多肉植物は幅広い世代に人気で、女性だけでなく、男性もハマる人が続出している植物。一方、うまく育てられない…とお悩みの方もいらっしゃるはず! 今回は、多肉植物を上手く育てるための2つのコツを、ハーバルライフコーディネーターの堀久恵さんにご紹介いただきます。多肉植物を育てる最大の楽しみは、「簡単に増える」こと。クローンの小さい赤ちゃんが生まれる瞬間を、ぜひ味わってみてください。

Print Friendly, PDF & Email

多肉植物ってどんなもの?

多肉植物ってどんなもの?

多肉植物とは、葉や茎に水分をため込んでおける仕組みを持った植物たちのこと。このぷくっとした葉はほとんど水分で、昼間は40℃・夜は氷点下になる、雨がほとんど降らない、といったような過酷な環境を生き抜くため、省エネ設計になっている植物です。非常に多くの種類があり、サボテンも多肉植物の一つなのですよ。もともとは北・南・中央アメリカが原産で、アフリカ・ヨーロッパ・オセアニア・アジアなど世界中に広く分布しています。

多肉植物をうまく育てる2つのコツ

そんな過酷な環境で生きられる植物ゆえに、育てやすいといわれる一方で、「多肉植物ってうまく育てられない…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか? もともと、日本の環境とは全く違うところで生まれ育った多肉植物たちですから、育てていくのは少々コツが必要! でも、そのコツさえつかめば、非常に丈夫で育てやすく、手間のかからない植物ですので、初心者さんでも楽しめると思います。

自生地は日差しがとても強く、乾燥しているような場所のため、日本で育てるには、2つのコツが必要です。

1つめのコツ:置き場所

多肉植物は、雨の当たらない屋外に置いてください。屋外管理が基本です。

可愛い姿なので、室内で見ていたい…という気持ちは分かりますが、室内では日差しが足りません。室内の明るさは人の目には十分でも、多肉植物が必要としている光量には届かず、生育が困難になります。

2つめのコツ:水やりのタイミング

水は、10~20日に1回くらい、さーっとかける程度で十分!

ほかの一年草などと同じタイミングだと、水が多すぎて、根腐れを起こします。

とにかく、過湿にしないことがコツです。少しぐらい水やりをしないで放置していても、簡単には枯れませんので大丈夫ですよ。留守にしがち・出張が多い・長期間旅行に出かけることが多いという方にとっては、嬉しいポイントですよね。

多肉植物は、気温40℃なんていう場所もへっちゃらですが、湿気はあまり得意ではありません。日本は長雨や湿気があるので、じめじめしがち。そこに水も多く与えてしまうと、失敗の大きな原因につながります。

「葉のハリがなくなってきた頃」というのも1つの目安になります。本当に水が必要かどうか、よく観察してから与えてくださいね。

『太陽はしっかり当たるけど、雨は当たらないところに置き、水やりは控えめで、じめじめさせないこと!』

これだけしっかり守れば、多肉植物は丈夫に育ってくれますよ。

多肉植物を増やしてみよう!

伸びたものは、そのままにせず、思い切ってカットしましょう。実は、多肉植物は手軽に増やすことができます。今回は葉挿しという方法をご紹介しますね。時間もかかりますし、向いているものと、向かないものがありますが、寄せ植えを作る時や、管理をしていて落ちてしまった葉も使えたりするので、チャレンジしてみましょう! 小さい多肉の赤ちゃんができた時には感動しますよ。

<葉挿しの方法>

1. 伸びてきた枝などを株元でカットします

1、伸びてきた枝などを株元でカットします
Before
1、伸びてきた枝などを株元でカットします
After
切った後

切ったものがこちら。

2. 茎から葉を丁寧に1枚ずつ、切り離しましょう

茎から葉を丁寧に1枚ずつ、切り離しましょう

3. これを新聞紙などの上に広げ、屋外に置いて、切り口を乾燥させましょう

屋外に置いて、切り口を乾燥させましょう

4. しばらくすると、切り口から根っこが出てきて、葉っぱの根元に小さい赤ちゃんが!

切り口から根っこが出てきて、葉っぱの元に小さい赤ちゃんが!

5. 上の写真くらいのサイズになったら、土にそっと置きましょう

この時、植える必要はありません。もともと付いていた葉も無理やり取らず、自然にぽろっと取れるまでそっとしておいてください。水やりは、霧吹きやジョウロのシャワーなどで、さーっとかける程度で十分です。この「葉挿し」という作業に向いている時期は、春と秋です。

ひょろひょろ上に伸びてきたら…?

可愛らしい姿に惹かれて買ったけど、育てているうちに、ひょろひょろと上に伸びてしまい、これでいいの…? と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

多肉植物は、買った時の姿から、あまり変わらないのが理想。種類にもよりますが、コンパクトに、葉と葉の間が空かないように育てられるとよいでしょう。

多肉植物

日当たりが不足すると、ひょろひょろと茎が伸びてきます。これは生長ではなく、「徒長」といって、光量不足のサイン。徒長してしまったら、せっかくの可愛らしい姿ではなくなりますし、そこから日光に当てたとしても絶対に元には戻りませんので、ご注意を。徒長してきたかな? と思ったら、置き場所をもう一度見直してみてください。

そして、あまりにも伸びてしまったら、思い切ってカットして、葉挿しで増やすのも楽しいですよ。これは多肉植物でしかできない体験♪ ぜひやってみてくださいね。

Credit

写真&文/堀 久恵(ほり ひさえ)

花音-kanon- 代表、ガーデンセラピーナビゲーター。

生花店勤務を経て、ガーデンデザイン・ハーブ・アロマセラピー等を学び、起業。植物のある暮らしを通じて、病気になりにくい身体を作り健康寿命を延ばすことを目指した「ガーデンセラピー」に特化した講座の企画運営と庭作りを得意とする。植物に囲まれ、日々ガーデンセラピーを実践中。埼玉県熊谷市在住。
https://kanongreen.com/

Print Friendly, PDF & Email