樹木や緑の植物、庭石などを中心に構成される和風庭園は、静かなたたずまいが魅力です。室内からただ眺めているだけで、ホッと一息つける空間があるのは、暮らしの質を向上させてくれます。そんな和風庭園を夜も美しく光で彩りませんか? 今回は、和のライティングとオススメの照明器具をいくつかご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

『3低の光』で彩る、和の空間

夜の和風庭園を彩るポイントは、『3低の光』。

『3低の光』とは、

①「低輝度(明るすぎない光)」

②「低位置(低い位置から照らす)」

③「低色温度(あたたかい色味の光)」

のこと。和のライティングに最も適した光の演出方法です。

ここではその『3低の光』について詳しくお話しします。

「低輝度」について

「低輝度」について

「低輝度」というと少し難しく感じますが、光を受けた面の明るさ…つまり、見た目の明るさです。

左の写真のように、光が強すぎるとせっかくの雰囲気が少し失われてしまい、季節によっては暑苦しく感じられるかもしれません。

それに対し、右の写真は弱い光で優しく照らし出し、落ち着きのある上品な和のライティングになっています。光の強さひとつで、雰囲気も見た目も全く変わってきます。

では、どのような照明器具がより簡単に「低輝度」を実現してくれるのでしょう?

大前提は眩しくないこと。弱い光でも眩しければ脳は「強い光」と捉えてしまいます。ですので、眩しさを感じさせない〝グレアレス〟の照明器具や、〝間接光〟で柔らかく照らしましょう。

また、照明器具を入れすぎないことも大切です。庭のライティングは、明るければいいというものではなく、光と影をコントロールし、雰囲気を演出するために行います。光のバランスを考えながら、あえて暗い場所を作ったり、ライトの位置や数を調整していくと、上品な夜の和風庭園を演出することができます。

「低位置」について

「低位置」について

ところで、「サーカディアンリズム」というものをご存知でしょうか?

サーカディアンリズムとは、1日の体内時計や生体リズムのことをいいます。人は、朝日を浴びておき、太陽が沈み暗くなると眠る。このリズムを持った生活を何万年も繰り返してきています。

一見、ライトアップとは全く関係なさそうですが、実はライトアップをする上でサーカディアンリズムは非常に重要なことです。

昼間、太陽が真上にあるとき人々の行動は活発になります。

逆に夜間、太陽が沈むと、人々は落ち着きや安らぎを取り戻して眠りにつきます。

ライティングにもこれと同じような効果があります。上のほうから照らすライティングは人の活動を活発化させるので、オフィスなどの作業をするのに適した光。逆に足元にライトがあると空間に落ち着きや安らぎ、趣を感じさせることができます。

和のライティングはこの特徴を活かし、上から照らすより足元に光を置き、庭に落ち着きを与えます。「低位置」ライティングは、簡単に取り入れることができる和の庭の演出の一つです。

「低色温度」について

「低色温度」について

「低色温度」とは、あたたかい色味の光のことを指し、単位はK(ケルビン)で表されます。

お昼頃の太陽のような色は「5000K~7500K」、世間一般的な電球の色は「3000K」、日の出後や日没前のオレンジ色の空の色は「2700K」であるといわれています。このように、色温度が下がれば下がるほど、あたたかい色味の光になります。和のライティングには、3000K以下の光の色がピッタリで、蝋燭のような温かい色味の光(2000K)で照らすと、より和を強調することができます。紅葉などがあるお庭には、赤色の光を使用したカラーライティングでも美しい夜の和風庭園を演出することができますね♪

【豆知識】情緒ある和の光、1/fのゆらぎで和の趣UP!

蝋燭のようにあたたかな色味(2000K)の光に、自然界の心地よいリズムとされる1/fゆらぎを取り込んだ「庭ゆらぎ」というゆらぎの光を使用することで、本物の蝋燭のような演出となり、和の趣をより高めることができます。

【1/fのゆらぎのイメージ図】
【1/fのゆらぎのイメージ図】

2000K」対応商品はこちら:
https://db.ledius.jp/?s=%E3%81%BB%E3%81%AE%E3%81%82%E3%81%8B%E3%82%8A

「1/f庭ゆらぎ」対応商品はこちら:
https://db.ledius.jp/?s=%E3%82%86%E3%82%89%E3%81%8E

和風庭園を最大限に活かしたライティングテクニック

もともと和風庭園にこだわりを持ち、「砂利」や「灯篭」「池」「筧」などがある方にとっておきのライティングテクニックがあります!

