ブルーベリーは果樹のなかでは育てやすく、家庭果樹として人気があります。春から初夏に白色あるいはピンクで鐘型の可憐な花を咲かせ、夏、たわわに実る果実は、まるで青紫色の宝石のよう。秋には美しく紅葉します。出回る品種は100以上ありますが、それらは基本的な栽培方法に大きな違いはありません。ここでは肥料の施し方と注意点を紹介します。監修・三輪正幸(千葉大学環境健康フィールド科学センター助教)

Print Friendly, PDF & Email

ブルーベリーを育てる前に知っておきたいこと

植物を育てるうえで施肥は大きなポイントとなります。ブルーベリーも例外ではありません。肥料について学ぶ前に、まずブルーベリーを育てるための基本情報を知っておきましょう。

ブルーベリーの基本データ
学名:Vaccinium spp.
科名:ツツジ科
属名:スノキ属
原産地:北アメリカ
和名:ブルーベリー、ヌマスノキ、アメリカスノキ
英名:blueberry
開花期:4〜5月
花色:白、ピンク
植え付け時期:落葉期(関東以西では11〜3月、寒冷地では2月下旬〜3月中旬)
収穫期:6〜9月
耐寒気温:−20〜−10℃

ブルーベリーは品種のタイプによって、ハイブッシュ系とラビットアイ系に大別されます。果実を実らせるためには受粉が必要となりますが、ラビットアイ系の品種のブルーベリーは、自分自身の花粉では受粉しにくい傾向にあります。そのためラビットアイ系のブルーベリーを育て、果実を収穫するためには、同じラビットアイ系で別の品種を一緒に育てる必要があります。ハイブッシュ系のブルーベリーは1本でも受粉し、結実する品種もありますが、同じハイブッシュ系で異なる品種を一緒に育てて受粉させたほうが、確実に実つきがよくなり、果実が大きく育ちます。

また、他の多くの植物が中性〜弱酸性の土を好みますが、ブルーベリーは酸性の土を好み、pHでいうと5.0前後の土でよく育ちます。そのため多くの土ではpHを調整していないピートモスなどを土に混ぜて、pHを下げて育てる必要があります。

ブルーベリーを育てるときに肥料は必要なの?

養分は循環する

ブルーベリーに限らず植物は、根を使って土のなかから吸収した養分(元素)を元に成長に必要な成分を作り出しています。自然の土のなかには数多くの小動物や微生物が生息し、落ち葉や枯れ枝などを分解し、さまざまな養分を作り出しています。その養分はそこに育つ植物の栄養となり、植物は動物に食べられ、その動物も他の動物の栄養となります。動物のフン、枯れた植物などはまた土のなかに戻ります。自然のなかでは多くの元素が植物や動物の養分となり循環しています。

栽培するために必要な肥料

ところが草花や野菜、樹木を育てる場所ではそれらの植物に吸収された養分(元素)は収穫という形などによって土から持ち出されてしまうため、土の養分の量は減ってしまいます。その減った分の養分を補うものが肥料なのです。養分が不足すると植物の成長は阻害され、うまく育たなかったり病気や害虫の被害を受けやすくなったりします。ブルーベリーも例外ではなく、丈夫に育ち、花を咲かせ、結実させるためには、肥料が必要となります。

植物に必要な「肥料の三大要素」

植物が成長するために必要な元素を必須元素といい、17種類が知られています。そのうちの窒素、リン酸、カリは植物のからだをつくり、成長するためにとくに重要な元素で、また多く必要とすることから「肥料の三大要素」といわれます。市販される肥料には三大要素がそれぞれどれくらい含まれているかが「N-P-K=8-8-8」などと表記されています。この数値は100g中に窒素などの成分が8g*ずつ含まれることを表します。

*重量比で窒素(N)が8%、リン酸(P)が8%、カリ(K)が8%

種類を知ることが、適した肥料選びの近道

有機質肥料と化学肥料

有機質肥料
動物や植物を由来とする有機物を原料に作られる肥料を「有機質肥料」といいます。有機質肥料はさらに動物質肥料と植物質肥料に分けることができます。動物質肥料としては魚かすや骨粉などで、窒素やリン酸が主成分となります。植物質肥料としては植物の種子(ダイズやナタネなど)から油をしぼり取った残りのかすなどがあります。一般に有機質肥料はゆっくりと効果が現れます。

化学肥料
一方、無機質の原料に化学的操作を施すことで作られる肥料を化学肥料といいます。一般に無機化合物ですが、尿素(にょうそ)のように有機化合物の化学肥料もあります。化学肥料は、窒素・リン酸・カリのうち、含有する主成分が1種類である単肥と、2種類以上含む複合肥料に分けられます。化学肥料は、一般に効果が現れるのが早いという特徴があります。

