最近、SNS上で「マイホーム記録」や「マイホーム計画」といったハッシュタグが多くみられ、自宅を素敵に演出したり、快適さを追求する人が増えています。ライトアップは手軽に自分でできる住宅の演出方法としておすすめです。ポイントは家のテイストに合わせた光の演出術。あなたのおうちにぴったりなライトアップの方法をご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

カントリーテイストならこれ! ~住宅を彩る可愛らしい光~

カントリーテイストならこれ!~住宅を彩る可愛らしい光~

カントリーテイストの住宅というと、どのような住宅を思い浮かべますか? 一口にカントリーテイストといってもフレンチカントリーや北欧風、南欧風などさまざまなバリエーションがありますが、例えば上の写真のような真っ白な壁にオレンジ色の洋風瓦屋根、曲線を描くレンガの小道、季節の植物の彩りというように、自然素材を使った素朴な味わいのある住宅のことをカントリーテイストとよびます。曲線的なデザインがやさしく可愛らしいイメージで、若い女性に人気があります。ライトアップの際にもその可愛さを際立たせられるように心掛けましょう。

実際にどのようにライトアップするのがよいのでしょうか?

カントリーテイストの住宅に似合うオススメのライト

まず、カントリーテイストの住宅に似合うおすすめのライトをご紹介。

上の写真にもあるように、『マリンライト』はカントリーテイストの住宅にピッタリ! 地面に置いて設置するタイプ、壁面に取り付けるタイプ、土に挿して固定するタイプ…とたくさん種類があるので、理想に近いライティングができます。

マリンライトの種類
左から:デッキタイプ(地面に置く)、スパイクタイプ(土に挿す)、ペンダントタイプ(壁面取付)

また、カントリーテイストの住宅に似合う光の演出として、ふんわりとした優しい光で照らすことがあげられます。おすすめは《あかりだまり》というテクニックを用いたライティングです。《あかりだまり》は植物などの中にライトを設置し、植物の中から光が溢れ出るような演出ができます。

その他にも『ポールライト』を使用し、空間全体をふんわりと照らす《間のライティング》も、カントリーテイストの住宅と相性が良いです。

あかりだまり イメージ     間のライティング イメージ
左:あかりだまり イメージ/右: 間のライティング イメージ

それに+αで、シンボルツリーを照らす《アップライティング》や、玄関までの道のりを照らす《パスライティング》などを取り入れてみると、より美しい光の演出となります♪

アップライティング イメージ  パスライティング イメージ
左:アップライティング イメージ/右: パスライティング イメージ

モダンテイストならこれ! ~シンプルだけど、しっかりと魅せる光~

モダンテイストならこれ!~シンプルだけど、しっかりと魅せる光~

モダンテイストの「モダン」には、近代的・現代的という意味があり、余計な装飾を省き、鉄・ガラス・コンクリートといった無機質な素材を多用しています。最近ではあえて窓を少なくし、壁面の面積を多くとるタイプの住宅も見かけます。

モダンテイストの住宅といっても、和モダン、シンプルモダン、ラグジュアリーモダン…などさまざまな種類がありますが、今回はその中でもシンプルな無地の壁面に、直線的な外装の「シンプルモダン」に着目してご紹介します。

実際にどのようにライトアップするのがよいのでしょうか?

モダンテイストの住宅におすすめのライティング

直線的な外装が特徴のモダンテイストの住宅には、光も直線的に見せ、さらには暗い部分と明るい部分がはっきりとわかる陰影を強くつくるライトアップがおすすめ。明暗をはっきりと見せることで、モダンテイストのかっこいい雰囲気をより際立たせることができます。

明暗をはっきりと見せるためには、どのライトを使用するかがポイント。光の配光角度が狭ければ狭いほど光は直線的で明暗の差が強く出て、配光角度が広ければ光は全体的にほわんと柔らかく照らします。

モダンテイストにおすすめなのは、直線的な光が演出できる「狭角」のライト。写真のように壁に光のラインを描くライティングテクニックを《ウォールライティング》といいますが、シンプルな無地の広い壁があればこそ映えるライティング方法です。

