土を耕したり、頭上のバラを剪定したり。ガーデニングの中では、ちょっと大がかりな作業が必要になることもあります。そんな時には、大きなシャベルや脚立など、大きめの庭道具が大活躍。本格的なガーデンには必要不可欠な、大型のガーデンツールをご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

大型のガーデンツール

Syda Productions/Shutterstock.com

ガーデニングは簡単に始められる趣味ですが、本格的にたくさんの植物を植えたり、それらが大きく育ってきたりすると大きめの道具が必要になる場面が増えてきます。特に地植えの庭を持っている方は、シャベルやフォークが登場する機会が多くあるはず。庭木の剪定や資材の運搬も、大型のガーデンツールがあるだけでぐっと簡単に作業を進めることができます。今回はそんな大型のガーデンツールの中でも、一般的によく使われている基本の道具をご紹介します。

シャベル(スコップ)

Passakorn sakulphan/Shutterstock.com, RTimages/Shutterstock.com

土を深く返せる大きなシャベルは、ガーデンでは最もよく登場する庭道具です。主に広い範囲の土を耕すために使います。左のように先端がとがったタイプは剣シャベル(剣スコップ)と呼ばれ、土を掘り返したり、固い土の塊を崩したりする際に便利。ジャガイモなど、家庭菜園での根菜類の収穫時や畝をつくる際にも活躍します。右の角シャベルは、先端が直線的で物をすくい上げるのに向いた形。土を運ぶほか、植物の移植に利用します。どちらもステンレス製のものを選ぶと、手入れが簡単ですよ。

フォーク&熊手

RTimages/Shutterstock.com, 3DMAVR/Shutterstock.com

先が分かれたフォークは、固い土壌を耕すのに最適な道具です。シャベルが入らないような土でもほぐすことができ、肥料を混ぜたり、空気に触れさせたりすることができるので、土壌改良の際にとても便利。いろいろなサイズがありますが、大きなフォークは踏み込んで使えるので力を入れやすいのが利点です。ちょっと形の似ている右の熊手は、抜いた雑草や枯れ枝、落ち葉などをかき集めて整理することができるので、ガーデンでは何かとよく登場する道具です。

カート

4)Ljupco Smokovski/Shutterstock.com

大きな庭なら、運搬用具として欠かせないのがカートです。培養土をはじめ、ガーデニングに使う資材は重量があるものが多く、それらを運ぶのは体力仕事になりがち。カートがあれば、ぐっと負担を軽減することができます。土や大きな庭道具を運ぶほか、ガーデンや家庭菜園で収穫できた野菜や果物を運ぶためにも重宝します。平面ではない土の上でも動かしやすく、安定感のあるものを選ぶとよいでしょう。

脚立

5)Mikbiz/Shutterstock.com

ガーデニングに脚立? と思うかもしれませんが、植物の丈が伸びると意外と高い位置での作業が増えるものです。その際、安定感のある姿勢で作業しないと、怪我をしてしまう危険が増えます。特につるバラの誘引時などには、少し高い位置での足場が必要不可欠。普通の脚立でかまいませんが、持ち運びがしやすい重さで、しっかり安定するものがオススメです。

ほうき

Winai Tepsuttinun/Shutterstock.com

地面に落ちた花弁や落ち葉の整理のために、ガーデンやベランダなどでは、屋外用のほうきは欠かせません。見た目をきれいに保つのはもちろんですが、地面付近を掃除しないと、枯れ葉などがたまって病害虫が発生しやすくなることがあります。オススメは、かがまずに履いたり、立ててしまえて省スペースな収納が可能な自立タイプのもの。使い勝手のよいほうきがあれば、気になった時にいつでもささっと掃除ができます。

ちょっとずつ揃えたい 大きなガーデンツール

大きめのガーデンツールは、力を入れやすかったり、一度にたくさんの作業ができたり、いろいろなメリットがあります。大きな庭道具を使うと、今までの作業がとてもラクに進められるということもよくあります。ですが、このような大型のツールは収納にスペースが必要なのもまた事実。ガーデンシェッドなどがあれば収納もしやすいですが、ベランダガーデンなどでは道具のスペースの確保が難しい場合もあります。スコップやフォークなどは、ハンドツールでも対応できるので、一つひとつ必要に応じて揃えていくのがよいでしょう。

Print Friendly, PDF & Email