庭のライトアップは背の高い樹木だけが対象ではありません。低木やつる植物もライトアップすることで日中とは違ったドラマチックな表情が楽しめますよ。
今回は背の低い樹木「低木」に視点を置き、オススメのライトアップ方法や、照明器具をご紹介いたします。

Print Friendly, PDF & Email

どんな樹木が低木に入る?

低木と言ってもたくさんありますが、今回の記事では30cm1.5m未満の樹木を低木とし、ライトアップをご紹介します。

低木にピッタリなライトアップテクニック

1. 奥行きがある低木を照らす

●あかりだまり

あかりだまり

奥行きがある「アジサイ」や「ツツジ」は光が溢れ出るような演出ができる『あかりだまり』がオススメです。写真のように上から照らし、光を表面上で部分的にとどめるように照らすと陰影が生まれて美しく光で空間を彩ることができます。

ここでは、アップライトを使用して照らします。まん丸な光で照らし出し、アジサイは美しく、その空間は明るく華やかなものにしてくれます。下記のように「ガーデンアップライトミオ」や、「ガーデンアップライトオプティ」と一緒に、「延長ポール」を使用して低木の高さに合わせたり、お好みの高さにしたりし、灯部の位置を変更しましょう。延長ポールは、15cm・30cm・60cmから選べるので、高低差を付けて写真のようなリズミカルなライトアップにしても綺麗ですね♪

ガーデンアップライトミオや、ガーデンアップライトオプティ
(左)ガーデンアップライト ミオ(+延長ポール)  
(右)ガーデンアップライト オプティ(+延長ポール)
あかりだまりで照らす

パスライティング

パスライティング

低木の側面を照らしつつ、小道も一緒に明るく照らす『パスライティング』も低木+アプローチのときにオススメです。写真のような『パスライティング』をする際は、首が回るアップライトを真横に傾け、通路のわきに設置します。一定ピッチで設置すると美しい『パスライティング』ができます。

この際、全て同じライトで照らしましょう。一つでも違うライトがあると光量が違っていたり、配光が違っていたり、せっかくライトアップをしても、何かしらの違和感が出てしまいます。

また、人の脳が「心地よいなぁ」と感じるリズムでライトアップすることも大切です。人は、明暗の一定のリズム(暗・明・暗…)が続くと「心地よい」と感じるので、写真のように暗い部分をあえて残すことでそのリズムを再現することができます。

1.5m間隔で設置した場合の図

今回は1.5m間隔で設置した場合の図です。イメージとしてはこのように等間隔でライトを設置しましょう。

【オススメのライト】

写真のような明暗を活かした『パスライティング』をするには、配光角が小さすぎても、大きすぎてもできません。そこでオススメなのが、「De-SPOTスプレッドタイプ」です。このライトは、細い配光にするか、広がった配光にするかをレンズの回転で調節することができます。細い配光にしたい時はレンズを縦に。広がった配光にしたい時はレンズを横にすると配光の調節が簡単にできます。

※写真はレンズを横にして広がった配光で照らしています。

De-SPOTスプレッドタイプ
De-SPOTスプレッドタイプ

2. つる性の植物を照らす

●アップライティング

アップライティング

つる性の植物の代表“つるバラ”。ライトアップすることで美しいバラが、夜も色鮮やかなものとなり、昼間とは違った雰囲気を楽しむことができます。つるバラは、高さはありますが奥行きはないため、『アップライティング』で照らすのがオススメ。少し離れた位置にライトを設置し、バラの中心をめがけて照らすと、バラの花びらや葉に光が反射し、夜闇に包まれた庭に美しいバラの花だけを浮かび上がらせることができます。

ただし、植物の光合成や生育などへ影響を及ぼす可能性もあるため、就寝時や不要な時はタイマー付きのものを使用し、消しておきましょう。

つるバラの表面を照らす

【オススメのライト】

バラの『アップライティング』は、「ガーデンアップライト ミオ」がオススメです。LED電球なので、熱が発生しづらく植物にとっても優しいライティングができます。

ガーデンアップライトミオ(白・電)
ガーデンアップライトミオ(白・電)

3. 特徴的な葉を持つ植栽を照らす

●シャドーライティング

シャドーライティング

特徴的な葉を持つ「ニューサイラン」。ニューサイランは尖った葉が特徴的で、影を活かした『シャドーライティング』にピッタリ!

