と「切り戻し」の作業です。

知りたい! 剪定する目的とメリット

切り戻しの目的とメリット

アサガオを切り戻しする目的は、伸びすぎた蔓や葉を整理して、姿形を整えることです。

アサガオのような蔓性植物は、気づかない間に蔓同士が絡み合っていることがあります。そのまま放っておくと、ほどけないほどの塊になって見苦しいだけでなく、通風の妨げにもなります。余分な蔓は伸びすぎてしまう前に、切り戻しておくようにしましょう。

また、不要な蔓を切り戻しで取り除くことにより、蔓に余分なエネルギーを取られることがなく、そのぶん多くの花を楽しむことができるというメリットもあります。

なお、大輪アサガオは、花芽の数を調整して、よい花を咲かせることを目的に、切り戻しすることがあります。

摘心の目的とメリット

アサガオを摘芯する目的は、葉の枝数とともに、花数を増やすことにあります。

アサガオをはじめ多くの植物は、「頂芽優勢(ちょうがゆうせい)」という性質をもっています。これは、茎の先端にある芽(頂芽)の生長のほうが、茎の側面につく脇芽よりも優先されることを指します。つまり、摘心をしないでそのまま育てていると、優先された茎だけが伸びて、脇芽の生長は抑制されてしまうので、花は優先された茎先にしかつかず、その結果、花数が少ない…ということになってしまうのです。

摘心をしなくても自然に分枝するものもありますが、アサガオは摘心することで、葉の枝数が増えて繁りやすくなります。緑のカーテンを仕立てる場合、摘心で葉の枝数を増やせば、密に繁ってネットを覆うことができるというメリットがあります。

剪定に適した時期を、見極めましょう

アサガオの剪定は、その目的によって、適した時期が異なります。

摘心の適期

摘心の作業は、脇芽を出すのが目的なので、植えつけ後の本葉が7枚くらいになったら、頂芽を摘みます。その後の摘心を何回行なうかは、アサガオの仕立て方によって変わってきます。

切り戻しの適期

切り戻しは、傷んだ茎や蔓を取り除くとともに、増えすぎた蔓があれば切って形を整えます。従って、特定の時期に限定せず、日々の水やりの際にでも、気がついたら随時行うとよいでしょう。

なお、開花期になると、毎日の作業として、花がら摘みが加わります。咲き終わった花をそのままにしておくと、種を作るために多くのエネルギーを使います。ある程度の種を結び、子孫を残すという目的を果たしたアサガオは、その後の生育が衰えてしまいます。

花がら摘みは、花がらを早く取り除くことによって、種を作るために使われるエネルギーを生育に回して、できるだけ長い期間アサガオの花を楽しむために行ないます。開花期間中は、この花がら摘みを兼ねて、切り戻しをしてもよいでしょう。

アサガオの剪定方法は、難しくありません

摘心の方法

摘心は、初夏の定植後に、本葉が5~7枚くらいになったら行います。方法は、アサガオの頂芽をハサミで切り取るか、茎が柔らかいものは指先でひねるようにして摘み取ります。

切り戻しの方法

アサガオの切り戻しは、夏から秋の間、随時行ないます。方法は、不要な蔓を切りたい位置までたどってカット。誤って、残したい茎を切ってしまわないよう、注意しましょう。

花がら摘みの方法
夏の開花期間中は、花がら摘みが頻繁に必要です。前述したように、この花がら摘みと一緒に、切り戻しをするのがおすすめです。花がら摘みは、花が咲き終わったら、花首の下の茎をたどって、分岐している元のところで切ります。このとき花のすぐ下で切り取っても、“種をつけさせない”という花がら摘みの目的は果たせますが、切ったあとの茎が突き立って見苦しいので、元から切るようにしましょう。

なお、萎れた花弁だけをむしり取っても、花の根元の子房(種となる胚珠を包んでいる部分)が残っていると、種を結ぶので意味がありません。剪定の目的をきちんと意識して、切り取ってください。

