非日常的な空間を楽しめるリゾートガーデン。せっかくガーデニングをするなら、昼間だけでなく、夜も楽しめる空間をつくりませんか? 「夜も美しいリゾートガーデンにしたいけど、イメージが湧かない…」という方に参考にしていただきたい施工例を、3つのポイントに沿ってご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email

南国の植栽を活かしたライトアップ

南国の植物を育てようと考えている方にぜひオススメしたいライティング施工例です!

ヤシの木とニューサイランの個性を引き立てるライトアップ方法をご紹介します。

1. ヤシの木をライトアップ

1.ヤシの木をライトアップ

南国といえばヤシの木や綺麗な海をイメージする人が多いと思います。そんなヤシの木を美しくライトアップすることで、よりリゾートガーデンに!

【point】

ヤシの木をライトアップする時は、1本でもリゾート感は十分に味わえるのですが、数本の違う種類のヤシの木を用意しライトアップすることで、さらにリッチなリゾート感を味わえます。ですが、大きいものだと樹高が30m以上になるものもあります。そこでオススメなのがソテツやシュロです。見た目がヤシ類に似ており、大きさもソテツであれば小さいものから大きいものまで、種類がたくさんあるので手入れもしやすくオススメです。

ヤシの木のような大きな樹木をライトアップする時は、樹幹の外から照らすと美しく葉全体を照らすことができます。

大きな樹木をライトアップする時は、樹幹の外から照らすと美しく葉全体を照らす
樹幹の外から葉の中心に向けて照らす

また、ヤシの木の葉は特徴的な形をしていることから、壁面に樹木の影を投影するシャドーライティングもオススメです。リゾート感はもちろん、シックでカッコいい印象を与えることができます。

壁面に樹木の影を投影するシャドーライティングもオススメ

2. ニューサイランなどの葉が尖った植栽をライトアップ

ライティングでリゾート気分を満喫! 夜のリゾートガーデンのアイデアや施工例

南国の植物の中でも、育てやすいとされているニューサイラン。赤茶色の真っ直ぐな葉が印象的な植栽です。

【point】

ニューサイランは、電球色のライトで壁面と一緒に照らすライトアップがオススメです。明るい色の壁は壁面に光が反射して夜でもニューサイランの色味が楽しめます。

一方、下の写真のように暗い色の壁に照らすと、シルエットだけが浮かび上がり、モダンで大人っぽい雰囲気になります。この方法をシルエットライティングと呼びます。シルエットライティングは、壁面と植栽の間にライトを設置して照らすので、壁面と植栽の間は少し開けておくとライトアップしやすいです。

シルエットライティング
壁と植栽の間にライトを設置できるくらいの距離をあけておく

また、よくリゾート施設などで使用されている有孔ブロックなどにすると、さらにリゾート感を演出できます。

有孔ブロック
シューサイランも特徴的な葉の形をしている

ニューサイランもヤシの木同様、特徴的な葉の形をしているので、影を投影するシャドーライティングもオシャレでオススメです。

ウォーターガーデンで一気に南国リゾート気分

ウォーターガーデンのライトアップ方法には種類がたくさんあります。

その中でも、特に南国リゾートをイメージさせるような施工例をいくつかご紹介します。

【注意】

1.ウォーターガーデンをライトアップする際は、必ず「水中用ライト」を使用ください。

2.必ず、触れてもビリッとしないローボルトをご使用ください。感電などの事故を防ぐことができます。

1. 噴水をライトアップ

1.噴水をライトアップ

庭に噴水があるだけで非日常的なリゾート気分を楽しめますが、せっかくの噴水を夜も楽しめるようにライトアップしませんか?

