トップへ戻る

【輸入住宅の庭実例】豊かな緑で覆われたナチュラルガーデンを拝見!

【輸入住宅の庭実例】豊かな緑で覆われたナチュラルガーデンを拝見!

今回ご紹介するのは、神奈川県横浜市にあるオシャレな輸入住宅の庭。緑豊かなナチュラルガーデンは、植栽やガーデンファニチャーで変化を持たせ、見所がいっぱい。輸入住宅によく似合うステキなデザインのファサードと、まるで自然の中のように緑に囲まれる庭の実例をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

個性的なデザインのファサードを彩る植栽

輸入住宅らしい、個性があり素敵なエントランス。
輸入住宅らしい、個性のあるヨーロッパ風デザインのエントランス。
シャープな剣葉を持つユッカやフイリヤブランをレイアウトし、スタイリッシュな雰囲気に。
シャープな剣葉を持つユッカやフイリヤブランをレイアウトし、スタイリッシュな雰囲気に。

今回ご紹介する神奈川県横浜市の住宅は、今から40年ほど前に輸入住宅会社で設計・施工されました。玄関扉は古代ギリシア建築風の柱のような装飾が施され、まるでヨーロッパの住宅のような雰囲気。板を水平に重ねながら張り合わせたラップサイディングの外壁は白、玄関扉は淡いペパーミントグリーンと、上品な色彩です。

エントランス前の花壇には、シンボルツリーのオリーブを植え、ポストを設置。シックな紺色のポストと、白い2本のフレームとのコントラストが目を引きます。このエントランスの植栽は花にプラスして、ディアネラやフイリノシランなど細長い葉を持つ常緑植物を取り入れることで、一年中緑が絶えないようにしています。濃い葉色のユッカは玄関ポーチ脇に、その隣に明るい葉のフイリヤブランを配して、バランスよくオシャレに植栽しています。

リビングのガラスケースにも海外を感じさせるコレクションが

リビングから庭を眺める
リビングから庭を眺める。

エントランスから室内へ進み、リビングから外を眺めれば、開放的な掃き出し窓の向こうに、緑あふれる庭景色が広がります。壁際のガラスケースには奥様が集めたナンタケットバスケットのコレクションや、船のグッズが飾られていて、異国情緒を感じさせてくれます。

ガラスケースには、コレクションのナンタケットバスケットがいっぱいに。
ガラスケースには、コレクションのナンタケットバスケットがいっぱいに。

ちなみにナンタケットとは、米国・マサチューセッツ州南東部コッド岬の南、48km先にある島のこと。「遠い島」や「遠く離れた海上の地」を意味するネイティブアメリカンの言葉に由来します。島の伝統工芸品で「世界一美しいカゴ」とも称されるナンタケットバスケットは、手作りで同じものが2つとなく、また籐、オーク、チェリー、メープルなどの素材により、大きく表情が変わるのが特徴です。

バスケットとともに飾られていた、涼やかなシルバーの船のグッズ。
バスケットとともに飾られていた、涼やかなシルバーの船のグッズ。

自然の中にいるかのような緑あふれる庭

2階から眺めた庭の全景。中央の植栽スペースをぐるりと囲うように、歩きやすい小道が整備されている。
2階から眺めた庭の全景。中央の植栽スペースをぐるりと囲うように、歩きやすい小径が整備されている。
リビング前のウッドデッキに出れば、伸びやかな緑を満喫できる。
リビング前のウッドデッキに出れば、伸びやかな緑を満喫できる。
庭の中央には植栽スペースが。奥にはパーゴラも見える。
庭の中央には植栽スペースが。奥にはパーゴラも見える。
アジサイ‘アナベル’やカレックスに、銅葉の植物を合わせて引き締め役に。
アジサイ‘アナベル’やカレックスに、銅葉の植物を合わせて引き締め役に。
流木のオブジェ。
流木のオブジェ。

リビング前のウッドデッキからは小径が両側に向かって伸び、庭をぐるりと回るようにして、庭の最奥部に設置された木製パーゴラに続きます。小径はデザインや歩きやすさなどのメリットはもちろん、植栽や芝生のスペースを制限することで、雑草対策の手間も軽減し、メンテナンスの負担も減ります。