剪定のポイントは、枝や茎の選び方です

庭木の場合には、「忌み枝※」と呼ばれる枝を剪定し、形を整えていきますが、アサガオの剪定をする際には、どのような枝を選んで切ればよいのでしょう。

摘心の場合は、アサガオの頂芽を切るので迷うことはありません。切り戻しは、不必要に伸びて暴れているような蔓や、繁りすぎて混み合っている部分を選んで切り取ります。また、気づかないうちに風など何らかの理由で、茎が途中で折れていることがあります。いずれ萎れて枯れてしまうだけなので、こういった茎なども取り除いておきましょう。

※「忌み枝」美しい木の形を保つときに、不要な枝のこと。枯れ枝、徒長枝、立枝、逆さ枝、懐枝、重なり枝、かんぬき枝、車枝、絡み枝、垂れ枝、胴吹き、ひこばえがあります。

アサガオの剪定には、コツがあります

アサガオを剪定するときのコツは、ズバリ「切るべき時に、切るべき枝を切る」。これに尽きます。

時々、「花が咲いていると、もったいなくて切れないのよ」という声を聞くことがあります。咲いた花が何日も美しい姿でとどまっているのであれば、もったいないという気持ちもわかります。しかし、一日花であるアサガオの場合は、長く咲いても夕方までなので、これには当たりません。これまで述べてきた剪定の意義からみても、そのまま放っておくほうが悪影響になります。

また、園芸を始めたばかりというビギナーには、「ハサミを入れるのが怖い」という方も。植物の剪定は、人間にたとえると散髪のようなもの…と考えれば、ハサミを持つ手が軽くなるのではないでしょうか。

剪定するときの注意点はこちらです

アサガオに限らず、植物を剪定するときの注意点は、「剪定の際は清潔なハサミを使う」ということが挙げられます。

庭で多種多様な植物を育てている場合、道具を媒介として病気がうつってしまうことがあります。あきらかに「病気にかかった植物を切った」とわかっている場合は、ハサミの消毒が必要。といっても、強い薬品や難しい作業は必要ありません。普段は水で洗ったあとに、水分をよく拭き取り、オイルを塗っておく程度でよいでしょう。消毒したいときは、薬局で売られている消毒用エタノールの使用が手軽です。

美しく見せる、アサガオの仕立て方

最後にアサガオの仕立て方について簡単に触れておきましょう。

もっともポピュラーなのは、「行灯仕立て」。ほかには、1本の蔓をそのまま伸ばして仕立てる「本蔓仕立て」、摘心して子蔓を出して仕立てる「子蔓仕立て」、子蔓をさらに摘心して孫蔓を出して仕立てる「孫蔓仕立て」があります。

一般的には、本葉が5~7枚程度になったら摘心をして脇芽を出させ、伸びた子蔓を行灯仕立て用の支柱に誘引して仕立てる「子蔓仕立て」にすることが多いようです。

このほか、1本の支柱に螺旋状に巻いた針金を固定し、そこにアサガオの蔓を這わせる「らせん仕立て」、蔓が伸びるたびに下葉を2枚残しながら摘芯を繰り返して小さく仕立てる「切り込み仕立て(盆栽仕立て)」といった仕立て方があります。

Credit

記事協力

監修/畠山潤子
ガーデンライフアドバイザー
花好きの母のもと、幼少より花と緑に親しむ。1997年より本格的にガーデニングをはじめ、その奥深さや素晴らしさを、多くの人に知ってもらいたいと、ガーデンライフアドバイザーとして活動を開始する。ウェブ、情報誌、各種会報誌、新聞などで記事執筆や監修を行うほか、地元・岩手県の「花と緑のガーデン都市づくり」事業に協力。公共用花飾りの制作や講習会講師などの活動も行っている。
All Aboutガーデニングガイド
Flower Garnet

Print Friendly, PDF & Email