肥料を与える時期とタイミング

栽培初期に与える元肥

肥料は、与える時期・タイミングによって、大きく元肥と追肥に分けることができます。元肥は苗や苗木を植え付けるときに事前に施しておく肥料で、すぐに効果を発揮する必要はないので、ゆっくりと効果を発揮する肥料を施します。元肥は水はけや通気性など土壌の改良などを兼ねて堆肥や腐葉土などとともに、有機質肥料をメインにした肥料を施します。

寒肥と春肥は元肥の一種
ブルーベリーなど果樹では、休眠期である冬の時期に施す肥料を「寒肥(かんごえ)」といって有機質肥料を施しますが、休眠が終わる頃に効果を発揮することを期待して施す肥料のため、元肥の一種と考えてよいでしょう。春先に施す肥料を「春肥(はるごえ)」とよぶこともあります。2月中旬〜3月中旬に春肥として、化成肥料に加えて油かすなど有機質肥料主体の肥料や堆肥など、緩効性の専用肥料を施します。

栽培中に与える追肥

元肥を施しただけでは植物の成長に伴って肥料分が不足してしまいます。その不足した肥料分を補うために追加する肥料を追肥といいます。すぐに効果が現れてほしいため、速効性の肥料を用います。追肥には、充実した芽を育てるための「芽だし肥(めだしごえ)」や、開花時や結実時、あるいは収穫後に、果実をつけるために使った養分を補給するための「お礼肥(おれいごえ)」などがあります。5月(芽出し肥)と9月(収穫後のお礼肥)に追肥として速効性の化成肥料などを施します。

ブルーベリーへの肥料の与え方が知りたい

肥料は根の広がる範囲全体に施す

根が広がっている範囲に肥料を施す必要がありますが、根の広がる範囲は土の中なので確認することができません。一般的に、根の広がる範囲と葉の広がる範囲は同様の傾向があるので、庭植えの場合は葉が広がる範囲の土の部分全体に肥料を施します。鉢植えの場合は、鉢土の全体に均一に施します。昔は根の広がる先端部の土にのみ、肥料を施すことを推奨されたこともありましたが、最近では根の広がる全体に均一に施すことが一般的です。

また、庭植えの場合はそれほど神経質になる必要はありませんが、プランター栽培の場合は、水やりによって土のなかの肥料分が流れ出やすいため、肥料切れに注意しましょう。プランター栽培では、鉢の縁に固形肥料を置くか、液体肥料などを水やり代わりに与えます。基本的に毎月1回程度で構いませんが、株の成長具合を見ながら与えましょう。

ブルーベリーに肥料を与えるときの注意点は?

様子を見ながら少量ずつ与える

肥料の種類によって与える量は変わってきます。追肥の基本は株の様子を見て少量ずつ与えます。与えた肥料がどのくらい効くかを知るためには、株をよく観察して、量を覚えていくことが大切です。与えた肥料は減らすことができないので、少量をまいて様子を見て、足りないようなら追加で与えるとよいでしょう。

肥料を与えすぎるとどうなるの?

肥料焼けに注意

肥料は施せば施すだけ効果があるというわけではありません。多量の肥料を一時に施すと、土のなかの肥料濃度が高くなり、根の機能に支障をきたして、水を吸い上げることもできなくなって、ひどい場合には枯れてしまいます。こういった現象を「肥焼け」あるいは「肥料焼け」といいます。肥料は適切な時期に適切な量を施すことが重要です。

また肥焼けを起こすほどでなくても、必要以上に肥料を施すと株が弱り、病害虫の被害も多くなる場合があります。とくにプランターで育てる場合は土の量が限られているため肥焼けを起こしやすくなるので注意が必要です。

Credit

記事協力

監修/三輪正幸
1981 年岐阜県生まれ。千葉大学環境健康フィールド科学センター助教。専門は果樹園芸学。NHK「趣味の園芸」の講師をつとめ、家庭でも果樹を気軽に楽しむ方法を提案している。著書に『かんきつ類―レモン、ミカン、キンカンなど (NHK 趣味の園芸12 か月栽培ナビ(6))』(NHK 出版)、『果樹&フルーツ 鉢で楽しむ育て方』(主婦の友社)、『おいしく実る! 果樹の育て方』(新星出版社)、『果樹&フルーツ 鉢で楽しむ育て方』(主婦の友社)などがあり、監修書に『からだにおいしい フルーツ便利帳』(高橋書店)、『小学館の図鑑 NEO野菜と果物』(小学館)などがある。

構成と文・童夢

Print Friendly, PDF & Email