清涼感のある強い香りが特徴的なセージは、古来より「不老長寿のハーブ」として用いられてきた植物です。料理の際に肉の臭みを消したり、ハーブティーに利用したりできるほか、美しいカラーリーフとして庭に彩りを添えてくれます。そんなセージの育て方を知り、暮らしに取り入れてみませんか。ここではコモンセージを例に、その管理方法をみてみましょう。All Aboutガイドで、ガーデンライフアドバイザーの畠山潤子さんにお聞きしました。

Print Friendly, PDF & Email

セージを育てる前に知っておきたいこと

セージは「ヤクヨウサルビア」の名前からもわかるように、花壇などでよく見かける園芸植物のサルビアの仲間です。古くから民間療法に使われてきたコモンセージのほか、さまざまな園芸品種があります。

セージの基本データ
学名:Salvia officinalis
科名:シソ科
属名:サルビア(アキギリ)属
原産地:地中海沿岸地方など
和名:薬用サルビア(ヤクヨウサルビア)
英名:Common Sage
開花期:5月~7月
花色:ピンク、白、青、紫など
発芽適温:20℃前後
生育適温:20℃前後

セージを種から育てるなら、春4~5月頃か、秋9~10月頃が適期です。春と秋のガーデニングシーズンにはポット苗もよく出回っていますので、園芸ビギナーの方なら苗から育て始めると良いでしょう。伸びた枝は料理やハーブティーのほか、クラフト材料にも使えます。

種類を知ると、選び方がわかります

ハーブとしてのセージは、一般的に「コモンセージ」のことを指します。この園芸品種として、以下のような種類があり、コモンセージ同様に利用できます。

ゴールデンセージ(S. officinalis ‘Icterina’)
名前のとおり、黄色みのある明るい葉色のセージ

トリカラーセージ(S. officinalis ‘Tricolor’)
緑に白と赤紫の斑が入った葉が特徴のセージ

パープルセージ(S. officinalis ‘Purpurascens’)
赤紫の葉色が特徴のセージ

以下は、主に観賞用とされるセージの園芸品種です。中南米やヨーロッパ南部原産で、半耐寒性(-5℃くらいまで)のものが多く、寒冷地では冬の対策が必要です。

チェリーセージ(S. microphylla)
無農薬ならエディブルフラワーになります。

ペインテッドセージ(S. virdis サルビア・ホルミナム)
ドライフラワーとして利用するといいでしょう。

ボッグセージ(S. uligionsa)

メキシカンブッシュセージ(S. leucantha)
ドライフラワーやポプリにして楽しみます。

メドーセージ(S. pratensis、サルビア・プラテンシス)
サルビア・ガラニチカ(S. guaranitica、メドーセージの名で流通)

ローズリーフセージ(S. involcurata)

以下はハーブとして利用できるサルビアの仲間です。

クラリーセージ(別名・オニサルビア、S. sclarea)
強い芳香を持ち、精油が採れます。

パイナップルセージ(S. elegans)
料理の香りづけや、ポプリによく使われます。

スパニッシュセージ(ホソバサルビア、S. lavandulaefolia)
料理やティーにおすすめです。

グリークセージ(S. fruticosa)
コモンセージに似ています。

いずれも鉢植え、地植えどちらでも楽しめます。種袋や苗についているラベルを参考に、植え場所や生長後の姿をイメージしながら、好みのセージを選びましょう。

セージを育てるときに必要な準備は?

セージは鉢植えでも、地面に直接植える地植えでも育てることができます。育てるときは、以下のものを用意しましょう。

準備するもの(鉢植え、地植え共通)
セージの苗または種

*鉢植えの場合は、下記のものも用意
・鉢またはプランター
・培養土
・鉢底ネット
・鉢底石(無くても可)

なお、セージは日なたを好みますので、植え場所や鉢の置き場所も考慮しておきましょう。

適した土作りが、育てるコツの第一歩

セージは水はけ、水もちのよい土に植えます。また酸性が強い土や過湿を嫌うので、その点を考慮した土を使うのが望ましいでしょう。

鉢植えの場合は、市販のハーブ用培養土、もしくは草花用培養土で問題ありません。しかし、製品によりセージに対しては水はけが悪いこともあります。そういったときは、砂やパーライトを足すことで改善されます。

自分で単用土をブレンドして作る場合には、赤玉土と腐葉土、パーライトを6:3:1の割合で混ぜます。

地植えの場合には、あらかじめ植え場所に、堆肥や腐葉土をすき込んで耕しておきます。水はけが悪いときは、川砂も加えて水はけをよくしてください。

また、酸性土の中和のために、苦土石灰を施したり、用土に籾殻くん炭や草木灰を混ぜたりするのも有効です。

いずれの場合も、あらかじめ元肥として緩効性肥料を施しておきましょう。

セージの育て方にはポイントがあります

セージの育て方には、市販の苗を購入して育てる方法と、種から育てる方法があります。植物栽培に慣れていない方、セージを育てるのが初めて…という方は、苗から育て始めると失敗が少ないでしょう。