小径に囲まれた庭中央の植栽スペースには、純白の花を咲かせるアジサイ‘アナベル’や細葉のカレックス、銅葉の植物を植栽。みずみずしい緑にカラーリーフをワンポイントとして加え、庭景色に変化がつくよう工夫されています。

植栽スペースの中には、子どもたちが遊び場として楽しむ流木のオブジェも。植栽スペースには土留めがなく、小径とシームレスにつながるので、ナチュラル感満載です。

ハンギングや木製ベンチのあるパーゴラ

庭に向かって右側の、レンガタイルを飛び石のようにランダムに並べた小径。植栽スペースとの区切りがなく、緑と一体化するような自然な雰囲気。
庭に向かって右側の、レンガタイルを飛び石のようにランダムに並べた小径。植栽スペースとの区切りがなく、緑と一体化するような自然な雰囲気。
庭の最奥に設えられたパーゴラとベンチ。
庭の最奥に設えられたパーゴラとベンチ。
ハンギングバスケットや鉢植えで彩られたリラックススペース。
ハンギングバスケットや鉢植えで彩られたリラックススペース。

小径をたどると、庭の最奥にあるパーゴラに到着。パーゴラの下には、ヴィンテージな雰囲気の木製ベンチが据え付けられ、その周囲はブッドレアやシルバーリーフなどの鉢植えが飾られています。パーゴラからはアンティークな照明やハンギングバスケットが吊り下げられ、リラックスして庭を楽しむのにぴったりな快適空間に。

自然風でメンテナンスも簡単なウッドデッキ

リビングと庭をつなぐ掃き出し窓正面にあるウッドデッキ。
リビングと庭をつなぐ掃き出し窓正面にあるウッドデッキ。
手づくり風の小さな鉢植えは、椅子に乗せて観賞しやすい高さに。
手づくり風の小さな鉢植えは、椅子に乗せて観賞しやすい高さに。

リビングにつながるウッドデッキは、じつは天然木ではなく人工木。木粉とプラスチックを配合し、天然木のような風合いを再現した人工木は、自然な色合いと質感を持ちながら、一般に防虫薬品不要で経年劣化も起こりにくいのがメリットです。

ウッドデッキの端にはオリーブの鉢植えがさりげなく置かれ、折りたたみできるナチュラルな風合いのパラソルとともに、地中海を感じさせるようなオシャレな空間が演出されていました。

次々に見所が現れる小径

庭に向かって左手の小径を歩いていくと・・・
庭に向かって左手の小径を歩いていくと・・・
赤いリンゴの実が!
赤いリンゴの実が!
覗いてみるとメダカがいる水鉢も。
覗いてみるとメダカがいる水鉢も。

パーゴラに向かうもう1つの小径の途中には、鉢植えに真っ赤なリンゴの実がなっていたり、水草の間に可愛らしいメダカが泳ぐ水鉢があったり、歩を進める度に小さな可愛らしい発見が。景色に変化を持たせることで、見所満載のガーデンになっていました。

まとめ

雑草のない、緑の絨毯のような芝生の維持管理は大変ですし、観光ガーデンのように手入れの行き届いた庭づくりは手がかかります。しかし、必要に応じて小径をつくることで雑草が生えるスペースを少なくし、その周辺に自分の好きな植物を植えれば、四季の花の彩りをもっと簡単に楽しむことができます。また、自然なガーデン風景には色合わせもポイント。葉色の濃淡をバランスよく配置すると、庭に変化を生みつつもナチュラルな印象にまとまります。赤茶やエンジ色など銅葉のカラーリーフは主張が強いため、まとめてたっぷりと植えるより、ところどころにワンポイントで植栽して引き締め役にしたほうが、まとまりがよくなります。

流木などのオブジェ、ガーデンファニチャーもカジュアルな庭演出に一役買ってくれます。ベンチは座ったりくつろいだりといった実用面はもちろん、庭のフォーカルポイントとしてガーデンデザインのアクセントにもなります。

こんな緑あふれるナチュラルガーデンが暮らしのそばにあれば、毎日が心地よく、穏やかに過ごせそうですね。

設計施工:株式会社プロトリーフ niwa-kura 中田理英子

クラブバナー 庭づくり
RGCバナー
Print Friendly, PDF & Email

人気の記事

連載・特集

GardenStoryを
フォローする

ビギナーさん向け!基本のHOW TO