次におすすめのライティングテクニックは、樹木の影を壁面に投影し光(明)と影(暗)で演出する《シャドーライティング》です。

このライティングテクニックは過去の「庭を幻想的に演出して安全度もアップ! 背の高い樹木のライトアップ方法をご紹介」の記事にて詳しくご紹介しています。

このようにモダンテイストの住宅は、シンプルなデザインだからこそいろいろなライトアップを試すことができます。ぜひお試しください。

シャドーライティング イメージ  ウォールライティング イメージ
左:シャドーライティング イメージ/右:ウォールライティング イメージ

和テイストならこれ! ~落ち着きと趣を感じさせる光~

和テイストならこれ!~落ち着きと趣を感じさせる光~

和テイストの住宅は、一番思い浮かべやすい住宅テイストだと思います。

伝統的な和のデザインや「障子」「格子」「瓦」などといった和の要素を取り入れた、どこか懐かしさを感じる住宅。

和テイストの住宅では、和の要素を活かしたライトアップや光の色味に気を付けながらライトアップすると美しい夜の和庭園を演出することができます。

実際にどのようにライトアップするのがよいのでしょうか?

和テイストの住宅におすすめのライティング

昔の日本には、昼は障子越し、夜は行燈で明るさを得る文化がありました。この2つには現代にも通ずる共通の照明技法が使われています。

それは、二つとも“光源を直接見せず和紙で囲い、光をぼかしている”ということです。障子越しの太陽の光や、行燈の光はどこかぼんやりとしていて落ち着きますよね?

実はこの技法は、現代の和のライトアップでも非常に重要なことなのです。

モダンテイストの住宅とは違い、和のライトアップは強い影の陰影を付けず、光をぼかし柔らかな印象を与えるのが特徴です。

その他にも「光の色味」「光の位置」「光の明るさ」この3つのことに気を付けてライトアップをしましょう。これらのことを更に詳しく説明していくと「3低の光」というものに辿り着くのですが、こちらは前回の記事「夜の和風庭園を彩る光~和のライティングのコツとオススメの照明器具」に詳しく記載しています。

リゾートテイストならこれ! ~南国のような雰囲気漂う光~

リゾートテイストならこれ!~南国のような雰囲気漂う光~

リゾートテイストの住宅というとどのような住宅を思い浮かべますか?

アジアンリゾートを思い浮かべた方もいれば、地中海リゾートや南米風リゾートを思い浮かべた方もいるのではないでしょうか?

ここでは、石材やタイルをふんだんに使用し、葉の尖ったニューサイランや椰子の木、ソテツなどの南国の植物に囲まれた住宅を例にしてご紹介します。

リゾートテイストの住宅では、リゾートをイメージさせる植物をライトアップしたり、海を連想させる青色のライトを使用して照らすとよりリゾート感を演出することができます。

実際にどのようにライトアップするのがよいのでしょうか?

リゾートテイストの住宅におすすめのライティング

椰子の木やニューサイランなどといった南国の植物がある場合は、「ガーデンアップライト」で照らし出しましょう。リゾート感はもちろんのこと、庭のシンボルとしてその存在感を目立たたせることもできます。

また、ウォーターガーデンを取り入れている場合は、水中でも使用できるローボルトの「ウォーターライト」を使用し、非現実的で神秘的な夜のウォーターガーデンを演出しましょう。

一方、ウォーターガーデンや椰子の木などを取り入れていない場合でも、簡単にリゾート風に見せるテクニックがあります。

それは「青色のライト」や「ラタンを使用したライト」を使用することです。海を連想させる「青色」の光に、「電球色」のラタンライトを使用すると「光の色」だけでも十分にリゾート感を演出することができます。リゾートテイストの住宅に最も合わせやすい光の演出です。

椰子の木ライティング イメージ  ウォーターライティング イメージ
左:椰子の木ライティング イメージ/右:ウォーターライティング イメージ
海をイメージした青色の光     ラタンライト使用 イメージ
左:海をイメージした青色の光/右:ラタンライト使用のイメージ

いかがでしたか?

今回は、4つの住宅テイストに合わせた光の演出についてご紹介しました。

住宅によって光の演出方法を変えると、よりマイホームのよさが生かされ、愛着もひとしおです。新しく住宅を建てる時や、外観どうしよう…と悩んでいる時にはぜひこの記事を思い出してくださいね。

Credit

LEDIUSロゴ

LEDIUS Lighting Lab.
『LEDIUS Lighting Lab.』は、庭に快適な光を計画・提案する〝ライティングデザインチーム〟、庭に新たな光を考え、創造する〝商品企画チーム〟、庭に最適な照明器具を形にする〝開発チーム〟、庭の光の価値を伝える〝セールスプランチーム〟からなる屋外照明のプロフェッショナル集団。
エクステリア、ガーデン、商業施設などあらゆる空間に合った照明器具デザイン、空間デザインを通して光の価値、重要性を考え、新しさ、ワクワクする光の提案を行っていきます。

Print Friendly, PDF & Email