セージの育て方~苗から始める~

苗の選び方

セージの苗は、園芸店やホームセンターの園芸コーナー、ネット通販などで入手することができます。前述のセージの種類や、それぞれの苗についている、開花イメージの写真ラベルなどを参考にして選んでみましょう。

売り場には同じ品種でもたくさんの苗がトレイに並んでいると思いますが、苗にも良し悪しがあります。虫がついている、白いカビのようなものがついている…といった苗はいわずもがなですが、周囲の他の苗と比べて葉色が悪かったり、萎れているような苗は避けましょう。

また、ヒョロヒョロと背丈だけが伸びて茎が弱々しいもの、葉と葉の間が間延びしているものは「徒長」といい、日照や栄養状態に問題があったことを示します。こういった苗も避けたほうがよいですね。

よい苗は、株元がクラクラすることなくしっかり根が張り、ズングリガッシリしていますから、なるべく、そういった苗を選ぶようにしましょう。

購入後は、後述の「セージと仲よくなる、日々のお手入れ」と同様に管理します。

セージの育て方~種から始める~

種まき時期

セージの種は、気温20℃前後が発芽しやすい(発芽適温)ので、種まきの適期は春3~4月頃、または9~10月頃になります。

発芽のコツ

セージの種は、種まきから2週間ほどで発芽します。他の植物に比べ、芽が出てくる割合(発芽率)が低めなので、それを念頭においてください。種を多めにまく、発芽に適した温度と湿度を維持するといったことが、発芽しやすくさせるコツになります。

種まき方法

セージの種は、一旦ポリポットや育苗箱に種まきしたあと、丈夫な苗を選別して植え場所に移植する「鉢まき、箱まき」にします。

セージの種は、ゴマ粒程度の大きさです。厚紙に種をのせてパラパラと「ばらまき」にするか、ピンセットでひと粒ずつ種をつまむ、あるいは湿らせた爪楊枝の先にひと粒ずつ吸いつけるようにして、まき床に「点まき」にします。発芽率が低いので、やや多めにまきます。

セージの種は、発芽の際に光が必要な「好光性(こうこうせい)」の種です。種をまいたあとに、あまり厚く土を被せてしまうと発芽しません。種まき後は、種の上に土をふりかけるように薄く覆土します。

芽が出るまでは、種が乾いてしまわないように管理します。発芽後、芽が混んでいるところは適宜間引きを行ない、本葉が3~4枚になったら植え替え(定植)します。

種まきから開花するようになるまでの時間はかかりますが、本来丈夫な性質ですので、定植後の手間はあまりかかりません。

立派に育てるための、植え替え時期と方法

鉢植えの場合は根が回りやすいので、根詰まりを防ぐためにも1~2年に1回、ひと回り大きい鉢に植え替え(鉢増し)をしてあげましょう。植え替えは春か秋が適期になりますが、特に春の新芽が伸びてくる頃は、その後の生育も盛んなのでベストな時期です。

セージと仲よくなる、日々のお手入れ

市販のセージの苗を入手した場合は、できるだけ早く定植場所に植えつけしましょう。水はけ、水もちのよい土が適しています。

日当たりの好きなセージも、盛夏の高温と強い日差しには弱い傾向があります。鉢植えの場合は強光を避けられる風通しのよいところに移動することができますが、地植えの場合はその点も考慮して、植え場所を決めましょう。

セージは、小さい苗のうちは摘心で枝数を増やし、まずは株を大きく育てるようにします。その後、枝が伸びてきたら随時切り戻しをしながら収穫ができます。

セージは基本的には丈夫な性質の植物ですが、高温多湿を嫌います。あまり枝葉が混み合っていると、蒸れてしまうことがあるので、梅雨時前など収穫も兼ねて混みあった部分の茎葉を切り取り、通風をよくしてあげましょう。

コモンセージは耐寒性がありますが、冬は雪や霜で葉が傷んでしまうので、降霜前に地上部を刈って霜よけをしておきます。半耐寒性のセージについては、寒冷地では鉢上げをして軒先で管理します。

なお、セージは、年数とともに株元から木質化してきます。株が老化する前に挿し木などで株の更新を図りましょう。

水やりのタイミング

鉢植えの場合は、基本的に「鉢土が乾いたら鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと」水やりをします。時間帯は、日が高くなる前の朝~午前のうちに済ませます。

セージは過湿を嫌いますので、まだ鉢土が湿っているのにもかかわらず、ただ漫然と日課として水やりをすることのないように注意しましょう。

苗を地植えにした場合は、定植時にたっぷりと水やりします。苗が根づいたあとは、基本的に水やりの必要はありません。

※カンカン照りの中に置いていたジョウロやホース内の水は、予想以上に熱くなっている場合があります。水やりの前に、チェックするクセをつけておきましょう!