大きいサイズのニューサイランなら、【ニューサイランとライトの距離】:【ニューサイランと壁面の距離】=1:2の比率でライトを設置、小さいサイズのものなら1:1の比率を目安としてライトを設置しましょう。

なぜ、大きいサイズのものになるとライトを離さないといけないか分かりますか?

その答えは単純。ライトが植物に近いと壁面に植物全体の影を投影できなくなるからです。

小さなサイズのものは、広角のライトを使用すれば1:1の比率であっても美しく照らしだすことができますが、大きいサイズはそうはいきません。

大きいサイズであるにも関わらず、近くから照らしてしまうと、植物の一部分しか照らすことができず、せっかくのシャドーライティングの効果も発揮できずじまいです。

ですので、1:2の比率になるくらい離してライトを設置しましょう。少し離すだけでもニューサイランの特徴的な葉を美しく壁面に投影することができます。

大きい植栽の場合
小さい植栽の場合

【オススメのライト】

シャドーライティングを行う際は、「ガーデンアップライトオプティS」のような配光が広いアップライト型のものがオススメです。

さらに、発光部をひとつにまとめたLEDが使用されている、ワンコアのライトを使用すれば影がくっきりと表現できます。発光部が多数あるLEDを使用しているマルチコアでも、樹木から1m以上離せば、ぼやけることなくくっきり影を投影できますが、やはりどこから照らしても美しく影を投影できるワンコアのライトをオススメします。

ワンコアタイプとマルチコアタイプ
(左)影がくっきりしている。 (右)影がぼやけている。
ガーデンアップライト オプティS       拡散カバーでさらに広角に!
ガーデンアップライト オプティS。拡散カバー(右)でさらに広角に!

●シルエットライティング

シルエットライティング

『シルエットライティング』は、意図する対象物を照らすのではなく、壁面を照らした光の逆光を活かし、シルエットを浮かびあがらせるライティングテクニックのことで、モダンで大人っぽい印象を与えることができます。

壁面と植栽の間にライトを設置して照らすので、壁面と植栽の間は少し開けておくとライトアップしやすいです。また、壁面がシンプルなデザインであればあるほど、シルエットを美しく見せることができるので、真っ白な壁面や無地の壁面がある方はぜひ試してみてください。

壁面と植栽の間にライトを設置

【オススメのライト】

壁面のライトアップは、「グランドライト6型」や、「ウォールアップライト」などで照らすと美しく照らすことができます。グランドライト6型は扇形のような配光ですが、ウォールアップライトは横に広がった配光になっています。

グランドライト6型とウォールアップライト
(左)グランドライト6型           (右)ウォールアップライト

低木にもたくさん種類がありますが、それぞれにあったライトアップをすると、より夜の庭が美しく華やかなものになります。次の記事では、さらに小さな植栽を照らすライティングのポイントをご紹介します。

Credit

LEDIUSロゴ

LEDIUS Lighting Lab.
『LEDIUS Lighting Lab.』は、庭に快適な光を計画・提案する〝ライティングデザインチーム〟、庭に新たな光を考え、創造する〝商品企画チーム〟、庭に最適な照明器具を形にする〝開発チーム〟、庭の光の価値を伝える〝セールスプランチーム〟からなる屋外照明のプロフェッショナル集団。
エクステリア、ガーデン、商業施設などあらゆる空間に合った照明器具デザイン、空間デザインを通して光の価値、重要性を考え、新しさ、ワクワクする光の提案を行っていきます。

Print Friendly, PDF & Email