砂利

砂利のライトアップ

砂利のライトアップは、アップライトを使用し、首が地面と平行になるよう傾けます。そうすることで、砂利の波打ったような模様が照らし出され、心地よい光と影の演出に。

灯篭

灯篭

灯篭がある方は、アップライトで照らすと夜の和風庭園を彩るシンボルとなり、光源部分のみのライト(赤みの強い光)などを灯篭の中に忍ばせたりすると、まるで蝋燭がそこにあるかのような演出が可能になります。

※写真はアップライトで照らしたものです。

池

家に池がある方にオススメなのが「ミラーライティング」。

水辺の景色を水面に鏡のように映し出す照明方法です。アップライトを植栽の背後に設置し、根元から真上に向けて照らすと水面に樹木が映って、神秘的な空間を演出することができます。

筧

筧も、アップライトで横から照らしたり、水鉢の中にウォーターライトを忍ばせたりすると、和を強調させるとともに、水と光の演出でより一層美しいものになります。

※写真はアップライトで照らしたものです。

和をテーマにした照明器具のご紹介

本物の和紙を使用したライト!? ~和風ライト 粋シリーズ~

本物の和紙を使用したライト!? ~和風ライト 粋シリーズ~

この照明器具は本物の和紙をアクリルでコーティングし、光を柔らかく拡散させるので、表情豊かな光の演出が可能になります。また、色温度が2000Kと低く、和のライティングを行うのに非常に優れている照明器具です。

詳しくはこちら:https://db.ledius.jp/?s=%E7%B2%8B

置くだけで和を演出! ~裾明り・露地・かすみ格子~

置くだけで和を演出できるデザイン性に優れた和風ライトを3点ご紹介!

裾明り

神社や和庭園でよくみかける灯篭のようなデザインの「裾明り」

「1/f庭ゆらぎ」による炎のような心地よいゆらぎも演出できるので、本物の蝋燭を使用しているかのような演出に。

詳しくはこちら:https://db.ledius.jp/hgc-d07n/

3低の光

この照明器具は高さがおよそ30cmと低く、あたたかい色味の光、そして間接光の光で空間を彩るため、「3低の光」をいとも簡単に実現してくれます。

詳しくはこちら:https://db.ledius.jp/hgc-d05n/

かすみ格子

「かすみ格子」はその格子のデザインを照明器具にも取り入れたもので、格子から室内の光が漏れるような趣を感じさせるライトアップができます。

詳しくはこちら:https://db.ledius.jp/hgc-d03n/

まるで旅館に来たようなアプローチが作れちゃう!~和風ライト 間シリーズ~

まるで旅館に来たようなアプローチが作れちゃう!~和風ライト 間シリーズ~

3つともシンプルなデザインではありますが、どこか和を感じさせる、まるで旅館に来たようなアプローチをいとも簡単に作ることができます。

結:https://db.ledius.jp/hgb-d01k/

連:https://db.ledius.jp/hgb-d02k/

心:https://db.ledius.jp/hgb-d03k/

いかがでしたか?

今回は夜の和風庭園を彩るライティング方法と、和をモチーフにした照明器具のご紹介でした。ぜひ、和風庭園をお持ちの方、これからお考えの方は参考にしてみてください♪

Credit

LEDIUSロゴ

LEDIUS Lighting Lab.
『LEDIUS Lighting Lab.』は、庭に快適な光を計画・提案する〝ライティングデザインチーム〟、庭に新たな光を考え、創造する〝商品企画チーム〟、庭に最適な照明器具を形にする〝開発チーム〟、庭の光の価値を伝える〝セールスプランチーム〟からなる屋外照明のプロフェッショナル集団。
エクステリア、ガーデン、商業施設などあらゆる空間に合った照明器具デザイン、空間デザインを通して光の価値、重要性を考え、新しさ、ワクワクする光の提案を行っていきます。

Print Friendly, PDF & Email