肥料の施し方

セージは、苗の定植時に長くゆっくり効くタイプの「緩効性肥料」を施す程度で、あまり肥料を必要としない植物です。

鉢植えの場合は、植替えの都度、用土に緩効性肥料を加えておきます。

株を充実させたい、花つきをよくしたいときなど、追肥をする場合には、4~6月と9月頃に、月1回程度の割合で固形肥料を施します。置き肥をする場合は、株際に置くのではなく、根張りをイメージして、展開した葉先の下あたりに、半分くらい埋めるような形で置いてください。

肥料は過剰に与えると、根が肥料やけを起こす場合があります。肥料を与える際には、注意書きをよく読み、使用量を守って与えるようにしましよう。

剪定を行うときは、時期に注意しましょう

セージの剪定には、脇芽を出させる「摘心」と、伸びすぎた茎を整理する「切り戻し」があります。

摘心は、定植後にしっかり根づいて茎が伸び始めたら先端を摘みます

切り戻しは生育期間中、気がついた時に傷んだ茎を取り除くとともに、葉が繁って混み合っている部分を透かすように切って風通しをよくします。

また、開花期間中は、咲き終わった花の花がら摘みを兼ねて、花穂ごと切り戻しを行ないます。

セージの増やし方が知りたい!

セージは、種の採取と挿し木で増やすことが可能です。

挿し木(挿し芽)の時期と方法

セージの挿し木は春4~5月頃か、秋9~10月頃が適期です。若い元気な茎を先端から10㎝ほど挿し穂として切り取ります。大きい葉は蒸散を防ぐため半分に切り、土に埋もれる部分の葉は取り除いておきます。

挿し穂は小1時間ほど水あげをしてから、湿らせた赤玉土やバーミキュライトなど肥料分のない用土に挿し、土が乾燥しないように注意して管理します。3週間ほどで根が出るので、根を傷めないように鉢上げをして、育てていきましょう。

種の採取と保存方法

セージも他の植物のように、花が終わったあとに種を結びます。それを採取して次の種まきで増やすことができます。

セージはひとつひとつの花が小さく、気づかないうちに種がこぼれてしまっていることがあります。確実に種を採りたい場合は、花がしぼみきる前に花穂ごと不織布やネット袋などで包んでおくか、種が熟す直前に花穂ごと切り取って、乾燥させるとよいでしょう。

毎日の観察が、病気や害虫を防ぐコツです

セージは丈夫な性質で、あまり病虫害は出ませんが、繁りすぎて風通しが悪いような場合、葉に白い粉が吹いたようになる「うどんこ病」になることがあります。

また、高温期に、葉裏から栄養を吸汁するハダニの虫害が出ることがあります。。

セージはハーブとして料理にも使いますから、できれば薬品を使わずに対処したいですよね。方法としては、うどんこ病対策には病気の出た枝葉は切り取って処分するとともに、繁りすぎた枝を切って風通しをよくします。ハダニには、葉裏に霧吹きなどで散水(シリンジ)をします。

病虫による害は、いずれも毎日の観察が被害を広げさせないコツになります。

セージと相性のいい寄せ植え植物

セージは、株が小さいうちであれば寄せ植えの花材としても使えます。寄せ植えにするポイントとしては、似たような環境を好む植物と組み合わせることです。セージの場合は、日なたで風通しがよく、やや乾燥気味の場所を好む植物になります。

同じように料理などに使えるタイムやローズマリー、ラベンダーといったハーブと一緒に植えて、キッチンハーブのひと鉢を作ってみても、おもしろいですね。ですが、いずれも繁りすぎる前に、単独の鉢で育てたほうが、その後の生育にはよいでしょう。

また、セージをハーブとしてではなく、カラーリーフの植物として捉えると、寄せ植えやハンギングバスケットの花材として幅広く使うことができます。

香りよいセージの収穫と利用法

セージの収穫は、香りの高い朝のうちに収穫するのがおすすめです。収穫したセージは、フレッシュのままハーブティーにしたり、肉の臭み消しや、肉・魚料理の風味づけにしたりすることができます。また、リースなどのクラフト素材としても利用できます。

たくさん収穫できた場合は、乾燥させて保存瓶に入れておけば、ドライハーブとしていつでも使うことができます。

※セージには健胃整腸、抗菌、抗酸化作用のほか、女性ホルモンに働きかける作用など、さまざまな薬効があります。一方、妊娠中の方の飲用には注意が必要です。また、体質によりアレルギー反応を起こす場合がありますので、ご注意ください。

Credit

記事協力

監修/畠山潤子
ガーデンライフアドバイザー
花好きの母のもと、幼少より花と緑に親しむ。1997年より本格的にガーデニングをはじめ、その奥深さや素晴らしさを、多くの人に知ってもらいたいと、ガーデンライフアドバイザーとして活動を開始する。ウェブ、情報誌、各種会報誌、新聞などで記事執筆や監修を行うほか、地元・岩手県の「花と緑のガーデン都市づくり」事業に協力。公共用花飾りの制作や講習会講師などの活動も行っている。
All Aboutガーデニングガイド
Flower Garnet

Print Friendly, PDF & Email