【point】

噴水を照らす際は、噴水ノズルに取り付けるウォーターファウンテンライトがオススメです。カラーバリエーションも、白色、電球色、RGBとたくさんあり、お好みのカラーで照らすことができます。

ウォーターファウンテンライト
ウォーターファウンテンライト
RGBは7色の光で照らすことができます
RGBは7色の光で照らすことができます。

2. 流れる滝をライトアップ

2. 流れる滝をライトアップ

ポンプを使用し、滝のような演出をしているウォーターガーデンも、ライトアップすることでよりオシャレに、リゾート風にアレンジできます。

【point】

水中から照らすことで、ゆらゆら揺れる水の動きが壁面に投影され、幻想的な演出になります。周りの壁面は、自然石素材を選ぶとリゾート感がアップします。水のゆらぎは、癒し効果も得られますよ。

照明器具は、首が振れるウォーターアップライトがオススメです。光の強さが三段階あり、落ち着いた空間を作りたい方は1~2型。明るくメリハリをつけたライトアップをしたい方は、3型がオススメです。

ウォーターアップライト
ウォーターアップライト
噴水をライトアップ

3. プールをライトアップ

3.プールをライトアップ

自宅にプールがある場合、ライトアップなしではせっかくのプールの価値が半減してしまいます。最近は紫外線を気にしなくてよいことから、夜間に楽しむ「ナイトプール」が断然人気ですし、日中に限らず自由にプールを活用することができます。しかも、ライトアップをすれば、たとえプールに入らなくても心安らぐ水辺の風景として楽しむこともできます。

では、プールをおしゃれに照らすライトアップ方法をご紹介しましょう。

【point】

プールをライトアップする際は、白色の光、もしくは青色の光がよりリゾート感を演出します。また、プール全体を照らすことで、非日常的な美しい景観を作り出すことができ、このようなテクニックをウォーターシャインライティングといいます。

このテクニックをする上で、少し注意しなければいけないことがあります。

アップライトタイプのものを使用すると、足元が不安定な水の中では怪我に繋がる恐れがあります。なので、プールなどを照らす際には、埋め込みタイプのウォーターグランドライトなどの使用をオススメします。さらに、プールの床面に設置するのではなく、壁面に設置することで水中から光が逃げず明るいライトアップができます。

ウォーターグランドライト
ウォーターグランドライト
ウォーターグランドライトを設置したプール

手軽にリゾート気分倍増!? オススメ庭照明!

ヤシの木やウォーターガーデンがなくてもリゾート気分を味わえるオススメの庭照明をご紹介します。

1. ラタンを使った庭照明でオシャレにリゾートガーデン

1.ラタンを使った庭照明でオシャレにリゾートガーデン

最も手軽にリゾート感を演出できるライトアップ方法としてオススメなのが、ラタンの照明器具を取り入れることです。夜、灯をともしたときはもちろん、昼間もリゾート家具として活躍します。

【ラタンライトのいろいろ】

ラタンスタンドライト
ラタンスタンドライト
ペンダントライト(天井から吊り下げ周りを照らすライトのことです)
ペンダントライト(天井から吊り下げ周りを照らすライト)

2. 組み合わせ自由自在! ボールスタンドライト

2.組み合わせ自由自在! ボールスタンドライト

丸い形のボールスタンドライトは、どんな空間にも似合う照明器具です。置き型で設置しやすく、床面への反射光も美しい夜の庭を演出します。

大きさが2通りあるので、大小を組み合わせてリズム感を出したり、奥行き感を演出したりすることも可能です。

ライティングを工夫して、ぜひ夜のリゾートガーデンをお楽しみください。

Credit

LEDIUSロゴ

LEDIUS Lighting Lab.
『LEDIUS Lighting Lab.』は、庭に快適な光を計画・提案する〝ライティングデザインチーム〟、庭に新たな光を考え、創造する〝商品企画チーム〟、庭に最適な照明器具を形にする〝開発チーム〟、庭の光の価値を伝える〝セールスプランチーム〟からなる屋外照明のプロフェッショナル集団。
エクステリア、ガーデン、商業施設などあらゆる空間に合った照明器具デザイン、空間デザインを通して光の価値、重要性を考え、新しさ、ワクワクする光の提案を行っていきます。

http://ledius.jp

Print Friendly, PDF & Email